「森由岐子 」カテゴリ記事一覧


森由岐子『おじょも寺の妖怪地蔵』

 森由岐子『おじょも寺の妖怪地蔵』ひばり書房 1984 ヒット・コミックス 171 怪談シリーズ

「滝の近くにおじょも寺という古いお寺があるが、あそこだけは近寄るでないぞ……」
 夏休み、S村を訪れた「あゆこ」「可奈」「一馬」の仲良しグループに、可奈の祖母が話しはじめた。S村は可奈の母の実家がある静かな山あいの村である。祖母によるとその廃寺には「おじょも」という妖怪が出ると伝えられていて、これまでに何人もの僧侶が狂死したという。
 そんな祖母の話を迷信と決めつけ、易々と「おじょも寺」に足を踏み入れてしまう三人。ところが寺の様子が聞いた話とは少々異なっている。荒れ果てて、無人だったはずの寺に、一人の美しい尼僧が住んでいたのだ。三人は何事もなく帰路に着いたが、数日後、女子二人に内緒で寺に出向いた一馬が行方不明になった。そして発見されないまま夏休みが終わろうとしていた。可奈は寺を訪れ一馬の行方を尋ねるが、尼は何も知らないという。そしてその際、尼から一体の地蔵を手渡される。「これを持っていると、なんでも願いが叶えられますよ……」
 東京に戻ってしばらくすると、可奈の様子がおかしくなりはじめた……。

『亡霊怪猫屋敷』(1958)にブラム・ストーカーの『吸血鬼ドラキュラ』(“Dracula”)を足してふんわりさせた感じの、正統派オカルトモンスターホラー。珍しい怪猫ものである。

 今回著者はその作風を特徴付ける外面の美しさへの執着や妬みを隠し味程度に抑え、終始モンスターとして顕現する呪いと、それを封じるべく悪戦苦闘する現代っ子の描写に徹している。上記の田舎を舞台にした雰囲気のいいパートは作品の「序」、中盤で舞台を都会に移して「破」、再び田舎に戻って終わる「急」というシンプルな構成をとっており、この三部の構成自体『亡霊怪猫屋敷』が念頭にあったような気もするが、とにかく無駄のない展開でグズグズ足踏みをしないのが素晴らしい。個人的には散々ダメだって言われてたのに、嬉々として地雷原に踏み入るアホなハイカーと、怪しい尼僧を露悪的に描いた「序」が王道! って感じで好きなんだけど、もちろん後に続く「破」「急」にも見所は多い。冷蔵庫から魚を取り出して可奈がヨダレを垂らすシーン、犬の死骸の前で三角座りの可奈、あゆこと変身済みの可奈が揃って「はっ」とするシーン等々。
 ところで以前にもちょっと書いたけど、自分はこの著者の作品をネタ的にじゃなくがっつり好きなので、ネタ的に扱われてるのを見ると取り上げられて嬉しい反面、そこはかとなく切なくなってしまう。唯一のホラー漫画友達だったグルグル映畫館の天野くんにも、よく「マジで森由岐子好きっすよねー。面白いことは面白いけどなー」なとど不思議がられたものだ。マジで好きなんだけど、どこがっていうと上手く伝えられないのがもどかしい。

 閑話休題。この作品に出てくる「おじょも」という妖怪、調べてみたら著者の完全な創作ではなく、元ネタらしきものがあることがわかった。香川県坂出市に伝わる「おじょも」と呼ばれる巨人の伝説がそれである。郷師山と飯野山に足をかけて放尿したというから豪快にでかい。本作に出てくる「手や足が獣のようであり、頭には角があり、体つきは人間のようで、しかも長い尾を持つみにくい妖怪」という『ダンウィッチの怪』(“The Dunwich Horror”)のウィルバー・ウェイトリーに似たモンスターとは随分異なっている。単に名前を借りただけなのか、もしかするとどこかにもっと劇中の妖怪に近い姿のものがいるのかもしれない。余談だが上記の飯野山は古代のピラミッドじゃないかってことで、オカルトファンにはかなり有名。また香川県旧飯山町にはこの巨人おじょもの足跡を図案化したマンホールの蓋がある。

 怪猫ものはホラー漫画の中でも輪をかけてニッチなジャンルで、最近ではすっかり見かけなくなってしまった。本作は娯楽性の高い好編で作画も終始安定しているから、怪猫ファンにはオススメ。面白かった!



『おじょも寺の妖怪地蔵』
 ひばり書房 1984 ヒット・コミックス 171 怪談シリーズ
 著者:森由岐子

 ISBN-13:978-4-8280-1068-7
 ISBN-10:4-8280-1068-8


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

森由岐子『呪われた変身』

 森由岐子『呪われた変身』ひばり書房 1988 ヒット・コミックス 154 怪談シリーズ

「麻紀」と「志麻」は裕福な家に生まれた双子の姉妹である。母親が出入りのセールスマンと駆け落ちして以来、父親によって軟禁状態で育てられてきた。ところがその父親が事故で死亡してしまう。父の死の知らせを聞いてザマーミロとばかりに高笑いする姉麻紀と、ヨヨヨヨヨと泣き崩れる妹の志麻。姿形こそ見分けがつかないほど似てはいるものの、姉妹の内面は性格から趣味趣向に至るまでまるで正反対だったのだ。父親似の姉は冷酷で嫉妬深く、妹は母親に似て物静かで優しい。ただ、二人には容貌の他にも一つだけ共通点があった。好みの男性のタイプである。
 ある時麻紀は屋敷の開かずの部屋が、父親の拷問部屋だったことを発見する。そこには駆け落ちしたはずの母親の無惨な死体と、父によって書かれた拷問日記が残されていた。様々な拷問具が並ぶ部屋で、麻紀はゾクゾクするような興奮を覚える。「ああ……この部屋で思いきり誰かをいじめてみたい」。そしてその願いはばあやの孫「史郎」が屋敷を訪れたことをきっかけに、思い掛けない形で成就するのだった。

 ジュリエットとジュスティーヌのような対照的な姉妹の織りなす古典的な三角関係の物語。井上梅次の「江戸川乱歩の美女シリーズ」(よく言えばAIPのポーの原作もの)に出てきそうな洋館を舞台に、著者の作品としては珍しく抑制の効いた物語が展開する。突飛なところがないから少々寂しいような気もするが、いつもより二割り増しくらい美しく整った作画(ふにゃっとならない)と、古典的なストーリーがよく嚙み合って、なんだか格調が高い。ヒロインが健気な妹の方でなく、意地悪な姉の方になっているのが著者らしいところか。特に見応えがあるのは、中盤、史郎を独り占めするために、妹と入れ替わって以降の麻紀の活躍。妹の志麻に鞭を振るい「この髪が史郎さんをたぶらかしたのね。おのれ憎らしい。この体が史郎さんを惹きつけたのね。ええいくやしや! 」と叫ぶ麻紀。ベッドで「ふるえるわ。体がぞくぞくしてくるわ。志麻の泣きさけぶ声……苦しみもがく悲しい声……」なんて妄想をしながら、緊縛写真集を抱きしめて恍惚とする麻紀。……素晴らしい。
 実は麻紀には映画『犬神家の一族』(1976)の松子のように、亡父の怨念にどこまでも縛られてるっぽい悲劇的な側面があるのだが、その辺はほとんど掘り下げられることもなく、一貫してサディスティックな姉として描かれ、スッキリと無情な最期を迎えている。超常的な要素は皆無だが、そこはかとなく性的な雰囲気が漂う良質なサスペンス作品。



『呪われた変身』
 ひばり書房 1988 ヒット・コミックス 154 怪談シリーズ
 著者:森由岐子

 ISBN-13:978-4-8280-1154-7
 ISBN-10:4-8280-1154-4


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

森由岐子『私は地獄の島を見た』

 森由岐子『私は地獄の島を見た 顔のくずれる女たち』ひばり書房 1988 ヒット・コミックス 206 怪談シリーズ

 精神病院に収容された老人の「私がまだ十六才だということを、誰も信じてくれない……そして私が恐しい地獄の島にいたということも……」というモノローグから物語は始まる。

 一年前、セーリングを満喫していた主人公の「ヨッコ」とボーイフレンドの「久人」は、突然発生した暴風雨に巻き込まれ海に投げ出されてしまう。漂着したのは見知らぬ孤島の浜辺。島の洞窟で一夜を過ごした二人だったが、目覚めたヨッコがそこに見たのは全裸で横たわる久人の姿だった。なぜ彼はそんなあられもない恰好で眠っていたのだろうか……。
 その出来事を頬を赤らめてスルーした二人は、島内探険に出発する。少し歩いたところでチチェンイツァっぽい遺跡を発見。同時にそこに住んでるらしき美しい女を目撃する。実はこの島ではマッドサイエンティストが自分の娘たちに、淡水産単細胞の線藻クラミドモナス、フィコエリトリン、マントシアンエリトリンなどを投与して、寿命を3倍に延ばす実験を行っていたのだった。実験は成功したかに見えた。しかしその副作用のためか、娘たちの肉体は醜く崩れはじめていた。顔の崩れた娘「エリカ」と、その妹で顔以外が崩れた「あかり」、主人公で少々影の薄いヨッコが、久人を巡って三つ巴のバトルを展開する。

 怪奇マンガの殿堂、ひばり書房のプリンセス森由岐子による(クイーン→さがみゆき、プリンセス→森由岐子ってイメージ)孤島もの。その微妙に不安定な絵柄や、突飛なシチュ、セリフ回しなどでネタっぽく取り上げられがちな著者の作品だが、個人的にはネタっぽくなく好きな作品が多い。著者の作品の顕著な特徴をあげるとするなら、まず大映ドラマのような大仰な人間ドラマへの偏好だ。この作品でも著者は、H・G・ウエルズの『モロー博士の島』をベースにしながらも、文明論などのややこしい話には当然ちらっとも触れず、異形と化した姉妹と主人公の愛憎劇をメインに据えている。驚くほど主体性のない男性キャラは常に受け身で右往左往し、嫉妬に駆られたヒロインたちは生死をかけた男性キャラ争奪戦に身を投じていく。それからもう一つ、まだ性的に目覚めきらない読者のハートを、微妙なタッチで刺激するシチュエーションの数々が、あからさまに(ときにひっそりと)作中に挿入されているのも特徴と言えるかもしれない。本作でも全裸で眠る久人の姿が何の前振りもなく見開きでドーンと描かれるのをはじめ、顔の崩れた女が全裸の久人を貪るように撫で回したり、崩れた体をひた隠しにする女が衣服を無理矢理剥ぎ取られたりと、印象的なシーンが多い。

 作画についても少し触れておくと、確かに頼りなげなところもあるし、キャラの表情のバリエーションは少ない。しかしスクリーントーンを一切使わずに、白と黒だけで構成された世界(白7、黒3くらいの割合)は、しばしば強烈にかっこよく見える。主人公たちの遭難シーンの、髪の毛のように黒くうねる海面の描写などをみても、決して表現力が乏しいわけではない。まさにホラーマンガにぴったりの嫌な海だ。そして大仰なセリフの勢いに急制動をかけるキャラの表情の乏しさは、以前感想を書いた『魔怪わらべの唄』のような異様な世界観の構築に一役も二役も買っている。本作ではセリフと表情の違和感は少なめだが、それでもその片鱗をかいま見ることはできる。著者の作品のなかでは、かなり安定感のある作品。



『私は地獄の島を見た 顔のくずれる女たち』
 ひばり書房 1988 ヒット・コミックス 206 怪談シリーズ
 著者:森由岐子

 ISBN-13:978-4-8280-1206-3
 ISBN-10:4-8280-1206-0


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

森由岐子『魔怪わらべの唄』

 森由岐子『魔怪わらべの唄』ひばり書房 1984 ヒット・コミックス 147 怪談シリーズ

「この家にはトイレがない!」という衝撃的なセリフで、著者の作品のみならず、ひばり書房のヒット・コミックスの中でもトップクラスの知名度を誇る作品。タイトルからは想像できないが、ガチ侵略SFである。

 主人公はOLで新興宗教の勧誘員「糸井あずさ」(19才)、彼女が郊外の一軒家を訪ねるところから物語は始まる。目的はもちろん勧誘活動だ。宗教なんてクダラナイという主婦に、玄関先で熱弁を振るうあずさ。勧誘活動は一時間以上にもおよび、やがて不覚にも尿意を催したあずさは、思い切ってトイレを借りたいと申し出た。ところが主婦の答えはNO。いくら懇願しても激しく拒否されてしまう。本格的にヤバくなったあずさは、主婦の制止を振り切って強引に上がり込むと「ああ……もう、もれそう……」なんてつぶやきながらトイレを探しはじめる。しかしいくら探してもトイレは見当たらない。二階にもない。12ページほど探しまわったあげく「この家にはトイレがない! 」という冒頭のセリフ……。

 突っ込みどころ特盛りの作品として紹介されることが多い本作だが、この作品の決定的な特異さは冒頭の「トイレがない」に尽きる。人間社会に潜伏して地球侵略っぽいことをたくらむ侵略者は数あれど、その計画がトイレの有無で露見するなんてアイデアは他に例を見ない(本作のパロディetcは除く)。笑って読んでるうちに、やがてそら怖ろしくなってくるほどの不条理さだ。あまりにストレートに頑なに「トイレがない」を展開してしまったがために、登場人物の価値観やリアクションがなし崩し的に歪み、結局こんな感じになっちゃったのだろう。素直に描かれた愛すべき作品だが、誰かに薦めるとなると少し躊躇してしまう。恐怖表現は結構凝っていて、不気味な子供がずっと後をついてくるとか、不気味な子供がほのエロい人形遊びをしている(←かなりショッキングです)とか、目的がさっぱり分からなくて気味が悪い。

 作画は古き良き少女マンガのタッチで、カケアミや点描が多様されている。トーンが一切使われてないので、今見るとなかなか新鮮。著者は描くのがすごく速い人だったらしいけど、建物や自動車以外には作画に目立った狂いもなく、とくに人物のアップはよく整っていて上手い。また表紙は著者によるものかどうか分からないが、高橋真琴とかあの辺をどうにかしたような雰囲気が素晴らしい。
 この作品もひばり書房のコミックスの例に漏れず『魔怪わらべ 恐怖の家』のタイトルでも刊行されていて、そっちのタイトルの方が内容に合っている。



『魔怪わらべの唄』
 ひばり書房 1984 ヒット・コミックス 147 怪談シリーズ
 著者:森由岐子

 ISBN-13:978-4-8280-1054-0
 ISBN-10:4-8280-1054-8


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)