「さがみゆき 」カテゴリ記事一覧


さがみゆき『血に炎える死美人』

 さがみゆき『血に炎える死美人』ひばり書房 1986 ヒット・コミックス 132 怪奇ロマンシリーズ

「純子」と「まり」の仲良し姉妹がTVの恐怖劇場(ひばり書房提供)に悲鳴をあげていると、兄が帰宅した。美しい女性を連れている。映画スターだろうか……。姉妹の兄は怪奇作家だ。小説がドラマ化されたりして、最近人気が出てきている。そんな兄へのファンレターの中に奇妙なものがあった。血で染め上げられたような真っ赤な着物が送られてきたのだ。同封されていた手紙には、着物にまつわる奇怪な伝説が綴られていた。
 ……明治のころ、富士の風穴のすぐそばの集落に「鈴子」という美しい娘がいた。彼女は自らの美貌に病的に執着し、美貌を維持するためと称して、蛇やムカデ、昆虫を好んで食べた。それを知っているのは彼女が嫁いだ先、村で一番醜く、一番金持ちの「源吉」ただ一人だった。鈴子はやがて娘をもうけたが、「かおる」と名付けられた娘は他家に預けられて育った。鈴子が娘を抱こうとさえしなかったからだ。それでもかおるは美しく成長し、年老いた父源吉が身罷ると母のもとを訪ねた。驚くべきことに母鈴子は未だに若さ、美しさを保ち続けていた。母の住居で夜を迎えたかおるは、母の怖ろしい秘密を知ってしまう。鈴子の美貌の秘訣は度を越した悪食だけではなかったのである。暗い風穴の中で殺害した人の血液を自らの花嫁衣装に吸わせ、それを身にまとうことで若さを保っていたのだ。
 この手紙の真偽を確かめるべく、純子は兄とその連れの女とともに富士の集落へ向かう。

 女性の美と若さに対する妄執を描いた和洋折衷ホラー。血の伯爵夫人エリザベート・バートリの伝説を、閉塞感たっぷりの過去と現在の日本の集落を舞台に展開する意欲作である。無理やりカテゴライズするなら吸血鬼ものだけど、雰囲気は横溝正史の金田一シリーズとかあのあたり。著者の作品らしく、蛇の串焼き(全長50cmくらい)を「ガブ!」って頭から食べる場面(p54)をはじめ、ゆるくてファニーなシーンも多い。なかでも一押しのシーンはp126の下段2コマ。「何百年もたっているのにこの布はうつくしすぎるわ……」「何百年もたっているのにこの着物は新しすぎるわ……」と純子が繰り返しつぶやくシーンだ。上のコマでは沈黙思考する表情、すぐ下のコマでは両頬に手を当てて驚いたように目を見張っている(ムンクの『叫び』のポーズ)。メリハリが半端ない。面白いだけじゃなくて、著者の直感的な表現の手腕が如実に発揮されている。
 トイレに行きたい、でも怖い、が繰り返されるのも、読者層を強く意識したサービス精神の表れだろう。あと永井豪のオモライくんがチラッと登場するコマがある。ファンだったのかな。

 このあたりの作品を読むと、ストーリーといいスケール感といい、ゆるめの2時間サスペンスドラマの原作にぴったりだと思うことが多い。とくにこの作品はコマ割りから何から、それらしい雰囲気がビンビンする。今更どうにかなるとも思えないが、こうしたポテンシャルを持つ作品が放置されたままになっているのは残念なことだと思う。ほんと惜しい。



『血に炎える死美人』(旧題:ミイラ死美人)
 ひばり書房 1986 ヒット・コミックス 132 怪奇ロマンシリーズ
 著者:さがみゆき

 ISBN-13:978-4-8280-1132-5
 ISBN-10:4-8280-1132-3


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

さがみゆき『血まみれカラスの呪い』

 

 さがみゆき『血まみれカラスの呪い』ひばり書房 1986 ヒット・コミックス 58 怪奇ロマンシリーズ

「あの人が私を狂わせてしまったのです。けれど私はすこしもあなたを恨んではおりません……」(p.06)

 転校してきた「由利桜子」さんは絵に描いたようなサイコパス美少女。主人公の「小野けい子」がそのことに気付いたのは、彼女と互いの血を舐めあって心の友の誓い(Omertà)を立てた後だった。その直後から、由利さんの残虐な振る舞いはエスカレートしていく。カラスの雛と、その親ガラスを惨殺し、でかいアリンコを踏みにじる。自宅には等身大の奇怪な人形がぞろぞろ吊り下げられて、すっかりオバケ屋敷の様相を呈している。人形は全て彼女の母親のハンドメイドらしい。
 そんな由利さんに振り回されるけい子だったが、次第に自分自身の嗜虐的な性向に気付きはじめた。見渡せば世の中は残酷なことに満ちている。誰もが多かれ少なかれ残酷なものを好み、それをひた隠しにしているのだ。やがて二人は由利さんの母親に主導され、クラスメイトのメガネ女子を発狂させてしまう。二人の残酷な「いたずら」はどこまでエスカレートするだろうか。

 衝撃的な入れ歯、カツラのキャストオフシーンや、キャッチーな絵柄が頻出してネタっぽく扱われることの多い作品だが、古典的な少女小説の要素を備えていることも見逃せないポイントだ。というか本質的には「少女小説の読者の女の子たちが、思いつくままてきとーに(ときにふざけたりしながら)話した怖い話」って感じの作品だと思う。そのためピー音でまるまる聞こえなくなるような暴言を吐くキャラが出てきたり、とんでもない出来事が起こっても、どことなく慎ましやかで、そこはかとない品が感じられる。こういうニュアンスって簡単に狙って出せるものではないから、もともと著者に備わったセンスなのだろう。
 よく言えば『ジュニア それいゆ』とかに載ってそうな本作のクラシックな絵柄も、そんな作風によく似合っている。絵的には非常に見せ場が多いが、一番のおすすめは由利さんがけい子の腕にかぶりつくシーン。「ガブ」っといってるのに、無表情なつぶらな瞳がかわいい。血筋の「血」、誓いの「血」、流れ出す「血」など、いろいろな意味合いの「血」に囚われた少女たちの妖しく楽しい日常を、品良く、たどたどしく描き出した愛すべき作品。



『血まみれカラスの呪い』(旧題:美少女とカラス)
 ひばり書房 1986 ヒット・コミックス 58 怪奇ロマンシリーズ
 著者:さがみゆき

 ISBN-13:978-4-8280-1058-8
 ISBN-10:4-8280-1058-8


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)