Categoryジェイムズ (M.R) 1/1

M・R・ジェイムズ『ポインター氏の日録』

No image

  M・R・ジェイムズ(Montague Rhodes James)著, 平井呈一訳『ポインター氏の日録』("The Diary of Mr.Poynter" ブラックウッド他著, 平井呈一訳『怪奇小説傑作集〈1〉』東京創元社 1969 創元推理文庫 所収) たまに古書店で個人の日記帳が売られていることがある。有名人でもなんでもない個人の日記。ためしに中身を覗いてみると、本当にただの日記らしい日記で、達筆すぎて読めそうにないのも多い。野坂昭如はこういった他人の...

  •  0
  •  0

M・R・ジェイムズ『秦皮の木』

No image

 M・R・ジェイムズ(Montague Rhodes James)著, 紀田順一郎訳『秦皮の木』("The Ash-Tree"『M・R・ジェイムズ傑作集』東京創元社 1978 創元推理文庫 所収)「魔女」と聞いて最初にぱっと思い浮かぶイメージは『オズの魔法使い』(1939)の「西の悪い魔女」のような鷲鼻の老婆形態の魔女だ。少し考えれば色々な魔女(キキとか)がいるのに、子供のころに接した童話の影響だと思うが、常に老婆形態一強でわれながら面白味がない。これが「...

  •  0
  •  0

M・R・ジェイムズ『消えた心臓』

No image

 M・R・ジェイムズ(Montague Rhodes James)著, 紀田順一郎訳『消えた心臓』("Lost Hearts"『M・R・ジェイムズ傑作集』東京創元社 1978 創元推理文庫 所収) 原題の「Lost Hearts」が無性にかっこいい、ゴースト・ストーリー。 ごく短い作品だけに登場人物は少ない。主人公のスティーブンと、召使いの男女、異端信仰の研究者のアブニー氏、それから二人の犠牲者。 両親を亡くしたスティーブン少年が、アブニー氏の邸宅に引き取ら...

  •  0
  •  0