江戸川乱歩『蜘蛛男』

2 Comments
serpent sea
 江戸川乱歩『蜘蛛男』(『江戸川乱歩推理文庫〈8〉蜘蛛男』講談社 1987 所収)

 前に英国製のドラマばかり見てるっぽいことを書いたけれど、日本製のドラマも大好きで、これ何回めかなあとか思いながらもつい録画してしまう。最近だとAXNミステリーでやってる『新・赤かぶ検事奮戦記』や『浅見光彦ミステリー』なんかの古いやつ。『新・赤かぶ検事奮戦記』は今年のはじめに高山にいってきたこともあって、以前にも増して楽しく見れるようになった。第1話の「松の年輪」の話は何度見ても面白い。
 それからファミリー劇場の「江戸川乱歩の美女シリーズ」(天知茂版)。これはもうCSを見はじめた頃から繰り返し放送されていて、そのたびに見返しているものだから、「ポワロ」と並んでまじで何回見たか分からない。この『蜘蛛男』も「化粧台の美女」というタイトルでしっかりドラマ化されている。明智探偵の連続キャストオフが印象的な回だ。以下小説について↓

 事務員募集の広告を見て美術商を訪れた女性がそのまま行方不明になった。やがてバラバラに切断された彼女の死体が、都内の中学校にばらまかれた美術教材の石膏像の中から発見される。名探偵の畔柳博士に事件の捜査を依頼した彼女の姉は、何者かに連れ去られた後、刺殺死体となって水族館の水槽に浮かんだ。犯人はその残虐な手口から「青ひげ」のちに「蜘蛛男」と呼ばれる殺人鬼だ。以前にも似たような女性失踪事件が発生しており、畔柳博士のプロファイリングによって、犯人が狙う女性には共通の身体的特徴があることが判明する。

 解題によるとこの『蜘蛛男』は著者がはじめて一般読者を対象にした作品で、大衆娯楽雑誌『講談倶楽部』に連載されている。著者はこの作品について「探偵小説読者にはバカバカしいような冒険怪奇小説でしかなかった」(p.339)なんて言ってたらしいけど、個人的にはすごく面白かった。犯人は意外と早めに分かってしまうのだが、それにも関わらず冒頭の殺人からラストまで一気に読むことができた。全編に漂う絶妙な緊張感とほのエロさが素晴らしい。今読んでもこんなに楽しめるのだから、当時の読者はさぞかしびっくりしたことだろうと思う。
 一般読者を対象にしても著者らしいところは沢山あって、例えばチェイスシーン。「少年探偵シリーズ」でも感じたことだけど、やっぱ著者の書くチェイスシーンは楽しい。とくに犯人の車のうしろにくっついていった野崎君はすごかった。まじでハラハラした。それから偏りまくった犯人の好み。なんでも「鼻と上唇のあいだが短い美人」限定で狙っているらしい。フェチすぎるだろって感じだ。一人目の被害者「里見芳枝」嬢の登場シーンはこんな感じ↓

その娘は、年は広告の条件通り十七、八で、意気な洋装をして、丸い帽子をまぶかにかぶり、肉色の靴下を光らせていた。〔中略〕娘はどちらかといえば、小柄な方で、肉づきがよい癖に、グッと抱きしめたら、シナシナと崩れてしまいそうな感じであった。顔は健康な狐色で、犬のようにオドオドとした、しかし変化の烈しい眼と、ピンと上へめくれ上がった花びらみたいな唇と、狭い鼻の下と、低いけれどなんとなく魅力のある鼻とが特徴であった」(p.14)


 まさに舐めるような描写で、どこがってわけじゃないけど、とにかくなんかいやらしい。ときどきこういった感じの描写がポンと挿入されるから気が抜けない。それから彼女が犯人の隠れ家に連れ込まれるくだりも、異様な緊張感で読み応えがあった。普通の民家っていうのが怖い。

 最後に冒頭に書いたドラマ「江戸川乱歩の美女シリーズ」について少し。原作と比べるとドラマは時代設定から何から全然異なっているんだけど、この楽しい原作の特徴的なところをつまんで、うまく2時間枠に収めていると思う。なにより原作の「いかがわしい雰囲気」がしっかりと再現されているのが嬉しい。天知茂かっこいいし。


 蜘蛛男』春陽堂書店 1987 江戸川乱歩文庫


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 2

There are no comments yet.
serpent sea  
Re: No title

>>ウォーリックさん
お久しぶりです! コメントありがとうございます!

>>グリム、スーパナチュラル
全然OKです! グリムはスーパードラマTVで放送した分はしっかり見ました。
怪奇っぽいのは一通り見ることにしているので。でもスーパナチュラルは何話か飛んでるかもしれないです。
シリーズ最初の頃めげかけたけど、持ち直しました。

「美女シリーズ」は自分もばっちり見てます。明日、というかもう今日ですね。放送。
毎回サービスシーンがしっかり入ってるけど、
もれなく流血と、眼をかっと見開いてるのがセットなので、誰得感がすごいです。
有名女優さんのサービスシーンは、残念ながら(?)吹き替えらしいです。
しかし何度見ても突っ込みどころ満載で面白いですよね。
最近はあまり見かけないようなグロいシーンやキャラも出てくるし。

それから実はこれまで、
ウォーリックさんが「阿鼻叫喚 (あびきょうかん)」さんの中の方だとは全然気づいてませんでした。
リンクまで張らせてもらってるのに、本当に申し訳なかったです。
いつも記事、楽しく読ませてもらってます!

相変わらず誰向け? って感じのブログですが、今後ともよろしくお願いします。

2013/11/26 (Tue) 01:21 | EDIT | REPLY |   
ウォーリック  
No title

最近飛ばしてらっしゃいますね!

以前勧めていただいたファミリー劇場の「江戸川乱歩の美女シリーズ」
見ていますw かたせ梨乃のブラがちょ切れてビーチクが飛び出した時は
思わず倒れてしまいましたがw(胸だけ吹き替えですかね?)
serpent seaさんは、グリムとかスーパナチュラルみたいな海外
ドラマ系はダメですか?

2013/11/25 (Mon) 20:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply