SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2012年 11月号 Vol.88

 

 SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2012年 11月号 Vol.88

 待ちに待ってたフォークランド航空戦特集「The 1982 Falklands Conflict」。表紙はタミヤの1/48『BAe シーハリヤー FRS.1』で、懸念していた「NOSE ART QUEEN」も今月号はしっかり表紙に載ってる。

 特集は74日間の戦闘を機体で辿る構成。「分かりやすいフォークランド紛争まとめ」としても興味深く読める。作例もとても充実していて、好きな機体がいくつも載ってて嬉しい。

『アブロ ヴァルカン B.Mk2』はずっと前の『月刊ホビージャパン』誌の、上面の凸モールドだけスジ彫りに直したって記事を覚えている。今回の作例は凸モールドのままだけど、全然問題なくかっこいい。というか凸モールドを綺麗に残して作るのはかなり難しいと思う。塗装は筆塗りだそうだけど、いい感じのムラが広い面積の間延びを防いでいて味わい深い。
『ダッソー・ブレゲー シュペルエタンダール』は見た目もさることながら、艦載機なのに地上から出撃とか、エグゾゼ5発とか、その戦果とか、色々すごくて大好きな機体。少し残念なのはp.24の画像がどれも同じような目の高さから機体を捉えたものなので、例えばp.25の画像のように斜め上から撮影したものもカラーで載せて欲しかった。
『ウエストランド ウェセックス UH.5』は見るからに無骨な機体で、作例も相応の重厚な仕上がり。つや消しの塗装に、ピカピカのキャノピーがよく映えている。p.48の特撮はまるで実機みたいに見える。
『FMA IA58 プカラ』はアルゼンチン産のCOIN機。爬虫類のような迷彩が面白い。エアフィックスの1/72のキットが丁寧に仕上げられている。近所の模型店の棚に一個残ってるんだけど、今回の特集でついに売れてしまうかもしれない。

 特集以外では『ボーイング 707-320B』がすごくよかった。パンナムのマーキングはやっぱ綺麗。それと「HEADLINE INFORMATION」で紹介されてるハセガワの1/72『ユーロファイター タイフーン』が楽しみ。もうすぐ発売。



 - 作例リスト (掲載順) -

『ハンドレページ ヴィクター K Mk.2』ドイツレベル 1/72
『アブロ ヴァルカン B.Mk2』MPC 1/72
『BAe シーハリヤー FRS.1』タミヤ 1/48
『ダッソー・ブレゲー シュペルエタンダール』エレール 1/48
『ウエストランド WS-61 シーキング HC.4』サイバーホビー 1/72
『ウエストランド ウェセックス UH.5』イタレリ 1/48
『ダグラス A4C スカイホーク』ハセガワ 1/48
『FMA IA58 プカラ』エアフィックス 1/72
『BAe ハリヤー GR.3』エアフィックス 1/48

連載記事『ハイブリッド プレーン ワークス Vol.8』
『スピットファイア・レコードブレーカー』ハセガワ 1/48『スピットファイア Mk.Ⅸ』改造

連載記事『夢見る翼 第28回』
『ボーイング 707-320B』ミニクラフト 1/144

連載記事『名機100 第84回』
『グラマン J2F ダッグ』クラシックエアフレーム 1/48

『1961年、玉川の河川敷に存在した飛行場の原風景』※下のキットを使用したジオラマ作品
  『パイパー チェロキー』バンダイ 1/72
  『ベル 47G』イタレリ 1/72

連載記事『飛ぶ理由 連載第6回』
『大日本帝国空中戦艦大和専用艦載機 ¢飛燕£』フルスクラッチビルド 1/20 ※小林誠によるオリジナルメカ

『NOSE ART QUEEN Vol.28』KONAN



 次号の特集は「航空自衛隊」


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2012年 09月号 Vol.87

 

 SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2012年 09月号 Vol.87

 この特集ならMGでやればいいのになあ……なんて思いながら買ってきた9月号。実は店頭で見た時点でちょっとがっかりしてしまっていた。ジオラマ作品の機体だけにあれこれ突っ込むのは無粋だけど、表紙の『サボイア S.21』がもうひとつ美しく感じられなかったからだ。

 特集は「宮崎駿 雑想ノートの世界」。味わい深いレシプロ機が並んでいて、事前の予想以上に充実している。知らない機体が多いけれど見ていて楽しい。
 とくに良かったのは、『ドルニエ DoⅩ』と『サボイア・マルケッティ S.55Ⅹ』。レイアウトがかっこいい「S.55Ⅹ」は、以前ほかの模型雑誌で見て以来気になっていた機体で、記事によるとかなり大変そうなキットらしいから、ものすごく作れなそうな気がするけど、この機会に買ってみようかと思った(売ってるのかな?)。派手な塗装を施して、「Cant Z501」や「IMAM Ro43」あたりと並べればどんなにカッコいいだろうか、なんて幸せな妄想をしてしまう。



 - 作例リスト (掲載順) -

『WP-30 重空中戦艦』ドイツレベル 1/144『ユンカース G38』改造

連載記事『改造しちゃアカン リターンズ!』
『ツェッペリン シュターケン R.Ⅳ』ローデン 1/72「ツェッペリン シュターケン R.Ⅵ」改造

『ポテーズ 540』SMER(セマー) 1/72
『空技廠 B4Y 96式艦上攻撃機』セミスクラッチビルド 1/72
「ブラックバーン・ロック Mk.Ⅰ」スペシャルホビー 1/72

連載記事『ハイブリッド プレーン ワークス Vol.7』
『メッサーシュミット Bf109 レコードブレーカー』ハセガワ 1/48『Bf109G』改造
「メルセデスペンツ T-80 レコードブレーカー」フルスクラッチビルド ※自動車の作例

『マーチン 139W』ウィリアムブラザーズ 1/72『マーチン B-10B』改造

連載記事『夢見る翼 第27回』
『ドルニエ DoⅩ』ドイツレベル 1/144

連載記事『名機100 第83回』
『サボイア・マルケッティ S.55Ⅹ』デルタ2 1/72

連載記事『飛ぶ理由 連載第5回』
『POLICE SPINNER』フルスクラッチビルド 1/20 ※小林誠によるオリジナルメカ

『トルメキア軍 戦列艦 (バカガラス)』フルスクラッチビルド 1/100 ※『風の谷のナウシカ』に登場
『トルメキア軍 装甲コルベット』フルスクラッチビルド 1/72 ※『風の谷のナウシカ』に登場
『アントノフ AN-2/AN-2CX コルト』ホビーボス 1/48
『ハンドレページ H.P.42』エアフィックス 1/144 ※ジオラマ作品
『サボイアS.21』ファインモールド 1/72 ※『紅の豚』に登場。ジオラマ作品

『NOSE ART QUEEN Vol.27』大石瑛美



 表紙に姿がなかったからシュリンクパックを破るまで、今月号には載ってないんじゃないかと心配してた「NOSE ART QUEEN」は今月もしっかり掲載されている。次号の特集は「フォークランド航空戦」。


 ギャラリー・オブ・ザ・ノーズアートクイーン』大日本絵画 2012


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)