Category木村心一 1/1

木村心一 『これはゾンビですか?〈6〉はい、どちらも嫁です』

No image

  木村心一 『これはゾンビですか?〈6〉はい、どちらも嫁です』富士見書房 2010 富士見ファンタジア文庫 シリーズ初の短篇集。収録されているのは雑誌などに掲載された「第一話 水着の価値プライスレス」「第二話 いいえ、私は乙女座の女」「第三話 それは流れ星ですか?」「第四話 ようこそ危険地帯へ!」「第五話 ヌルヌルは正義」「第六話 一年で一番床を叩かれる日」の6話。各話のあいだをちょっとしたコントで繋いでいて、こ...

  •  0
  •  0

木村心一『これはゾンビですか?〈5〉ああ、マイダーリンはロクデナシ』

No image

  木村心一『これはゾンビですか?〈5〉ああ、マイダーリンはロクデナシ』富士見書房 2010 富士見ファンタジア文庫 前巻で復活した最強の魔装少女リリスの弱点を探るべく、それを知っているという京子を招いての合コンが開催される。アニメでは一話の半分程度に圧縮され、規模自体かなり縮小されていた合コン回だが、原作では一冊まるまる使って合コン(と吸血忍者の会議)をやっている。舞台が合コン会場が中心になるから、いつも...

  •  0
  •  0

木村心一『これはゾンビですか?〈4〉うん、先生が最強だよ!』

No image

  木村心一『これはゾンビですか?〈4〉うん、先生が最強だよ!』富士見書房 2010 富士見ファンタジア文庫 声優さんの素晴らしい酔っぱらい演技と、レインボーカラーに彩られたゲロが印象的だったアニメ二期、その後半のそのまた半分くらいのベースとなったのがこの第4巻。学園祭の話です。 学園祭の準備の夜という甘酸っぱいシチュエーションのなかで、これまでじわじわと頭角を現してきていた平松の魅力が炸裂している。あとト...

  •  0
  •  0

木村心一『これはゾンビですか?〈3〉いえ、それは爆発します』

No image

  木村心一『これはゾンビですか?〈3〉いえ、それは爆発します』富士見書房 2010 富士見ファンタジア文庫 アニメ二期の放送が終わってからしばらく経つが、「これゾン」はローテーションにしっかり残っていて、もう何度か見返している。ミストルティン先生がぶっ壊れてから復活するまでのアホな展開は、何度見ても飽きの来ない素晴らしさだ。アニメと原作ではあちこち異なってるがどっちも面白い。 この第3巻はまだアニメでい...

  •  0
  •  0

木村心一『これはゾンビですか?〈2〉そう、私は死を呼ぶもの』

No image

  木村心一『これはゾンビですか?〈2〉そう、私は死を呼ぶもの』富士見書房 2009 富士見ファンタジア文庫 この作品に登場する女の子は、ユーを筆頭にことごとく可愛らしく、何だかんだいいながらも主人公に好意的だ。しかし、主人公の歩がまったく羨ましくならないのがこの作品のおもしろいところで、得難い美点だと思う。まず惨殺されて、ゾンビとして復活、腕がちぎれたり胴がまっぷたつになるけど、復活、ゴスいコスプレでキ...

  •  0
  •  0

木村心一『これはゾンビですか?〈1〉はい、魔装少女です』

No image

  木村心一『これはゾンビですか?〈1〉はい、魔装少女です』富士見書房 2009 富士見ファンタジア文庫 めでたく11巻も発売されたことだし、この機会に1巻から感想文を書いてみようと思う。「えっ! アニメ化すんの? 遅すぎる! 」というでかい文字が目に付くピンクの帯にピンクの表紙、タイトルが見当たらないけど、「1 はい、魔装少女です」←これがタイトルか?? というのが第一印象だった第1巻。 ためしに買って読んでみたら、こ...

  •  0
  •  0