三原一晃『白雪姫は悪魔の使い』

 三原一晃『白雪姫は悪魔の使い』立風書房 1983 レモン・コミックス 恐怖シリーズ

 表紙は人相の悪い原住民とソバカスの女の子、裏表紙は白雪姫と七人の小人、これらのお題をしっかり(?)踏まえつつ、その実態は怪猫ものでしたというカオスな作品。

 主人公は表紙の女の子「レイコ」。引っ込み思案な彼女にも、年頃の女の子らしい図々しくもささやかな願い事があった。「クラスのいじめっ子から私を守ってください。それから今度の学芸会の白雪姫役を私に。でもそれにはまず顔のソバカスをとって綺麗にならないと……」彼女は同じクラスできっと王子様役をやるに違いない「ジュンくん」にほのかな恋心を抱いていたのだ。
 そんなレイコは最近、親友の「明美」から不思議な像を貰い受けた。その像はもともと明美の考古学者のおじさんのメキシコみやげだったという。アステカ民族の間で、願い事を叶えてくれる神像として信仰されていたらしい。早速願を懸けるレイコ。驚いたことに彼女の願いはことごとく叶えられていく。ただし宿願成就には強烈なリスクが伴っていた。神像がいけにえの血を欲したのだ。レイコはまずペットの文鳥を殺し、やがて飼い猫のトラを手にかけた。ソバカスもすっかり消え、性格まで積極的に、明るくなったように見えるレイコだったが、本人が気づかぬうちに、まるで猫のような仕草をしはじめたのだった。

 神像の呪い路線でずっといくのかと思いきや、殺した猫の怨霊がよっぽど強かったのか、そっち方面にどんどん話が転がっていく。おかげでまとまりに欠ける作品となったが、小綺麗にまとまってもこの手の作品は面白くないし、もともと化け猫は大好きなネタ。とても楽しく読むことができた。
 作画は『包丁人味平』とかあの辺の濃いめの劇画タッチで、いかにも手塚漫画のコードが希薄な感じだが、かなり上手いんじゃないかと思う。ハードで力強い。がっつりゴアな描写もある。後半に行くほど多用される見開きの大ゴマは超劇的で見応えがある。Tシャツにしたい。見所の多い本作だが、街中を駆け回る化け猫のたたみかけるような描写は特に素晴らしく、スピード感抜群。面白いのはレイコの化け猫フォームで、通常型のレイコにネコミミをくっつけただけなので、やけに可愛くなってしまっている。
 著者は貸本漫画の時代から活躍した人で、本書の刊行当時すでに大ベテランだったらしい。最後に奥付の「著者紹介」が興味深かったので、丸ごと転載しときます↓

  著者紹介/三原一晃
 ・国籍 満州生まれの大連育ち。昭和50年4月13日=日本にやって来て、まもなく帰化。
 ・性別 男性
 ・年齢 24歳とも66歳ともいわれるが、はっきりした年齢は誰も知らない。
 ・住所 東京近郊のある森の中のツタの絡みついた古い洋館に、ひとり淋しく住んでいる。しかし、正しい住所を知っている者は誰もいない。ただ、洋館の中には、いつもロウソクの火がともり、黒豹のように大きくて黒い猫が一匹飼われている。最近、三匹の黒い仔猫が生まれた。
 ・素顔 常に仮面をかぶっている。これまでに七種類の仮面をつけていたので、人は「七つの顔を持つ紳士」とか「仮面紳士」と呼ばれている。
 ・著書『恐怖バラ屋敷』『恐怖亡霊屋敷』(いずれも立風書房刊)



『白雪姫は悪魔の使い』
 立風書房 1983 レモン・コミックス 恐怖シリーズ
 著者:三原一晃

 ISBN-13:978-4-6510-7073-5
 ISBN-10:4-6510-7073-6


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

安田タツ夫『恐怖! 人魚の子守唄』

 安田タツ夫『恐怖! 人魚の子守唄』立風書房 1986 レモンコミックス 370 学園恐怖シリーズ

 町外れの岬の突端に佇む洋館、かつてそこには怪しい研究に傾倒した老人がたった一人で暮らしていたという。そんな洋館に一組のカップルが迷い込んだ。人気のない館内には様々な装置とともに、巨大な水槽が設置されている。怖る怖る水槽を覗き見るカップル。二人はそこに群れをなして浮遊する奇怪な生物を見た。すると男の挙動がにわかにおかしくなり、何者かに操られたかのように清々しく水槽に飛び込んでしまう。バリバリバシャバシャという嫌な擬音付きで貪り食われていく男。怪生物はヒトを食べるのだ。悲鳴を上げ、逃げ出そうとしていた女もまた呆然と立ち止まり、水槽を見つめるとこうつぶやいた。「あなたたちの言う通りにするわ。エサを運べばいいのね……」
 その頃、洋館のすぐ近くのビーチでは、主人公の「榊由紀子」とクラスメイトの面々が、中学生活最後の夏をエンジョイしているのだった。

 というのが少し長めのプロローグ。この後、中学生男女の充実したバカンスを数ページ挟んで、いよいよ最後の1ページまで続くノンストップの大殺戮劇が始まる。中学生たちを恐怖のどん底に叩き落す怪物は、遺伝子工学によって創造された水陸両棲の新しい「種」という設定。テレパシーでヒトと意思の疎通をし、思いのままに操る能力を持つ。ヒトに寄生して宿主を直接操ったりもする。そして女性に卵を産みつけて増殖するという。フェイスハガー(エイリアンに出てきた顔にくっ着くやつ)によく似た幼体がフェイスハガーみたいに顔に張り付いたり、ヒトの体を食い破って飛び出したりと、随所に『エイリアン』(1979)を意識した絵作りがされている。
 ストーリー自体は『ピラニア』(1978)→『SF/ボディ・スナッチャー』(1978)って感じの展開だ。うっかり解き放たれたモンスターの群れと、それに操られた人間に襲われて仲間が次々と殺されていく。モンスターのビジュアルは『モンスター・パニック』(1980)の半魚人と『悪魔の赤ちゃん』(1974)の赤ん坊を掛け合わせたみたいな雰囲気。

 ダイナミックプロ所属の著者だけに、バイオレンス、ゴア描写は容赦ないダイナミックさで、絵柄もめっちゃダイナミックプロ(H描写は控えめ)。『デビルマン』の1エピソードみたいだった。レモンコミックスのラインナップの中ではやや浮いてる感は否めないが、ジャンルムービー愛に溢れた良作。



『恐怖! 人魚の子守唄』
 立風書房 1986 レモンコミックス 370 学園恐怖シリーズ
 著者:安田タツ夫

 ISBN-13:978-4-6510-7117-6
 ISBN-10:4-6510-7117-1


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

萩原朔太郎『猫町』

 萩原朔太郎『猫町』(中島河太郎, 紀田順一郎編『現代怪奇小説集〈上〉』立風書房 1978 所収)

 萩原朔太郎は大正から昭和のはじめにかけて活躍した、日本を代表する詩人。この『猫町』は著者の数少ない小説のひとつで、アンソロジーに収録されることの多い作品だ。著者は探偵小説好きとしても知られていて、江戸川乱歩との交流もあった。本職の詩の方でも探偵や殺人事件をモチーフにした作品をいくつも発表している。
 本書の巻末に収録されている編者紀田順一郎の『日本怪奇小説の流れ』に詳しいが、当時の「広義の探偵小説」には推理やパズルの要素を主題とした小説ばかりではなく、怪奇小説や幻想小説なども含まれていて、作者も読者の数も後者の方が多かったという。きっと萩原朔太郎も後者をより好んだのではないかと思う。

 江戸川乱歩の評論集『幻影城』には、この『猫町』が少々異例な扱いで取り上げられていて、アルジャーノン・ブラックウッド(Algernon Henry Blackwood)の中編小説『いにしえの魔術』("Ancient Sorceries" 乱歩は『古き魔術』と表記)との類似が指摘されている。乱歩は「萩原朔太郎の「猫町」を敷衍するとブラックウッドの「古き魔術」になる。「古き魔術」を一篇の詩に抄略すると「猫町」になる」(※1)と言い、ともに乱歩好みのユートピアを夢想する物語であるとしている。もちろんこの2作品の類似は偶然だと思われる。

 ストーリーは、モルヒネ、コカインなどの薬物中毒からどうにか快復し、健康のために散歩を始めたという「私」が、北越地方のKという温泉に滞留した際に、猫ばかりが住む未知の町に迷い込んでしまうというもの。元来、私は極度の方向音痴で、よく道に迷うことがあった。長らく体を蝕んできた薬物の影響もあったのかもしれない。猫の町は実はよく知っている近隣の町で、普段とは異なった方角から町に迷い込んだために、それをまるで見知らぬ町のように感じたのだった。

 本作は全ページ数の半分程度が「私」の近況報告に費やされていて、確かに「猫の町に迷い込む」という特殊なモチーフが強く印象に残るけれど、ガチオカルトな『いにしえの魔術』とはかなり趣きが異なっている。怪異に論理的な説明をつけようとしているあたり、もしかすると著者なりの「探偵小説」を書こうとしてたのではないかって気もする。
 この作品を発表した1935年(昭和10年)ごろの著者は、離婚に端を発した様々な精神的な苦痛からようやく快復して、まさに作中の「私」のような状態だった。多くの作家たちのように実際に薬物を用いていたかどうかは定かではないが、一時期相当まいっていたことは確かなようだ。
 著者は代表作『月に吠える』の序文のなかで「詩は神秘でも象徴でも鬼でもない。詩はただ、病める魂の所有者と孤独者との寂しいなぐさめである」(※2)と記していて、本作もまたそんな「寂しいなぐさめ」の一つだったのだろう。また自分自身を猫に例えて「私の如きものは、みじめなる青猫の夢魔にすぎない」(※3)とも語っている。「私」が迷い込んだ猫の町は、病める一匹の猫が夢見た理想郷だったのかも知れない。

 ところで今回この作品を読み直すきっかけになったのは、先日発売された雑誌『怖い噂 vol.16』(←amazonへのリンクです)のなかの「日本魔界紀行 FILE 01 東北に鎮座する犬の宮と猫の宮」という記事だった。山形県東置賜郡にある二社の神社、「犬の宮」と「猫の宮」が紹介されている。隣り合わせで建立されているのがとても珍しいらしい。似たような記述がどこかにあったような気がして、思いついたのがこの『猫町』だった。「私」の散歩の道すがらの思索のなかに、「犬神」「猫神」を祀る憑き物筋の部落のことがちらっと出てくるのである。読み直してみると実際には全然似てなかったんだけど、ほんの少しの記述ながら「私」が体験する怪異の興味深い前振りとして印象に残っていたようだ。


 ※1. 江戸川乱歩『江戸川乱歩推理文庫〈51〉幻影城』講談社 1987 p.359
 ※2. 萩原朔太郎『萩原朔太郎詩集』三好達治編 岩波書店 1952 岩波文庫 p.70
 ※3. 同上 p.190

 ※関連記事です↓A・ブラックウッド『いにしえの魔術』
 http://serpentsea.blog.fc2.com/blog-entry-140.html


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)