木谷恭介『地獄大図鑑 復刻版』

2016121101.jpg

 木谷恭介『地獄大図鑑 復刻版』復刊ドットコム 2016

 毎年書いてる気もするが、12月はあっという間すぎる。12月に入る前に洗車に行って、バッテリーも変えるかなーって思ってから、もう数週間経ってしまった。やばい。今日はブラックウッドの感想を続けて書くつもりだったのだけど、この本について書くのをすっかり忘れてたのでこっちから書きます。

 今回めでたく復刊されたのは、ジャガーバックス・シリーズでもトラウマレベルの高い一冊、『地獄大図鑑』。2017年のカレンダーがおまけについてきた。
 本の概要については以前の記事(←前の記事へのリンクです)で書いたので割愛するが、原書と比較していくつか気付いたことがあった。印刷はこれまでの通り、くっきりはっきり、彩度高め、コントラストが強めで、原書よりも引き締まった印象。もともと原書のカラーページはやや彩度が低く地味な感じだったので、薄皮が一枚はがれたような彩度の高いカラーは新鮮だった。気になったのは二色刷りのページで、これまでも原書との差異は多かれ少なかれ生じていたのだが、今回はそれがマイナスに働いているように思う。赤色が弱いので、赤々、肉々した地獄の雰囲気が損なわれているように感じた(↓比較画像あり)。
 それからもう一点、今回の復刻本はこれまでのものより少し背が低い。おかげで手元の原書とぴったり同じサイズになったのはいいけど、今度は今まで出た復刻本と並べたときに一冊だけ背が低くなってしまった。うーむ……。目次は以下の通り。

「日本八大地獄」地獄のきわめつけ
「地獄への道」死者のたどる道は?
「死者の国」昔の人はこう考えた
「東洋の地獄」日本の地獄のみなもと
「キリスト教の地獄」ダンテによる集大成
「世界の地獄」各国の地獄をめぐる

「大ゆかいまんが 地獄におちた三人」
「巻末特別ふろく 最新版地獄案内」

 ※下の「続きを読む」より中身を紹介します↓


続きを読む
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

木谷恭介『地獄大図鑑』について

 昨日届いた復刊ドットコムからのメールに「大好評の<ジャガーバックス>シリーズ復刻第5弾!1970~80年代、そのあまりの恐怖にトラウマを植え付けられた子どもたちが続出した『地獄大図鑑』。今の本にはない魅惑的な地獄絵図を多数収録した“永遠のベストセラー”がついに復刊です!」って告知が載ってた。これが来たかー。もしやジャガー・バックスの怪奇系の本、全部出すつもりだろうか。

2016100601.jpg

 この『地獄大図鑑』は宗教的なバックボーンがなければ絶対に買ってもらえなかった一冊だ。どのページを開いても半裸の人間がひどい目にあってるシーンばかりで、絵面だけならほとんど『食人族』。カオス感とキャラ立ちの点では既刊の『世界妖怪図鑑』『日本妖怪図鑑』に譲るものの、トラウマレベルの高いゴア描写にかけてはシリーズ屈指である。亡者が亡者の腹を裂き、引きずり出した内臓を貪り食う、皮を剥がれた罪人が真っ赤に焼けた岩滓の上をのたうちまわっている。そんなお子様にはどーみてもキツいシーンの数々は、またしても名匠石原豪人によるものだ。
 作画担当者には他にも柳柊二、好美のぼる等の名が見えるが、この本の場合は東西の「地獄」を紹介している割に、和風テイスト(木俣清史による表紙イラストみたいな感じ)のイラストが多く、こってりとした作風のイラストは少なめ。その代わりと言ってはなんだが、ギャグっぽいイラストや、昔話の『地獄のあばれ者』(落語の『地獄八景亡者戯』?)のマンガなんかも載っている。

 はじめは持ってない本だけでいいか、と思って買いはじめたこの復刊シリーズだったが、結局全部買ってしまっている。おまけが欲しいってのもあるけど、どんな感じで復刊されてるか気になるというのが一番の購入動機だ。この『地獄大図鑑』もまだどうするか迷っているけど(同じくらいの値段で原本が買えそう)……買ったら感想書きます。

 ※「復刊ドットコム」の販売ページ↓今回の「復刊ドットコムオリジナル特典」は「2017 地獄カレンダー」
 http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68325239&tr=m


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

佐藤有文『日本妖怪図鑑 復刻版』

2016082401.jpg

 佐藤有文『日本妖怪図鑑 復刻版』復刊ドットコム 2016

 復刊ドットコムから『日本妖怪図鑑 復刻版』が届いた。散々書いているようにジャガーバックス・シリーズ屈指の人気作品だ。イラストレーター石原豪人による生々しく、目力の強い妖怪画の数々は必見である。

 今回も美しく復刻されているが、『世界妖怪図鑑』(←前の記事へのリンクです)と同様、手元の原書と比較すると判型や発色、細部のデザインに差異がある。もともと長期間販売されていた本だから、時期によって印刷や製本に差異が生じていたのかもしれないし、当時とは異なる紙質やインクの影響かもしれない。
 本の印象は前の記事(←前の記事へのリンクです)で書いたので割愛するとして、内容はまず最初に「河童」「鬼」などのメジャー妖怪をピックアップして解説する「妖怪チャンピオン」という口絵があって、本文は「1 動物の妖怪」「2 人間の妖怪」「3 人獣の妖怪」「4 妖怪出現の記録」「5 百鬼妖魔」「6 日本の妖怪地図」の6章で構成されている。本書の特徴的な妖怪の分類は、概ね歴史学者江馬務による先駆的な分類に基づくものと思われる。

 それから今回は投票で絵柄が決まったポストカードが3枚おまけで付いてきた。前回のピンバッヂも良かったけど、ポストカード嬉しい。

 ※下の「続きを読む」よりポストカードの絵柄と、本の中身を少しだけ紹介します↓


続きを読む
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

成田亨『成田亨画集 メカニック編』

2016062401.jpg

 成田亨『成田亨画集 メカニック編』朝日ソノラマ 1984

 著者、成田亨は画家、彫刻家、デザイナー。『ウルトラマン』をはじめとする特撮作品において、尋常ではない数の歴史的デザインを世に送り出した。この本は1980年代に朝日ソノラマから刊行された全2巻の画集のうちの第2巻。少し前に「成田亨美術/特撮/怪獣」展のオフィシャル・カタログとして『成田亨作品集』という素晴らしい作品集(未発表作品を含む515点を収録)が出たが、それには含まれない複数の作品が収録されている。

 収録作品は『マイティジャック』『戦え! マイティジャック』『ウルトラセブン』『ウルトラマン』『ウルトラQ』『海底大戦争』(1966)『空中戦艦』(1966/企画)『アストロ5』(1966/企画)『宇宙快速船』(1961)『まぼろし探偵』他のメカニック、コスチューム、基地のデザイン。今回は『成田亨作品集』と重複してない作品を、『マイティジャック』を中心に少しだけ紹介。下の「続きを読む」から。


続きを読む
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

佐藤有文『日本妖怪図鑑 復刻版』について

「復刊ドットコムからのお知らせです。(中略) ジャガーバックスシリーズ 復刻版第4弾! 佐藤有文&石原豪人の最高傑作とも呼ばれる伝説の『日本妖怪図鑑』がついに復刻!」(復刊ドットコムのお知らせメールより)

 先日、上記のメールが届いた。ついでに「プリズマ☆イリヤ イリヤ&クロ セット発送日決定のお知らせ」も届いた!

2016060301.jpg

 今回復刊が決まった『日本妖怪図鑑』は、ちょっと前に復刊された『世界妖怪図鑑』と並ぶ名著。「河童」「天狗」などのメジャーな妖怪から、「ほうこう」「天井さがり」「くびれ鬼」などのややマイナーなものまで、生々しくおぞましい(でも美しい)イラストが多数収録されている。人が襲われたり狙われてたりするシーンがやたら多くて、トラウマレベルが高い。まさに石原豪人無双。題材が身近なだけに「世界〜」よりもこっちの方が怖いって人も多いと思う。そこはかとないアカデミックな雰囲気と情報量(正確さはさて置き)については『世界妖怪図鑑』、ストレートな怖さ、気味の悪さでは僅差でこの『日本妖怪図鑑』って感じ。鳥山石燕、円山応挙などの古画も多数引用されている。

 実はこの『日本妖怪図鑑』は子供の頃見たことがあっただけで(「世界~」の方は持ってた)、上の画像の本は以前地方の古本屋で購入したもの。ヤフオクやamazonではかなりの値段がついてるけど、今でも地方の古本市や合同即売会を見て回ってると、均一価格のダンボール箱の中にこのシリーズの本が混じっていることがある。骨董市のダンボールの中で見かけたこともある。古本市では現行の全集本が格安で売ってるかと思えば、ガリ版刷りでペラッペラの「女性の下着の歴史」みたいな本にとんでもない値段がついてたりして、見てるだけでも面白い。興味のある人は覗いてみると、きっと気に入る気になる本が見つかると思う。

 というわけで『日本妖怪図鑑 復刻版』は8月中旬発売予定。特典はオリジナルの「妖怪ポストカード」で、下記のサイトではポストカードの絵柄を決める投票が行われている。なぜか本書を代表する「河童」「天狗」のイラストは絵柄の候補に選ばれてない。不思議。

 ※「復刊ドットコム」の販売ページ↓
 http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68324900


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

佐藤有文『世界妖怪図鑑 復刻版』

2016052101.jpg

 佐藤有文『世界妖怪図鑑 復刻版』復刊ドットコム 2016

 版権やなんか大丈夫なのかなーという心配をよそに、いよいよシリーズ屈指の人気を誇る一冊が復刻された。ジャガーバックスの『世界妖怪図鑑』である。本の概要は前に「『世界妖怪図鑑 復刻版』について」(←前の記事へのリンクです)って記事で書いたのでここでは割愛するが、今回はようやく原書と復刻本を比較することができた。

