Archive2013年06月 1/1

MODEL Art (モデルアート) 2013年 08月号 No.874

  MODEL Art (モデルアート) 2013年 08月号 No.874 あっという間に1ヶ月過ぎてしまった。プラモに全然手がつけれてない。「G.91R」のスジ彫りと、MPCの「エイリアン」の接着、「メッサーラ」ちょこっと組み立て、これが今月にやった作業のすべて。やっぱり平日に時間がとれないのは辛いなぁ。 そんなわけで『ハイスコアガール』の4巻と一緒に買ってきた8月号の特集は「日本機再現力向上講座 陸軍機編」。飛行機の特集は久々な...

  •  0
  •  0

堀辰雄『麦藁帽子』

No image

 堀辰雄『麦藁帽子』(『燃ゆる頬・聖家族』)新潮社 1970改版 新潮文庫 所収)お前はよそゆきの、赤いさくらんぼの飾りのついた、麦藁帽子をかぶっている。そのしなやかな帽子の縁が、私の頬をそっと撫でる。私はお前に気どられぬように深い呼吸をする。しかしお前はなんの匂いもしない。ただ麦藁帽子の、かすかに焦げる匂いがするきりで(p.13) この作品には最初と最後に印象的な「匂い」の描写ある。最初はこの帽子の縁が頬をかす...

  •  0
  •  0

SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2013年 07月号 Vol.92

No image

  SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2013年 07月号 Vol.92 むむむむ……。 待望の「フィンランド空軍特集 Part3」!……なんだけど、あまりにも期待しすぎてたせいか、今回の特集には少々物足りなさを感じてしまった。いや、物足りないというと語弊があるような気がする。決してこの特集自体がよくなかったってわけじゃないからだ。合わなかった、期待してたものと違ってたという方が、より正確かもしれない。 今回の特...

  •  0
  •  0

伊藤潤二『うずまき 第1話 うずまきマニア:その1』

No image

 伊藤潤二『うずまき 第1話 うずまきマニア:その1』(『うずまき』小学館 2000 ビッグ コミックス ワイド 所収) 制服姿の女の子が高台から町を見下ろしている。足もとの影の長さから夕暮れなのが分かる。遠くに黒い灯台が見える。なにやら不穏な雰囲気の渦を巻いた雲が見える。眼下にはごく普通の町並みが、海とすぐそばに迫った崖の狭間に押し込められている。どこがってわけじゃないけれど、見てると不安になりそうな、これか...

  •  0
  •  0

H・シュリーマン『シュリーマン旅行記 清国・日本』

No image

  H・シュリーマン(Johann Ludwig Heinrich Julius Schliemann)著, 石井和子訳『シュリーマン旅行記 清国・日本』講談社 1998 講談社学術文庫 CSでは『座頭市』と『眠狂四郎』の二つのシリーズを、たまに『子連れ狼』なんかを挟みつつ、繰り返し流している。こうした映画に出てくる昔の日本の様子は、誇張されたり、美化されてたりで、実像とは相当異なっているに違いない、なんて思いながらも、例えば江戸時代に書かれた怪談な...

  •  0
  •  0

いなだ詩穂著, 小野不由美原作『悪夢の棲む家 ゴーストハント〈1〉特装版』

 いなだ詩穂著, 小野不由美原作『悪夢の棲む家 ゴーストハント〈1〉特装版』講談社 2013 プレミアムKC 早速買ってきました。待望の第1巻特装版。第1話から第5話までの5話と、広田が主人公の「あとがきまんが 俺の非日常的日常に関する考察」2ページが収録されている。カラー口絵は連載第1回めの時のもの。装丁は見ての通り、なかよしのコミックス版とも文庫版とも違って、小説のリライト版に近い雰囲気。 各話の内容はこれまで...

  •  0
  •  0

H・P・ラヴクラフト『ピックマンのモデル』

No image

  H・P・ラヴクラフト(Howard Phillips Lovecraft)著, 大瀧啓裕訳『ピックマンのモデル』("Pickman's Model"『ラヴクラフト全集〈4〉』東京創元社 1985 創元推理文庫 所収)『ピックマンのモデル』はラヴクラフトの著作の中でも、かなりメジャーな作品だと思う。新進気鋭の画家と、彼のおどろおどろしい作品群にまつわる、よく整理された読みやすい構成の物語で、取り扱われているのはゴシック小説に出てきそうな、地下道に潜む「...

  •  0
  •  0