Category山岸凉子 1/1

山岸凉子『読者からのゆうれい談』

No image

 山岸凉子『読者からのゆうれい談』(『山岸凉子全集〈17〉ゆうれい談』角川書店 1986 あすかコミックス・スペシャル 所収)『ゆうれい談』(←前の記事へのリンクです)から続く。 さて著者の読者へのお願いには結構な反応があったようで、その成果はなんとダンボール箱いっぱいの手紙。もちろんすべての手紙に、読者の恐怖体験が書き記されている。……ゴクリ。 そんな忌まわしい物体X(ダンボール箱)を怖がりの著者がどう扱ったかと...

  •  0
  •  0

山岸凉子『ゆうれい談』

No image

 山岸凉子『ゆうれい談』(『山岸凉子全集〈17〉ゆうれい談』角川書店 1986 あすかコミックス・スペシャル 所収) 著者が体験したり、漫画家仲間から聞いた「実際にあった」とか「ほんとにあった」とか「あなたが体験した」系の怖い話を、軽妙なタッチで紹介している。著者はまん丸い顔のデフォルメ姿で登場。ワンポイントのヘアクリップと、怖がりなくせに聞きたがりなところが可愛らしい。で、そんな著者に色々な怪談を聞かせる...

  •  0
  •  0

山岸凉子『あやかしの館』

No image

 山岸凉子『あやかしの館』(『山岸凉子全集〈17〉ゆうれい談』角川書店 1986 あすかコミックス・スペシャル 所収)『日出処の天子』(1981)と同時期に発表された、著者の心霊系の作品のうちの一本。『汐の声』などのハードな幽霊譚に比べると派手さ控えめ、トーン明るめながら、自分の身近にも起こりそうな恐怖表現が冴える好短編である。ストーリーはシンプルなホーンテッド・ハウスもので、霊能者や祈祷師が出てきて活躍するよう...

  •  0
  •  0