諸星大二郎『栞と紙魚子 殺戮詩集』

0 Comments
serpent sea
 

 諸星大二郎『栞と紙魚子 殺戮詩集』朝日新聞社出版局 2007 眠れぬ夜の奇妙な話コミックス

 シリーズ第3巻。いよいよ漂泊の狂詩人、きとらさんが登場する。で、登場早々、現時点での最新刊である6巻のきとらさんと比較しても、まったくブレのない清々しい活躍を見せる。かつて恋人を殺害、バラバラにして、精神病院に収容されていたのだが、1年ほど前に退院すると、段先生を追って胃の頭町にやってきたらしい。現在は「ムルムル」(←前の記事へのリンクです)を主食に公園で野営しつつ、ストーカーライフを満喫している。本書に収録されている8編のうち、きとらさんが登場するのは「殺戮詩集」「きとらのストーカー日記」の2編だけなんだけど、そのインパクトは強烈。段先生の苦労は絶えない。

 収録されている8編はそれぞれ、首山の怪談、段先生関連の話、きとらさんの話って感じに大まかに分けることができる。首山の怪談というのは巻末の「首山周辺史蹟マップ」に載ってる各史蹟にまつわるエピソードで、「頸山の怪病院」「長い廊下」「頸山城妖姫録」がそれにあたる。主人公二人がところ構わず天然ぶりを発揮しているが、どれも読み応えのある因縁話になっている。
 段先生関連にはこれもまた新キャラで、段先生の奥さんと仲良しらしい「ゼノ奥さん」が登場する。見た感じ浮世離れした貴婦人風の掴みどころのないキャラで、掴みどころのない作品をますます掴みどころなくしている。栞と紙魚子と普通に絡んでるけど、もちろんあっち側の人。

 人がバラバラになってたり、こってりした怨念の話があったりするわりに、本書の印象が明るくあっけらかんとしているのは構成の妙によるものだろう。上記の三つの系統の話が、とてもバランス良く配置されている。
 現在このA5判のコミックスは6巻まで刊行されているが、今のところ続刊の気配はない。とはいえしっかり終わってるわけでもないので、なにかのはずみで復活するかもしれない。その日を心待ちにしつつ、ひとまずこれで既刊分の感想は終了。前巻同様、奇妙で残酷でゆるい話の好きな人にはおすすめ。


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply