「古賀新一 」カテゴリ記事一覧


古賀新一『白衣のドラキュラ』



 古賀新一『白衣のドラキュラ』ひばり書房 1986 ヒット・コミックス 44 オカルトシリーズ 5

「僕にとってあなたは突然すぎたんだ。人同士ってこんなもんなんだよな」……これは戦闘中にチャクラが開いたアムロとララァの感応の一節だが、何から何まで突然すぎるのがこの『白衣のドラキュラ』。みごとに1ミリ先の展開も読めない、雑にいえば行き当たりばったりこの上ない作品である。著者の作品には往々にして同様の傾向が見られるのだが、だからといって面白くないとは限らない。この作品も対象とする読者を怯えさせるには充分な性能を有している。

 森の中らしき白い空間で、ノスフェラトゥタイプの吸血鬼に襲われる少女。彼女は近くの病院の入院患者だった。主人公の「綾子」も同じ病院の入院患者で、被害者「由紀子」とは同室の親しい間柄。由紀子は病院に運び込まれたあと、老婆のように衰弱して死亡してしまう。その夜、綾子は看護師が由紀子の死体をこっそり運び出すのを目撃するが、見つかって口止めをされる。この病院にはなにか怖ろしい秘密があるらしい。それをみんなして隠蔽しているのだ。頼りになるのは病院のすぐそばに住んでいる医師、「ユミ先生」だけ……。

 見知らぬ医療施設、白い壁と廊下がどこまでも続いている。両親は見当たらない、唯一の友人は死亡。頼るべき医師、看護師はどーみても怪しい。少女にはマンガ的な能力はなにひとつ備わってない。何者かに襲われたとしても、対抗する手段がないのだ。廊下の曲がり角の向こう、暗いドアの向こう側になにが待ち構えているのかわからない。こんな状況に、伏線もなく、お約束も通用しそうにない、行き当たりばったりの展開がよく馴染んでいて、吸血鬼ものというより脆弱な少女が病院内をひたすら逃げまどうシチュエーションホラーといった趣き。当然、主人公の少女に感情移入するほど作品は面白くなる。意図されてのことかどうかはわからないが、少女の知りえない情報がほとんど描かれないのも効果的だと思う。
 誰にでもオススメできる作品ではない。それでも自分はこの作品が好きだ。ちっこいビオランテみたいな怪物が出てきて以降の、ふっ切れたようなハイテンションさには変な爽快感があるし、なにより主人公の無個性なほどの天真爛漫さが素晴らしい。

 本書にはもう一編、『白衣のドラキュラ』とは随分異なる繊細な絵柄の短編、『黒髪の呪い』が収録されている。スタンダードな髪の毛の怪談かと思いきや、片足が飛び回りひたすら主人公を怯えさせるという、シンプルだが驚異的なシーンが頻出する。タイトルに偽りありの面白い作品だった。



『白衣のドラキュラ』
 ひばり書房 1986 ヒット・コミックス 44 オカルトシリーズ 5
 著者:古賀新一

 収録作品
 『白衣のドラキュラ』
 『黒髪の呪い』

 ISBN-13:978-4-8280-1044-1
 ISBN-10:4-8280-1044-0


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

古賀新一『いなずま少女』

 古賀新一『いなずま少女』ひばり書房 1983 オカルト・シリーズ 135

 ツインテールの主人公「冴子」は近所の森で、夢の中で見たボロ小屋を発見する。小屋の中には古びた墓石がまるで人目を憚かるかのように設置されていた。冴子が小屋に足を踏み入れた時、激しい雷鳴が響き渡り、墓石から奇怪な老婆が出現した。
 襲い来る老婆を振り切り、どうにか逃げ帰った冴子だったが、夜が更けに再びその老婆に遭遇することになる。雷が窓の外の枯れ木に落ちたかと思うと、見る見る老婆の姿に変化し、燃え上り、窓ガラスを破壊して冴子の部屋に侵入したのだ。「血を早くおくれ……」と冴子の首筋に歯を立てる老婆。
 ……冴子の両親にはこの謎の老婆に心当たりがあった。以前この家にお手伝いとして住み込んでいた老婆が、両親に邪険にされて家を出た後、落雷を受けて死亡していたのである。さぞ恨みを残して死んだに違いない。父親は老婆の死を確かめるために、件の小屋に赴き墓を暴くが、そこに見たのは寝棺に横たわる若々しい女性の姿だった。冴子の生気を吸って若返ったのであろう。
 それ以来、老婆は隙を見ては出現し、冴子を襲う。そしてどんどん若返っていく。反対に冴子はミイラのように老いさらばえた姿に変貌していくのだった。

 タイトルからはピカチュー的な能力の少女、レールガンみたいなキャラを想像してしまうが、本作の「いなずま少女」は怨念とイナズマの力を得て顕現した吸血鬼っぽいキャラクターだ。エナジードレインを行ってる風なので、正確には吸血鬼というより吸精鬼か。老婆の姿からどんどん若返り、最終的には主人公の冴子と同年齢(中学生)くらいの容姿になって、彼女と入れ代わろうとする(ただし入れ歯はそのままなので、咳き込んだ拍子に入れ歯がスポーンと吹っ飛ぶという壮絶なシーンがある)。
 エナジードレインの他にも特異な能力がある。吸血鬼はコウモリをはじめ闇属性っぽいものに変化することが知られているが、いなずま少女の場合は枯れ木や材木、コンクリートなどの、なんとなく土木属性なものに憑依し変化する。時にイナズマを操ったり、分身する能力も有しているが、この辺りの設定はかなりゆるくて、行き当たりばったりに能力が発揮されてるように見える。よく言えば「計り知れない」感じ。

 ストーリーは上記のように、老婆が主人公めがけてぐんぐん迫ってくるだけのシンプルな話のはずなのだが、計り知れない老婆のキャラクターと、著者の「キメの絵と絵の間をざっくりと埋めていく」という手法のおかげで、どゆこと? ってなること請け合い。まったく先が読めない。
 冒頭の6ページめには古木の林立する森と、石段を登る少女たちの小さな姿が描かれている。まるで熊野古道のような素晴らしい森の風景だが、素晴らしすぎて「ずい分さびしいところね」というセリフが少々不釣り合いに感じられる。そもそもストーリー上の重要度の低い「近くの森」をここまでのスケールで描く必要があったのかどうか。……それでも著者は心の赴くままに描き、黙々とその間のコマを埋めていく。道徳的な教えを垂れるでもなく、ありがちな「カッコいい絵面」にも執着しない。作品の有する超個性的なグルーヴ感は、独自のスタイルを貫く著者のこの姿勢の賜物である。

 本書にはこの表題作の他に『恐怖の材木少女』『血、血がほしい!』の二つの短編が収録されている。どっちも一筋縄ではいかない好短編。



『いなずま少女』
 ひばり書房 1983 オカルト・シリーズ 135
 著者:古賀新一

 収録作品
 『いなずま少女』
 『恐怖の材木少女』
 『血、血がほしい!』

 ISBN-13:978-4-8280-1046-5
 ISBN-10:4-8280-1046-7


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

古賀新一『女とかげ』

 古賀新一『女とかげ』ひばり書房 1985 ヒット・コミックス 43 オカルト・シリーズ
 古賀新一『恐怖の女とかげ』ひばり書房 1987 ヒット・コミックス 144 オカルト・シリーズ

 怪奇漫画の殿堂、ひばり書房の一冊。表題作の『女とかげ』を含む4編が収録されている。のちに書名、表題作が『恐怖の女とかげ』に変更されているが、カバーのデザインが微妙に変わっただけで、中身、カバーイラストには手を加えられていない。

