Category鮎川哲也 1/1

鮎川哲也『積木の塔』

No image

 鮎川哲也著, 松本清張責任監修『書き下ろし・新本格推理小説集〈1〉積木の塔』読売新聞社 1966 角川文庫の横溝正史シリーズと同じく、亡き祖母の蔵書から発掘した一冊。時刻表が載ってるトラベルミステリーである。初読の作品だったが、火サス屈指の傑作ドラマ、大地康雄の「鬼貫警部シリーズ」でバッチリ見てるので、全然初読って気がしなかった。  最初の事件は目黒の喫茶店で発生する。客の男が毒殺されたのである。被害者...

  •  0
  •  0