Category伊藤潤二 1/3

伊藤潤二『うずまき 最終話 遺跡』

No image

 伊藤潤二『うずまき 最終話 遺跡』(『うずまき』小学館 2000 ビッグ コミックス ワイド 所収) 桐絵と秀一はトンボ池に開いた縦穴の石造りの螺旋階段を下り始めた。底が見えないほど穴は深い。途中、桐絵が階段に取り残された住人に襲われ、それを庇った秀一が落下してしまう。その後を追って、桐絵は果てしなく続く階段を急ぎ足で下りていく。やがて遥か下方に小さな光が見え始めた。 縦穴の底には大空洞が広がっていた。巨大...

  •  0
  •  0

伊藤潤二『うずまき 第18話 迷路』

No image

 伊藤潤二『うずまき 第18話 迷路』(『うずまき』小学館 2000 ビッグ コミックス ワイド 所収) 高台から黒渦町を眺める桐絵たち一行。彼女らが目にしたのは、町を覆い尽くすスケールの超巨大渦巻きだった。前回、修復&増築がはじまっていた長屋の両端が長く長く伸びて、やがて連結し、巨大な渦巻き状の建造物を形成しているのだ。 黒渦町では時間の流れさえ正常ではないらしく、桐絵たちが山中で数日うろうろしていたあいだに...

  •  0
  •  0

伊藤潤二『うずまき 第17話 脱出』

No image

 伊藤潤二『うずまき 第17話 脱出』(『うずまき』小学館 2000 ビッグ コミックス ワイド 所収) 桐絵の弟、満男の退場回。 満男が完全にヒトマイマイ化する前に町を出なければ……ってことで脱出を決意する桐絵たち一行。トンネルや海からの脱出はできないから、仕方なく険しい山道を行く。山道から一望した町は破壊し尽くされ、すっかり更地のようになっている。破壊を免れているのは件の長屋ばかりで、その増築があちこちではじ...

  •  0
  •  0

伊藤潤二『うずまき 第16話 続・混沌』

No image

 伊藤潤二『うずまき 第16話 続・混沌』(『うずまき』小学館 2000 ビッグ コミックス ワイド 所収) 前回、前々回から引き続き、瓦礫の山と化した黒渦町でのサバイバルが続く。混迷の度合いは増々深まっていて、すでに取り返しはつかないっぽい。 町には未だに外部からやって来る人が後を絶たない。ボランティアや報道関係の人々である。ところが町に入ったが最後、あらゆる手段を尽くしても外に出ることができない。海から逃げ...

  •  0
  •  0

伊藤潤二『うずまき 第15話 混沌』

No image

 伊藤潤二『うずまき 第15話 混沌』(『うずまき』小学館 2000 ビッグ コミックス ワイド 所収) 今回のサブタイトルは「混沌」。 これまでもさんざん混沌だったような気もするが、サブタイに偽りなしのまじ混沌とした内容だった。 荒廃した黒渦町。前話よりもさらに破壊が進んでいるのは、竜巻に乗って飛行し、遊び半分で建造物を壊す蝶(バタフライ)族の仕業だ。住民は残された長屋にひしめきあって暮しているが、外部から町に...

  •  4
  •  0

伊藤潤二『うずまき 第14話 蝶』

No image

 伊藤潤二『うずまき 第14話 蝶』(『うずまき』小学館 2000 ビッグ コミックス ワイド 所収) サブタイからはストーリが全くうかがい知れない、シフトチェンジって感じのエピソード。 第12話で台風1号が上陸して以降、黒渦町には2号、3号……と立て続けに六つもの台風が上陸、しかも上陸直後に消失するという異常な現象が生じていた。町との連絡は完全に途絶え、外部からは被害状況すら把握できない。そんな黒渦町に赴いた東洋テレ...

  •  0
  •  0

伊藤潤二『うずまき 第13話 鬼のいる長屋』

No image

 伊藤潤二『うずまき 第13話 鬼のいる長屋』(『うずまき』小学館 2000 ビッグ コミックス ワイド 所収) ストーカー台風1号の被害はトンボ池の周辺にかなりの範囲で及んだらしい。家屋をぶっ壊された桐絵たち家族は、町に点在する長屋の一室に入居することになった。明治以前に建てられたといわれるこの長屋、桐絵の幼なじみが暮していたこともある(第五話)件の物件のひとつである。当然相当ボロい。しかも桐絵たちが入居した物件...

  •  0
  •  0

伊藤潤二『魔の断片』

No image

  伊藤潤二『魔の断片』朝日新聞出版 2014 Nemuki+コミックス「伊藤潤二 8年ぶりのホラー 新刊コミックス!!!」(←帯のあおりより)ということで、さっそく買ってきた。八年ぶりといっても、傑作集も出てたし、なにより著者の作品は読み返す機会が多いので、全然そんな感じがしない。 この本に収録されているのは雑誌『Nemuki+』に掲載されたシリーズ七編と、雑誌『シンカン VOL1』掲載の一編。「あとがき」には第一話について、ホ...

  •  0
  •  0