福崎町妖怪模型シリーズ「河童のガジロウ」について

2017071401.jpg

 そういえば、カッパが届きました。2匹。
 兵庫県福崎町が発売したプラモデルです。雑誌『MODEL Art』の最新号で結構大きく紹介されていました。


 詳細は下の「続きを読む」から↓


続きを読む
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

飯田道夫『河童考 その歪められた正体を探る』

 

 飯田道夫『河童考 その歪められた正体を探る』人文書院 1993

「その歪められた正体を探る」というサブタイの通り、カッパの異名や習性、由来etcに関する諸説を文献資料から検証する本で、「河童の伝承」「河童に擬せられたもの」「河童の正体」の三部構成。基本突っ込み本としての傾向が強く、柳田国男の「河童駒引」を疑問視する論考が随所で展開されている。

「河童に擬せられたもの」は、カッパの正体または同一視される生物、妖怪についてのパートだが、ここでも「河童駒引」との関連の深い「猿」の項目に多くのページが割かれている。まず樹上生活を営むサルと水妖のカッパを一緒にすることへの疑問からはじまり、馬を守護するはずのサルが、カッパになった途端馬に害をなすことの矛盾を指摘する。そして『物類相感志』『庖厨備用倭名本草』の記述をもとに、本来馬に害をなしていたのは後にカッパのイメージに集合される「スッポン」ではなかったかという持論を展開し、次章では「元来、猿と河童とはなんの関係もない」(p.235)と断定している。
 とはいえ本書にも収録されている『日本山海名物図絵』の「豊後の河太郎」(※)あたりは、どう見てもサル、パーフェクトサルだ。動物園の猿山で見かけるようなじゃれ合う様子が、生き生きと描かれていて実にかわいらしい。これを見る限りでは単に水辺で戯れるサルの一群を「河太郎」と呼んでただけなんじゃないかと思う。カッパのイメージが文芸的に形成される以前の初期の段階では、きっとこの「豊後の河太郎」のようにカッパの正体は様々だったのだろう。それこそ異名の数だけ、もしくはそれ以上に。このことに関しては第3章の「まとめ」のなかでも「異称が多い事実は、各地で別個に語り伝えられていた「河童」がいたことになるが、それが本当に「河童」であるかどうか、必ずしも定かでない」(p.226)と記されている。

 全体的な印象としては、本書において「カッパの正体を歪めた」とされる柳田国男の民族学に対する批判的なトーンが強く感じられるが、論旨は比較的シンプルだし、平易な文章で書かれていて読みやすかった。ただ文献資料を用いたアプローチというには、例えば古賀侗庵の『水虎考略』などにほとんど触れられてないのは不思議。
 また上記のような反論っぽい記述だけではなく、カッパの様々な異名や習性についても広く取り扱われているのも特徴。数多い引用文には引用元が随時明記されていて、カッパ関連リファレンスとしても有用だと思う。巻末の「参考文献」を見ると多くが現在でも入手可能な本(原典よりも研究書が多い)で、興味が出たものを普通に購入できるのが嬉しい。
 
 最後に「カッパ」という名称に関して、本書では「かわ(川)わっぱ(童)」が詰まってやがて「かっぱ」になったという説をとらず、『日本書紀』に出てくる「かはく(河伯)」がその起源ではないかとしている。「カハク」→「カッハ」→「カッパ」というわけだ。


 ※平瀬徹斎撰, 長谷川光信画『日本山海名物図絵 巻之二』の「豊後の河太郎」↓早稲田大学図書館「古典籍総合データベース」所収の画像へのリンクです。
 http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/bunko06/bunko06_02154/bunko06_02154_0003/bunko06_02154_0003_p0016.jpg


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

友成純一『幽霊屋敷』



 友成純一『幽霊屋敷』角川書店 1995 角川ホラー文庫

 日本の民話とクトゥルフ神話とエンパイア・ピクチャーズをごちゃ混ぜにして、幽霊屋敷でパッケージした感じのホラージュブナイル。非常に読みやすく、その手のファン向けのサービスシーンもたっぷりの、楽しい作品だった。怪獣も出てくる。

