Categoryラヴクラフト (H.P) 1/2

H・P・ラヴクラフト『ダニッチの怪』

No image

  H・P・ラヴクラフト(Howard Phillips Lovecraft)著, 大瀧啓裕訳『ダニッチの怪』(“The Dunwich Horror”『ラヴクラフト全集〈5〉』東京創元社 1987 創元推理文庫 所収) マサチューセッツ州、ダニッチという村落で未曾有の怪事件が発生した。発端は1913年、「ラヴィニア・ウェイトリー」という身体に障害のあるアルビノの女が、一人息子「ウィルバー・ウェイトリー」を出産した時点にさかのぼる。父親は不明。ウェイトリー家は...

  •  0
  •  0

H・P・ラヴクラフト『彼方より』

No image

  H・P・ラヴクラフト(Howard Phillips Lovecraft)著, 大瀧啓裕訳『彼方より』(“From Beyond”『ラヴクラフト全集〈4〉』東京創元社 1985 創元推理文庫 所収) 先日の『冷気』に続いて『ラヴクラフト全集〈4〉』から、これまたマッド・サイエンティストもの。『宇宙からの色』→『眠りの壁の彼方』→「アーサー・ジャーミン」→『冷気』→『彼方より』→『ピックマンのモデル』→『狂気の山脈にて』という順で収録されている。何気にす...

  •  2
  •  0

H・P・ラヴクラフト『冷気』

No image

  H・P・ラヴクラフト(Howard Phillips Lovecraft)著, 大瀧啓裕訳『冷気』(“Cool Air”『ラヴクラフト全集〈4〉』東京創元社 1985 創元推理文庫 所収) 舞台はニューヨークの安アパート。主人公は心臓の治療を頼んだことをきっかけに、真上の部屋に住む「ムニョス博士」と親しくなった。博士は一流の医療技術を身につけているにも関わらず、自室に引きこもって研究に専念している風変わりな男だ。博士によると人間の意思や意識は...

  •  6
  •  0

H・P・ラヴクラフト『インスマウスの影』

No image

  H・P・ラヴクラフト(Howard Phillips Lovecraft)著, 大西尹明訳『インスマウスの影』("The Shadow Over Innsmouth"『ラヴクラフト全集〈1〉』東京創元社 1974 創元推理文庫 所収) 創元推理文庫版全集の第1巻の一番最初に収録されている、著者H.P.ラヴクラフトの代表作。クトゥルフ神話の中核を成す作品の一つとして知られる、暗黒のぶらり途中下車の旅だ。この作品が収録された『The Shadow Over Innsmouth』は、著者が存命中...

  •  0
  •  0

H・P・ラヴクラフト『壁のなかの鼠』

No image

  H・P・ラヴクラフト(Howard Phillips Lovecraft)著, 大西尹明訳『壁のなかの鼠』("The Rats in the Walls"『ラヴクラフト全集〈1〉』東京創元社 1974 創元推理文庫 所収) 幽霊屋敷ものには、基本的に当該物件に住むか見物に行くか、という大まかな流れがあるだけに、それぞれの作者の個性が分かりやすい形で顕われていると思う。クトゥルフ神話で知られるラヴクラフトの幽霊屋敷は、予想通りというかなんというか、地下に戦慄...

  •  0
  •  0

H・P・ラヴクラフト『宇宙からの色』

No image

  H・P・ラヴクラフト(Howard Phillips Lovecraft)著, 大瀧啓裕訳『宇宙からの色』("The Colour of Space"『ラヴクラフト全集〈4〉』東京創元社 1985 創元推理文庫 所収) 前にも書いたけど創元推理文庫版の全集のなかでもとくに好きなのが、この作品が収録されている第4巻で、SF色の強い作品を中心にまとめられている。そういえばオムニバス映画『クリープショー』(1982)のなかの一編が、この話をもとにしてたような気がするが...

  •  0
  •  0

H・P・ラヴクラフト『故アーサー・ジャーミンとその家系に関する事実』

No image

  H・P・ラヴクラフト(Howard Phillips Lovecraft)著, 大瀧啓裕訳『故アーサー・ジャーミンとその家系に関する事実』("Facts Concerning the Late Arthur Jermyn and His Family"『ラヴクラフト全集〈4〉』東京創元社 1985 創元推理文庫 所収) 創元推理文庫の『ラヴクラフト全集』のなかで、おそらく一番多く読み返しているのが、本作が収録されているこの第4巻だと思う。もともと「アーサー・ゴードン・ピム」が大好きだったっ...

  •  0
  •  0

H・P・ラヴクラフト『家のなかの絵』

No image

  H・P・ラヴクラフト(Howard Phillips Lovecraft)著, 大瀧啓裕訳『家のなかの絵』("The Picture in the House"『ラヴクラフト全集〈3〉』東京創元社 1984 創元推理文庫 所収) ニューイングランドのアーカム近郊で嵐にあった主人公が、風雨をしのぐため古びた木造家屋に身を寄せる。廃屋に違いないと思い込んでいたその家屋には、異様な風体の老人が暮らしていた。老人は『コンゴ王国』なる稀覯書を所持していて、文字はさっぱ...

  •  0
  •  0