Archive2017年08月 1/1

いけ『ねこむすめ道草日記〈16〉』

No image

  いけ『ねこむすめ道草日記〈16〉』徳間書店 2017 リュウコミックス 予想以上の速さで第16巻が出た。リュウコミックスではこの「ねこむすめ」と、今TVでやってる(けどまだ見れてない)『セントールの悩み』を買ってるんだけど、両作ともにいいペースで刊行されてるのが喜ばしい。今回は第93話〜第99話+おまけを収録。前巻は初の一冊丸々続き物で、派手なバトルあり過去話ありと変化に富んだ一冊だったが、今回はいつも通りに戻...

  •  0
  •  0

MODEL Art (モデルアート) 2017年 10月号 No.974

 MODEL Art (モデルアート) 2017年 10月号 No.974 妖怪は好きだけどプラモはなぁ、完成品のフィギュアならいいんだけど……って人には(人にこそ)、ぜひ手にとって該当ページを見ていただきたい。もちろん妖怪&プラモファンに超おすすめ。先月紹介した「河童のガジロウ」(←前の記事へのリンクです)の素晴らしい作例が載ってます。このキット↓ 実は先月号の予告を見た時点では、色々なジャンルのキットを取り上げる連載記事の「FOLL...

  •  0
  •  0

SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2017年 09月号 Vol.117

No image

  SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2017年 09月号 Vol.117 何回めかの零戦特集号。今回は新旧の1/32キット限定の特集で、作例はハセガワの新旧「五二型丙」、タミヤの「五二型」(ジオラマ作品)の3例のみ。作例の数としては少々寂しいけれど「HOW TO BUILD」とあるだけに、お題のハセガワ新キットの製作過程をじっくり見せる、初心者や今まさにこのキットに取り掛かろうって人向けの構成になっている。一日目の胴体内...

  •  0
  •  0

『魔の巣 MANOS』

No image

 『魔の巣 MANOS』 どこかに向かってドライブしてる家族(夫婦と娘と犬)が道に迷った。場所はアメリカ南部のどこか。幼い娘はグズるし、母親はうるさいし、「俺はこれまで道に迷ったことがない」なんて言い張ってた父親の面目丸つぶれである。ぼちぼち日も暮れかけ、やばい状況になってきたかなーって頃、砂漠の道無き道を行き着いた先で建物らしきものに行き当たった。玄関らしきところにはみすぼらしい風体の男が立っている。こ...

  •  0
  •  0

『死霊館』

No image

 『死霊館』 アメリカ、ロードアイランド州、ハリスヴィル。「ペロン夫妻」と五人の娘たちが、広大な敷地に建つ古びたその屋敷に越してきたのは1971年のことだった。家族の新しい生活には引越しの当日から不吉な影がさした。まず閉ざされた地下室が見つかり、翌日には決して室内に入ろうとしなかった愛犬が死亡する。屋敷中の時計は午前3時7分で停止していた。さらに娘の一人はベッドで足を引っ張られ、妻の身体には覚えのない痣...

  •  0
  •  0

伊藤三巳華『スピ☆ヲタ子ちゃん〈1〉』

No image

  伊藤三巳華『スピ☆ヲタ子ちゃん〈1〉』講談社 2017 ヤンマガKCスペシャル 主人公は著者の少女時代「ミミカ」。「オバケ団地」と噂される千葉県N市の某団地で暮らしていた。本人によるとあまり裕福な家庭ではなかったらしい。幼い頃からミミカには人に見えない不可思議なモノが見えた。そして三日に一度という頻度で「幽霊に襲われて」育ったという。長じるにつれて、彼女は自身の体質をひけらかすことのリスクを自覚し、霊感...

  •  0
  •  0

読書メモ まとめ (2016年08月11日~2017年08月10日)

 下の画像はアメリカのメーカー、BARCLAY(バークレー)の「ARMY TANK TRUCK」です。安価なアクセサリーやおもちゃなどで用いられたポットメタルという製法で作られています。レトロフューチャーなデザインと、造形の素朴な味わい、1936年に発売されたアイテムですが、塗装やタイヤの状態を見る限りレストアされてるような気がします。このメーカーは1930年代から50年代にかけて、自動車、軍用車、フィキュア(鉛の兵隊)などの幅広い...

  •  0
  •  0

飛行機模型スペシャル No.18

No image

 『飛行機模型スペシャル No.18』モデルアート社 2017 気合の入った作例をじっくり見たい、せっかくだから色々なメーカーのキットを見比べたい、そんな限られたページ数での両立が困難そうな要求に、びっくりするほど過剰に応えた一冊。 特集は「リパブリック P-47 サンダーボルト」、作例のスケールは1/24~1/72。機種の好き嫌いを置いとけば、通巻18冊の中でも屈指の充実度だと思う。とにかく作例の数が多い。特集の作例だけ...

  •  0
  •  0

三原一晃『白雪姫は悪魔の使い』

No image

 三原一晃『白雪姫は悪魔の使い』立風書房 1983 レモン・コミックス 恐怖シリーズ 表紙は人相の悪い原住民とソバカスの女の子、裏表紙は白雪姫と七人の小人、これらのお題をしっかり(?)踏まえつつ、その実態は怪猫ものでしたというカオスな作品。 主人公は表紙の女の子「レイコ」。引っ込み思案な彼女にも、年頃の女の子らしい図々しくもささやかな願い事があった。「クラスのいじめっ子から私を守ってください。それから今度の...

  •  0
  •  0