 舞台は熊本県の球磨川の上流に位置する山あいの集落……、ここでピンと来る人もいるかと思うが、熊本県の球磨川流域は同じく九州の筑後川や、関東の利根川、岩手県遠野地方と並ぶ全国有数の河童の産地(あと球磨焼酎でも有名)。八代市には「河童渡来之碑」が建立されてるし(※参考 九州河童の会編『九州河童紀行』←前の記事へのリンクです)、なにより近年においても河童の目撃情報があるのがすごい。上流は美しい渓流環境で、釣り好きの人にはたまらないスポットらしい。

 そんな山深い集落の外れに、「離れ屋敷」と呼ばれる洋館はひっそりと立っていた。かつてそこには河童が住み着いていた、などという噂がまことしやかに囁かれ、最近では幽霊が目撃されているという古い建物である。そのいわく付き物件にある家族が入居した直後から、村では妙な事件が頻発しはじめる。なかでも女性の行方不明事件は、のどかだった村に不吉な影を投げかけた。主人公の高校生たちは、知らず知らずのうちに事件の渦中に巻き込まれ、その驚愕の真相に迫っていく。「離れ屋敷」には彼らの想像を絶する秘密が隠されていたのだった。

 というのが大まかな流れだが、前半(全部の2/3くらい)と後半(1/3)とでは随分と雰囲気が違っている。前半は屋敷の妖しい噂と、好奇心から屋敷に吸い寄せられていく主人公たちの姦しい日常が、かなり丁寧に描写される。途中で挿入される凄惨な離れ屋敷の縁起物語も、ストーリー上あまり生かされてないのが残念だけど、読み応えのある好エピソードだった。
 主人公たちが屋敷に足を踏み入れる後半は、著者の趣味全開でなんでもありのゾンバイオなノリ。前半のいい雰囲気はどうなったんだよ!って気がしないでもないが、これはこれでおもしろい。ただどうしてもページ数が足りてない感じで、かなりドタバタしてる。最後はどさくさに紛れてガッパまで出てくる。カッパじゃなくてガッパ!

 それから主人公たちの学校に転校してきた屋敷の娘(美少女)も、香山滋の『月ぞ悪魔』(←前の記事へのリンクです)の「スーザ」か、『トータールリコール』(1990)のミュータント(こっちかな)って感じの非常に魅力的なキャラだった。しかし彼女もまたフェードアウト気味なのが実に惜しい。散々思わせぶりに振舞ってた分、大活躍して欲しかった。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

九州河童の会『九州河童紀行』

 

 九州河童の会編『九州河童紀行』葦書房 1993

 河童のメッカ、九州地方の民話を集めた本なのかな、と手にとってみたら、なにやら画像がたくさん載ってる様子。「探訪! 河童の手」なんて記事まである!

 九州には「河童共和国」「菱刈ガラッパ王国」「川内河童共和国」など、いくつもの河童愛好家の団体があって、本書はそれらに所属する団員、関係者の有志によって編集されたものである。「九州河童の会」というのは出版にあたって便宜的につけられた名称のようだ。
 内容は総論からはじまって、河童に関する様々な視点からの記事が、九州各県ごとにまとめられている。記事のテーマは、各地の民話や伝説、信仰、河童像、河童祭り、河童で地域おこし、文学、芸術、大陸との関わり、など執筆者が自分の得意分野や、好きなネタを選んで自由に執筆しているらしく、非常に多岐にわたっている。河童の像や1993年当時の各地の地域おこしの状況などは、いかにもまとめて言及されることの少なそうな記事で、興味深く読むことができた。あとは近年の目撃報告のレポートなども欲しかったところだけど、全体にとても充実した本だと思う。

 本書購入のきっかけとなった「探訪! 河童の手」では、九州各地に現存する六つの河童の手のミイラについて、それぞれの由来や逸話と、ミイラの画像が掲載されている。様々な本で取り上げられることの多い「河童の手」だが、こんな感じで同じ地域のものを集めて、所蔵者に取材を行い、詳細な由来まで紹介するような記事は意外と珍しいのではないだろうか。参考までに本書に掲載されたものをあげておく。

・河童の手・その一 福岡県「荒戸山清龍院」所蔵。肘から先のミイラと骨片。
          箱書きには「河童の手 清龍院宝物」とある。毎年7月17日に一般公開されている。
・河童の手・その二 個人蔵。有名な短い毛で覆われた手首。指のあいだに水かき状の皮膜がある。
・河童の手・その三 福岡県、個人蔵。長い爪が特徴的な手首のミイラ。
・河童の手・その四 鹿児島県、個人蔵。子供の手のような小さな手首。指紋まで残っている。
          箱書きには「川童右手の一つ」云々とあるらしい。
・河童の手・その五 熊本県、個人蔵。鷲形の爪がついた小さな手と足のミイラが1本づつ。
          長いあいだ膏薬として用いられてきたという。
・河童の手・その六 福岡県「北野天満宮」所蔵。その三とよく似た雰囲気の手首のミイラ。
          箱書きには「河伯之手」とある。

 またこれとは別に、酒造メーカーの家屋の梁の上から発見されたことで広く知られている、あのクリーチャーっぽい河童の全身のミイラの記事「伊万里・水神河伯ミイラ由来記」がある。ミイラを所蔵する「松浦一酒造株式会社」の経営者による手記だ。一般にも公開されてるらしいから、機会があればぜひ直接見てみたい。

 ミイラ関連以外では、河童の起源や正体に関する記事が多かった。各執筆者が持論を展開したり、諸説の考察をしている。最近見たディスカバリーチャンネルの『怪物魚を追え!』では、河童の正体はオオサンショウウオらしい、なんて言ってたけど、河童には異名も多く、推測される正体や起源も様々である。
 現代において河童のイメージに最も近いのは、単純に水死した子供の霊なんじゃないかと思うけど、もちろんあの形態の未確認生物がいるなら最高。

 本書には「紀行」のタイトルの通り、河童にまつわるポイントの記された九州各県の地図も掲載されていて、本文の記事を読んで興味を魅かれたらそこを訪れてみる、なんてガイドブック的な使い方もできるようになっている。

 河童の全身のミイラを所蔵する「松浦一酒造株式会社」のサイト↓河童のミイラのコンテンツもあります。
 http://www.matsuuraichi.com/



『九州河童紀行』
 葦書房 1993
 編者:九州河童の会

 収録作品
 『民俗の中の河童伝説』天本孝志
 『河童とは何者?』後藤光秀
 『河童ブームとその背景』田辺達也
 『福岡・博多の河童たち』後藤光秀
 『福岡市の河童伝説』後藤光秀
 『太宰府の河童』後藤光秀
 『宇美の民話』天本孝志
 『糸島・カッパの刀』小金丸輝
 『久留米・河童まん荼羅』橋本嗣史
 『浮羽地方のカッパ』矢野信保
 『田主丸・荒五郎大明神と河童』藤田正登
 『三井・中学生が掘り起こした河童の民話』後藤光秀
 『日本でただ一つの「河童」駅舎と駅名』後藤光秀
 「数多い河童の類似伝説」(後藤)
 「九州河童文献少史」(矢野)
 『伊万里・水神河伯ミイラ由来記』田尻徳麿
 『北波多・徳須恵川水系の河童伝説』北波多村役場
 『長崎の河童伝説』最所清
 『対馬の河童』天本孝志
 「河童を愛した作家たち」火野葦平資料室 鶴島正男
 『九州河童王国万歳!!』吉田武
 『河童渡来は中国人児童の集団疎開』吉嶋華仙
 『彦一に利用された河童の噺』吉嶋華仙
 『河童九千坊が伝えたもの』串山弘助
 『残党河童こぼれ話』波止杏一
 「探訪! 河童の手」(後藤・田辺)
 『豊後・大分の河童』天本孝志
 『上浦・カッパの伝説と地蔵踊りの由来』松浦輝博
 『耶馬溪・雲八幡宮の「あ・うん河童」』後藤光秀
 「世界初! 河童の結婚式」佐賀市長 西村正俊/菱刈町長 久保敬
 『私の河童研究から』橋口純彌
 『川内川のガラッパのルーツ』大坪悟郎
 『宮崎県の河童』道北昭介
 「九州河童アーティスト」(後藤)
 「九州の河童王国の紹介と閣僚名簿」

 ISBN-13:978-4-7512-0487-0
 ISBN-10:4-7512-0487-4


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)