SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2013年 11月号 Vol.94

 

 SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2013年 11月号 Vol.94

 第一次大戦機ファンにとっては最高の一冊。そのあたりの機体に興味がある人にはすごくおすすめです。表紙の「ソッピースキャメル」はハセガワのミュージアムモデルで、なんとあのキットに羽布を張ってる!

 この11月号はいくつかの連載を除いて、ほぼWWⅠ機関連の記事で構成されている。テクニック的なことについては、前回の特集でかなり詳しく書かれていたので今回は少なめ。作例のスケールは1/72〜1/32で、ウイングナットウイングスのキットばかりかと思いきや、意外にもメーカーの方もスケール同様いい感じにばらけていてバランスがいい。いつもなら「今回とくに印象的だったのは〜」とか書くんだけど、今回はマジでどれもいいので困った。なじみ深さでいうと「アルバトロス D.Ⅲ」と「フォッカー E.Ⅱ/E.Ⅲ」、どちらの作例も濃厚な表現で、深みのある仕上がり。もちろん最初に書いた「ソッピースキャメル」は凄いし、『名機100』の「ロイド C.V」はいつか作ってみたい機体だ(塗装が……)。

 ずらっと並んだWWⅠ機は、それぞれの機体のモザイクのような質感が実に美しい。素材剥き出しのままのパーツが多い、WWⅠ機ならではの醍醐味だ。またそれを表現する手法が、作り手によって全然異なっているのもおもしろい。例えば木目の表現ひとつとっても千差万別で、それが味わい深い手作り感を醸し出しているように思う。
 実はこれまで英軍機をまともに作ったことがなくて(←キットは買ってる)、あの複雑な張り線でめげてしまっていたのだけれど、この張り線さえ頑張ればキャノピーがない分、WWⅠ機はWWⅡ機以降の機体よりも作りやすいんじゃないかって気がする。機体も小さくて塗装も楽だし。

 今月号を見て感じた唯一の要望は、次回はぜひ1/72の機体をもっとでっかく載せて欲しいってことくらいだった。



 - 作例リスト (掲載順) -

『ソッピース キャメル F.1』ハセガワ1/16

連載記事『改造しちゃアカン リターンズ!』
『アルバトロス D.Ⅲ』ローデン 1/32
『ソッピース スナイプ 後期型』ウイングナットウイングス 1/32

『デハビランド D.H.4』ローデン 1/48 ※カラーバリエーションが5例
『フォッカー E.Ⅱ/E.Ⅲ』ウイングナットウイングス 1/32
『SE.5a 'Hisso'』ウイングナットウイングス 1/32
『マークⅣ 戦車 雌型』エマー 1/35 ※戦車の作例

連載記事『飛ぶ理由 連載第12回』
『ガンプG』フルスクラッチビルド 1/350 ※小林誠によるオリジナルメカ

連載記事『北関東航空技術局[仮]』
『1/32スケールT-7 フルスクラッチビルド備忘録 その4』フルスクラッチビルド 1/32

連載記事『ハイブリッド プレーン ワークス Vol.12』
『ビーチクラフト SD17S レーサー』ローデン 1/48

連載記事『夢見る翼 第34回』
『フォード 5-AT トライモーター』エアフィックス 1/72

連載記事『名機100 第90回』(本文では第89回と表記)
『ロイド C.V』スペシャルホビー 1/48

『SAML S.2』ジョイスティックモデル 1/72
『ヴィッカース ヴィミー Mk.Ⅳ』フロッグ 1/72
『ハンザ・ブランデンブルグ D.1』TOKO 1/72
『ユンカース D.1』ローデン 1/48
『フェリックストゥ F.2A』ローデン 1/72

『NOSE ART QUEEN Vol.34』今野杏南



 次号の特集はこれまた楽しみな「現代ロシア戦闘機」。振り幅が大きいな。先月号に続いて表紙に「NOSE ART QUEEN」が載ってないけど、なかにはしっかり載ってます。それから「HEAD LINE INFORMATION」にアオシマ1/72の新製品「五式戦 乙型 涙滴風防」のアナウンスがあった。12月発売とのこと。

 

ソッピース キャメル F.1』ハセガワ 1/16

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2013年 09月号 Vol.93

 

 SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2013年 09月号 Vol.93

 ちょうど1年振りのジブリ特集「風立ちぬ」。前回のジブリ特集と同様、今回もクラシックな機体が多く載ってて、かなり充実していると思う。どの機体が映画に登場するのかは分からないけど珍しい機体が多い。その分小スケールの作例はレジンキャストキットがメインで、製作記事は少ない。一番メジャーなのが「九六艦戦」か「ユンカース F.13」ってところ。堀越二郎といえば、の「零戦」はあえて載せなかったようだ。

 連載記事も特集に沿っていて、『夢見る翼』の三菱の『MRJ』(←オフィシャルサイトへのリンクです)はフルスクラッチ。すらっとしていてかっこいい機体だ。作例もいつもながら綺麗な仕上がり。『名機100』は今回イタレリの1/72『カント Z.501』。前にも書いたけどこれは大好きな機体で、赤と銀の派手な塗装はやはり見映えがいい。雰囲気は上々ながら大味なイタレリのキットが、美しく仕上げられている。手持ちのキットを作る際にも役立つ記事だと思う。残念なのはページ数が少なすぎること。見開きの2ページというのはあまりにも少ない。ページの配分がどーもおかしい。
 それと映画『風の谷のナウシカ』に出てきた「重装甲コルベット」の作例がすごかった。南部鉄器みたいな質感のフルスクラッチの作例で、航空機の模型のコードじゃない感じだけれど、なんかすごいの見た! って気分になった。



 - 作例リスト (掲載順) -

『「風立ちぬ」二郎の鳥型飛行機』ファインモールド 1/48 ※映画『風立ちぬ』に登場
『三菱 KA-14 九試単座戦闘機』フルスクラッチビルド 1/48

連載記事『改造しちゃアカン リターンズ!』
『三菱 A5M2b 九六式艦上戦闘機』スペシャルホビー 1/32

『三菱 1MF2 隼型試作戦闘機』コロジーモデル 1/72 ※レジンキット
『三菱 1MF10 七試艦上戦闘機』A&W 1/144 ※レジンキット
『中島 A1N2 三式二号艦上戦闘機』A&W 1/144 ※レジンキット
『三菱 B1M 一三式艦上戦闘機』コロジーモデル 1/72 ※レジンキット

連載記事『夢見る翼 第33回』
『MRJ』フルスクラッチビルド 1/144

『グラマン TBF/TBM-1 アベンジャー』イタレリ 1/48 ※ジオラマ作品

連載記事『飛ぶ理由 連載第11回』
『CANNON HEAD』フルスクラッチビルド 1/35 ※小林誠によるオリジナルメカ

『森下悠里』ブリックワークス 1/20 ※ノーズアートクイーンのフィギュア。レジンキット
『A-10A サンダーボルトⅡ』タミヤ 1/48改造 ※サンダーボルトにマブチの水中モーターをくっ付けた作例
『QA-10A サンダーボルトⅡ』ハセガワ 1/72改造 ※架空の無人機へ改造

連載記事『ハイブリッド プレーン ワークス Vol.11』
『サヴォイア・マルケティ SM.79 スバルビエロ』トランぺッター 1/48

連載記事『名機100 第89回』
『カント Z.501』イタレリ 1/72

『トルメキア軍 重装甲コルベット』フルスクラッチビルド 1/72 ※映画『風の谷のナウシカ』に登場
『ユンカース G.38』ドイツレベル 1/144
『ユンカース F.13』ドイツレベル 1/72
『カプロニ Ca.3』スラム 1/144 ※レジンキット

『NOSE ART QUEEN Vol.33』時東ぁみ



 ジブリ特集の表紙にはどうやら「ノーズアートクイーン」が載らないらしいけど、なかにはいつも通りしっかり載ってます。

 次号の特集は第一次世界大戦機の第3弾「THE AGE OF BIPLANES PART3」。メインは多分またウィングナット・ウィングス、それとハセガワのソッピースキャメルかな。前回もよかったのですごく期待。年に2回くらいWWⅠ特集でも全然嬉しいです。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2013年 07月号 Vol.92

 

 SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2013年 07月号 Vol.92

 むむむむ……。
 待望の「フィンランド空軍特集 Part3」!……なんだけど、あまりにも期待しすぎてたせいか、今回の特集には少々物足りなさを感じてしまった。いや、物足りないというと語弊があるような気がする。決してこの特集自体がよくなかったってわけじゃないからだ。合わなかった、期待してたものと違ってたという方が、より正確かもしれない。

 今回の特集では、製作記事の付いた作例は4機(飛行機3ヘリ1)と極端に少なくて、印象としてはフィンランドガイド+フィンランド空軍のプラモカタログって感じの構成。カタログのパートにはこれまでに紙面に登場したものをはじめ、イカロス・ムックの『飛行機プラモカタログ』風に、作例がずらっと並んでいる。各機体ごとに小さい画像1〜2枚なのが寂しいけれど、どんなキットが出てるか知りたいって人には便利かも。
 表紙のホーネットをはじめメインの3機については画像も多く見応えがあった。とくに「MiG-21bis」は黒と緑の迷彩に、使い込まれた雰囲気のウェザリングがぴったりで、実にかっこいい。ほとんど丸々一冊フィンランドなんだから、なにを贅沢なって気もしないでもないが、こんな感じでもっとじっくりと作例を見たかったな。

 連載記事も特集に合わせてフィンランド空軍機を製作している。『名機100』と『改造しちゃアカン リターンズ!』は、毎回しっかり途中写真を入れてくれるのが嬉しい。作例も素晴らしい仕上がり。



 - 作例リスト (掲載順) -

『ボーイング F-18C ホーネット』ハセガワ 1/48
『ブリティッシュ エアロスペース ホーク Mk.51』タミヤ/イタレリ 1/32

連載記事『北関東航空技術局[仮]』
『1/32スケールT-7 フルスクラッチビルド備忘録 その3』フルスクラッチビルド 1/32

『ミヤコン・グレビッチ MiG-21bis』エデュアルド 1/48
『ミル Mi-4』KP 1/72

連載記事『夢見る翼 第32回』
『エアバス A320』ドイツレベル 1/144

連載記事『ハイブリッド プレーン ワークス Vol.10』
『バッファローレーサー タイバーン・ヘルミ』タミヤ 1/48改造

連載記事『名機100 第88回』
『ハインケルHe59B-2』スペシャルホビー 1/72

連載記事『改造しちゃアカン リターンズ!』
『フォッカー D.Ⅶ (fok)』ウィングナットウィングス 1/32

連載記事『飛ぶ理由 連載第10回』
『宇宙用インターセプト ファルクラム』フルスクラッチビルド 1/48 ※小林誠によるオリジナルメカ

『NOSE ART QUEEN Vol.32』池田夏希



 次号の特集は「特集 風立ちぬ」。ジブリ特集第二弾?
 それからこの号で連載第10回を迎えた小林誠『飛ぶ理由』の別冊がいよいよ出版される。タイトルは『ハイパーウエポン「飛ぶ理由」』大日本絵画から。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2013年 05月号 Vol.91

 

 SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2013年 05月号 Vol.91

 いつも次号の特集は最後にちらっと書くんだけど、今回は最初に書いておこうと思う。次号の特集は待望の「フィンランド空軍 Part3」。有名どころの機体はこれまでの特集で出揃ってきてるから、鹵獲機や数少ない国産機の作例なんかも載るかもしれない(希望)。キットもかなり揃ってきているし、ぼちぼち別冊化してくれないかな。

 今回の特集は「F-14A」。メインは表紙に載ってるタミヤの1/32で、他にハセガワの1/48と1/72というおなじみのキット。1/32は製作のポイントが数ページにわたって解説されている。実際に作ろうと思ってる人には、かなり有用な記事だと思う。でかいけど。あとp.22〜p.24の画像がものすごくかっこよかった。
 それから1/48のつやつやの「ブラックトムキャット」もよかった。さすがに細い筋彫りは埋まってしまいそうな感じだけど、色と光沢のインパクトは強烈。F-14っていうと汚れててつや消しのイメージが強いけど、ツルピカも実によく似合っている。

 作例の数がかなり少ない今月号だけど、各連載記事は見応えがある。特集以外の作例では、何といってもウィングナットウィングスの1/32『ハノーヴァーCL.Ⅱ』が目をひいた。前号の渦巻き迷彩の『アルバトロスD.Ⅲ OEF』もすごかったけれど、これもまた素晴らしい。作者の作風と機種がばっちり合致してるのだろう。フィギュアも機体によく似合っていて、とてもいい雰囲気。それともうひとつ、これも1/32なんだけど造形村の『ダグラス A-1H スカイレーダー 海軍型』、でろでろに、でもかっこよく汚れてるのが印象的だった。



 - 作例リスト (掲載順) -

『グラマン F-14A トムキャット』タミヤ 1/32

連載記事『北関東航空技術局[仮]』
『1/32スケールT-7 フルスクラッチビルド備忘録 その2』フルスクラッチビルド 1/32

『グラマン F-14A トムキャット イラン空軍』ハセガワ 1/72
『グラマン F-14A トムキャット “ブラックトムキャット”』ハセガワ 1/48
『グラマン F-14A トムキャット』ハセガワ 1/48

連載記事『夢見る翼 第31回』
『エアバス A380-800』エレール 1/125

連載記事『ハイブリッド プレーン ワークス・エクストラ』
『サンタ・クルス レーサー』ハセガワ 1/72改造

連載記事『名機100 第87回』
『グラマン G22 “ガルフホークⅡ”』アキュレイトミニチュア 1/48

連載記事『改造しちゃアカン リターンズ!』
『ハノーヴァーCL.Ⅱ』ウィングナットウィングス 1/32

『ダグラス A-1H スカイレーダー 海軍型』造形村 1/32

連載記事『飛ぶ理由 連載第9回』
『次元装甲特急 999』フルスクラッチビルド 1/144 ※小林誠によるオリジナルメカ

『NOSE ART QUEEN Vol.31』中村静香



 今回から日本陸軍航空隊の各機体のマーキングを紹介する「高精度デジタル解析プロファイル」がはじまった。このシリーズ、側面図がメインなので実用性のほどは不明だけど、カラフルに塗装された渋い機体がずらっと並んでいて、見てるだけでも楽しい。
『NOSE ART QUEEN』、せっかくだから特集に併せて猫のコスとかなかったのかな。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2013年 03月号 Vol.90

 

 SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2013年 03月号 Vol.90

 キットが付属するってことをすっかり忘れてたんだけど、創刊15周年記念号ってことで、ファインモールドの零戦二二型のキットが丸々1機分ついてくる(←といってもキットの分割高になってます)。

 マガジンキットって形態に関しては、今回「零戦マガジンキットシリーズの果たした役割とその意義」という記事のなかで色々書かれているけど、具体的な話はファインモールドの鈴木邦宏社長による「マガジンキットの売り上げは、同じ精度の零戦キットを作り模型店で販売した想定の10年分に等しい数だった」(p.28)ってくらいで、意義も役割もよく分からないというのが正直なところ。定期購読者がどのくらいいるのか分からないけれど、コミック本のように特典の有無を選択できるようにでもしない限り、人気機種の零戦の特集号が売れたからといって、実際にマガジンキットが歓迎されたかどうかの判断は難しいんじゃないかと思う。

 キットはこれまでと同様、ファインモールドらしい精密なもので、丁寧に組み立てるだけでちっこくて凛々しい二二型が完成するに違いない。しかし少々不満なところもあった。それは表紙にでんと載っている第582海軍航空隊の進藤三郎少佐機が、付属キットだけでは完成しないという点だ。キットの改造例としてなら分からないでもないけど、いかにもこれ作れますって感じで表紙に載っているのに、蓋を開けてみたら「表紙の機体を作るなら別売りのファインモールド製のパーツを買ってね」というのでは、オールインワンのマガジンキットのあり方としてはちょっと違うんじゃないかと思う。足りないのはごく小さいパーツだけど、シートベルトなどのような別売ディティールアップパーツと同列に扱うには無理がある。

 特集以外の記事では、バラエティに富んだ面白い機体が並んでいて、かなり充実している。眺めてるだけでも楽しいし、キットも欲しくなる。とくにこれいいなーと思ったのをあげると、まず1/72『六試小型夜間偵察飛行艇』。水色の塗装色も相まって、デフォルメモデルみたいに見える。『零式三座水上偵察機』は甲板上の水上機のジオラマ作品で、とても1/144とは思えない精密感。1/72『エアスピード エンボイ』は綺麗な配色で、光沢仕上げが美しい。RSモデルのプラの材質はちょっと苦手なんだけど、このキット欲しくなった。1/72『YS-11』、ハルトマンの1/72『Bf109 G-4』、1/32『Ta152GH-0』は、どれも好きな機体で、作例もそれぞれ個性的で良かった。そして目を見張ったのが1/32『アルバトロスD.Ⅲ OEF』、第一次世界大戦の機体なんだけど、特徴的な翼の渦巻き迷彩から木目まで全部手描きされている。すごい。画像も多くて見応えがあった。



 - 作例リスト (掲載順) -

『零式艦上戦闘機 二二型』ファインモールド 1/72 ※マーキング違いで2例
『零式艦上戦闘機 二二型』ファインモールド 1/72 ※ジオラマベース付き作品
『零式艦上戦闘機 二二型』ファインモールド 1/72

連載記事『北関東航空技術局[仮]』
『1/32スケールT-7 フルスクラッチビルド備忘録 その1』フルスクラッチビルド 1/32

連載記事『ハイブリッド プレーン ワークス Vol.9』
『HONDA エア・レーサー RA 101 マンボウ』フルスクラッチビルド 1/48

『六試小型夜間偵察飛行艇』コロジーモデル 1/72 ※レジンキット
『零式三座水上偵察機』クラウン 1/144 ※甲板上のジオラマ作品

連載記事『名機100 第86回』
『エアスピード エンボイ』RSモデル 1/72

連載記事『夢見る翼 第30回』
『日本航空機製造 YS-11』バンダイ 1/72

『メッサーシュミット Bf109 G-4/R6 “エーリッヒ・ハルトマン”』ファインモールド 1/72
『フォッケウルフ Ta152H-0』造形村 1/32

連載記事『改造しちゃアカン リターンズ!』
『アルバトロスD.Ⅲ OEF』バトルアクス 1/32

連載記事『飛ぶ理由 連載第8回』
『ヴァンシップ・レコードブレーカー Silver bullet 2220』フルスクラッチビルド 1/32 ※小林誠によるオリジナルメカ

『NOSE ART QUEEN Vol.30』 丸高愛実



 前回の『飛ぶ理由』にも出てきた、飛行メカ『タチアナのヴァンシップ&ファムのヴェスパ』が発売された。早速買ってきたんだけど、パッケージ、カラー塗装図、おまけの工作ガイドやイラストシートといった、キット本体以外のところまで神経の行き届いた、とても満足のできる内容だった。もちろんキット自体も見るからに精密で、ランナーから切り離すのが怖いくらい。ファムのヴェスパが予想以上に小さくてびっくりした。

 次号の特集は「タミヤ 1/32 F-14 トムキャット 製作徹底ガイド」。
 次回のファインモールドのマガジンキットは、雑誌『Model Graphix(モデルグラフィックス)』で『三菱 九試単座戦闘機』を予定しているらしい。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2013年 01月号 Vol.89

 

 SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2013年 01月号 Vol.89

 紅白の表紙がお正月らしい久々の航空自衛隊特集。表紙はタミヤの1/32『マクダネル ダグラス F-15J イーグル』で、つい先日尖閣にスクランブル発進したばかりという話題性からか、それとも表紙のおめでたい雰囲気が良かったのか、14日の夜にはもう2冊しか残ってなかった。すごい。いつもは7〜8冊は残ってるのに。

 かっこいい機体ばかりでわりとまじに全部好きですって感じなんだけど、やはり表紙の「F-15J イーグル」は格別のかっこよさで、作例も素晴らしい仕上がり。特徴的なウエザリングで美しく汚れたつや消しの機体に、ピカピカのキャノピー、これ毎回書いてるフレーズだけど、飛行機の模型の醍醐味のひとつだと思う。この銅色のキャノピーフレームがまたいいんだよね。
 それと今回は特集と連動してる『名機100』の『カーチス C-46 天馬』もすごくよかった。ウィリアムブラザーズのキットっていうと、かっこいいパッケージに、ざっくりした中身って印象だけど、それがとても美しく仕上げられている。完成品だけがずらっと並んでるなかで、この『名機100』の連載には、いつも途中写真が載ってるのが嬉しい。途中写真って撮るのも大変そうだけど、紙面の構成としてもなかなかかっこよくならなくて、難しいとは思う。でも載ってると、やってみようかなって気にもさせられるので、ちょこっとでもいいので載せて欲しい。

 下記の「作例リスト」を見て分かる通り、今月号は作例数が少なめだった。でも一つずつの作例の画像が多くて、全然文句はない。むしろ丁度いいくらいだと思う。航空自衛隊特集の作例には、いつもより力が入ってるような印象があるから、画像が多いのはありがたい。



 - 作例リスト (掲載順) -
『マクダネル ダグラス F-15J イーグル』タミヤ 1/32
『三菱 F-2B』ハセガワ 1/48
『マクダネル ダグラス F-4EJ ファントム改 スーパーファントム』ハセガワ 1/48
『三菱 F-1』ハセガワ 1/48
『川崎 T-4』ハセガワ 1/48
『シコルスキー UH-60J(SP) レスキューホーク』イタレリ 1/48改造

連載記事『夢見る翼 第29回』
『ボーイング 787-8 ドリームライナー』ドイツレベル 1/144

連載記事『名機100 第85回』
『カーチス C-46 天馬』ウィリアムブラザーズ 1/72

『パイアセッキ/バートル H-21B フライングバナナ』イタレリ 1/72

連載記事『改造しちゃアカン リターンズ!』
『ノースアメリカン F-86F-40 セイバー』ハセガワ 1/32

『ロッキード F-104J スターファイター』ハセガワ 1/32

連載記事『飛ぶ理由 連載第7回』
『ショートウルバヌス級 ヴァンシップ母艦 モニター』フルスクラッチビルド 1/48 ※小林誠によるオリジナルメカ

『NOSE ART QUEEN Vol.29』谷桃子



 裏表紙の広告にもあるように、アニメ『ラストエグザイル -銀翼のファム-』に登場した飛行メカ『タチアナのヴァンシップ&ファムのヴェスパ』が発売される。今回の『飛ぶ理由』でも用いられていたが、見るからに繊細で工芸品っぽい雰囲気のキットだ。

 次号の特集は「零式艦上戦闘機 二二型」ファインモールドの1/72キットが付属するらしい。
 あと『Gallery of the NOSE ART QUEEN vol.2』が12月下旬に発売予定。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)