MODEL Art (モデルアート) 2013年 09月号 No.876

0 Comments
serpent sea
 

 MODEL Art (モデルアート) 2013年 09月号 No.876

 夏といえば海、でもって「船」。今月号の特集は「対決 第二次大戦の戦艦 “太平洋の戦い”」去年も一昨年も9月号は船だったから、すっかりこの季節の定番特集だ。
 取り上げられている戦艦は日米の7艦、そのうち2艦はハセガワの1/450「大和」で、このキットが今回のメインとなっている。さすがに「大和」は見慣れているけれど、米軍の戦艦は名前を聞いたことがある程度で、形を知らないものばかりだった。両国の船を比べてみると、それぞれの個性が出ているようで面白い。艦船には全然詳しくないわりに「戦艦は太い」って先入観があって、スマートな艦容の駆逐艦あたりが好みなんだけど、それでも戦艦の戦歴やそれぞれの「かっこいいエピソード」にはぐっとくるものがある。ただ今回の特集、最近の船関連の特集「拡大する外洋海軍 中国海軍艦艇2013」「日本海軍 空母総覧」と比較すると、少々薄口なように感じられた。

 特集以外の記事は今回も充実している。まず珍しい「ミラージュ F.1B」、後退翼の機体だ。作例もきっちりと仕上げられているし、それを多方向から捉えた画像、紙面のレイアウトもよかった。それからエアフィックス1/72「ホーカー タイフーン MK.ⅠB」。最近のエアフィックスのキットは形状、雰囲気抜群、組みやすくて嵌合も良好、スジ彫りくっきり細部はざっくりって印象だったけど、この「タイフーン」は細部もかなりの再現度で、作例でも主翼のガンベイドアを開けて機関砲が見える状態で完成させている。
 毎回美味しいキットが取り上げられるリレー式連載記事『このキットが面白い!』、今回はモノグラムの「アメリカ/ソビエト ミサイルセット」だった。以前作例の載ったAMTのロケットのセット(←買いました)と同様、こうしてずらっと並んでるのを見ると物欲が湧いて困る。モノグラムの歴代のミサイルセットとそのパッケージが紹介されてるのもよかった。



 - 作例リスト (掲載順) - 航空機 戦車 艦船 車/バイク ■その他

特別記事
『ハインケル He219 A-0 ウーフー』造形村 1/32

特集記事
『日本海軍 戦艦 大和』ハセガワ 1/450
『日本海軍 戦艦 大和』ハセガワ 1/450
『日本海軍 戦艦 霧島 1941年』フジミ 1/700 ※洋上ジオラマ作品
『戦艦 ワシントン 第3次ソロモン海戦』ピットロード 1/700 ※「BB-55 ノースカロライナ」と「BB-56 ワシントン」のコンバーチブルキットを使用
『U.S.S. 戦艦 ペンシルバニア BB-38 1944』ドラゴン 1/700
『U.S.S. 戦艦 テネシー BB-43 1944』HPモデル 1/700 ※レジンキット

連載記事『連合艦隊編成講座 No.422』特集連動記事
『山城 1944』アオシマ 1/700 ※No.421が抜けた?

連載記事『モデリング JASDF 215回』
『航空自衛隊 支援戦闘機 F-1を作る その2』プラッツ 1/72

NEW KIT REVIEW
『ミラージュ F.1B 戦闘機』キティホーク 1/48
『ソビエト軍 BMP-1P 歩兵戦闘車』トランぺッター 1/35
『スピットファイア Mk.Ⅸc 後期型』エデュアルド 1/48
『ホーカー タイフーン Mk.ⅠB』エアフィックス 1/72
『カワサキ750SS マッハⅣ 1972年式』グムカ 1/12

連載記事『このキットが面白い! (連載第13回)』
■『アメリカ/ソビエト ミサイルセット』モノグラム 1/144

連載記事『北澤志朗のネオヒストリックガレージ 連載第38回』
『LN107 ハイラックス ピックアップ ダブルキャップ』アオシマ 1/24



 今月号では珍しくタミヤのキットが載ってなかったけど、次号の特集は発売ほやほやの「10式戦車」をメインにした特集「陸自10式戦車&現用戦車 工作/塗装ガイド編」。それからハセガワのNEWミュージアムモデルの「ソッピース キャメル」が特別記事で予定されている。これは楽しみ。


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply