Archive2015年04月 1/1

『今昔物語集 巻第二十九 本朝 付悪行』より「第三十九」「第四十」そこのヘビ、なにやってんの! って話

No image

『今昔物語集 巻第二十九 本朝 付悪行 蛇見女陰発欲出穴當刀死語 第三十九』『今昔物語集 巻第二十九 本朝 付悪行 蛇見僧昼寝マラ(※1)呑受婬死語 第四十』(山田孝雄, 山田忠雄, 山田秀雄, 山田俊雄校注『日本古典文学大系〈26〉今昔物語集 五』岩波書店 1963 所収) いるに違いない海のUMAランキング1位がメガロドンだとすると、陸のランキング1位のUMAはどれだろう。メジャーさなら雪男やサスカッチあたりの獣人系UMAだろうけど、...

  •  0
  •  0

MODEL Art (モデルアート) 2015年 06月号 No.918

No image

  MODEL Art (モデルアート) 2015年 06月号 No.918 ピンクのロゴが目新しい地味派手な表紙の6月号。今月の特集は「テーマ別 製作/塗装関連アイテムガイド」。ということで、この手の特集の通例通りバラエティに富んだ内容になっている。 特集記事内の作例は各社のツールでエッチングを「折り曲げまくって」製作されたフジミの1/700「五十鈴」1例だけだが、下地作りから仕上げまで、新旧マテリアル&ツールが豊富に紹介されてい...

  •  0
  •  0

飛行機模型スペシャル No.09

No image

 『MODEL Art (モデルアート) 増刊 飛行機模型スペシャル No.09 2015年 05月号』モデルアート社 2015 この18日に発売された別冊の最新号。特集はあまり飛行機に興味がない人にも知名度の高い「F-15イーグル」だ。実はこの機体、これまでまともに作ったことがない。一応キットも買ってるし、よく知ってるような気もするんだけど。不思議。 作例は最新のグレートウォールホビーの1/48キットを筆頭に、1/32~1/72の各スケールで7機...

  •  0
  •  0

つのだじろう『霊界通信』

No image

 つのだじろう『霊界通信』(『恐怖心霊ゾーン 霊界通信 ―デスマスクの旋律』講談社 1984 KCスペシャル 40 所収)「冗談コロッケだ! おれはぜったい、そんなもの信じないぞ!」(p.12)と言い放ち、霊魂の存在を強く否定する主人公「四神史郎」少年が、学園に次々に起こる心霊がらみの事件に巻き込まれ、知らず知らずのうちにその道にどっぷりと嵌っていく。「狂気の校医の巻」「エンゼルさんの巻」「超能力トレーニングの巻」の全3話...

  •  0
  •  0

『食人族 製作35周年記念HDリマスター究極版』について

No image

  至高の食人族映画のHDリマスター版が発売決定。本編96分、特典映像は約434分( ! )収録予定。特典映像にはメイキングが60分21秒、削除シーンが1分46秒、監督をはじめ関係者へのインタビューのほか、イベント映像なども収録されるようだ。発売はまだまだ先(2015年11月3日予定)だけど今から楽しみ!『食人族』("Cannibal Holocaust") 1980 イタリア 監督:ルッジェロ・デオダート 製作:ジョヴァンニ・マッシーニ 出演:フラン...

  •  0
  •  0

SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2015年 05月号 Vol.103

No image

  SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2015年 05月号 Vol.103 発売日から数日遅れでやっと本屋に行くことができたのだが、今月号はなかなか売れ行きがいいらしくて、もう2冊しか残ってなかった。危なかった。思った以上に人気あるのかなA-10。 今月号の特集は表紙のゴツい攻撃機「A-10 サンダーボルトⅡ」。激しいウェザリングが似合う機体ってことで、作例も1/32~1/72の各スケールで濃いめのが並んでる。表紙の「A-10...

  •  0
  •  0

A・ブラックウッド『ドナウ河のヤナギ原』

No image

 アルジャノン・ブラックウッド(Algernon Blackwood)著, 中西秀雄訳『ドナウ河のヤナギ原』("The Willows"『ブラックウッド怪談集』講談社 1978 講談社文庫 所収) ドイツ南部、シュヴァルツヴァルトの源流から、ドナウ河を延々とカヌーで下ってきた主人公とその友人は、オーストリアを後にし、ブダペストの手前の沼沢地の小島で数日のあいだキャンプを張ることにした。そこは見渡す限り一面、ヤナギが海原のように低く茂る沼沢地...

  •  0
  •  0

『ほんとにあった怖い話〈5〉読者の恐怖体験談集』

No image

『ほんとにあった怖い話〈5〉読者の恐怖体験談集』朝日ソノラマ 1989 ハロウィン少女コミック館 前巻の感想では「相変わらず少年、少女マンガのタッチが混在」と書いたけど、この第5巻はぐぐっと少年マンガに寄っている。話数が減った分、シチュエーションだけでは終わらない長めの話が多い。突飛な話はほぼなくなって、作画も含めて非常に安定した印象。 そんななかにあって「第四話 連れてこないで」の作画は、投稿者のそらま...

  •  0
  •  0

伊藤潤二『うずまき 第16話 続・混沌』

No image

 伊藤潤二『うずまき 第16話 続・混沌』(『うずまき』小学館 2000 ビッグ コミックス ワイド 所収) 前回、前々回から引き続き、瓦礫の山と化した黒渦町でのサバイバルが続く。混迷の度合いは増々深まっていて、すでに取り返しはつかないっぽい。 町には未だに外部からやって来る人が後を絶たない。ボランティアや報道関係の人々である。ところが町に入ったが最後、あらゆる手段を尽くしても外に出ることができない。海から逃げ...

  •  0
  •  0

『アダムとイブ VS 食人族』

No image

 『アダムとイブ VS 食人族』 録りっぱなしにしてた冬アニメのなかから、繰り返し見そうなやつを選んでRECBOXに移動している。ぼちぼちスタートした春アニメの分の、レコーダーのスペースを確保するためだ。これが結構時間がかかる。そのあいだはレコーダーが使えないし、そんなときに限ってCSでも全然いいのをやってない。そこですっかり再生専用機と化してるPS3で、最近買った映画を何本か見た。そのうちの一本が変な映画だっ...

  •  0
  •  0

ARIA (アリア) 2015年 05月号 いなだ詩穂著, 小野不由美原作『悪夢の棲む家 ゴーストハント』連載第15回

No image

  いなだ詩穂著, 小野不由美原作『悪夢の棲む家 ゴーストハント』連載第15回 重要タメ回。さらにトーク中心のシーンが続く。今回はすっかり大人しくなった広田とナルの幽霊談義が中心。幽霊とはなんぞや?という広田の問いに、ナルの見解が示される。曰く幽霊は空間に焼き付いたある種の「情報」なのではないか、それを読みとる人間側のスペックによって結果に差異が生じるのではないか、とは言え何らかの物理現象を伴う場合も多...

  •  0
  •  0