Category福島正実 1/1

福島正実『地底怪生物マントラ』

No image

 福島正実『地底怪生物マントラ』朝日ソノラマ 1975 ソノラマ文庫 著者は『S-Fマガジン』の初代編集長にして作家、評論家、翻訳家で、日本にSF小説を定着させた功労者だ。個人的には江戸川乱歩をもっとエキセントリックに、先鋭化した感じの人だったのかなと勝手に想像している。そんなSF業界の巨人の著したジュブナイルは、30年後に製作される『ガメラ2 レギオン襲来』(1996)を彷彿とさせるような、ものすごいSF怪獣小説だった...

  •  0
  •  0

福島正実『マタンゴ』とW・H・ホジスン『夜の声』

No image

  福島正実『マタンゴ』(東雅夫編『怪獣文学大全』河出書房新社 1998 河出文庫 所収 ) W・H・ホジスン(William Hope Hodgson)著, 井辻朱美訳『夜の声』("The Voice in the Night"『夜の声』東京創元社 1985 創元推理文庫 所収) W・H・ホジスンの『夜の声』は、船員が海上で遭遇した遭難者らしいボートの男から、身の上話を聞くという構成の短編。暗い夜の海のいつまでも晴れない霧や、姿を見せないボートの男の得体の知れなさ...

  •  0
  •  0