「小説・日本 」カテゴリ記事一覧


鮎川哲也『積木の塔』

 鮎川哲也著, 松本清張責任監修『書き下ろし・新本格推理小説集〈1〉積木の塔』読売新聞社 1966

 角川文庫の横溝正史シリーズと同じく、亡き祖母の蔵書から発掘した一冊。時刻表が載ってるトラベルミステリーである。初読の作品だったが、火サス屈指の傑作ドラマ、大地康雄の「鬼貫警部シリーズ」でバッチリ見てるので、全然初読って気がしなかった。
 
 最初の事件は目黒の喫茶店で発生する。客の男が毒殺されたのである。被害者はレコードのセールスマン「和田塚」、加害者は彼と同席し、行方をくらませたサングラスの女だと思われた。遺留品は皆無だったが、目撃者の証言によって女が「稲村」という男の妻らしいことが判明した。ところがその稲村の素性が分からない。和田塚の満州時代の知人ではないかとのことだったが、すぐに捜査は行き詰まってしまう。終戦のどさくさで資料が散逸してしまっているのだ。そこで当日被害者と同席していた女の行方を捜すことになった。女が所持していたライターを頼りにローラー作戦が展開され、捜査に当たっていた「鬼貫警部」がその住居にたどり着いた時、彼女がすでに殺害されていたことが判明する。女の名は「鶴子」。博多発急行「海星」の中で殺害され、車外に遺棄されたらしい。彼女には複数の愛人がおり、その中の一人、福岡在住の「由比」という男に目星を付け、捜査員が九州に向かう。

 ここまでが全8章のうちの2章で、混迷していた捜査がようやく端緒についたところ。やがて捜査陣は容疑者の鉄壁のアリバイに足踏みを余儀なくされる。そのアリバイ崩しが本作のメインである。
 作品全体の印象は簡潔な文体も相まって、めっちゃソリッド。余計なモノを削ぎ落として、推理に必要なことだけ精錬して組み立てた感じの作品。鬼貫警部はなかなか出てこないけど、出てきたかと思うとバラバラな手掛かりを忍耐強く繋ぎ合わせて、複雑なアリバイを崩していく。そんな推理の過程を登場人物と一緒になってトレースするのが無性に気持ちいい作品だった。厄介ごとがどんどん片付いていく爽快感があるので、犯人から何から全部知ってても何の問題もなく、楽しく読むことができた。もっと早く読めばよかった。また時代背景はじめ随所に変更点はあるものの、ドラマの出来の良さも再認識できた。

 ところで全く話は変わるけど、最初に書いた通りこの本は祖母の蔵書だ。これまでにも何冊か祖母の本の感想を書いたが、いつも決まって、ばあちゃんどう思ってこれ読んだんだろうって思う。生前の祖母とはほとんど本の話をしたことがなかった。まじで「面白かった?」「面白かった」くらい。祖母は読書クラブに入ってたので、そこで使ってた感想ノートにはそこそこの量の感想が残っているのだけれど、やっぱりもっと色々話しておけばよかったと思う。



『書き下ろし・新本格推理小説集〈1〉積木の塔』
 読売新聞社 1966
 著者:鮎川哲也
 責任監修・解説:松本清張

 ASIN:B000JA6ROY


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

江戸川乱歩『湖畔亭事件』

 

 江戸川乱歩『湖畔亭事件』(『江戸川乱歩推理文庫〈3〉湖畔亭事件』講談社 1988 所収)

 主人公の趣味は覗き。それもがっつり装置を設えて挑む凝りに凝った覗き。自称「レンズ狂」。学校を卒業して、別段勤め口を探さねばならぬ境遇でもなく、なにがなしブラブラと暮らしている。趣味と合わせてなかなかのクズっぷりである。そんな彼がH山中のA湖畔にある「湖畔亭」という旅館に静養に出かけることになった。神経衰弱症を患ったのである。家族の勧めに従って、とはいうものの体のいい厄介払いだったのだろう。
 しばらく旅館の二階の部屋で、何をするでもなくぼやーっと過ごしていた主人公だったが、やがて悪いムシが騒ぎはじめた。幸か不幸か愛用のグッズ「覗き目がね」はしっかりトランクの底にある。旅館だけに獲物はよりどりみどりだ。早速、複雑に屈曲したシュノーケル状の「覗き目がね」を、湯殿の脱衣場に向けてセット。部屋にいながらにして快適な覗き生活を満喫する主人公だったが、あるときとんでもないものを目撃してしまう。脱衣場で女が刺されたのだ。犯人も被害者も不明。大量の血痕が発見され警察が呼ばれたが、捜査は進展しない。主人公は同宿していた洋画家の「河野」とともに、犯人を探しはじめた。なにせ主人公は犯行の決定的な瞬間を目撃しているのだ。

 この作品、ドラマの方を先に見てたので、この原作を読んでびっくりした。マジで全然違ってる。地下の水槽も、中継モニタも、スワンボートもない。何よりこの作品には明智探偵が出てこないのだ。原作だと言われてもわからないレベル。
 明智君に代わって本作で推理を披露するのは、青年画家の「河野」。主人公との関係性も含めて、なんとなくD坂の頃の明智探偵を彷彿とさせる。主人公はレンズ、幻灯(スライドみたいなやつ)、覗きに熱中する高等遊民で、乱歩作品の主人公にもってこいの好キャラである。自作にやたら厳しい著者は本作について「最初の部分はいくらか面白くかけたが、全体的には無理に辻褄を合わせたという外語るべきこともない〜」などといつものトーンで評しているが、主人公の開き直ったような独白は非常にキャッチーで、彼がいかにして仄暗い趣味に耽溺するようになったかを語るくだりには多くのページが割かれ、暗闇に浮かぶ幻灯のような〜と形容されるレンズの向こうの描写には、事件そのものや推理のパート以上に著者の熱気が感じられる。
 事件はわりと複雑な犯人と死体探しで、最後にどんでん返しがある。正直、河野の長い謎解きを読んだ後も全然ピンとこなかったのだが、サスペンスの点において本作のメインは覗きがばれそうでやばいってハラハラ。主人公がバカすぎて気が気じゃなかった。他人事ながら「早くシュノーケル片付けろよ!」って何度も思ってしまった。

 それにしてもドラマ。最近またまた見返す機会があったのだけど、なぜあんな感じになったのかさっぱり分からない。分からないけど、ドラマの方もしっかり面白かったので、後日そっちの感想も書こうと思う。



『江戸川乱歩推理文庫〈3〉湖畔亭事件』
 講談社 1988
 著者:江戸川乱歩
 解題:中島河太郎
 巻末エッセイ・乱歩と私:佐野洋(作家)「ある命日のこと」

 収録作品
 『闇に蠢く』
 『湖畔亭事件』

 ISBN-13:978-4-0619-5203-4
 ISBN-10:4-0619-5203-X


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

横溝正史『本陣殺人事件』

 

 横溝正史『本陣殺人事件』(『本陣殺人事件』角川書店 1973 角川文庫 金田一耕助ファイル2 所収)

 昭和12年、岡山県の旧本陣「一柳家」の離れ座敷において、新郎新婦が死亡する事件が発生した。婚礼の夜の出来事である。新郎は一柳家の長男「一柳賢蔵」、新婦は小作人の娘で女学校の教師「久保克子」。二人が死亡した離れ座敷は降り積もった雪により完全な密室となっていたが、室内には犯人のものと思しき三本指の血痕が残されていた。克子の叔父で彼女の育ての親「久保銀蔵」は、旧知の名探偵「金田一耕助」を招聘する。

 この作品は全くの初読だったのだが、CSでやってるドラマやなんかで散々親しんだ作品なので、映像を思い浮かべながら読んだ。当然トリックも犯人も事前に知ってるわけなんだけど、今回ばかりはドラマ見といて良かった。じゃないと文章と附載されてる図を頼りに、本作のトリックをクッキリ想像するのは難しかったと思う。屏風の接合部の谷に沿って移動する刀とか、映像見てなかったら全然ピンとこなかったに違いない。

 で、そんなギミックに凝った事件の動機はというと、極端な処女厨の暴発。時代背景が異なるとはいえ、やっぱ、え、そんなんで?? という印象。金田一が長々と解説してはくれるんだけど。本作は執筆する前からトリックができていたというから、動機の訴求力の弱さにはそんな成立の影響があるのかもしれない。それにしても賢蔵、他にもっと方法があっただろうに。
 江戸川乱歩が本作を評した中には、犯行の動機と賢蔵を手伝うことになった弟「三郎」の心理の不可解さ、物足りなさが述べられている。また高峰三枝子の出てくるドラマ版では、マザコン要素で動機を補強していて、それなりの効果をあげていた。ただドラマでは三郎の役割が大幅にカットされてしまって、暗い激情に煩悶する賢蔵のキャラと、ある意味子供っぽい楽しいギミックに、少なからず齟齬が生じていたように思う。

 金田一シリーズ第一作の本作には色々新鮮な金田一描写がある。アメリカ時代の金田一がドラッグに溺れていたことや吃音症のことは、これまでにまばらに読んだ作品にははっきりと言及されてなかった。自分は巻数が記されてない本は適当に目についた巻から読むことが多いのだが、このシリーズの、少なくともこの作品は、主人公の来歴を知る意味からも最初に読んだ方が良かったかもしれない。それからあちこちに本作以降のシリーズの、特徴的なモチーフが散りばめられているのも興味深かった。日本刀にまつわる「因縁話」、閉鎖的な村社会、白痴美を体現したかのような「鈴子」のキャラなどなど。これらは残念ながらあまり描写されず、劇中で充分に生かされてるとは言い難いのだが、本作以降に書かれた作品では見事にストーリーの中核を担っている。

 最初に書いたように本作の映画やドラマはよくCSでやってるので、一本目の映画(1947)の他はほとんど見た。ATGの映画(1975)は時代を1975年に設定していて金田一役の中尾彬はジーンズ姿で登場する。石坂浩二や古谷一行のイメージが強いので、中尾彬??? って感じだけど、著者は中尾の金田一をかなり気に入っていた様子。ドラマの金田一シリーズ『ミイラの花嫁』や乱歩の美女シリーズでの怪演が印象的な田村高廣が賢蔵役を務めていて、作品自体の完成度も高い。おすすめの映画です。ちなみに著者の思い描く金田一耕助はズバリ渥美清らしい。
 というわけでドラマや映画に関する記述が多くなってしまったが、盛りだくさんの面白い作品だった。あと、少し前に読んだ作品にこの『本陣殺人事件』を連想させる作品があったので、直接関係はないけど触れておきたい。それは島田荘司の『龍臥亭事件』という作品で、本作と同じ岡山を舞台に琴が関わる密室事件が発生する。少々長いけど、一気に読めるとても楽しい作品だった。これもおすすめです。



『本陣殺人事件』
 角川書店 1973 角川文庫 金田一耕助ファイル2
 著者:横溝正史

 収録作品
 「本陣殺人事件」
 「車井戸はなぜ軋る」
 「黒猫亭事件」

 ISBN-13:978-4-0413-0408-2
 ISBN-10:4-0413-0408-3


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

岡本綺堂『蛇精』

 

 岡本綺堂『蛇精』(結城信孝編『岡本綺堂 怪談選集』小学館 2009 小学館文庫 所収)

 江戸の終わり頃、とある村に「うわばみ」退治の名人が住んでいた。通称「蛇吉」。特殊な方法でうわばみを退治することで知られていた。彼は手斧を一丁持ち、粉薬で地面に三本の線を引くと、常に二本目の線より手前でうわばみを屠った。いつも「三本目を越して来るようでは、おれの命があぶない」と言っていた。
 ところがある時、二本目の線を平気で越えてくるうわばみが現れた。見物人が「もうダメだ」と溜息をつく中、やにわに半股引を脱ぎとった蛇吉が、呪文のようなものを唱えながらそれを二つに引き裂いた。するとうわばみもまた真っ二つに裂けて死んだのだった。それ以来人々はさらに蛇吉を畏敬するようになった。「蛇吉は人間ではない。あれは蛇の精だ」などと言う者も出た。蛇吉はというと、嫁を貰いそれなりに仲睦まじく暮らしていたが、徐々に覇気を失い、蛇取りを厭うようになった。しかし周囲からの懇願により、渋々ながら凶暴なうわばみと対峙することとなった。

 怪談集『青蛙堂鬼談』からの一編。蛇にまつわる奇談である。どことなくなんとなく洋風。↑のあらすじを書きながらそんな風に感じた。ドラゴンスレイヤーもの(蛇もドラゴンと同様に財宝を守護するキャラだ)というか、AVGのようなノリ。読んでるあいだは、舞台となった集落の因習や奇怪な蛇取りの様子に、民話(日本の)みたいだなーって思ってたんだけど。
 かつてはこの作品に出てくるような蛇取りを生業とする人が、全国の至るところにいたらしい。生業としてるかどうかはさておき、沖縄には今でもハブ取り名人がいる。沖縄以外の地域でも、マムシを捕まえて役場に持っていくと買い取ってくれるという話を聞いたことがある。蛇除け、蛇封じのまじないはとんど焼き(どんど焼き)にまつわるものをはじめ、全国各地に様々な形で現存する。最後に蛇を見たのはいつだったか、なんて暮らしをしてるとピンとこないけど、毒ヘビの生息する地域において、蛇避けは生死に関わる重大事なのだ。
 こんな風に書くと蛇の忌み嫌われぶりがハンパない感じだが、こと日本において蛇ほど崇拝と排斥が極端な生物はない。忌避されてる分だけ神聖視もされている。神社のしめ縄は交合する蛇を模したもの、といった説もある。

 蛇についてはこれまでにもちょこちょこ書いた(ヘビ好きなので)ので重複は避けるが、蛇のでかいのを「うわばみ」と呼ぶ。オロチ>ウワバミ>ヘビの順でサイズがでかく、呼び名が変わる。もちろん具体的に何メートル以上といった基準はない。うわばみにはなぜか耳が付いてるという説があって、耳のある大蛇に太腿をかぶりつかれた隠居が刀を持った下男に「早まるな耳のないのは違うぞ」と言った、なんて笑い話がある。「半股引」(はんだこ)は「股引」(ももひき)の膝丈のもので、祭りで着用してる人を見かける。これを引き裂いた途端、うわばみも真っ二つになるというのが呪術っぽくて面白い。また「蛇精」と言えば「蛇性」の『雨月物語』だが、本作の蛇精は色気皆無のおっさんである。最初あだ名程度の「蛇精」だったのが、最後の方ではマジで蛇精なのでは? って感じになってる。真相がわからないのがもどかしいけど、不思議な余韻が残る。この怪談選集には本作も含めて『青蛙堂鬼談』から七編が収録されている。

「少年の蝮を捕りて水渉る」 高浜虚子


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

菊地秀行『妖山鬼』

 菊地秀行『妖山鬼』徳間書店 1991 徳間文庫 き-3-4

 ホラームービーの偉い人、菊地秀行によるヒロイック伝奇ホラー。『山童子』と『剣鬼山』の二編が収録されている。ともに雑誌に発表された作品で、『山童子』は掲載時から大幅に加筆されているとのこと。
 新潟県の山奥の廃村に踏み入った強盗殺人犯の三人(男2女1)が、次々に山中の邪悪な霊の餌食になっていく。そんな山の邪気を払うために遣わされたのは、ぱっと見普通の「少年」だった。少年と魑魅魍魎との壮絶なバトルが始まる……というのが『山童子』。同様の「少年」が登場する『剣鬼山』では、自らの先祖にあたる孤高の刀鍛冶の足跡を求めて山中に分け入った青年が、山の魔に憑かれて暴走する。彼に取り憑いた邪霊は、刀鍛冶の打った妖刀に魔力につられて山に集まったらしい。彼を追って山に入った恋人の「安代」もまた強烈な霊の影響を受けるが、危うく難を逃れることができた。彼女を救ったのは超常の能力を持った一人の少年だった。

 どちらもグロと戦闘に全振りした思い切りのいい作品である。伝奇色は妖刀「餓竜剣」の出てくる『剣鬼山』の方が濃い。エロ描写にもかなりのページが割かれているが、やってることのエグさに反してエロさはほとんど感じられなかった。単に好みの問題って気もすごくするが、本作のようなキメキメの文体は、エロ描写との相性があまりよくないように思う。というか本作の場合は、濡れ場もバトルの一環って感じ。
 で、その戦闘シーンだけど、ノリノリのキレキレ。著者の作品の特徴を一つ挙げるなら、なんといってもそのスピード感だが、本作でも映像的で無性にかっこいい神速のバトルが何ページも続く。「少年」「坊ちゃん刈り」といったバトル中の呼称が煩雑で、読んでてごちゃごちゃしてくるところもあったけど、勢いに任せて一気に読んだ。「あとがき」によると人間以外のものを都会で活躍させるのはかなり大変で、『山童子』では舞台を山中に設定したことで、驚くほど楽に筆が進んだという。
 あとキャラクターについては、『剣鬼山』の「安代」がよかった。どっちの作品にも無理にキャラを立たせたような人物は出てこないが、安代はビビりながらもギリギリでど根性を発揮する蘭姉ちゃん(←コナンの)みたいなキャラクターで、少年との距離感が絶妙。ヒロインの見本のようなヒロインになっている。酷い描写が盛り沢山の作品だけど、なぜか読後感は良かった。

 本書の巻末には「あとがき」の後ろに「はじめにホラーがあった」で始まる「あとがきの逆襲 (我がSF・ホラー映画)」が収録されており、怪猫映画と吸血鬼映画について著者が熱く語っている。



『妖山鬼』
 徳間書店 1991 徳間文庫 き-3-4
 著者:菊地秀行
 解説:三橋暁

 収録作品
 『山童子』
 『剣鬼山』
 
 「あとがきの逆襲 (我がSF・ホラー映画)」

 ISBN-13:978-4-1958-9329-6
 ISBN-10:4-1958-9329-1


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

横溝正史『首』

 

 横溝正史『首』(『』角川書店 1976 角川文庫 金田一耕助ファイル11 所収)

 最近午前中にずーっと古谷一行の金田一シリーズがやっている。毎日録画してるんだけど、なかなか見れないのが歯がゆい(このすば見ました! )。昨日は『悪魔の花嫁』をやってて、レコーダーの番組内容を見てみると「おなじみ、古谷一行扮する金田一耕助が鋭い推理で事件に挑む大人気シリース! 金田一宛に届いた手紙に、次々起こる殺人、謎が謎を呼ぶ事件に巻き込まれ…」とある。めっちゃ汎用性の高い解説だ。ちなみに今日やってた『黒い羽根の呪い』は「金田一耕助が、過去の事件に絡んで起こる連続殺人事件の謎に挑む!」って感じで、これまた汎用性が高いというか、ほとんどの金田一ものに当てはまるなこれ。

 この作品も『獄門岩の首』というタイトルでしっかりドラマ化されている。舞台は岡山県の山中の集落。そこで三百年前の名主殺害を再現したかのような事件が発生した。滝の途中に突き出た「獄門岩」に男の生首が遺棄されていたのだ。胴体は下流の「首なしの淵」で発見された。犯人が逮捕されないまま一年ほどが過ぎて、「磯川警部」に連れられた「金田一耕助」が捜査に着手した矢先、再び獄門岩の上に生首が発見される。被害者は映画撮影のため村に滞在していた映画監督だった。去年と今年、二つの事件の関係者にはなんの関連もみられない。再度発生した凄惨な事件に「名主の祟りではないか」などと言い出す者までいる。同じ手口で行われた二つの犯行の関係とは??

 また生首かよ! というのはさておき、この作品は導入部の雰囲気がすごくいい。というのも金田一ものって、なかなか金田一が出てこない作品が結構あって、ヤキモキさせられることが多いのだ。しかしこの作品に関しては最初の最初から金田一が出ずっぱり。冒頭の奥歯にものの挟まったような磯川警部と、また面倒なことになりそうだなーと感じながらも、唯々諾々と観光案内されてる金田一、二人の間のなんとも言えない空気が絶妙だった。ぐたぐたしてるうちに自然に巻き込まれていってるのが面白い。三百年前の事件とその祟りが、あまりクローズアップされないのが少々物足りなかったけど、いい具合に騙されつつ楽しく読むことができた。
 で、生首について。今回の生首にはしっかり生首ならではの理由があって、自分にはわからなかったけど、推理小説をよく読む人にはすぐに犯行状況に察しがついてしまうかもしれない。それにしても金田一シリーズ、さすがに生首多すぎだろって感じなんだけど、ちょっと前に読んだ小林信彦との長い対談のなかで著者はこんな風に語っている。「ぼくは首取るのが好きなのよ。(※)」


 ※小林信彦編『横溝正史読本』角川書店 1976 p.38



『首』(旧題『花園の悪魔』)
 角川書店 1976 角川文庫 金田一耕助ファイル11
 著者:横溝正史

 収録作品
 「生ける死仮面
 「花園の悪魔
 「蝋美人」
 「

 ISBN-13:978-4-0413-0443-3
 ISBN-10:4-0413-0443-1


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

櫛木理宇『ホーンテッド・キャンパス 幽霊たちとチョコレート』

 

 櫛木理宇『ホーンテッド・キャンパス 幽霊たちとチョコレート』角川書店 2013 角川ホラー文庫 Hく5-2

 正月に読んだばかりなので忘れないうちに。第1巻(←前の記事へのリンクです)は半年ほど前に読んだけど、なんとなーく気分が乗らなくて、この第2巻「幽霊たちとチョコレート」は今回が初読。冬の初めからバレンタインまでの、今の季節にぴったりな五つの短編とプロローグ+エピローグで構成されている。どれもほど良い長さで読みやすかった。

 基本設定等は前に書いた通りなんだけど、以前読んでて違和感があった点(ゲスい台詞の夾雑物感など)は見られなくなって、1巻と比べてチューニングがよく整ってる感じ。「第一話 シネマジェニック」はモキュメンタリー・ホラーを製作していた映研から持ち込まれた心霊映像についての案件(後述)。「第二話 彼女の彼」はかつて行方不明になった一人の女の子と、彼女をめぐる二人の男子学生の切ない系の話で、サブタイが秀逸。「第三話 幽霊の多い居酒屋」は害のない居酒屋ゆうれいの話で、主人公たちのリア充生活と幽霊が一番ガッチリ嵌合してるのがこの話かもしれない。「第四話 鏡の中の」は呪いの鏡にまつわる古典的な器物の怪談。「第五話 人形花嫁」も第四話に続いて古典的な人形怪談かなーと思いきや、ひとひねりある。以上のようなラインナップ。短編小説! って感じのキレはないけど、各話ごとの怪異が工夫されてるのがよかった。主人公の恋愛もじりっと進行。

 書き忘れていたが、本作は「大学生の主人公(男子)の淡い恋心をライトなタッチで描いた、オカルト風味のジュブナイル」である。印象としては学生生活8割、ゴースト2割。ガチホラーを期待していたらがっかりしてしまいそうだけど、今回は軽めであまり不吉じゃないのが読みたかったので(お正月ってことで)丁度よかった。気になったのはその8割と2割の乖離で、例えばチョコレートと幽霊は全く関係がない。チョコはチョコ、幽霊は幽霊。こんなに書いといて伏線じゃなかったのかと思うことが度々だった。あと主人公たちの周囲にある様々なオブジェクトの羅列にページが割かれているが、それが積み重なってどうになかった……ってならないのも惜しい。
 そんな収録作の中で一番面白かったのは「第一話 シネマジェニック」で、冒頭のナンパから盗撮、案件の持ち込みから解決に至るまで、撮影に使用したカメラを軸に最後まで綺麗に話が繋がっている。「映像」も目新しさこそないけれど、丁寧に描写されていてよかった。途中、あの盗撮をこんな風に絡めてきたよ! とワクワクしたのだが、全然ピンチ感なくてワロタ。もったいない。けど、それメインにしたら『リング』になっちゃうか。

 今月は読書の時間だけはどうにか確保できてるものの、プラモ作る時間は全然ないし、今期のアニメもまだちっとも見れてない。なかでも楽しみにしてたのがこのすばの2期、今日こそ寝る前に見ます!



『ホーンテッド・キャンパス 幽霊たちとチョコレート』
 角川書店 2013 角川ホラー文庫 Hく5-2
 著者:櫛木理宇

 ISBN-13:978-4-0410-0663-4
 ISBN-10:4-0410-0663-5


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

小松左京『空飛ぶ窓』

 小松左京『空飛ぶ窓』(『夜が明けたら』勁文社 1985 ケイブンシャ文庫 113 こ01-05 所収)

 今は廃業してしまったが、昔近所に双子のおっさんがやってる自動車修理工場があって、小学校への行き帰りにはその前を通った。工場の建物の隣のスペースには廃車やサビサビのドラム缶が並べられていて、なぜか年中でっかい水たまりができていた。その水たまりは当時の自分にとって、磯の潮溜まりと並ぶ絶景スポットだった。油が浮いた虹色の水面を雲がすごいスピードで流れていく。それがやけに綺麗で、面白く思えた。じーっと見てると吸い込まれそうで、微妙に不安になってくる。でも見るのをやめられない。……『空飛ぶ窓』はそんな子供の頃の、ざわざわした、妙な気持ちを思い出させる作品だった。以下あらすじ等。

 粉雪が舞う日に、小学校から遅く帰った娘が妙なことを言いはじめた。近所の原っぱに「窓」を見たというのだ。窓枠が空中に貼りついたように浮かび、その向こう側には青空が広がっていたという。寄り道した言いわけ、そう考えた母親が娘の話を夫に告げると、意外な応えが返ってきた。娘は嘘をついてるのではない。きっと「窓」を見たのだろう、あまりに寒いと子供にはそういうものが見えることがある。ただし大人からすれば、現実にはない、白昼夢のようなものだけれど、とのこと。彼は幼い頃、雪原で追いかけっこをするカウボーイとインディアンを見たのだそうだ。娘もやはり白昼夢を見たのだろうか。それにしては今日は夫が言うほど寒くはなかったはずだが……。

 作品の舞台はちょうど今日みたいな天候の地方の町で、はっきりとは書かれてないけど、人口密度はかなり低いっぽい。そんな寂れたどこかの町に、マグリットの絵のような不思議な光景が現出する。雪に覆われた原っぱに浮かぶ窓と、ぽつんと佇む赤いコートの少女。鮮烈で、どこかうら寂しいイメージである。なぜそんな場所に「窓」が現れたのか、なぜ「窓」に不思議な特性が備わっていたのかについては、劇中にそれらしい種明かしがある。因果の「因」が書かれない作品に馴れきってるので、わりと唐突な種明かしに戸惑ってしまったが、そこまできっちり書くのがSF作家らしいところか。神隠しの話でもある。

 自分が水たまりの観察に勤しんでた同じ頃、たまーに512BB(LP500Sとか言わないのがリアル)を近所で見たとか、河原に飛行機が着陸してたとか言い出す奴がいた。それで「証明しろよー」なんて責められたりしていたが、今にして思えば彼らには嘘をついてるつもりはなかったのかもしれない。確か三島由紀夫の小説にも、幼年時は夢と現実がごちゃまぜになっている的な一節があったと思う。『仮面の告白』だったかな。子供には時に大人には信じられないものが見えるらしい。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)