飛行機模型スペシャル No.02

0 Comments
serpent sea
 

『MODEL Art (モデルアート) 増刊 飛行機模型スペシャル No.02 2013年 08月号』モデルアート社 2013

 まずなんといっても小池繁夫による表紙のBf110がかっこいい。しっぽの方がトリミングされてるのが少し残念だけど、そのかわり機首のアンテナとコクピット周りの繊細な表現をしっかり鑑賞することができる。このFuG220とFuG212を両方装備した機体、物々しくて実にかっこいいと思う。

 特集は「第2次大戦のドイツ空軍 夜間戦闘機」。本誌で告知を見るまで、てっきりベトナムの続きかと思ってたんだけど、嬉しい誤算。前号に続いて1/32、1/48、1/72、各スケールの作例が取り上げられている。今回の特集の目玉は造形村1/32の「ウーフー」で、完成品、途中写真、製品の細部が、カラー10数ページにわたって紹介されている。全体にすごいけど、なかでもエンジンがすごい。
 作例が一番多いのが表紙にもなってるBf110。新しめのキットが4例紹介されている。スピットファィアにボコられたりしたらしいけど、スマートで美しい機体だ。残念ながら今回は単発機の作例がなかったれけど、アンテナでハリネズミみたいになったNJGr.10のFw190A-6あたりは模型映えすると思う。
 特集では作例の他に「《解説》ドイツ空軍夜間戦闘機 塗装とマーキング 夜間戦闘機隊とそのエースたち」という記事がカラーで20ページ以上もある。「塗装とマーキング」では前号と同様の構成で、特集で取り上げられた各機体のマーキング(基本塗装、個別マーキング)が紹介されている。

 特集以外の作例では新連載「モデリングJASDF 見たい! 撮りたい!! 作りたい!!!」の「F-15J」がすごかった。飛行教導隊の912号機を、レベルの「F-15E」にハセガワの「F-15J/DJ」のパーツを流用して再現している。工作の抜かりのなさもさることながら、複雑怪奇な迷彩の再現が凄い。この連載記事、実機写真、途中写真、完成品、塗装図を交えた、タイトル通りの非常に読み応えのあるものになっている。

 前回雑誌全体のレイアウトがちょっと見辛いって感じのことを書いたけど、微妙に改善されているように感じた。比べてみたところ大きな変化はなさそうなんだけど、作例が全てカラーページになったのはよかった。ごちゃっとしない紙面作りという点では、途中写真の背景色の影響が大きいようだ。
 次は2013年10月中旬発売予定とのこと。特集はまだ分からないけれど、今度こそベトナムの続きかな。



 - 作例リスト (掲載順) -

ニューキットセレクション
『ヴォート F4U-1 コルセア “バードゲージ”』タミヤ 1/32
『イスラエル空軍戦闘機 クフィルC2/C7』キネテック 1/48

特集記事
『ハインケル He219A-0 ウーフー』造形村 1/32
『メッサーシュミット Bf110D-3』サイバーホビー 1/48
『メッサーシュミット Bf110G-4』エデュアルド 1/48
『メッサーシュミット Bf110E-1』エデュアルド 1/72
『メッサーシュミット Bf110E-1』ホビーボス 1/72
『ユンカース Ju88G-6』サイバーホビー 1/48
『ユンカース Ju88G-6』ズベズダ 1/72
『ユンカース Ju88G-6』ハセガワ 1/72
『メッサーシュミット Me262A-1(V056)』ホビーボス 1/48
『メッサーシュミット Me262B-1a/U1』ドイツレベル 1/72

連載記事『モデリングJASDF 見たい! 撮りたい!! 作りたい!!! Vol.001 アグレッサーが作りたい! 〜徹底的に912〜』
『飛行教導隊 F-15J 92-8912』レベル「F-15E」+ハセガワ「F-15J/DJ」1/48




関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply