福島正実『地底怪生物マントラ』

0 Comments
serpent sea
 福島正実『地底怪生物マントラ』朝日ソノラマ 1975 ソノラマ文庫

 著者は『S-Fマガジン』の初代編集長にして作家、評論家、翻訳家で、日本にSF小説を定着させた功労者だ。個人的には江戸川乱歩をもっとエキセントリックに、先鋭化した感じの人だったのかなと勝手に想像している。そんなSF業界の巨人の著したジュブナイルは、30年後に製作される『ガメラ2 レギオン襲来』(1996)を彷彿とさせるような、ものすごいSF怪獣小説だった。とにかくスケールがでかい。

 人類を絶体絶命の大ピンチに陥れる怪獣の名は「マントラ」。地下3000キロのマントル層の中で進化した超高密度植物で、通常兵器はおろか原潜からの核攻撃にさえビクともしない。地球の地下全体に根を張り巡らせているらしく、目視できる範囲で一本の幹のサイズは数10キロ。それがさらにタコの木のように分岐して、先端部に生えた無数の鞭のようなヒゲで人類を攻撃する。また侵攻時に戦闘斥候のような役割を担う、カブトムシとよく似た体長2〜3メートルの怪生物の群れと共生関係にある。攻撃対象は地球上のあらゆる場所。最強の怪獣といっても過言じゃないと思う。

 物語は無人となった日本のはえなわ漁船団が、大変洋上で発見される所からはじまる。マントラに襲われたのだ。続いてチリ沖の海中でアメリカ第七艦隊に属する原潜「シー・ウルフ号」が、次に千葉県N大学の海洋工学研究所、北極海で海洋調査にあたっていたソ連の原子力砕氷艦「エニセイ号」が破壊される。大迫力の海洋工学研究所への襲撃シーンでは、スケール的に本来なかなか絡めることが難しい人間キャラと大怪獣を見事に同じフレームに収めて、強烈なハラハラ感を演出している。
 マントラは草体、群体でグアム島のアメリカ軍基地を強襲、壊滅させると、再び日本本土への侵攻を開始する。人類にはもう対抗手段が残されていない……。

 この作品も著者のSF普及活動の一環だったのだろう。対象読者に合わせて多少平易な文体で書かれてはいるけれど、安易な妥協や配慮は感じられない。人がいとも容易く酷い死に方をするし、核兵器がとくに議論されることもなく、さっさと使用されることにも驚かされる。絶望的なシミュレーションだ。しかも全然効いてないし。また激しい戦闘の合間には、物資が買い占められたり、新興宗教がはびこって民衆を煽動するといった、殺伐としたエピソードが挿入されている。

 戦闘が大きな比重を占めるだけあって、次々に登場する現用兵器の活躍(やられっぷり)も見どころのひとつだ。とくに航空機は多種多様な機体が投入されていて「ミラージュIV」「F-111」「F-4 ファントム」「B-52 ストラトフォートレス」航空自衛隊の「F-104 スターファイター」などの軍用機が物語を彩り、「PA-30 ツインコマンチ」や「デハビランド・ビーバー」といった渋めの民間機までが活躍している。やはり見知った兵器が登場すると楽しい。

 カバーイラストは「マントラの群体 vs 陸自の61式戦車」という素晴らしいもので、本文の挿絵と共に兵器や怪獣関連の挿絵に多大な業績を残した画家、南村喬之によるもの。軍用機や怪獣好きな人にはおすすめの本です。


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply