「高階良子 」カテゴリ記事一覧


高階良子『地獄でメスがひかる』

 高階良子『地獄でメスがひかる』(『血まみれ観音 横溝正史=原作 ~高階良子傑作集~』角川書店 1995 角川ホラー文庫 H601-6 所収)

 リアルなさじ加減のブサイクさを理由に両親や腹違いの兄弟から虐げられてきた「ひろみ」は、ある時ついに入水自殺を決行する。が、あえなく失敗。目が覚めるとそこは見知らぬ病院だった。
 ひろみを救ったのはその病院の院長の甥で、天才青年無免許医の「巌俊明」である。学会を追放された彼は病院の地下研究所で日々、死亡フラグビンビンの忌まわしい研究に精を出していた。死体を繋ぎ合わせて新たな生命を創造する……そんな彼の研究は今まさに完成しつつあった。必要なのは生きた人の脳髄だけ。俊明は当然のように入院中のひろみに白羽の矢を立てる。そもそも脳髄目当てにひろみを救出したのである。
 ……次に目覚めたとき、ひろみはひろみでなくなっていた。窓に映ったその姿は妖精のように美しい。俊明の研究は成就したのだ。俊明に報いるべく社会復帰を誓うひろみだったが、ある時新しい自分の肉体が死体のツギハギだということを知ってしまう。

 生命の創造をモチーフにした医療サスペンス&ロマンス。面白かった!

 この作品は1972年、雑誌『なかよし』に短期連載されている。少女マンガ雑誌ってことで、脳みそがどろっと出たり人体がバラバラになるような、極端なグロ描写はない。なので脳みそが移植されたというより、美人の肉体にブサイクな女の心が乗り移ったような感じで、ストーリーも主人公の情動を中心に展開する。ちなみに脳みその入れ換えと言えば、楳図かずおの超傑作サスペンス『洗礼』の連載が雑誌『週刊少女コミック』で始まったのが1974年なので、本作はそれに2年ほど先行している。

 本作の魅力は主人公ひろみの繊細な心理描写である。家族から受けたトラウマを克服できないまま、現在の自分に向けられる称賛とのギャップに煩悶し、やがて破滅へと向かっていく。そんな心理状態が克明に表現されている。最終局面で彼女を荒れた海へと誘ったフラッシュバックの数ページはとくに素晴らしい。「きみはなんてきれいなんだ」「きみのような美しい人にあえてぼくはしあわせだな」「おまえなんかいなくなればいいんだよ」「生まれてこなければよかったんだよ」……このギャップ。
 また巻末の「解説」でも詳しく触れられていたが、もう一人の主人公巌俊明のキャラクター造形も魅力的だ。所謂オレ様キャラなんだけど、罪悪感をごまかすためにマリファナを常用するという脆さも秘めている。ひろみの心理描写ほど派手ではないが、彼の心の移り変わりもまたしっかりと描かれていて、壊れていくひろみの心とすれ違うように、人間らしさを取り戻していく彼の心……って感じの皮肉なドラマを盛り上げている。

 散々状況を悪化させた看護師がラストページで「ほんとに……まるでゆめを見ていたみたい」なんて言ってるのがマジで納得いかないけど、そんなことも含めて非常に読み応えのある作品だった。



『血まみれ観音 横溝正史=原作 ~高階良子傑作集~』高階良子
 角川書店 1995 角川ホラー文庫 H601-6
 解説:富樫ゆいか

 収録作品
 『血まみれ観音
 『地獄でメスがひかる
 『闇におどるきつね


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

高階良子『闇におどるきつね』

 高階良子『闇におどるきつね』(『血まみれ観音 横溝正史=原作 ~高階良子傑作集~』角川書店 1995 角川ホラー文庫 H601-6 所収)

 隣の家の男子を「辰巳にいさん」と呼びヘビーに慕っている「あや子」。最近、彼女は身辺にキツネの気配を感じるという。もちろん野生の動物がうろうろしてるわけではない。人に障る霊的なキツネに取り憑かれているというのだ。
 きっかけは辰巳にいさんの所属するオカルトクラブの集まりだった。あや子は彼らの行っていたコックリさんを邪魔してしまったのだ。それというのも玲子という美人が辰巳にいさんにベタベタしていたからだ。家を飛び出したあや子はその足で神社に向かい、キツネの像を殴りつけた。するとその直後から、彼女の周囲に異様な現象が起きはじめた。最初のうちあや子の言葉には誰も耳を貸そうとしなかったが、ついに衆人環視のなか激しいポルターガイスト現象が発生する。

 先日の『血まみれ観音』(←前の記事へのリンクです)と同じ傑作集からもう一作。この作品は1977年、オカルトブームの最中に少女マンガ雑誌『なかよし』に発表されている。『血まみれ観音』からぴったり3年後の作品だが、随分とモダンでシリアスな雰囲気に絵柄が変化している。内容はシンプルなコックリさんにまつわる怪談ではなく、予想外にマジメなサイキックものだった。
 物語の途中からオカルトクラブの先輩で超心理学の研究者が登場して調査をはじめる。「キルリアンフォトマシン」(※)を持ち出したりして、めっちゃそれらしい。で、その調査の結果はというと、実はオカルトクラブの行ったコックリさんにはキツネの霊なんて降りてなくて、ポルターガイストなどの現象はすべてあや子の強力なPK(念力)が原因だったことが判明する。後にコミック版が同じ『なかよし』に連載された小野不由美の『ゴーストハント〈1〉旧校舎怪談』を彷彿とさせる展開だ。
『ほんとにあった怖い話』のような実話系を除けば、あまり多くないコックリさんを扱った作品群の中で、その現象の原因を心霊的なものに求めず超能力の発現として描いた本作は、その点において先駆的な作品の一つではないかと思う。コックリさんや神社をモチーフにしながらも、タイトルから連想されるような和風ホラーのジトッとした怖さとは無縁の、洋風テイストのさっぱりした作品だった。

 この作品と『血まみれ観音』収録されている角川ホラー文庫の『血まみれ観音 横溝正史=原作 ~高階良子傑作集~』には、ほかにもう一本『フランケンシュタイン』の少女マンガ版『地獄でメスがひかる』が収録されている。これも大変面白い作品なので、近々感想書こうと思います。


 ※ 最近、古代宇宙飛行士説で無茶な感じで取り上げられてる大発明家ニコラ・ステラの発案、旧ソ連の技術者によって開発された特殊な写真機。日本ではオーラなどの未知の生命エネルギーが写るって触れ込みで、70年代のオカルトブームの頃に紹介されたが、正体は高周波・高電圧をかけた対象物(人体とか)が発散する水蒸気(湿気)の発光を撮影する装置である。以前は15万円~という価格で日本でも販売されてました。



『血まみれ観音 横溝正史=原作 ~高階良子傑作集~』高階良子
 角川書店 1995 角川ホラー文庫 H601-6
 解説:富樫ゆいか

 収録作品
 『血まみれ観音
 『地獄でメスがひかる
 『闇におどるきつね


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

高階良子『血まみれ観音』

 高階良子『血まみれ観音』(『血まみれ観音 横溝正史=原作 〜高階良子傑作集〜』角川書店 1995 角川ホラー文庫 H601-6 所収)

 この記事は29日に投稿するつもりだったんだけど、例のNASAの会見のあとふて寝したので(寝る前に五島勉の『宇宙人 謎の遺産』を読んだ)、久々にすごく時間がかかった。普段なら寝る前には書き終わる量なのに、モチベーションってほんと大事。……当夜はかなり早い時間からNASATVを開いて、全裸待機な感じでスタンバってました。まだ定説になってないのに、勝手に定説のように思い込んでることってありますよねー。……というわけで以下いつもの感想文↓

 主人公はサーカスの花形で、華やかな衣装の下に醜い人面疽を隠した少女「潤」。実は名家のお嬢様らしいのだが、その出自を知っているのは彼女をサーカスに連れてきた「アザのおっさん」だけ。あるとき怪しい男の訪問をきっかけに、潤はアザのおっさんに連れられてサーカスから逃げ出すことになった。彷徨の始まりだ。潤が連れて行かれたのは超場末のドヤ街だった。しばらくはアザのおっさんの顔馴染みの男達と共に、汚いバラック小屋で雑魚寝の生活を送る潤だったが、そこで殺人事件が発生する。被害者はアザのおっさん。犯人に誤認された潤は警察に追われて夜の街を逃げる。そして身を隠した邸宅の庭の片隅で、住人の男性と運命的な出会いを果たすのだが……。

 この作品は少し前に感想を書いた横溝正史『夜光虫』(←前の記事へのリンクです)の優れたコミカライズ作品だ。1973年から少女マンガ雑誌『なかよし』に短期連載されている。人面瘡や片輪者の集団など外連味のやたら強い『夜光虫』を、なんでまた少女マンガ雑誌に?? って感じだけど、大筋のロマンチックな貴種流離譚、ボーイ・ミーツ・ガールの物語ってところを汲んでのチョイスだろう。もちろん読者層に合わせて多くの点が改変されてるけど。

 なかでも最大の変更点は主人公二人の性別が入れ替えられているところで(『夜光虫』の白魚鱗次郎→本作の潤)、主人公の薄幸の少女ぶり(けど根性がある)がクラシックなヒロインらしくて味わい深い。そのほかにも片輪者の集団はドヤ街の柄の悪いおっさん連中に置換されているし、捜査官は出てくるけどあくまでも脇役の一人としての扱いだ。ストーリーはうまく整理されていて、舞台がスパスパ入れ替わった『夜光虫』に比べると、状況が掴みやすくなっている。また『夜光虫』では随所に盛り込まれた和風の要素が妖しい雰囲気を盛り上げていたが、本作では和風の要素はすべて慎重に取り払われ、結果として西洋風のロマンチックなサスペンスに変貌している。当時の読者は大いにハラハラドキドキしながら読んだことだろう。
 それにしても原作の大筋をほぼ完全に維持しつつ、ここまで違和感なく少女マンガ化した著者の手腕はすごい。コミカライズの見本のような作品。



『血まみれ観音 横溝正史=原作 ~高階良子傑作集~』高階良子
 角川書店 1995 角川ホラー文庫 H601-6
 解説:富樫ゆいか

 収録作品
 『血まみれ観音
 『地獄でメスがひかる
 『闇におどるきつね


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)