「ジェイムズ (M.R) 」カテゴリ記事一覧


M・R・ジェイムズ『ポインター氏の日録』

 

 M・R・ジェイムズ(Montague Rhodes James)著, 平井呈一訳『ポインター氏の日録』("The Diary of Mr.Poynter" ブラックウッド他著, 平井呈一訳『怪奇小説傑作集〈1〉』東京創元社 1969 創元推理文庫 所収)

 たまに古書店で個人の日記帳が売られていることがある。有名人でもなんでもない個人の日記。ためしに中身を覗いてみると、本当にただの日記らしい日記で、達筆すぎて読めそうにないのも多い。野坂昭如はこういった他人の日記を収集していたらしい。作品のネタにしてたのかもしれない。ごくまれに面白い日記があって、日記っぽい記載はほんの少しで、見に行った映画のチケットやチラシ、電車のキップや、展覧会のチケットやリーフレットなどがぎっしり添付されている。江戸川乱歩の『貼雑年譜』みたいな感じだ。なるほどこれなら結構資料的価値も高いし、色々な紙ものを集めてる人にとってはお宝アイテムかもしれない。

 この作品の主人公がロンドンの古本市で競り落としたのは、どちらかというと『貼雑年譜』風の、しかも「ポインター」という著名な考古学者の日記だった。日記には日々の出来事や専門的な記述のほか、一枚の布地が添付されていた。布地にはうねる髪の毛のような縞模様が染め抜かれている。主人公と同居している叔母がことのほかその柄を気に入ったため、模様を複製してカーテンを仕立てることになった。というのもちょうど主人公は、叔母と暮すための家を新築している最中だったのだ。
 複製を依頼した職人が苦心惨憺の末、染めあげたカーテンは素晴らしい仕上がりだった。ところが主人公はそのカーテンの下がった部屋で読書をしているうちに、なんとも落ち着かない気分になった。カーテンの方から誰かが覗いているような視線を感じるのだ。翌日も同じように読書をしていた主人公は、椅子の肘掛けからふと下ろした指先になにかの毛に触れたような、妙な触感を感じた。変だなと思って、腕の下を覗いてみると……。

 解説によると著者はイートン校の学長やケンブリッジ大学の副総長を歴任した碩学で、古文書学者である。小説は趣味で執筆していたらしい。作品の主要なモチーフは自分の専門分野から選ばれていて、それにまつわる因縁譚が多い。著者の作品は冒頭にモチーフについての蘊蓄が書かれていることが多くて、最初のうちはかなり地味でスローペースなように感じられる。ところがクライマックスには、それまでのまったりムードからは想像し難い、異様にインパクトの強い場面が用意されている。驚かされたり、ときにはかっこいい! なんて感じることもある。もちろんこの作品にもそんな著者の作風が顕著に表れている。ラストの得体のしれない何者かの一連の描写は、ジャパニーズホラーの心霊の表現にも通じる不気味さで、そのイメージはまるで一枚絵のように強く印象に残る。

 ところで最初に書いた『貼雑年譜』風の日記帳だが、面白いなとは思っても、自分はまだ買ったことがない。これまで見かけた日記の筆者の趣味が、自分の趣味とはまるで合わなかったというのが大きな理由だ(値段はびっくりするほど安いことが多い)。もしも趣味がドンピシャな日記帳を見つけたら、色々迷った末に買ってしまうのではないかと思う。そのときはきっとこの作品を思い出すに違いない。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

M・R・ジェイムズ『秦皮の木』

 M・R・ジェイムズ(Montague Rhodes James)著, 紀田順一郎訳『秦皮の木』("The Ash-Tree"『M・R・ジェイムズ傑作集』東京創元社 1978 創元推理文庫 所収)

「魔女」と聞いて最初にぱっと思い浮かぶイメージは『オズの魔法使い』(1939)の「西の悪い魔女」のような鷲鼻の老婆形態の魔女だ。少し考えれば色々な魔女(キキとか)がいるのに、子供のころに接した童話の影響だと思うが、常に老婆形態一強でわれながら面白味がない。これが「魔女狩り」となると、なぜかエロいイメージがまとわりついてくるのは、藤子・F・不二雄の『T・Pぼん』や「ジャンヌ・ダルク」の影響だろうか。

 ……本作はそんな魔女狩り(非エロ)で処刑された魔女をモチーフにした、本格的なオカルト短編小説。著者の作品はハズレなく面白いが、この作品も例に漏れず、魔女の執念というか怨念を異様な迫力で描き出している。ストーリーは結構シンプルで、処刑された魔女が、裁判に際して彼女に不利な証言をした家系に、長期間にわたって祟るというもの。死者も出る。決まって屋敷のある一室で眠った者が死亡するのだ。そしてその部屋の窓の外には、トネリコの木が植えられている。
 作中で経過する時間は、魔女の死から呪いの終焉まで数十年に及んでいる。その期間に生じた気味の悪い、しかし一見関連性の薄い出来事が淡々と記述される。それぞれのエピソードは短く、暗示的ではあるものの必要最低限の描写しかされない。最後の最後になって、はじめて事件の全貌が明らかになるという構成だ。

 とくに印象的な、気味の悪いシーンが二カ所ある。ひとつは狂える悪鬼の表情で「あの邸にはお客があるだろうよ」と呟いた、魔女の死に様。意味はよく分からないが、それが呪いの言葉であるらしいことがじわっと伝わってくる。
 もうひとつは月明りのもとで目撃された奇妙な光景。上記のトネリコの木を駆けのぼったり、降りたりしている生き物が目撃される。この「駆けのぼったり、降りたり」という、意味のあるのか無いのか分からない反復が気持ち悪い。
 実話怪談などでも、同じことを過剰に繰り返すタイプの怪異が出てくるけど、やっぱり同じように気味が悪い。ただ例えば投身自殺をずっと繰り返すような幽霊はあまり怖くない。悲惨だなぁとは思うけど。でもずっとうなずいてるような幽霊は怖い。気持ち悪い。わけが分からないものは怖い。

 そんなわけが分からない出来事のタネ明かしがしっかりされるから、気味の悪いものが色々詰まっているわりに、読後感はすっきりしている。オカルトっぽい雰囲気満点の作品。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

M・R・ジェイムズ『消えた心臓』

 M・R・ジェイムズ(Montague Rhodes James)著, 紀田順一郎訳『消えた心臓』("Lost Hearts"『M・R・ジェイムズ傑作集』東京創元社 1978 創元推理文庫 所収)

 原題の「Lost Hearts」が無性にかっこいい、ゴースト・ストーリー。

 ごく短い作品だけに登場人物は少ない。主人公のスティーブンと、召使いの男女、異端信仰の研究者のアブニー氏、それから二人の犠牲者。
 両親を亡くしたスティーブン少年が、アブニー氏の邸宅に引き取られるところから物語ははじまる。肩書きの怪しすぎるこのアブニー氏は、スティーブンの相当年上の従兄にあたるらしい。予想外に暖かく迎え入れられた少年だったが、あるとき自分が引き取られるずっと以前に、身寄りのない男の子と女の子がこの邸宅で暮らし、いずれも行方不明になっていることを知る。少しずつ奇妙な出来事が起こりはじめる……。

 主人公のスティーブン目線で進む物語の裏側で、アブニー氏の狂った計画が着々と進行していく。著者の語り口は終始静かで、整っていて、大げさに煽ることがなく、秘密めいた作品の雰囲気にとてもよく似合っている。アブニー氏の計画の全貌が判明するのは残された書類からという構成で、引き裂かれたパジャマや酒蔵の声などの不気味な出来事が、クライマックスに向けての緻密な伏線となっていたことがそこで明らかにされる。浴槽の少女や月光を浴びる二人のゴーストの、凄惨な美しさが強く印象に残った。短いけれど満足度の高い作品だと思う。

 この作品が収録されている『M・R・ジェイムズ傑作集』には『十三号室』("Number 13")、『銅版画』("The mezzotint")、『秦皮の木』("The Ash-Tree")などを含めた全17編が収録されている。古文書の専門家らしい歴史的な蘊蓄や、書画骨董にまつわる豆知識を織り交ぜた物語が多い。どれも百年ほど前に発表された小説で、作品中の年代設定は多くの場合それよりもさらに遡る。発表当時から「古典的な作風の作家」と評されていたらしいが、それじゃ今読んだらよっぽど古臭いのかというと、全然そんなことはなくて、むしろかっこいい場面や奇抜な発想に驚かされる。オカルト好きな人にはおすすめの本だ。

 ※本作『消えた心臓』を含めた著者の怪奇小説は、2001年に同文庫から出た紀田順一郎訳『M・R・ジェイムズ怪談全集 全2巻』↓にすべて収録されている。


 M・R・ジェイムズ怪談全集〈1〉』東京創元社 2001 創元推理文庫

 M・R・ジェイムズ怪談全集〈2〉』東京創元社 2001 創元推理文庫


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)