押切蓮介『ツバキ〈3〉』完

0 Comments
serpent sea
 

 押切蓮介『ツバキ〈3〉』完 講談社 2013 シリウスKC

 白と紫の表紙が綺麗な第3巻。椿鬼(ツバキ)のムチムチ感が素晴らしい。「美しい少女。美しい大自然。押切蓮介史上、最も美しい物語。」という西尾維新の帯の言葉は、本作を端的に表わしていると思う。収録されているのは「狩人の子」「臓腑の檻 前編」「臓腑の檻 後編」「雪化粧」「山の娘」の5編。最終巻である。

「狩人の子」では椿鬼の生い立ちが語られる。第1巻に登場した「咲」との交流によって、山の霊と感応する椿鬼の巫女的な側面が育まれたとするなら、父親はマタギとしての生きざまを椿鬼に見せる。それが椿鬼を導き、生かし、そして縛るものであったことは、前巻において描かれた。人里で暴走する熊のイメージは北海道の「三毛別羆事件」(詳しくはwiki等参照、閲覧注意です)のヒグマだろうか。でっかい熊怖い。

 2話めと3話めの前後編は、前巻の姉弟を彷彿とさせる炭坑の弟妹との交流。マヨイガを経た椿鬼に迷いはなく、本作にしては珍しくストレートに勧善懲悪な展開で爽快感がある。混浴したり緊縛されたりと、色々な表情の椿鬼が見れる。
 表紙のモチーフは恐らく、第4話「雪化粧」。椿鬼が里の人々から「雪男」と恐れられる雪山の親子のもとに身を寄せる。自らの幼少時を重ねているのか、彼らへの思い入れはいつになく強い。最強の椿鬼による激しい戦闘シーンがあったりもするのだけれど、静かで穏やかな印象の作品。

 第5話「山の娘」は、映画のロケ隊に捕まった椿鬼が、むりやりヒロインに抜擢される話。「お山」云々以外のことに関しては、てんで押しに弱い椿鬼がかわいらしい。また表情も豊かだ。これまでとはかなり雰囲気の異なった明るい話で、ボーナストラックっぽい感じ。

 この最終巻の構成は、椿鬼にフォーカスしたエピソードを始めと終わりに置いて、その間にいつものノリながら結末に希望や癒しを感じさせる2話(前後編を合わせると3話)を配置するというもの。全体に陰惨な、ホラーっぽい感じは薄め。既刊分と比べると椿鬼が随分と文明に接近していて(もしかして時代も少し下ってる?)、そのために椿鬼の特異さ(清浄さ)がより際立って見える。

 著者の「あとがき」によると「太ももをもっともっと上手く描ける様になったら、さらに話をグレードアップさせてまたお会いしましょう」とのこと。いや、もう充分だと思うけど、太もも。……今から再開が待ち遠しいです。


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply