萩原朔太郎『地面の底の病気の顔』他

0 Comments
serpent sea
 

 萩原朔太郎『地面の底の病気の顔』(『萩原朔太郎詩集』三好達治編 岩波書店 1952 岩波文庫 所収)
 萩原朔太郎『夜汽車』(同上)

『猫町』の感想を書いて以来、たまに『萩原朔太郎詩集』をつまみ読みしてる。探偵小説好きの作者ってことで、それらしい作品は確かに多いんだけど、やっぱり「詩」は難しい。

 例えばこんな詩。

  地面の底の病気の顔

地面の底に顔があらはれ、
さみしい病人の顔があらはれ。

地面の底のくらやみに、
うらうら草の茎が萌えそめ、
鼠の巣が萌えそめ、
巣にこんがらかつてゐる、
かずしれぬ髪の毛がふるえ出し、
冬至のころの、
さびしい病気の地面から、
ほそい青竹の根が生えそめ、
生えそめ、
それがじつにあはれふかくみえ、
けぶれるごとくに視え、
じつに、じつに、あはれふかげに視え。

地面の底のくらやみに、
さみしい病人の顔があらはれ。


 なんかめっちゃ怖い。異様なイメージだ。病的で強い孤独感を感じる。
 でも意味はよく分からない。ああ、そういうことか! ってならない。すっきりしない。この詩が著者の幻視した気味の悪いイメージを伝えることを主眼にしてるなら、それは相当いい感じで伝わってきてると思う。夢に出そうなほどだ。でも所謂「深読み」が必要で、じゃないとこの誌本来の意味や良さを汲み取れないのだとしたら困る。困るけど、詩ならではの読み方とか分からないので、特に深読みもせずにいつもの感じで感想書きます。

 この詩に用いられているストレートに心情を表している言葉は「さみしい(さびしい)」「あはれ」の二つだけ。それが繰り返し用いられている。地底の「病気の顔」は著者自身なのかも知れないし、そうじゃないかも知れない。ただ以前『猫町』(←前の記事へのリンクです)の感想で書いたように、著者は一時期相当精神的に参っていたようで、これが作者自身の顔だとしても不自然じゃない。土のなかに埋まって髪の毛を震わせているという強い閉塞感と孤独感は、病み疲れた著者の心情をよく反映しているように感じる。また自らの顔を「さみしい病人の顔」と描写するのは、何となく自己愛強そうな著者にぴったりだと思う。

 それにしてもこの「地面の底の顔」というイメージは強烈だ。土臭い暗闇のなかでカッと目を見開いた青白い顔が、ばっちり脳裏に浮かぶ。二連目の後半の感じから、著者はどうやら青竹の根からこの奇怪な状況をイメージしたようだ。どこをどうしたらそうなったのかは分からないけれど、この少ない文字数でのイメージの感染力の強さは「詩」ならではのものなのかも知れない。

 この作品以外にも、著者には病的で奇怪な雰囲気の作品が多い。何度か読み返してはいるのだけれど、まだよく理解できないのも結構ある。余談だが、手元の『萩原朔太郎詩集』に載ってるなかで良いなコレと思ったのは、全然病的でも奇怪でもない次のような作品だった。

  夜汽車

有明のうすらあかりは
硝子戸に指のあとつめたく
ほの白みゆく山の端は
みづがねのごとくにしめやかなれども
まだ旅人のねむりさめやらねば
つかれたる電燈のためいきばかりこちたしや。
あまたるきにすのにほひも
そこはかとなきはまきたばこの烟さへ
夜汽車にてあれたる舌には侘しきを
いかばかり人妻は身にひきつめて嘆くらむ。
まだ山科は過ぎずや
空気枕の口金をゆるめて
そつと息をぬいてみる女ごころ
ふと二人かなしさに身をすりよせ
しののめちかき汽車の窓より外をながむれば
ところもしらぬ山里に
さも白く咲きてゐたるをだまきの花。


 分かりやすくノスタルジックな、古い映画のワンシーンのような作品で、夜汽車なんて乗ったこともないのに、ふわっとまとわりついてくる人いきれの不快感と安心感、青みが差し始めた車内のけだるい雰囲気が、まるで経験したかのように感じられる。ラストの二行、ぼんやりとした視界の中に、ポンと飛び込んでくるオダマキの白さは、目が覚めるような鮮やかさだ。やっぱりイメージの喚起力が強い。


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply