Archive2016年11月 1/1

MODEL Art (モデルアート) 2003年 07月号 ~ 12月号 [作例リスト]

No image

MODEL Art (モデルアート) 2003年 07月号~MODEL Art (モデルアート) 2003年 12月号作例リストです。 ■航空機 ■戦車 ■艦船 ■車/バイク ■その他...

  •  0
  •  0

MODEL Art (モデルアート) 2017年 01月号 No.956

No image

  MODEL Art (モデルアート) 2017年 01月号 No.956 祝!! モデルアート創刊50周年!! 新年号ってこともあって、白地に金文字の表紙も何だかおめでたい。 というわけで、自分が初めて買った号の思い出話でも書こうと思ったのだけど、最初プラモ屋に置いてたバックナンバーから欲しいのを選んで買っていたので、何号から買ってたのか全然わからない。近所にMAや世傑をずらっと揃えた奇特な古本屋があったのでなおさらだ。持ってる...

  •  0
  •  0

渡辺正和『「超」怖い話 鬼市』

No image

  渡辺正和『「超」怖い話 鬼市』竹書房 2013 竹書房文庫 HO-163 凄みのある表紙のイラストに負けず劣らず、中身も充実した一冊だった。目立った特徴としては、各エピソードが関連のあるモチーフやシチュエーションごとにゆるくまとめられている点だ。この構成は似た傾向の話が連続しても退屈させないという著者の自信の表われだろう。あと器物の怪談が多いのも特徴。全27編収録。印象的な話が多かったが、気になったエピソード...

  •  0
  •  0

さがみゆき『血に炎える死美人』

No image

 さがみゆき『血に炎える死美人』ひばり書房 1986 ヒット・コミックス 132 怪奇ロマンシリーズ「純子」と「まり」の仲良し姉妹がTVの恐怖劇場(ひばり書房提供)に悲鳴をあげていると、兄が帰宅した。美しい女性を連れている。映画スターだろうか……。姉妹の兄は怪奇作家だ。小説がドラマ化されたりして、最近人気が出てきている。そんな兄へのファンレターの中に奇妙なものがあった。血で染め上げられたような真っ赤な着物が送られ...

  •  4
  •  0

名和昆虫博物館について

 前回の「天神神社(伊久良河宮跡)」(←前の記事へのリンクです)に続いて、以前から行きたいと思ってた「名和昆虫博物館」にも足を運んだ。「岐阜城」の建ってる「金華山」のふもとの「岐阜公園」にあるので、今度はほとんど迷わずに楽々到着することができた。 この博物館のかっこいい建物は、京都の清水寺の近くにあるカフェ「五龍閣」などを設計した建築家武田五一(フランク・ロイド・ライトとも親交があったとか)によるもので...

  •  0
  •  0

天神神社(伊久良河宮跡)について

「倭姫宮について」(←前の記事へのリンクです)の記事に「次の目的地は岐阜県瑞穂市居倉の「伊久良河宮跡」(天神神社)。楽しみ」なんて書いてからはや半年以上、リフレッシュ休暇を利用して、ようやくお参りすることができた。「伊勢湾岸自動車道」を適当に降りてから、「木曽川」「長良川」「揖斐川」の堤防をひたすら目的地に向かって北上したのだが、これまで電車からチラ見したことしかなかった木曽三川を、今回はあちこちで停...

  •  1
  •  0

H・P・ラヴクラフト『彼方より』

No image

  H・P・ラヴクラフト(Howard Phillips Lovecraft)著, 大瀧啓裕訳『彼方より』(“From Beyond”『ラヴクラフト全集〈4〉』東京創元社 1985 創元推理文庫 所収) 先日の『冷気』に続いて『ラヴクラフト全集〈4〉』から、これまたマッド・サイエンティストもの。『宇宙からの色』→『眠りの壁の彼方』→「アーサー・ジャーミン」→『冷気』→『彼方より』→『ピックマンのモデル』→『狂気の山脈にて』という順で収録されている。何気にす...

  •  2
  •  0

H・P・ラヴクラフト『冷気』

No image

  H・P・ラヴクラフト(Howard Phillips Lovecraft)著, 大瀧啓裕訳『冷気』(“Cool Air”『ラヴクラフト全集〈4〉』東京創元社 1985 創元推理文庫 所収) 舞台はニューヨークの安アパート。主人公は心臓の治療を頼んだことをきっかけに、真上の部屋に住む「ムニョス博士」と親しくなった。博士は一流の医療技術を身につけているにも関わらず、自室に引きこもって研究に専念している風変わりな男だ。博士によると人間の意思や意識は...

  •  6
  •  0

飛行機模型スペシャル No.15

No image

 『飛行機模型スペシャル No.15』モデルアート社 2016 前号だけかと思ったら、残念ながら今回も表紙が写真だった。写真がイヤってわけじゃないけど、やっぱイラストの方がスペシャル感があるので、次号からはぜひイラストに戻してほしい。今回不満に感じたのはその一点だけで、内容は超充実している。戦略核爆撃機のファンがどのくらいいるのかは分からないが、そういう人にはもちろん、1/144スケールファンにもおすすめできる内...

  •  0
  •  0