「MODEL Art 2012 」カテゴリ記事一覧


MODEL Art (モデルアート) 2012年 12月号 No.858

 

 MODEL Art (モデルアート) 2012年 12月号 No.858

 今年も早いものでもう12月号、特集は「スケールモデラーのための色彩学」、こういうHOW TO系の特集はジャンルが絞られない分、作例がバラエティに富んでいて楽しい。でも大当たりってあまりないよなーと思いつつ、おなじみのテキストっぽい表紙を開いてみたら、今回は大当たりだった。いきなり「トヨタ2000GT」。どんな脈絡のチョイスか分からないけど大好きな車だ。その次が「スピットファイアMk.Ⅴb」「木材らしい質感を塗装で表現しよう」ということで、選ばれたのはウイングナット・ウイングスの「アルバトロスD.Ⅴ」嬉しすぎる。そういえばWWⅠの飛行機特集、最後にやったのいつだっけ……。
 
 特集で取りあげられたほかにも、今月号は好きな機体の作例が多かった。まず先月号の予告の時から楽しみにしてた「特別記事」の「飛燕」と「五式戦」各メーカーの1/72キットの作例が6機、他にキットガイドと「五式戦」の実機写真という充実ぶり。1/72メインというのが嬉しい。どの作例もキットを活かした仕上がり。いっそ巻頭特集でもよかったのに。
『モデリング JASDF』の「MiG-25P」はついに完成。いやーかっこいい。これ欲しい。グレーの色調が綺麗。できればもう1ページ、カラーページが欲しかった。それから「ダグラスC-124AグローブマスターⅡ」もよかった。機体の美しい仕上げもさることながら、ソアーIRBM(←ミサイル)、Nゲージのタンクローリーに引かれる。あんな感じで飾れたら楽しいだろうな。



 - 作例リスト (掲載順) - 航空機 戦車 艦船 車/バイク ■その他

特集記事
『トヨタ 2000GT (前期型)』ハセガワ 1/24 ※作例は2例
『スーパーマリン スピットファイア Mk.Ⅴb / Mk.Ⅴb Trop.』タミヤ 1/72 ※作例は2例
『WW.Ⅱ ドイツ軍 Ⅳ号対空戦車オストヴィント』サイバーホビー 1/35
『日本海軍航空母艦 瑞鶴 1944年(昭和19年)』フジミ 1/700
『アルバトロス D.Ⅴ』ウイングナット・ウイングス 1/32

特別記事
『陸軍 三式戦闘機 飛燕一型 [丙]』ファインモールド 1/72
『川崎 キ61-Ⅰ丁 三式戦闘機 飛燕』ハセガワ 1/72
『陸軍 三式戦闘機 飛燕二型改 [ファストバック型]』ファインモールド 1/72
『川崎 キ-100-Ⅰ 陸軍五式戦闘機 Ⅰ型 [ファストバック型]』ファインモールド 1/72
『川崎 三式戦闘機 飛燕Ⅱ型改 量産型』RSモデル 1/72
『川崎 五式戦闘機 Ⅰ型 [ローバックタイプ]』RSモデル 1/72

連載記事『連合艦隊編成講座 No.412』
『中国海軍 練習空母「遼寧:LIAONING」』トランぺッター 1/700「中国海軍 練習空母 “シー・ラン”」

連載記事『モデリング JASDF 206回』
『ベレンコ中尉のMiG-25P “赤の31” 最終回』ICM 1/72『MiG-25PD』改造

NEW KIT REVIEW
『マクラーレン MP4-12C GT3』フジミ 1/24
『F-15E ストライク イーグル』ハセガワ 1/72
『アメリカ海軍 航空母艦 ヨークタウン』タミヤ 1/700
『ドイツ Sd.Kfz254 装輪装軌併用装甲車』ホビーボス 1/35 ※ジオラマ作品
『F5A/CF-5A/NF-5A フリーダムファイター』キネティック 1/48

連載記事『このキットが面白い! (連載第4回)』
『ダグラス C-124A グローブマスターⅡ空軍輸送機』ローデン 1/144 ※フルスクラッチのソアーIRBM、Nケージ用のタンクローリー3台

連載記事『北澤志朗のネオヒストリックガレージ 連載第29回』
『ニッサン・ローレル・メダリスト・クラブS』アオシマ 1/24



 次号の特集は「孤高の最強軍団 イスラエル空軍/陸軍」「NEW KIT REVIEW」にはハセガワの1/72「ユーロファイター タイフーン単座型」などが予定されている。それと来月には別冊の『航空自衛隊 モデリング&主要装備品ガイド』が出るらしい。これも楽しみ。


 
川崎 三式戦闘機 飛燕』ハセガワ 1/72


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

MODEL Art (モデルアート) 2012年 11月号 No.856

 

