「諸国百物語 」カテゴリ記事一覧


『諸国百物語 巻之四』より「十二」蟹大好きな女の子について

 

『諸国百物語 巻之四』より「十二 長谷川長左衛門が娘、蟹を寵愛せし事」(高田衛編・校注『江戸怪談集〈下〉』岩波書店 1989 岩波文庫 所収)

『十二 長谷川長左衛門が娘、蟹を寵愛せし事』

 伊予の松山に長谷川長左衛門という人がいた。彼には一人娘があった。彼女はとても美しく、心優しく、歌を詠み、詩を作り、お経をすべて暗唱するほど信心深く、慈悲の心の深い娘だった。あるとき手水桶のなかに小さな蟹がいるのを捕らえると、餌を与えるなどして長らく可愛がっていた。

 この屋敷のそばには淵があった。そこに棲む大蛇がこの娘に愛着し男に変化して現れると、長左衛門に向かってこう告げたのだった。「われはこの近くの淵に棲む大蛇であるが、御身の娘が気に入った。娘を我にたまわれ」。長左衛門としては、もしも断れば娘もろともに命はないだろう。しかしおめおめと娘を差し出すのも口惜しい、そう涙に暮れているのを聞きつけた娘が「こればかりはいくら考えても仕方がありません。わたしが参りますから、お父さまは長生きしてください。これはきっと前世の報いなのでしょう。だから早くお返事を」と言うものだから、長左衛門は泣く泣く娘を差し出す約束をしたのだった。大蛇は喜び、日取りを決めて去っていった。

 それから娘はかの蟹に向かい「長いあいだお前を可愛がってきたけれど、わたしはもう長くは生きられそうにない。だからお前はどこかへお行き」と放してやる。すると蟹も草むらのなかに姿を消したのだった。

 さて約束の日になると、大蛇と大小あまたの蛇が屋敷の庭に這い出してきた。なんとも怖ろしい光景である。ところが娘は少しも驚かず、右手に水晶の数珠を爪繰り、左手に法華経の五の巻を持って庭に出た。すると経典の功徳に怖れをなしたのか、大蛇どもが後ずさっていく。そこへどこからともなく無数の大きな蟹が集まってきて、大蛇どもに取りつくと片っ端からハサミを立てた。蛇はみな怖れをなして逃げていく。お経の霊験か娘の慈悲深さのおかげか、こうして父娘は危うく命を救われたのだった。


 前回の日影丈吉『月夜蟹』(←前の記事へのリンクです)の記事の補足。「蟹 vs 蛇」。元ネタについてなど、考えてみれば色々ありそうだけど、まずは蟹娘(仮)LOVE。先週の『ムシブギョー』の奈阿姫と超重なる。

 ナウシカの元ネタってことで有名な『堤中納言物語』の虫愛づる姫君や、映画『フェノミナ』(1984)のジェニファー・コネリーといった少々偏った趣味趣向を持つ少女たちは、決まってそこはかとなくエロい、妖しい魅力を漂わせている。この説話に出てくる蟹娘(仮)も同様だ。なぜそんな風に感じるかについては考えたことがなかったけれど、女の子特有の、優しさと残酷さがごちゃ混ぜになったようなイメージが深く関わっているように思う。単なるギャップ萌えって気がしないでもないが、蟹の立場からしてみれば、女の子の軟らかな手のひらのなかで、薄い甲羅を撫でられたり、餌を与えられたりするのって、さぞかし気持ち良くて、怖ろしいことに違いない。小さい沢蟹の半透明っぽい甲羅は、ちょっと押せばペキっといきそうなほどに脆い。

 それからこの手の物語の基調には、主従関係の甘美さがあるように思う。虫愛づる姫君やジェニファー・コネリーは、小動物を従えた途端、女王様然としたオーラを当たり前のようにまとっている。『フェノミナ』にはいじめられたジェニファー・コネリーが虫の大群を呼ぶシーンがある。窓を覆い尽くした昆虫の大群に、まるで忠臣を褒めるような雰囲気で、「I love you」って囁くジェニファー・コネリーのうっとり顔が印象的な名シーンだ。この蟹娘(仮)もきっと、蟹の群れが蛇を駆逐する様子を眺めながら、そんな表情をしていたに違いない。やはりそこはかとなくエロい。

 ※上記の意訳文は、主に脚注を参考にしていますが、解釈などに間違いのある可能性が大いにあります。超意訳です。またごちゃごちゃと書いてある文章には、定説ではない独断や思い込みが多く含まれていて、資料的な価値はありません。あくまでも感想文ということでご了承ください。


 フェノミナ HDリマスター版 [DVD]』Happinet 2012


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)