 まず最初にカバーイラストについて。著者独特の可愛らしい顔立ちの女の子に、白装束の女と老婆が、無数のとかげを浴びせかけている図だ。女の子が身に着けているのは、フリルのついた純白のパンツ一枚きり。その裸の上半身には、とかげがうじゃうじゃと這い回っている。意外にふくよかな乳房や肌色の乳首が、とかげの群れの隙間にかいま見える。……という感じの素晴らしいイラストで、エログロさにかけては屈指の逸品だ。

『女とかげ』(『恐怖の女とかげ』)
 彼氏もできてリア充ライフを満喫している「麻也」だったが、最近気がかりなことがあった。それは上品で才能に溢れる両親に自分が全く似ていないのではないか、というものだった。きっかけは自分の顔に黒い痣が浮かんで見える一枚の写真。
 そんな矢先、自動車事故を起こした麻也は、入院先で一人の女と出会う。雨のなかでとかげを採る「みすぼらしいおばさん」。しかしその表情がどことなく写真の自分に似ているように思われてならない。いつのまにか気を失った麻也は、おばさんの家に運び込まれていた。
 おばさんには「麻也」という名の赤ん坊がいるらしい。「いまお乳をあげますよ」(p.40)と赤ん坊を抱きあげるおばさん。すると赤ん坊の腕がぽろっと落ちる。それは赤ん坊サイズの人形だったのだ。突然、乳房が張って痛いと苦しみだしたおばさんは、麻也を部屋から追い出した。そして水槽から取り出したとかげの群れに、自分の乳を吸わせはじめたのだった……。

 ここまでが全編の半分くらい。作品のクライマックスだ。とにかくこのとかげに乳を吸わせるシーン、発想のおぞましさもさることながら、p.48-p.49の巧みな表現には驚かされてしまう。戸の隙間から室内を覗き込む麻也と、室内でおっぱいにとかげを這わせるおばさんを、緊張感たっぷりのカットバックで見せる。白と黒のコントラストのきつい画面や、極力台詞を排した演出が実にかっこよく、この2ページだけでも、あー買ってよかったと思わせるすごいシーンだ。
 ストーリーは謎が謎を呼ぶ展開だが、いつも通りの行き当たりばったり感は健在で、その謎も最後の1ページでササッと解決してしまう。とはいえそれは「とかげに授乳」のインパクトでぼーっとなった頭には、瑕疵にも感じられないほどの些細なことで、なんかすごいの読んだなあ……という印象が残る。著者の持ち味が存分に発揮された作品。

『へび先生』
「仙波沼には主(大蛇)がいてその主が女にばけては人里に害をあたえるという」(p.87)。単なる伝説かと思いきや、「ゆかり」の学校にはその大蛇のミイラが保管されている。理科担当の先生によるとそれは数百年も昔のもので、日本に一つしかない貴重な資料らしい。ところでその先生のことをゆかりは気に入らない。ゆかりのことを全然信用してくれないからだ。そこで先生を困らせてやろうと、大切なミイラを壊してしまう。するとその直後から、様々な怪異がゆかりを襲いはじめた。

 一点豪華主義の『女とかげ』に対して、本作は全編にわたって怪奇現象のオンパレードだ。いい感じに小憎らしいゆかりを、蛇関連の怪異が水陸、家庭内を問わずに矢継ぎ早に襲う。メインは体中をウロコに覆われた先生(四肢のみならず首まで伸びる)とのチェイスだが、蛇関連の嫌なこと怖いことをとことん突き詰めて絞り出したに違いない、怪異のバリエーションが素晴らしい。個人的にはへび先生の口から赤ちゃん蛇が「ゲッ」と飛び出して、ゆかりの顔に「ペタ!」とはりつくシーンがツボ。「腸」の標本を頭からかぶったりする著者らしいシーンもある。ハードコアな作品。

 本書にはこのほかに『ぬりこめられた死体』『のろいの笑い面』の2作品が収録されている。『ぬりこめられた死体』はオカルト・サスペンスといった感じの作品で、完成度の高さでは収録作のなかでも随一。サスペンス調の手堅いストーリー展開とモダンな雰囲気のなか、唐突に「つ……つけものの石が……キャー~っ!!」(p.176)なんてシーンが挿入される。
『のろいの笑い面』はごく短い民話調の作品。グロテスクさは皆無だが、そこはかとない気味の悪さと、素朴な味わいが印象に残った。これ誰? って感じの赤い網タイツの女の子が表紙のひばりコミックス版(白枠)には、この『のろいの笑い面』が収録されてないので注意が必要です(黒枠は持ってないので不明)。

 ひばり書房から刊行された著者の作品のなかでもとくに好きな一冊。

 ※フキダシからの引用は、改行を調整しています。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

古賀新一『ばけもの屋敷』

 古賀新一『ばけもの屋敷』ひばり書房 1984 ヒット・コミックス 139 オカルト・シリーズ

 怪奇漫画の殿堂、ひばり書房の一冊。表題作の『ばけもの屋敷』と『死人屋敷』の2編が収録されている。

『ばけもの屋敷』
 自らの起こした自動車事故で恋人を亡くした主人公の兄は、ちょっと異常なくらい凹んでいる。そのうえ彼はフラッシュバックする幼いころの記憶にも悩まされているという。薄暗くだだっ広い日本家屋を逃げ回り、気味の悪い「三本指の女」に座敷牢に閉じこめられるという断片的な記憶である。恋人の墓参りに訪れた兄弟は、そこで異様な様子の老婆と、赤ん坊を背負った亡き恋人そっくりの女と遭遇する。
 ある夜、兄の部屋からの叫び声に駆けつけてみると、そこには暖炉の火で自ら顔面の半分を焼いた兄の姿があった。翌朝包帯を巻いて外出する兄の後をつけると、あの墓地で恋人そっくりの女と密会をしている。女は醜いものにしか魅力を感じないと言い、背中の赤ん坊もその顔の醜さに魅かれて背負っているのだという。おもむろにねんねこ半纏を開いたその下には、蛇や昆虫がびっしりと這い回っていた。その後兄は劇薬を顔面に浴び、怪物のような面相になって女の許へと向かう……。

『ばけもの屋敷』は主人公の兄の、忌まわしい素性と忘れられた家族にまつわるサスペンスで、多少入り組んだストーリーが展開される。比較的整合性のとれた筋運びで、行き当たりばったり感も少ない。印象としては楳図かずおの『赤んぼう少女(のろいの館)』+横溝正史ワールド、そこに著者独特のグロテスクな趣味を盛り込んだ感じ。同様に「顔貌の美醜」を扱った楳図かずおの作品群と比較すると、人の内面を容赦なく掘り下げるような迫力には欠けるが、おもしろい(著者好みの)絵作りに専心するシンプルなスタイルは好ましい。蛇や昆虫を衣服の下に這わせるなど、著者らしい悪趣味さである(褒めてます)。惜しむらくは老婆の作画で、登場するたびに指の本数が変わってしまっている。ストーリー上重要な点だけに、痛恨のミスだ。
 上記のあらすじがおよそ全編の半分くらいで、以降は女のとんでもない正体と、兄の生い立ちが絡み合い、結末に向けて加速する。

『死人屋敷』
 めちゃ可愛い女の子「加奈ちゃん」が、それとは知らずに火葬場の夫婦の養女となる。彼女を暖かく迎え入れた夫婦だったが、彼らには秘密があった。行き場のないいくつもの死体をこっそりと天井裏に隠し、自分たちの子供のように接してきたのである。「加奈ちゃん」がやってきた途端、これまで徐々に腐敗するばかりだった死体に異変が生じた。お払い箱になると知った死体たちが、にわかに動き始めたのである。

『ばけもの屋敷』がサスペンスの枠に納まるように、超常現象を極力排して描かれているのに対して、本作はゾンビものである。それもアットホームなゾンビ。シンプルなストーリーだが、気味の悪さとほっこり感を交互に醸し出す、著者独特のゆるいノリは健在。死体が動き始めるきっかけが、死者を冒涜したから云々じゃなくて、以前のように可愛がって欲しいからというのがなんとも不憫だ。扱われているのは死体だけれど、これは古典的な人形怪談の筋立てである。
 著者の描く少女は毎回ほんとに魅力的で、本作の主人公「加奈ちゃん」もその例に漏れず実にかわいらしい。

 ひばり書房から刊行された著者の作品のなかでは、比較的大人しく地味な印象の本書だが、収録された両作品とも安定感があって読みやすいと思う。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

古賀新一『妖虫』

 古賀新一『妖虫』秋田書店 1975 少年チャンピオン・コミックス

 古賀新一というと『エコエコアザラク』の印象が強いが、かつてはひばり書房などを中心に数多くのホラー漫画を発表していた。どれをとっても胸の悪くなるような怪作揃いだったが、一時期ひばり書房や立風書房のコミックスの古書価格が高騰したこともあって、近所の古本屋でも全然見かけなくなってしまった。気軽に買って読めないのが実に残念だ。幸いこの『妖虫』は『エコエコアザラク』と同じ秋田書店の少年チャンピオン・コミックス。流通量が多かったからか、今でもBOOKOFFの棚に並んでることもある。幸運にもこの本を見かけたなら、ぜひ手にとってみて欲しい。絶対うげぇ~ってなるから。

 物語の端緒は、昆虫マニアの男が肥だめに落ちた際の傷口から綿を吹き出し、繭を作って奇怪な生物に変身するというもの。その姿は一応人の形はとどめてはいるものの、芋虫のようなミイラのような異様な姿をしている。でもって生き血を吸ったり、人間を丸呑みにしたりする。そして最後には体が縮んで、胎児になって終わり……とまぁストーリーは個々のエピソードがなんとか繫がってるって感じで、あまり重要視されていないように思う。反面、作画への気合の入りっぷりはハンパない。とにかく描きたいもの(内臓、昆虫、怪物、死体)を描く! という姿勢がビンビン伝わってくる。

 本作に限らず、著者の作品の画面から受ける印象は黒い。楳図かずおの洗練された黒さと比べると、どろっと澱んだドス黒さである。その黒は常にいやーな体温を発していて、じっとりとした質感と、饐えたような臭気を容易く連想させる。内臓や死体etcの表現にはもってこいの画風だ。
 この作品においても、その特徴は充分に発揮されている。なかでも印象的なのは「亜紀ちゃん」という幼稚園児くらいの女の子が、真っ暗な洞穴のなかで怪物と触れ合う一連のシークエンスだ。ここにきて『フランケンシュタイン』(1931)のオマージュか?? と思いきや、そんなハートウォーミングな展開は微塵もなく、上記のような姿の怪物が幼女に抱きついたり頬ずりしたりと好き放題したあげく、ふくらはぎや首筋から生き血をすする。なにをされても「くすぐったい」と、あどけなく笑う幼女が痛ましい。色々な意味で非常にやばいシーンで、緊張感も凄い。
 続いて怪物は幼女の身を案じて洞穴にやってきた母親を、頭から丸呑みにしてしまう。臓物のような質感の洞穴のなかで、巨大な環形動物か、それこそ全身消化器官のように変形した怪物の口から、にゅっと突き出す母親の白い足……内臓のマトリョーシカ人形だ。ひたすらグロテスクなものを描くことに徹した凄まじい絵面で、この一連のくだりはほんと必見。

 とまぁそんな感じで、次から次へと繰り出される目眩がしそうなシーンの数々に、ストーリーの整合性に対する疑問などは吹き飛んでしまう。カバーの著者の言葉には「わたしはこの作品を、その人体に怪奇と夢とロマンを託して、かいてみました」とある。夢は夢でもとんでもない悪夢だよ……。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)