Categoryゴーチエ (テオフィル) 1/1

テオフィル・ゴーチエ『吸血女の恋』

No image

 テオフィル・ゴーチエ(Pierre Jules Théophile Gautier)著, 小柳保義訳『吸血女の恋』("La Morte Amoureuse"『フランス幻想小説 吸血女の恋』社会思想社 1992 現代教養文庫 所収) 夜な夜な若い司祭「ロムアルド」のもとを訪れる吸血女「クラリモンド」を、ロムアルドと老神父「セラピオン」が葬り去るという話。ブラム・ストーカーの『吸血鬼ドラキュラ』("Dracula")に50年以上先駆けて発表された作品だが、ヒロインの吸血女ク...

  •  0
  •  0