 上の画像の黄色い帯の付いてる方が復刻版。復刻版のカバーのカラー印刷は、元の本と比較して彩度が高くコントラストが強い。キリッとして見栄えがいい反面、暗い部分が少し潰れてしまっている。これが復刻の過程でこうなったのか、元になった本がこうだったかは不明。他に目立った違いは、復刻版の方が5mmほど背が高く(判型が違うのかな??)、背表紙のデザインもジャガーのマークの所が微妙に異なっている。もともと長期間販売されていた本だから、時期によって印刷や製本に差異が生じていた可能性は大いにある。
 中身の方はまだしっかりと比較できてないが、ぱっと見た感じ復刻版はシャープでくっきり。文字も読みやすい。紙質自体が良くなっているようだ。原書の紙質はもっとぼわっとした手触り。内容についてはざっと見た限り、特に変更された様子はない。禍々しいモノがみっしり詰め込まれた感は昔のままだ。

 それから画像の上の方に写ってる四角いのが、今回オマケに付いてきた「オリジナル妖怪ピンバッヂ」。表紙をそのまま小さくしたデザインだ。ちっこいけれどこれまでのオマケの中で一番嬉しかった。

 ※下の「続きを読む」より中身を少しだけ紹介します↓


続きを読む
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

シド・ミード『OBLAGON』

2016031901.jpg

 シド・ミード(Syd Mead)『OBLAGON CONCEPTS OF SYD MEAD』講談社 1985

 SFっぽいかっこいい絵といえばこの人、シド・ミード。アメリカの工業デザイナー……というより、映画『ブレードランナー』(1982)をはじめとするSF作品のハードウエア・デザインの第一人者だ。どのくらいスゴイ人かっていうと、この人が関わってるってだけで『クライシス2050』(1990)のような映画でさえ、まあ見ないよりはよかったかな……と思わせられるくらいの凄さ。ちょっと前の記事で書いたアニメ『∀ガンダム』のMSのデザイナーとしても知られている。

 この本は著者の邦訳された最初の画集で、自動車やクルーザー、プライベートジェットをはじめ、数々の映像作品『スタートレック』(1979)『トロン』(1982)『ブレードランナー』『2010』(1984)のドローイングやラフスケッチなど、多岐に渡る著者の仕事が端的に紹介されている。素晴らしい作品の数々をうっとり鑑賞することはもちろん、刊行から30年経った今でも、デザインやイラストに携わる人には何かと得られるものがありそう。テキストも豊富で読み応えもある。

 ※下の「続きを読む」から↓ 車のイラストとか。


続きを読む
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

佐藤有文『世界妖怪図鑑 復刻版』について

 先日復刊ドットコムから「「ジャガーバックス」シリーズ復刻企画第3弾!佐藤有文『世界妖怪図鑑』(259票)が復刻決定!」ってメールが届いた。いよいよ『日本妖怪図鑑』と双璧をなす人気タイトルが復刻される。ただこの『世界妖怪図鑑』は長期間販売されてただけに残存数が多く、ヤフオクや古書店でもわりと見かけるから(1万円くらいで買える)レア本って感じでもない。このあたりの本が高額で売買される以前は均一棚に並んでることも珍しくなく、うちにも子供の頃から持ってるヨレヨレの本(当然カバー欠)と、均一棚産の本がある。なので今回の復刻本を購入するかどうか非常に悩ましいところだ。

宇宙戦争大図鑑』(←前の記事へのリンクです)と同様に、今回も原本から云々の記述がないことから通常の復刻版らしい。また前回はあまりパッとしない「ステッカー」が付いてきたけど、今回のオリジナル先着特典は「オリジナル妖怪ピンバッヂ」で、ステッカーよりは良さそう。詳しくは下のリンクから。

2016031101.jpg

 ヨレヨレの方はカバーがないから分からないけど、↑こっちは1975年の16刷発行(初版は1973年)。当時の人気のほどが窺える。ジャガーバックスの怪奇系の本では「なぞの怪獣大図鑑」「悪魔王国の秘密」「魔術妖術大図鑑」が欲しいけど、投票数からすると難しそう。『日本妖怪図鑑』で打ち止めかな。あとできれば黒崎出版の「世界怪奇シリーズ」や「ドラゴンブックス」も欲しい。

 本の内容は非常におどろおどろしく、オカルトてんこもり。全力で子供をびびらせにきている。石原豪人、柳柊二などの著名なイラストレーターによる素晴らしい挿絵もさることながら、古今東西の宗教絵画や宗教書、博物図鑑etcからの強引な引用が面白い。読みたいけど原本が手に入らないって人には間違いなくオススメできる一冊。

 ※「復刊ドットコム」の販売ページ↓
 http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68324696


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)