Category日本の古典 1/3

『古今著聞集』変なカメについて

No image

『古今著聞集 第二十 魚蟲禽獣第三十 (六八八) 久安の此西國の人知足院忠實に毛生ひたる龜を獻上の事』(永積安明, 島田勇雄校注『日本古典文学大系〈84〉古今著聞集』岩波書店 1966 所収) 去年は「日本映画専門チャンネル」で「総力特集・ゴジラ」(←前の記事へのリンクです)をやってたが、今度は「チャンネルNECO」で「【5ヵ月連続企画】生誕50年 大ガメラ祭」が始まっている。今月は「平成ガメラ編」、12月からは「昭和編」で、...

  •  0
  •  1

『今昔物語集 巻第二十四 本朝 付世俗』より「第九」そこのヘビ、なにやってんの! って話 その2

No image

『今昔物語集 巻第二十四 本朝 付世俗 嫁蛇女醫師治語 第九』(山田孝雄, 山田忠雄, 山田秀雄, 山田俊雄校注『日本古典文学大系〈25〉今昔物語集 四』岩波書店 1963 所収) ちょっと前の記事で書き漏らしたエピソードを補完。この話、内容自体はとても面白いものなんだけど、知識や読解力の乏しさから、解釈する上で色々迷ったり、疑問に思うことが多かった。そのあたりのことも下の方にごちゃごちゃ書いてます。 さてこの話に登場...

  •  2
  •  0

『今昔物語集 巻第二十九 本朝 付悪行』より「第三十九」「第四十」そこのヘビ、なにやってんの! って話

No image

『今昔物語集 巻第二十九 本朝 付悪行 蛇見女陰発欲出穴當刀死語 第三十九』『今昔物語集 巻第二十九 本朝 付悪行 蛇見僧昼寝マラ(※1)呑受婬死語 第四十』(山田孝雄, 山田忠雄, 山田秀雄, 山田俊雄校注『日本古典文学大系〈26〉今昔物語集 五』岩波書店 1963 所収) いるに違いない海のUMAランキング1位がメガロドンだとすると、陸のランキング1位のUMAはどれだろう。メジャーさなら雪男やサスカッチあたりの獣人系UMAだろうけど、...

  •  0
  •  0

『今昔物語集 巻第三十一 本朝 付雑事』より「第十二」済州島の食人族の話

No image

『今昔物語集 巻第三十一 本朝 付雑事 鎮西人、至度羅嶋語第十二』(山田孝雄, 山田忠雄, 山田秀雄, 山田俊雄校注『日本古典文学大系〈26〉今昔物語集 五』岩波書店 1963 所収) 近所のスーパーではレジを出たところで、たまにDVDのワゴンセールをやっている。微妙な作品がワゴンにぎっしり詰まっていて、1枚350〜500円。とくに目当てのものはないのだが、いつもつい覗いてしまって、結局また微妙な作品が増える。そんなワゴンセー...

  •  0
  •  0

荻田安静『宿直草』変なタコの話

No image

  荻田安静編著『宿直草』より「蛸も怖ろしきものなる事」(高田衛編・校注『江戸怪談集〈上〉』岩波書店 1989 岩波文庫 所収) 先日のH・G・ウェルズ『海からの襲撃者』(←前の記事へのリンクです)のところでちょっと書いた、江戸時代の変なタコの話。怪談集『宿直草』より、何人かの男達がタコについての怪談、奇談を披露しあうという構成。「蛸も怖ろしきものなる事」 あるところで四、五人が雑談をしていると、そのなかの一人...

  •  0
  •  1

『今昔物語集 巻第十四 本朝 付佛法』より「第三」道成寺のヘビ女について

No image

『今昔物語集 巻第十四 本朝 付佛法 紀伊国道成寺僧、寫法花救蛇語第三』(山田孝雄, 山田忠雄, 山田秀雄, 山田俊雄校注『日本古典文学大系〈24〉今昔物語集 三』岩波書店 1961 所収 先日『幽霊・妖怪画大全集』(←前の記事へのリンクです)という展覧会に行ってきた。それ以来『道成寺』の「安珍と清姫」関連の本をつまみ読みしている。「清姫」は本当に好きなキャラで、熊野に行くことがあったら関連の史蹟(墓や塚があるらしい)を...

  •  0
  •  0

『今昔物語集 巻第二十六 本朝 付宿報』より「第十」ハッピーな「瓶詰の地獄」について

No image

『今昔物語集 巻第二十六 本朝 付宿報 土佐国妹兄、行住不知嶋語第十』(山田孝雄, 山田忠雄, 山田秀雄, 山田俊雄校注『日本古典文学大系〈25〉今昔物語集 四』岩波書店 1962 所収 漂流ものといえば、まず思い付くのが夢野久作の『瓶詰の地獄』……と書きたいところだけど、断然ブルック・シールズの『青い珊瑚礁』(1980) でもあの二人ってどういう関係だっけ? 全然関係ないなら、ちょっと趣旨が違うな……などと思いつつ検索してみた...

  •  0
  •  0

『今昔物語集 巻第二十七 本朝 付霊鬼』より「第六」埋められた器物の謎について

No image

『今昔物語集 巻第二十七 本朝 付霊鬼 東三條銅精成人形被掘出語第六』(山田孝雄, 山田忠雄, 山田秀雄, 山田俊雄校注『日本古典文学大系〈25〉今昔物語集 四』岩波書店 1962 所収) 小学生のころ「神さん」と会ったことがある。ある日学校から帰ると、玉砂利を敷いた庭のまんなかに、でっかい穴があいている。なんだこれと思いながら勝手口から母屋に入ると、当時はまだ存命していた祖母が、ほっぺたにホクロのある知らないおばさ...

  •  2
  •  0