 MODEL Art (モデルアート) 2012年 11月号 No.856

 今回の特集は9月号に続いて「日本海軍 空母総覧 (後編) 小型空母編」見るからに地味な特集だけど、なんとかなりそうな細部の工作から、エッチング製の甲板の製作まで、かなり力が入ってる感じで、キットガイドも実用性が高そう。門外漢から見るとフジミの「龍驤」がクラシックな雰囲気でかっこよかった。小さい九六式艦戦も可愛らしい。空母はグレーの面積が多いから、艦載機を載せたり、日章旗や信号旗をつけるだけで随分印象が変わるように思う。

 今月号で一番楽しみにしてたのは、エアフィックスの「Bf109E-4」と「スピットファイア Mk.22」このエアフィックスの赤い箱のシリーズは、これまで「Mk.Ⅰ/MK.Ⅱa」と「PR.XⅠX」しか買ってなかったんだけど、プラスチック柔らかめ、パーツ数少なめ、スジ彫りくっきりで、中身あっさりって印象。「Mk.22」の作例からもスジ彫りのくっきり感がうかがえる。銀塗装は作例の感じよりも、もう少し光輝感抑えめの方が好み。一方タミヤのアクリルカラーで塗られた『Bf109E-4』は、落ち着いた色調とほど良いツヤ加減が紙面から伝わってくる仕上がり。効果的に手を入れられていて、精密感が増している。1/72は手軽で買いやすいから、こんな風にどんどん取り上げてくれると嬉しい。

 ほかには連日のようにTVで実機を見かける「MV-22B オスプレイ」の作例と、実機関連の記事がよかった。製作のポイントが写真で説明されていて分かりやすい。同様に実機関連の記事も図や写真を交えて、上手くまとめられていると思う。
 しかしこうして見ると「オスプレイ」って「ハンターキラー」に本当によく似ている。レイアウトもさることながら、なだらかな背中からしっぽにかけての雰囲気なんてそっくり。実にかっこいい。作例は1/48だけど1/72でも再版されるらしい。



 - 作例リスト (掲載順) - 航空機 戦車 艦船 車/バイク ■その他

特集記事
『日本海軍航空母艦 鳳翔 1944年 (昭和19年)』フジミ 1/700 ※1/700 キットで日米開戦後の「鳳翔」の変遷を辿るとして「1942年」「ミッドウェイ海戦時」の作例も掲載
『日本海軍航空母艦 千歳』ピットロード 1/700
「日本海軍 小型空母 1/700 プラキットガイド」 ※下記のキットの簡単なレビューと製作のポイント
  「日本海軍航空母艦 鳳翔」フジミ 1/700
  「日本海軍航空母艦 鳳翔 1939年(昭和14年)」フジミ 1/700
  「日本海軍航空母艦 鳳翔 1942年(昭和17年)」フジミ 1/700 ※パーツ状態
  「日本海軍航空母艦 鳳翔 1944年(昭和19年)」フジミ 1/700 ※パーツ状態
  「日本海軍航空母艦 龍驤 第一次改装後」フジミ 1/700
  「日本海軍航空母艦 龍驤 第二次改装後」フジミ 1/700
  「日本航空母艦 祥鳳」ハセガワ 1/700
  「日本航空母艦 瑞鳳」ハセガワ 1/700
  「日本海軍航空母艦 龍鳳 短甲板」ピットロード 1/700
  「日本海軍航空母艦 龍鳳 長甲板」ピットロード 1/700
  「日本海軍航空母艦 龍鳳 1942年(昭和17年)」フジミ 1/700
  「日本海軍航空母艦 龍鳳 1945年(昭和20年)」フジミ 1/700
  「日本海軍航空母艦 千歳」ピットロード 1/700
  「日本海軍航空母艦 千代田」ピットロード 1/700
  「日本航空母艦 大鷹」アオシマ 1/700
  「日本航空母艦 雲鷹」アオシマ 1/700
  「日本航空母艦 沖鷹」アオシマ 1/700
  「日本海軍航空母艦 神鷹」ピットロード 1/700 ※ レジンキット
  「旧日本海軍 特設航空母艦 海鷹」フジミ 1/700

連載記事『連合艦隊編成講座 No.411』
『日本海軍航空母艦「龍鳳」短甲板 昭和17年時』ピットロード 1/700 ※「潜水母艦 大鯨」の作例も小さく掲載
『日本海軍航空母艦「龍鳳」短甲板 昭和19年時』

特集記事
『日本海軍航空母艦 龍驤 第二次改装後』フジミ 1/700
『日本航空母艦 祥鳳』ハセガワ 1/700

「ピットロードコンテスト 第23回 審査結果発表」※入賞作品の紹介

特別キットレビュー
『波 - 101 潜輸小型 (竣工時)』漣工房 1/700 ※レジンキット
『波 - 104 潜輸小型 (航空揮発油輸送艦)』
『波 - 101 潜輸小型 (小型潜航艇母艦)』
『波 - 201 潜高小型』

連載記事『モデリング JASDF 205回』
『ベレンコ中尉のMiG-25P “赤の31” その4』ICM 1/72『MiG-25PD』改造

NEW KIT REVIEW
『ニッサン R89C』タミヤ 1/24 ※1989年ル・マン出走車
『ソビエト爆撃機 Tu-2T』シュントンモデル 1/48
『四式中戦車 [チト] 試作型』ファインモールド 1/35
『四式中戦車 [チト] 量産型』
『メッサーシュミット Bf109E-4』エアフィックス 1/72 ※エアフィックスのキットの箱をカタログっぽく紹介
『スピットファイア Mk.22』

