『ストライクウィッチーズ劇場版 メモリアルコメンタリーブック』と『サーニャ&エイラ スノードーム』

0 Comments
serpent sea
2013071301.jpg

『「ストライクウィッチーズ劇場版」メモリアルコメンタリーブック』2012 角川書店
『「ストライクウィッチーズ劇場版」スノードーム』

 この2点は雑誌『娘TYPE』の誌上通販で買ったもの。ちょっと前に届いていたんだけど、注文してたのを完全に忘れてたので結構嬉しかった。ハイデマリーと静夏のピンクの表紙が素晴らしすぎる「メモリアルコメンタリーブック」は、画像では同人誌と同じサイズかなって感じだけど、実物はかなり小さい。ちょうど劇場版BD-BOXと同じサイズらしい。

2013071302.jpg

 こんな感じでモノクロ64ページ。サイズは小さいけれど中身は充実していて、ストライカーユニットの面々が、劇場版のストーリーに沿ったトークを展開している。これは劇場版BD発売時に、『娘TYPE』『コンプエース』『コンプティーク』に「三誌連動企画」として掲載された座談会を、加筆修正してまとめたもの。細かいこだわりや演出の意図などにも言及されているから、読んでるとまた映画が見たくなってくる(見ました)。それと内容もさることながら、こりゃよいわ! と思ったのは、豊富な参考画像がトークとばっちりリンクしていること。アニメのムックなどで対談はよく見かけるけど、そもそも画像が載ってないか、載ってても記事から離れてたりして読み辛いことがある。その点本書の場合は基本的に同一のページに掲載されていて、とても読みやすかった。

2013071303.jpg

 もうひとつスノードームは、最初コミケで販売されたとき、2chのスレッドでは微妙に評判が良くなかったんだけど、やっぱり欲しくて買ってしまった。実物は思ってたより大きい。絵柄は両面ともエイラとサーニャ、一番上の「コメンタリーブック」と一緒の画像はディフォルメの面で、サウナの妖精「トント」も描かれている(こっち側向けて飾ってます)。この画像がもう片方の面で、封入された星と雪の結晶と、小さいキラキラしたのが、二人によく似合っていて結構綺麗なんだけど、うちのカメラじゃ全然上手く撮れなかったです。振って、さっと置いて、キラキラが沈まないうちに撮るのがほんと難しい。残念。


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply