飛行機模型スペシャル No.01

0 Comments
serpent sea
 

『MODEL Art (モデルアート) 増刊 飛行機模型スペシャル No.01 2013年 05月号』モデルアート社 2013

 まずなんといっても小池繁夫による表紙のF-4がかっこいい。F-4の特徴的な曲面が紫の陰影で美しく表現されていて、このイラストだけで小一時間は楽しめそう。そんな表紙のおかげか特集がよかったのか、売れ行きもなかなか好調なようだ。

 特集は「ベトナム航空戦 アメリカ海軍編パート1」。ベトナムの海軍機といえば、まずは表紙になってるF-4、それとキットは中学生のころ作ったきりだけど、F-8がかっこいい。その両機をはじめとするガルグレーの機体が、1/32、1/48、1/72のスケールでずらっと並んでいる。作例はどれも徹底的に手を入れるというより、キットをきっちり組むとこうなるよって感じの好感を持てるもの。各キット毎の製作のポイントが丁寧に解説されている。新旧のキットが選ばれているのもよかった。ただウエザリングは総じてごく控えめだから、汚れっぷりに特徴がある機体の作例は、ちょっと物足りないかもしれない。
 特集は作例の他に「《解説》ベトナム航空戦史・アメリカ海軍機のたたかい」「《解説》ベトナム航空戦・米海軍機の塗装とマーキング」「《解説》ベトナム戦争参加米空母航空団と飛行隊」「まだまだあるぞ! ベトナム航空戦のキットあれこれ ~アメリカ海軍機編パート1~」などの記事で構成されている。「《解説》ベトナム航空戦・米海軍機の塗装とマーキング」では、特集で取り上げられた各機体のマーキング(基本塗装、個別マーキング)が紹介されていて見応えがあった。それから《解説》の三つの記事には、どれも実機写真(小さいけど)が載っている。

 特集以外の作例はタミヤの1/72『イリューシンIL-2 シュトルモビク』と、エアフィックスの1/72『デ バビランド ヴァンパイア T.11』。ともに「ニューキットセレクション」の記事だ。「シュトルモビク」は1/48をそのまま縮小したような精密さが紙面からも感じられる。このキットは購入予定。

 この雑誌、買ってから少し経っているから何度も見返しているんだけど、「創刊号」としてはかなり満足できるものになっていると思う。
 少し残念なのは、とくに作例のページで、大きな紙面をまだ上手く使えてないような印象を受けたこと。途中写真はともかく、完成品の画像まで小さいものが多く、そんな画像と文字が入り組んで配置されているので、ごちゃごちゃして煩雑。本誌より文字を大きくしたのも裏目に出ているような気がする。シャレてなくてもいいので、見やすいすっきりとしたレイアウトを期待したい。もちろん作例の画像は大きめで。あと画像といえば、「ニューキットセレクション」に顕著なんだけど、カメラの高さ(目の高さ)が低い画像が多くて、完成品の全体像が掴みにくかった。色々な視点からの完成品が見たい。
 て感じで、物足りないところは主にレイアウト関連に限られていて、新旧各種スケールを揃えた作例、記事(特に「塗装とマーキング」「キットあれこれ」)そして表紙、どれも満足できるものだった。なにより「ベトナム航空戦」に絞った特集がよかった。次号も楽しみだ。



 - 作例リスト (掲載順) -

特集記事
『F-4B ファントムⅡ』アカデミー 1/48
『F-4J ファントムⅡ』ハセガワ 1/72
『F-8E クルセイダー』ハセガワ 1/48
『F-8E クルセイダー』アカデミー 1/72
『A-1H スカイレーダー』造形村 1/32
『A-1H スカイレーダー』タミヤ 1/48 
『A-4B スカイホーク』エアフィックス 1/72
『A-4C スカイホーク』フジミ 1/72
『A-4E/F スカイホーク』ハセガワ 1/48 
『A-6A イントルーダー』キネティック 1/48
『A-6E イントルーダー』レベル 1/48
『A-7B コルセアⅡ』ホビーボス 1/72
『A-7E コルセアⅡ』ハセガワ 1/48

ニューキットセレクション
『イリューシン IL-2 シュトルモビク』タミヤ 1/72
『デ バビランド ヴァンパイア T.11(航空自衛隊 DH.115 ヴァンパイア T.55)』エアフィックス 1/72




 

イリューシン IL-2 シュトルモビク』タミヤ 1/72 ウォーバードコレクション No.81


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply