Archive2015年12月 1/1

MODEL Art (モデルアート) 2016年 02月号 No.934

No image

  MODEL Art (モデルアート) 2016年 02月号 No.934 ものすごく楽しみにしてた2月号が出た。特集はエアフィックスの1/72ニューキットをメインにした「日本海軍の艦上攻撃機」。それとウェーブのでかい「戦艦 三笠」の特別記事も載ってる。 特集の作例は1/72スケール×3、1/48スケール×2の計5例。今回のメインで目当てだったエアフィックスの1/72「九七艦攻」(表紙の機体)は、主翼を展開した状態と畳んだ状態の2機が掲載されてい...

  •  0
  •  0

安田タツ夫『恐怖! 人魚の子守唄』

No image

 安田タツ夫『恐怖! 人魚の子守唄』立風書房 1986 レモンコミックス 370 学園恐怖シリーズ 町外れの岬の突端に佇む洋館、かつてそこには怪しい研究に傾倒した老人がたった一人で暮らしていたという。そんな洋館に一組のカップルが迷い込んだ。人気のない館内には様々な装置とともに、巨大な水槽が設置されている。怖る怖る水槽を覗き見るカップル。二人はそこに群れをなして浮遊する奇怪な生物を見た。すると男の挙動がにわかに...

  •  0
  •  0

SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2016年 01月号 Vol.107

No image

  SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2016年 01月号 Vol.107 コンペ系の特集は決まって物足りない。 そんな先入観が全くの杞憂の杞憂に過ぎないのが、この雑誌のコンペ「SAコン」だ。去年はもの凄く良かったが、今年もそれに負けず劣らず見応え充分だった。今回の特集、「SA Convention 2015」のお題は去年とは打って変わって「1/72スケール ジェット機」、詳しくは「A部門 ハセガワB/C/D/E帯のジェット機」「B部門 ...

  •  0
  •  0

江戸川乱歩『海底の魔術師』

No image

 江戸川乱歩『海底の魔術師』(『江戸川乱歩推理文庫〈35〉鉄塔の怪人/海底の魔術師』講談社 1988 所収) 房総半島の沖合、沈没船で作業をしていた二人の潜水夫が、海中の怪物を目撃する。それは全身が鉄でできた人間とワニの間の子のような怖ろしい姿をしていた。直後、今度は近隣の漁村の少年が同様の怪物と遭遇する。鉄の人魚のようなその怪物は、怯える少年に「マモナク、ニッポンジュウガ、オオサワギニナルダロ、オレガ、シ...

  •  2
  •  0

潮寒二『蛞蝓妄想譜』

No image

 潮寒二『蛞蝓妄想譜』(鮎川哲也編『怪奇探偵小説集〈続〉』双葉社 1976 所収) 非常にヤバイ雰囲気の幻想的な犯罪小説。 高校生くらいの少年が精液を採取されている。警察署の一室である。精液は照合に用いられるらしい。彼はついさっき、小学校二年生の女の子を強姦し、絞殺した現場で逮捕されたのだ。被害者の女の子は、不幸にもホタル狩りに来た池のほとりで、覚醒剤中毒の少年に遭遇してしまったのだった。 ひとしきり取調...

  •  2
  •  0

Model Graphix (モデルグラフィックス) 2016年 01月号

No image

  Model Graphix (モデルグラフィックス) 2016年 01月号 ガルパン劇場版、ようやく金曜(の深夜)に見ることができた。ここで見ないと今年は見れないってタイミングだったのだが、ちょっと無理してでも行ってよかった。というか無理しまくってでも見に行くべき作品だった。めっちゃ面白かった。高低差のある怒涛の戦車戦とものすごい音響で、最初の1秒目からずーっとクライマックス。あっという間の2時間だった。あと実家のまほが...

  •  0
  •  0

タニス・リー『ジャンフィアの木』

No image

 タニス・リー(Tanith Lee)著, 小梨直訳『ジャンフィアの木』(“The JanfiaTree” エレン・ダトロウ編『血も心も 新吸血鬼物語』新潮社 1993 新潮文庫 所収) 主人公はなぜか世の中を疎んじて、口には出さないが死にたがってる女性。ただし積極的に死のうという気は全然ないらしく、ぼんやりと誰か殺してくれないかなあ、などと考えている。文筆業で身を立てているようだが、その辺りのこともどうもはっきりとしない。そんな彼女が...

  •  0
  •  0

エドワード・ブライアント『夜はいい子に』

No image

 エドワード・ブライアント(Edward Bryant)著, 小梨直訳『夜はいい子に』(“Good Kids” エレン・ダトロウ編『血も心も 新吸血鬼物語』新潮社 1993 新潮文庫 所収) 前に感想を書いたA・ブラックウッドの『移植』(←前の記事へのリンクです)は、無能力者が傍から見てる分には取り立てて何も起こらない、ただ登場人物の一人がやけに憔悴してるだけという、至極地味な超能力バトルを描いた不思議な作品だった。『移植』の登場人物が戦...

  •  0
  •  0

ロバート・E・ハワード『闇の種族』

No image

  ロバート・E・ハワード(Robert E. Howard)著, 夏来健次訳『闇の種族』(“The Shadow of the Beast”『黒の碑(いしぶみ) クトゥルー神話譚』東京創元社 1991 創元推理文庫 所収) 昨日は久々の平日休みだったのにずっと家にいて(なんて寂しい言葉だ)、録り溜めてたアニメの消化と部屋の片付け……というか本棚の整理で一日費やしてしまった。うちの本棚は、1.背表紙の見た目(色・背の高さ)、2.ジャンル、3.著者名の優先順位で並んで...

  •  0
  •  0

ARIA (アリア) 2016年 01月号 いなだ詩穂著, 小野不由美原作『悪夢の棲む家 ゴーストハント』連載第18回

No image

  いなだ詩穂著, 小野不由美原作『悪夢の棲む家 ゴーストハント』連載第18回 うっかり忘れそうになったけど、定期購読してたおかげで助かった。雑誌の小口を見て最後の方にやけに黒いページが固まってたらそれがゴーストハント。今回も超黒々としてる。 前回隣の笹倉一家の襲撃シーンで終わってたけど、今回は珍しく屋外からのスタート。といってもほんの3コマほどですぐに屋内のシーンになってしまうのだが。そして屋内は屋内...

  •  0
  •  0