Category映画・ドラマの感想 1/3

『ジャックと悪魔の国』

 『ジャックと悪魔の国』 舞台は今から千年前のイギリス、コーンオール王国。悪の魔術師「ペンドラゴン」が使役する巨人「コーモラン」によって、王女「イレーン」が連れ去られた。その様子をたまたま目撃したのが農夫の「ジャック」。彼はたくみに巨人を倒しイレーンを救出、その功績により騎士の称号を与えられる。そしてノルマンディーの修道院に赴くイレーンの警護に同行するが、洋上で魔女軍団の猛攻を受け彼女を連れ去られ...

  •  0
  •  0

『知られざる大陸』

 『知られざる大陸』「バード少将」の報告に基づいて、大規模な南極探検隊が編成された。目的は極地に存在すると推測される特殊な地域の調査と正確な地図の作成である。出発した探検隊の船団は大規模なものだった。隊員数はおよそ800名。その中には紅一点、新聞記者「マーガレット」の姿もあった。 やがて流氷で海面が覆われる海域に達した探検隊は、スケジュールの遅れを取り戻すべく、ヘリでマーガレットを含む数名の隊員を先...

  •  0
  •  0

『ジュラシック・アイランド』

No image

『ジュラシック・アイランド』 昨日、ようやく今期のアニメ『少女終末旅行』を見終えることができた。『食戟のソーマ 餐ノ皿』「しょびっち」に続いて三作め。バッドエンドになりそうでなったようで、やっぱそうでもないかなーって感じで面白かった。で、余力があったので久々に映画を見ることにした。といってもややこしい感じのではなく、ほぼ寝ながらでもそれなりに楽しめるこの作品『ジュラシック・アイランド』を見た。 第...

  •  0
  •  0

『魔の巣 MANOS』

No image

 『魔の巣 MANOS』 どこかに向かってドライブしてる家族(夫婦と娘と犬)が道に迷った。場所はアメリカ南部のどこか。幼い娘はグズるし、母親はうるさいし、「俺はこれまで道に迷ったことがない」なんて言い張ってた父親の面目丸つぶれである。ぼちぼち日も暮れかけ、やばい状況になってきたかなーって頃、砂漠の道無き道を行き着いた先で建物らしきものに行き当たった。玄関らしきところにはみすぼらしい風体の男が立っている。こ...

  •  0
  •  0

『死霊館』

No image

 『死霊館』 アメリカ、ロードアイランド州、ハリスヴィル。「ペロン夫妻」と五人の娘たちが、広大な敷地に建つ古びたその屋敷に越してきたのは1971年のことだった。家族の新しい生活には引越しの当日から不吉な影がさした。まず閉ざされた地下室が見つかり、翌日には決して室内に入ろうとしなかった愛犬が死亡する。屋敷中の時計は午前3時7分で停止していた。さらに娘の一人はベッドで足を引っ張られ、妻の身体には覚えのない痣...

  •  0
  •  0

『江戸川乱歩の美女シリーズ 湖底の美女』

No image

 『江戸川乱歩の美女シリーズ 湖底の美女』 信州白樺湖畔の「白樺湖レイクサイドホテル山幸閣」を舞台に連続殺人事件が発生する。一人目の被害者は著名な画家「河野陽水」の娘「陽子」。ホテルでは呼び物の一つとして「マリンガールの水中ダンスショー」を開催していた。地下の水槽からロビーの喫茶室のモニタに、魚の餌付けをする「マリンガール」の様子が生中継されているのだ。陽子の遺体はこの水槽で発見された。絞殺され、...

  •  0
  •  0

『AVP2 エイリアンズ VS.プレデター』

No image

 『AVP2 エイリアンズ VS.プレデター』 見終わったところなので、忘れないうちに感想。エイリアンvsプレデターの2作目だ。物語は前作のラストを引き継いで始まるが、「物語」って書くのがためらわれるほどに、本作にはストーリーらしいストーリーがない。エイリアン・パンデミックの事後処理のために、コロラドの地方都市に単身やってきたプレデターがひたすらエイリアンを狩り、住人は住人でパニックに陥るというもの。これまで...

  •  0
  •  0

『恐怖のいけにえ』

No image

 『恐怖のいけにえ』 三人の美人TVクルー「ジェニファー」「カレン」「ビッキー」は、カーニバルの取材にカリフォルニアの小都市ソルバンクを訪れた。ところが痛恨のホテル予約ミス。祭りで賑わう町には一つの空室もない。くそー車内泊かよーと諦めかけたところに救いの手が差し伸べられた。たまたま知り合ったカエル顔のおっさん「ケラー」が、自宅に泊めてくれるというのだ。郊外にある彼の屋敷は、クラッシックでなかなか豪華...

  •  0
  •  0