特別記事
『MV-22B オスプレイ』イタレリ 1/48

連載記事『このキットが面白い! (連載第3回)』
『エースコンバット 震電Ⅱ』ハセガワ 1/72

連載記事『北澤志朗のネオヒストリックガレージ 連載第28回』
『トヨタ・カローラ レビン GT-APEX』ハセガワ 1/24



 次号の特集は「スケールモデラーのための色彩学」「特別記事」には1/72「飛燕」「五式戦」などが予定されている。

 
ベル/ボイーイング V-22 オスプレイ』タミヤ/イタレリ 1/48 飛行機シリーズ 2622


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

MODEL Art (モデルアート) 2012年 10月号 No.854

 

 MODEL Art (モデルアート) 2012年 10月号 No.854

 表紙にも載ってる「シュトルモビク」がかっこよかった。繊細かつ重厚な機体で、タミヤの作風によく合っている思う。機首やコクピット回りといったポイントがことごとくかっこいい。作例も丁寧な仕上げで、ほどよいくたびれ具合が気持ちいい。航空機の模型へのウェザリングや重量感重視の仕上げは、どちらかというと苦手なんだけど、やっぱ適材適所だよなーと再認識。

 今回の特集は「飛行機モデルQ&Aシーズン4 ~自己流カスタマイズ術~」別売シートベルトや1/72の機体へのリベット打ち( ! )など。実際まだ使ったことはないんだけど、ファインモールドの「ナノ・アヴィエーション」はすごくよさそう。エッチングパーツは無塗装、塗装済み問わず腰が強すぎて苦手。単に不器用なだけってのもあるけど、「びよ」っとなってしまって上手く使えない。見た感じも「ナノ・アヴィエーション」のベルト部分のふたっとした感じがそれらしくて好み。

「シュトルモビク」のほかは「ボーイング 787-8」、それから作例じゃなくて完成品の紹介なんだけど、アイドロン・フォーミュラの「フェラーリ 156/85」などがよかった。「フェラーリ 156/85」は好きな車なのですごく気になる。紙面で見る限り各部のダクトはボディーカラーのままで、特に処理はなされてない様子。あとよく見えないけど、サスペンションがロストワックスできっちり翼断面形状になってるらしい。



 - 作例リスト (掲載順) - 航空機 戦車 艦船 車/バイク ■その他

巻頭特別記事
「1/32 desktop ZERO」インクス 1/32 ※1/32零戦二一型の金属製キットの紹介

特集記事
『三菱 零式艦上戦闘機五二型』タミヤ 1/72
『キ44二式単座戦闘機 鐘馗 試作型 "独立飛行第47戦隊"』ハセガワ 1/48
『P-51Dマスタング』造形村 1/32
『アラート格納庫 ほか』さんけい 1/144 ※格納庫などのペーパーモデル
『スーパーマリン スパイトフル F.MK.14』トランぺッター 1/48
『イリューシン IL-2 シュトルモビク』タミヤ 1/48

特別記事
「予科練の同士に捧げる栄光の「赤とんぼ」」※1/32九三式中間練習機の木製モデルの紹介

連載記事『連合艦隊編成講座 No.410』
『日本海軍戦艦「山城」昭和16年開戦時』アオシマ 1/700

連載記事『モデリング JASDF 204回』
『ベレンコ中尉のMiG-25P “赤の31” その3』ICM 1/72「MiG-25PD」改造

NEW KIT REVIEW
『ドイツ 重駆逐戦車 エレファント』タミヤ 1/35 ※ジオラマ作品。タミヤMMシリーズの車両が数台使用されている
『陸上自衛隊 99式自走155mmりゅう弾砲』ピットロード 1/35
『日本海軍戦艦 扶桑 昭和19年』フジミ 1/700
『ザウバー C30 日本GP』フジミ 1/20
『スバル BRZ』タミヤ 1/24
『トヨタ 86 '12』アオシマ 1/24
『ANA ボーイング 787-8』ハセガワ 1/200
『日本航空 ボーイング 787-8』ハセガワ 1/200

連載記事『このキットが面白い! (連載第2回)』
■『無人宇宙探査機ボイジャー』ハセガワ 1/48

連載記事『北澤志朗のネオヒストリックガレージ 連載第27回』
『ニッサン 180SX』タミヤ 1/24

特別記事
「フェラーリ 156/85」アイドロン・フォーミュラ 1/43 ※完成品ミニカーの紹介



 次号の特集は「日本海軍 空母総覧 (後編) 小型空母編」「NEW KIT REVIEW」にはエアフィックスの1/72「Bf109E-4」「スピットファイアMk.22」などが予定されている。
 
ソ連空軍 イリューシン IL-2 シュトルモビク』タミヤ 1/48 傑作機シリーズ No.113


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)