日影丈吉『月夜蟹』

0 Comments
serpent sea
 日影丈吉『月夜蟹』(『恐怖博物誌』出版芸術社 1994 ふしぎ文学館 所収)

 昨日に続いて日影丈吉作品。この作品にも『猫の泉』と同様にA・ブラックウッドの『いにしえの魔術』の影響が濃厚に感じられる。といっても似たような町を舞台にした美しいオマージュ作品としての『猫の泉』と比べて、本作は『いにしえの魔術』を咀嚼し、新たな世界観を構築している点で大きく異なっている。

 蟹に敵対する生き物といえば、迷わず「サル」って感じなんだけど、説話などにおいては「蟹 vs 蛇」という構図が結構ある。もちろん蟹は正義の味方(主に女子の味方)で、蛇はもれなく悪役だ。有名なところでは『今昔物語集 巻第十六 山城の国の女人、観音の助けに依りて蛇の難を遁れたる語 第十六』や、江戸時代の怪談集『諸国百物語』にも「長谷川長左衛門が娘、蟹を寵愛せし事」などがある。余談だが『諸国百物語』の女の子は、蟹じゃなくても加勢したくなる可愛さだ。

 この『月夜蟹』でも上記の「蟹 vs 蛇」の構図が採用されている。ただしこっちは、肩入れしたくなるほど蛇が魅力的なストーリーだ。住民すべてが蟹の関東のとある海辺の村、そこに一匹の蛇が迷い込んだ。蛇の名は「桔梗」。主人公の「わたし」よりもいくつか年上の、凄艶な雰囲気の美しい女だ。どうやら精神を病んでいるらしい。それまでの退屈極まりなかったわたしの日常が、桔梗を知ることになって、緩やかに蕩け、変容していく。……これらはすべて、後に神経衰弱として病院に収容されることになる「わたし」の目線で語られている。

『いにしえの魔術』の影響下にある作品には名作が多いが、なかでもこの『月夜蟹』は、日本古来の説話と西欧風のストーリーが美しくミックスされた出色の一本だと思う。数少ない登場人物も魅力的で、とくに「桔梗」はその凄惨な死にざまも含めて素晴らしいキャラだ。本作は『いにしえの魔術』(本書では『古い魔術』)より、以下の一節をエピグラムとして掲げている。

「ことによると、ここの人達は夜の人間で、夜のうちだけほんとうの生活をしているのではないか、日暮から正体をあらわすのではないか。/(「古い魔術」アルジャノン・ブラックウッド)」


 ※関連記事へのリンクです↓
 A・ブラックウッド『いにしえの魔術』 http://serpentsea.blog.fc2.com/blog-entry-140.html
 萩原朔太郎『猫町』 http://serpentsea.blog.fc2.com/blog-entry-79.html
 日影丈吉『猫の泉』 http://serpentsea.blog.fc2.com/blog-entry-173.html


 最近出た東雅夫編『日本幻想文学大全〈I〉幻妖の水脈』 (ちくま文庫)↓にも収録されています。

 

 東雅夫編『日本幻想文学大全〈I〉幻妖の水脈』筑摩書房 2013 ちくま文庫
関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply