Archive2014年11月 1/1

手塚治虫『ミクロイドS〈2〉』

No image

  手塚治虫『手塚治虫漫画全集 MT184 ミクロイドS〈2〉』 講談社 1981 この第2巻は全3巻のなかでも最もスペクタルで、パニックホラーっぽい展開をみせる。あと1冊ではとても終わりそうにない感じだ。マナブの落第が決定したその夜、ギドロンの地上侵攻がはじまった。昆虫の大群が黒雲のように夜空を覆い尽くし町を襲う。家出の真っ最中だったマナブは水中に隠れて難を逃れたが、マナブの身を案じて飛び出した父親の「美土路博士...

  •  0
  •  0

MODEL Art (モデルアート) 2015年 01月号 No.908

No image

  MODEL Art (モデルアート) 2015年 01月号 No.908 エアブラシを使うようになってかなり経つけど、ハンドピースもコンプレッサーもろくにメンテをしたことがない。ハンドピース(オリンポスのHP-62B/0.2mmとwaveのスーパーエアブラシTH-002/0.3mmを使ってます)のカップだけはさすがに毎回キレイにしているものの、あとはたまにノズルを拭いてるくらいで、コンプレッサー(レトラセットのMODEL5/17)にいたっては数年前に一度オイル...

  •  0
  •  0

木下亀城, 篠原邦彦『日本の郷土玩具』

 木下亀城, 篠原邦彦共著『日本の郷土玩具』保育社 1962 カラーブックス 10 これはずいぶん前、招き猫(※1)の本を探してたときに買った本で、招き猫についてはほんのちょっとしか載ってなかったんだけど、面白くて熟読、ついでにシリーズの郷土玩具関連本を集めるきっかけになった。 保育社のwebショップ(※2)の解説によると「保育社のカラーブックス」は1962年の刊行以来、これまでに909点が刊行されている。最近では紙のカバー...

  •  0
  •  0

『タイ・アドバンストx1』バンダイ 1/72

 ※プラモデルの組み立てレビューじゃないです。検索でこられた方、すみません。『タイ・アドバンストx1』バンダイ 1/72 昨日近所の模型店に「Mr.カラー」とナノ・アヴィエーションのシートベルトを買いにいったところ、店頭にドドンと並べられた↑ これを発見! バンダイ1/72『タイ・アドバンストx1』(上)と『Xウイング・スターファイター』(下)。随分前にどこかでアナウンスを見たきりすっかり忘れてたんだけど、たまたま昨日(11...

  •  0
  •  0

堀田郷弘『フランス民話 バスク奇聞集』

No image

堀田郷弘訳編『フランス民話 バスク奇聞集』社会思想社 1988 現代教養文庫 スペイン・フランス国境のバスク地方には長らくヨーロッパの方のすごい田舎ってイメージしかなかったんだけど、BSの旅行番組で現地を見たところ……やっぱりすごい田舎だった。でも日本との関わりは超深くて、なんとあのイエズス会の宣教師フランシスコ・ザビエルがバスク人だったそうで、番組に出てきた現地の人もザビエルを誇りに感じてるようだったし、...

  •  0
  •  0

伊藤潤二『うずまき 第15話 混沌』

No image

 伊藤潤二『うずまき 第15話 混沌』(『うずまき』小学館 2000 ビッグ コミックス ワイド 所収) 今回のサブタイトルは「混沌」。 これまでもさんざん混沌だったような気もするが、サブタイに偽りなしのまじ混沌とした内容だった。 荒廃した黒渦町。前話よりもさらに破壊が進んでいるのは、竜巻に乗って飛行し、遊び半分で建造物を壊す蝶(バタフライ)族の仕業だ。住民は残された長屋にひしめきあって暮しているが、外部から町に...

  •  4
  •  0

加藤一『「極」怖い話 地鎮災』

No image

  加藤一『「極」怖い話 地鎮災』竹書房 2013 竹書房文庫 土地、建物にまつわる怪談だけを集めた本。「円形マンションについて」など数十ページにわたるような長い話から、2ページほどの短いものまで、全28編が収録されている。一口に土地、建物といっても、舞台は普通の一軒家、アパートやマンション、ホテル、飲食店のテナントと結構バラエティに富んでいる。映画館やゴルフ場が舞台の話もあった。物件の状態も建設中のものか...

  •  0
  •  0

海士潜女神社について

 日曜日、三重県志摩半島の最先端に位置する町、国崎町の「海士潜女神社」にお参りしてきた。今回は所用あってのことだったけど、先月の明日香村に続いて、珍しく2ヶ月連続で遠出することになった。場所はこちら↓ 由緒書き↓ 海士潜女(あまかづきめ/(あまくぐりめ))神社主祭神 潜女神(かづきめのかみ) ほか二十七柱古くは鎧崎(よろいざき)に鎮座し海女御前(あまごぜん)と呼ばれていました。伝承によると、約二千年前、垂仁天皇...

  •  0
  •  0

『ほんとにあった怖い話〈2〉芸能界編』

No image

『ほんとにあった怖い話〈2〉芸能界編』朝日ソノラマ 1989 ハロウィン少女コミック館『ほんとにあった怖い話』第2巻には「芸能界編」というサブタイトルが付いている。当初は「読者の恐怖体験談集 1〜」「芸能界編 1〜」って感じで別々のラインナップがあるのかと思っていたのだが(「作家編」「マンガ家恐怖体験談」等の別のシリーズもある)、実際には二つのサブタイがランダムに付けられていたようだ。「芸能界編」には本書のほか...

  •  0
  •  0

並木伸一郎『最新 禁断の異次元事件』

No image

  並木伸一郎『最新 禁断の異次元事件』学研パブリッシング 2014 今年の春頃に発売された雑誌『ムー』の関連本。この「ムー認定」のシリーズはほかにも何冊か出てるんだけど、どれも有名なオカルト系の画像を用いたカバーのデザインが実にかっこいい。とくに本書のカバーは古今東西キャラクターオールタイムベストテンに楽々ランクインの「3メートルの宇宙人」こと「フラットウッズ・モンスター」。深夜のコンビニで見かけて、...

  •  0
  •  0