Gewalt『ガルパン戦車読本 Ausf.C』

0 Comments
serpent sea
2013092402.jpg

 EXCEL, ワダツミ, I-IV, pineAhead共著『ガルパン戦車読本 Ausf.C』Gewalt発行 2013

 現在続刊中の放蕩オペラハウス/Gewaltの本には『ガルパン戦車読本』『ガルパン軍事読本』『ガールズ&パンツァーに出てくる戦車をガンダムに例えてみた』という三つのラインナップがある。どれも漏れなく面白いのだけれど、個人的に本命はやはり『ガルパン戦車読本』。本書はその最新刊だ。

 表紙は登場チーム中、唯一大洗女子に黒星を付けた聖グロリアーナ女学園の「チャーチルMK.Ⅶ」。こういう感じでキャラと並べると、戦車が相当でっかく見える。知人にガルパンの戦車作るならオススメある? って聞いたところ、迷わず薦められたのがタミヤの「チャーチルMK.Ⅶ」だった。うーむ……。できれば主役機が良かったんだけど。

 中身の方も聖グロリアーナ女学園の車両オンリー。「マチルダ」「チャーチル」、それと出てたっけ? って感じの「クルセイダー」が取り上げられている。印象としては、イギリス人不器用すぎ。手先じゃなくて、メンタル面で。これは航空機に関してもよく似た感じなんだけど、少々問題があっても、手間ひまかけてコツコツと改修を積み重ねて、最後にはそこそこ(時には相当)マトモなものに仕上げてしまう。いってしまえば場当たり的だし、戦ってる真っ最中にじっくり時間をかけて熟成させるのもどうかと思うけど、なんとかなってるからOKらしい。その頑さは、戦車の頭文字「C」縛りなどに如実。頭文字なんて、通し番号さえ付けとけばどーでもよさそうなのに。そういえば兵器じゃないけど、ロータスは「E」縛りだ。……なんかジンクスでもあるんだろうか。

 全体のフォーマットは「Q&Aコーナー」が無くなったくらいで、ほぼ前号までと同様。ページ数はやや少なめ。ただこの号には『黒森峰女学園 vs 聖グロリアーナ女学園はこんな感じだったんじゃないかな私妄想版。』なる見開きの漫画? が載ってて、確かに読む順番はよく分からなかったけど、小さいコマまでぎっちり描かれていてとても見応えがあった。これ次号でも載ってるといいな。

2013092401.jpg

 それからこの本と一緒に届いたEXCEL, ワダツミ, I-IV共著『ガルパン戦車読本 大洗女子学園編』(ガルパン戦車読本A/B型)は、既刊分2冊の総集編。総集編とは言っても単に2冊くっ付けただけじゃなくて、全面的に手が入れられていて、増量分もかなりのページ数。表紙はラストシューティングだし、既刊分を持っていても買って損な気はしない。持ってなかった人にはすごくおすすめできる一冊になっている。これで既刊の2冊は絶版になるのかな。


 購入はこちらから↓「とらのあな」の通販サイトです。『ガルパン戦車読本 Ausf.C』
 http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/13/89/040030138978.html

 こっちは既刊分の総集編。↓『ガルパン戦車読本 大洗女子学園編』(ガルパン戦車読本A/B型)
 http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/13/89/040030138986.html


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply