伊藤潤二『うずまき 最終話 遺跡』

 伊藤潤二『うずまき 最終話 遺跡』(『うずまき』小学館 2000 ビッグ コミックス ワイド 所収)

 桐絵と秀一はトンボ池に開いた縦穴の石造りの螺旋階段を下り始めた。底が見えないほど穴は深い。途中、桐絵が階段に取り残された住人に襲われ、それを庇った秀一が落下してしまう。その後を追って、桐絵は果てしなく続く階段を急ぎ足で下りていく。やがて遥か下方に小さな光が見え始めた。
 縦穴の底には大空洞が広がっていた。巨大な渦巻き状の建造物群が禍々しい光を放っており、それを地面を覆い尽くした人々がぼんやりと見つめている。足元の渦巻き状に変形した人々は中心物から遠ざかるほど石化して、遺跡と同化しつつあるようだ。そこには石化した桐絵の両親の姿もあった。そして桐絵は瀕死の秀一と再会する。秀一によると太古に作られたこの遺跡は、地上の人々を一定の周期で誘惑しているらしい。桐絵に逃げるように告げる秀一。もう自分には脱出する力が残ってないという。
「……私も、もう力は残ってないわ……あなたとここに残る……」
 そう呟いて、桐絵は秀一が差し出た手を握りしめた。二人の腕がらせん状に絡んでいく……。

 18話かけて提示されてきた謎の数々は見事に解明されてないのだが、見覚えのあるシンボルに埋め尽くされた地下世界のビジュアルに、なんか辻褄が合った! って気分にさせられる最終回。あれはドロドロに溶けた灯台のレンズにそっくりだし、この渦巻き空間の構造材となるために住民はあんな姿に変形してしまったのか、とか。なぜ?? についてはほぼ説明されないが、秀一の「自らの本能で」云々という言葉から察するに、この災禍がもともと太古の何者かによって作られた遺跡に起因するにせよ、今となっては人知の及ばない「自然の摂理」になってしまっているかのようだ。
 ラヴクラフトの世界観を彷彿とさせる地下遺跡の壮大なイメージは、著者によるとガウディの建築物の影響を受けているという。またこの作品は本来全18話の予定だったのが、書いているうちにページが足りなくなったらしい。そこで担当者に「単行本の最後にもう1ページ書き下ろします」と言ってみたところ、それじゃあってことでもう1話、この最終話を描くことになったのだそうだ。主人公二人が螺旋階段を降り始めたところで終わり! というのも想像力を刺激するラストで一興かと思うが、黒渦町の一つのサイクルを最後まで見届けることのできたのはやはり嬉しい。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

伊藤潤二『うずまき 第18話 迷路』

 伊藤潤二『うずまき 第18話 迷路』(『うずまき』小学館 2000 ビッグ コミックス ワイド 所収)

 高台から黒渦町を眺める桐絵たち一行。彼女らが目にしたのは、町を覆い尽くすスケールの超巨大渦巻きだった。前回、修復&増築がはじまっていた長屋の両端が長く長く伸びて、やがて連結し、巨大な渦巻き状の建造物を形成しているのだ。
 黒渦町では時間の流れさえ正常ではないらしく、桐絵たちが山中で数日うろうろしていたあいだに町では数年が経過していた。長屋の内部には絡み合った住人がみっちり詰まっていて、ヒソヒソと囁きながら未だに長屋の修復&増築を繰り返している。桐絵たちはそんな長屋のあいだの路地を行く。目標は渦巻きの中心地、トンボ池だ。路地にはゼンマイ状(←山菜の)に変形した死体が投棄されて、強烈な死臭を放っている。

 ちょうど第3話(←前の記事へのリンクです)の黒谷さんの傷跡の拡大版といった感じで、ここに来てついに長屋の本来の姿が判明する。著者によるとこの作品は当初「渦巻き型の長い長屋で暮らす人々の生態」という着想からスタートして、うずまきをテーマにした連作へと展開していったらしい。もしも長屋の話のままだったら、落語の長屋もの+グロ怪奇みたいな感じになってたのかな。それはそれで読んでみたかったような気もする。
 今回は超珍しく、秀一がこの「うずまき現象」についての考察をしている。こんなにマトモになったの久しぶりだ。曰くこの現象は100年、数百年かの周期で繰り返され、そのたびに人々は渦巻き状の町を築いてるのではないか。この出来事を後世に伝えるべき人々が、なんらかの事情で一度に消えてしまうため、記憶の断絶が起きているのではないか……。

 同行者を連れ去られ二人きりになった桐絵と秀一は、轟音とともに人々が消え去った後の長屋の屋内を歩き続け、やがて渦巻きの中心に至る。そこには水を湛えたトンボ池に代わり、巨大な井戸のような縦穴がぽっかりと口を開けているのだった。その縦穴の壁に沿って設けられた石造りの階段を、二人はゆっくりと降りはじめた。

 次回最終回。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

伊藤潤二『うずまき 第17話 脱出』

 伊藤潤二『うずまき 第17話 脱出』(『うずまき』小学館 2000 ビッグ コミックス ワイド 所収)

 桐絵の弟、満男の退場回。

 満男が完全にヒトマイマイ化する前に町を出なければ……ってことで脱出を決意する桐絵たち一行。トンネルや海からの脱出はできないから、仕方なく険しい山道を行く。山道から一望した町は破壊し尽くされ、すっかり更地のようになっている。破壊を免れているのは件の長屋ばかりで、その増築があちこちではじまっているようだ。
 やがて山中で行き会った知人の一団と合流するが、彼らは桐絵たちの後を追って山に入ったという。どうもおかしい。もしかすると同じ所をぐるぐる回ってるのではないだろうか。それよりも気がかりなのは、彼らがヒトマイマイ化のはじまった男に縄をかけ、引き連れていることだ。完全にカタツムリになったら「食糧」にするつもりらしい。満男の異変に気付かれないようにしなければ……。

 予想通り「脱出」する話じゃなくて、「脱出」しようと試みる話だった。そもそも脱出ルートの方角をその辺の棒切れを倒して決めている(←桑畑三十郎方式)。もうかなり適当だ。全体に無理なんじゃないかなぁって空気が漂っているなか、それでも町から出ることさえできれば……なんて言ってる桐絵の空気を読まないメンタルの強さは、さすが著者の作品のヒロインって感じ。
 この第17話はかいつまんでいうと、主人公一行が山中でうろうろしたあげく途中で弟が脱落、結局振り出しに戻るって話なんだけど、次回以降の前振りとして非常に重要で、すべての植物がゼンマイみたいにぐるぐる巻きになった山中の景観や人体など、面白い絵が多い。仕方なく引き返した桐絵たちが、高台から町を見下ろして驚嘆するところで今回は終わり。そこに桐絵たちが見たものとは??


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

伊藤潤二『うずまき 第16話 続・混沌』

 伊藤潤二『うずまき 第16話 続・混沌』(『うずまき』小学館 2000 ビッグ コミックス ワイド 所収)

 前回、前々回から引き続き、瓦礫の山と化した黒渦町でのサバイバルが続く。混迷の度合いは増々深まっていて、すでに取り返しはつかないっぽい。

 町には未だに外部からやって来る人が後を絶たない。ボランティアや報道関係の人々である。ところが町に入ったが最後、あらゆる手段を尽くしても外に出ることができない。海から逃げようとしても、でっかい渦巻きに船ごと呑み込まれてしまう。黒渦町のあちこちには行き場のない、大勢の人々がさまよい歩いている。前話で長屋から追い出された桐絵たち一行は、そんな人々と合流して瓦礫のなかを行く。安全な場所は町中に点在する件の長屋だけ。しかし長屋にはすでに住民が容積一杯に詰まっていて、押し合いへし合いするうちに身体がねじ曲がり、絡み合い、解きほぐすことさえできなくなっている。そして崩れた長屋からはみ出した自分たちの体を、廃材で覆い隠すように長屋を増築している。桐絵たち一行のなかには体調の異変を訴える者が出はじめていた。のろのろ動いているうちに、ヒトマイマイに変化しつつあるのだ。

 この第16話にはいつにも増して面白い絵が多かった。海に呑み込まれるイカダや艦船、長屋からはみ出した人のカタマリ、内側から増築されていく長屋などなど。これまでの話を見返してみると、著者は各話ごとに最低でも1枚、キーとなる絵をまるっと1ページ使って見せている。今回だと長屋からはみ出した人々。それぞれの話にはこういった一枚絵から展開したものと、全体のストーリーに沿って発想されたものがあるように思う。
 それとこの話で桐絵たちは、とうとうヒトマイマイの肉を口にしてしまう。結構あっさり食べてる。ちょっと前にペットや友達を泣きながら貪り食うアニメをやってたけど、あんな風な悲壮感は全然なくて、せいぜい気持ちわる……って感じ。著者独特のノリだ。

 今回は弟のヒトマイマイ化に気付いた桐絵が、町を出ることを決意したところで終わり。残すはあと3話+特別編だ。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

伊藤潤二『うずまき 第15話 混沌』

 伊藤潤二『うずまき 第15話 混沌』(『うずまき』小学館 2000 ビッグ コミックス ワイド 所収)

 今回のサブタイトルは「混沌」。
 これまでもさんざん混沌だったような気もするが、サブタイに偽りなしのまじ混沌とした内容だった。

 荒廃した黒渦町。前話よりもさらに破壊が進んでいるのは、竜巻に乗って飛行し、遊び半分で建造物を壊す蝶(バタフライ)族の仕業だ。住民は残された長屋にひしめきあって暮しているが、外部から町に入る人間が後を絶たないため、長屋の人口密度は限界まで膨れ上がっている。かといって危険過ぎて外では暮せない。そんなとき桐絵一家と秀一&東洋テレビの取材班の丸山は長屋から追い出されてしまう。秀一の言動がどうにも気持ち悪いとの理由からであった。桐絵たちは食糧のあてもなく瓦礫のなかをさまよい、ヒトマイマイを貪り食う蝶族の男たちに遭遇する。彼らは竜巻を駆り桐絵たちに襲いかかった。

 前回から続いて瓦礫のなかのサバイバルが続く。この第15話のトピックは、桐絵の父親の退場、黒渦町について書かれた巻物の発見、それからヒトマイマイの再登場。相変わらずグロテスクなヒトマイマイだが、直火で焼かれて中身を引きずり出されたりして、より気持ち悪さを増している。いまこれ書きながらも、思い出すとうぇぇっとなる。ほんとグロい。あんなのよく食えるな。
 ストーリーは長屋から追い出された桐絵一家+αが荒廃した町で酷い目に合うというだけというものだが、巻物など伏線らしきものがチラホラ見えて、終わりに向けてじわっと進んでいる。

 それから『うずまき』の話じゃないけど、今発売中の雑誌『HONKOWA 2014年11月号』↓に著者の作品『神々の山・魔境の嶺』が載ってます。表紙にでっかく「新シリーズ連載スタート! 伊藤潤二」って書いてあった。実話怪談のコミカライズです。


 HONKOWA (ホンコワ) 2014年 11月号』朝日新聞出版 2014


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

伊藤潤二『うずまき 第14話 蝶』

 伊藤潤二『うずまき 第14話 蝶』(『うずまき』小学館 2000 ビッグ コミックス ワイド 所収)

 サブタイからはストーリが全くうかがい知れない、シフトチェンジって感じのエピソード。

 第12話で台風1号が上陸して以降、黒渦町には2号、3号……と立て続けに六つもの台風が上陸、しかも上陸直後に消失するという異常な現象が生じていた。町との連絡は完全に途絶え、外部からは被害状況すら把握できない。そんな黒渦町に赴いた東洋テレビの取材班の丸山(♀)は、町に入るなり竜巻に遭遇し、マスコミ他社のものとおぼしきヘリが墜落するのを目撃する。
 町はすっかり破壊し尽くされあちこちに腐乱死体が転がっている。巨大な渦を巻くトンボ池に、たった一人で辿り着いた丸山は、そこで柱に縛り付けられた三人の男の子を救出する。ところが開放された途端、三人は吐く息で強烈な竜巻を起こし、さらに町を破壊しはじめるのだった。
 凶暴な子供たちからどうにか逃げ延びた丸山は、瓦礫のなかで買い物かごを持った桐絵と出会う。桐絵によると、黒渦町では人のちょっとした素早い動作が大きな竜巻を引き起こすらしい。「小さな超の羽ばたきが、地球の裏側に大嵐を引き起こす」(p.447)、まるでバタフライ効果だ。おそらくトンボ池が呑み込んだ六つの台風のエネルギーの影響ではないかというのだが……。
 
 瓦礫の山と化した黒渦町。住人は前話に出てきた長屋のなかで、ギューギュー詰めになって暮している。町中に点在する長屋だけは竜巻の影響を受けず、なぜか破壊を免れているらしい。むちゃくちゃながらギリギリキープされてきた日常が、粉々に破壊されてしまっている。そんな状況のなか、買い物かごを持ってふつーに登場する桐絵の異常さがいつも以上に際立っているのは、このエピソードが外部からやってきた丸山嬢の視点で描かれているからだろう。
 こうなってしまってはもう後戻りできそうにない。これ以降ストーリーは瓦礫のなかのサバイバルが中心となる。

 ※フキダシからの引用は、改行を調整しています。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

伊藤潤二『うずまき 第13話 鬼のいる長屋』

 伊藤潤二『うずまき 第13話 鬼のいる長屋』(『うずまき』小学館 2000 ビッグ コミックス ワイド 所収)

 ストーカー台風1号の被害はトンボ池の周辺にかなりの範囲で及んだらしい。家屋をぶっ壊された桐絵たち家族は、町に点在する長屋の一室に入居することになった。明治以前に建てられたといわれるこの長屋、桐絵の幼なじみが暮していたこともある(第五話)件の物件のひとつである。当然相当ボロい。しかも桐絵たちが入居した物件には「毎夜、鬼が出没する」なんて嫌なうわさがあった。

 案の定、長屋で暮しはじめた桐絵の周囲には、気味の悪い出来事が起こりはじめる。まずひとつめは魚の目。……うーむ、地味。だけど見た感じの不快感は強い。それから桐絵がまた懲りずにストーキングされてる。本人は気付いてないけれど、壁にあいた穴から隣室の男に覗かれていたのだ。びっくり箱、台風1号に続いて、三人?めのストーカーの登場だ。ろくな奴に好かれないなー桐絵、秀一を含めて……。
 この覗き男、最終的にはサボテンみたいなトゲトゲ怪人になって桐絵を襲うのだが、そのときたまたま上陸していた台風2号の強風で飛ばされてきた木材が突き刺さって、あっさり死亡。台風2号は前回の1号と同様に、トンボ池に吸い込まれて消える。

 この話、桐絵たちが引っ越してきて以降、魚の目→隣人の怪死→トゲトゲ怪人って感じで展開するのだけれど、「隣人の怪死」のパートが実にいい雰囲気。個人的には床板の穴と、隣の男の生えかけのトゲあたりで終わっても充分だったような気がする。トゲトゲ怪人、必要だったかなあ。ほとんど活躍しないで、すぐ死ぬし。……ただ以前から書いてるように、ほのめかして終わり! なんてことはせずに、とにかく出し惜しみなしに全部描くのが著者の作風。そこがすごいところでもある。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

伊藤潤二『魔の断片』

 

 伊藤潤二『魔の断片』朝日新聞出版 2014 Nemuki+コミックス

「伊藤潤二 8年ぶりのホラー 新刊コミックス!!!」(←帯のあおりより)ということで、さっそく買ってきた。八年ぶりといっても、傑作集も出てたし、なにより著者の作品は読み返す機会が多いので、全然そんな感じがしない。
 この本に収録されているのは雑誌『Nemuki+』に掲載されたシリーズ七編と、雑誌『シンカン VOL1』掲載の一編。「あとがき」には第一話について、ホラー勘が戻ってなかったからか「久しぶりのホラー連載としては不本意なスタートとなりました」とあって、確かにそんな感じがしなくもない。しかし、第二話めで勘を取り戻したかと思うと、第三話めにはもう完全復活してる。さすが。以下簡単に各話の雰囲気を↓

 第一話「布団」「この世には魑魅魍魎があふれてる」なんて言って、布団から出なくなった同棲中の彼氏と、健気にその世話を焼く彼女の話。インパクトの強い奇怪な絵面に重点を置いた構成で、著者ならではの奇想は発揮されていない。扉も含めて八ページの短編。作画は整っていて美しい。

 第二話「木造の怪」歴史のある木造建築に欲情するという、無茶な設定の女に入り込まれた家族の話。著者の復調具合がよく分かるエピソードだ。おもしろいのはこの木造フェチ女の造形で、やたらでっかいのが不気味。そのことについて劇中でまったく触れられないのもよかった。第一話と比べて作画がやや不安定。

 第三話「富夫・赤いハイネック」泣きながら自分の頭を両手で支える男が登場する。痛くてグロくて、不快感満点。その点ではシリーズ随一。いやーきもい。オチもわけが分からない。あの子供たちはいったい??

 第四話「緩やかな別れ」死者に対して独特の因習を持つ旧家に嫁いだ女性の話。グロ描写たっぷりな作品が並ぶなかにあって、そういった扇情的な描写を極力抑えた、切ないエピソードだった。

 第五話「解剖ちゃん」とにかく解剖されたい! というド変態な女が活躍する。著者独特のナンセンスさが光る一編。グロいシーンもばっちり。劇中で経過する「二十数年」のあいだ、彼女はどうやって過ごしてきたのだろう。死なない程度に何度も解剖されてきたらしいのだが……。ひたすら殺されては復活増殖した富江のように、連作のヒロインとしても充分なくらい、おもしろいキャラだと思う。

 第六話「黒い鳥」山中で遭難した男は一月ものあいだ、不思議な女に口移しで「食物」を与えられていたという。女は何者なのか、男が口にしていた食物の正体は? って話。少ないページ数に突飛な因果律を組み込んだ、著者の持ち味がよく発揮された好エピソード。ハーピーっぽい怪物も登場する。

 第七話「七癖曲美」人の極端な癖からインスピレーションを得る小説家に捕われた、気の毒な女性ファンの末路。これもハチャメチャなナンセンス系のエピソードで、小説家「七癖曲美」のキャラが嫌な感じで立ってる。

 第八話「耳擦りする女」自分ではなに一つ行動を選択できないという特異体質の資産家の娘と、彼女に雇われた付添人の女の話。この作品のみ雑誌『シンカン VOL1』に掲載されたもので、他のエピソードよりも五年ほど前に発表されている。ストーリーはごくシンプルで、早い段階でオチまで読めてしまうが、二人のキャラの様子がじっくり描かれていて読み応えがあった。グロい描写は控えめながら作画はとても美しく、なかでもp.211は素晴らしい雰囲気。ページ数も多い。

 というわけで読み終わってみれば、従来の著作と比べても何ら遜色のない短編集になっている。試行錯誤しながら描いてこれだけのものができるのはさすが。ただタイトルからして、自由に描いてOKって感じの発注だったのかもしれないが、シリーズものとしては少々まとまりに欠けているようにも思う。短くてキレのあるホラー作品を創造するのは本当に大変そうだけど、やはり著者にはもっとこのジャンルの作品を描いて欲しい。次回作が今から待ち遠しい。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)