『ほんとにあった怖い話〈19〉読者の恐怖体験談集』

ほんとにあった怖い話〈19〉読者の恐怖体験談集』朝日ソノラマ 1992 ハロウィン少女コミック館

 さすがにこのあたりまで読んでくると、目次の段階で当たりハズレの見当がつくようになってくる。カバーのソデには「ほんとに、ほんとに、ほんと〜に体験しちゃった恐怖の体験、不思議な体験をマンガ化するシリーズ。ゾクゾクパワー、ますますアップ。」なんて書いてあったけど、見たところまずまずかなーって感じで、実際にそうだった。
 この巻の特徴は建物や土地にまつわる怪異譚が目立つこと(「第一話、第三話、第五話」など)。また下のリストの通り長めの作品も多い。前巻に続いて学校の怪談系のネタは皆無である。この時期、姉妹シリーズの『ほんとにあった怖い話 作家編』がスタートしていることからも、マンネリ回避のための試行がなされていたのかもしれない。

 ソデにあったゾクゾクパワーを存分に感じられるのは、収録作の中では「第五話 悪霊住宅」が唯一だった。もうタイトルからして並々ならぬ気合が感じられるが、トビラ含めて24ページの中に比較的地味な「手の怪」、ラップ音から、布団の上に乗ってくる系の複数の幽霊、逆柱(?)っぽい怪異まで「うちで起きたら嫌なこと」が詰め込まれている。作画も上々で、ページのめくりの効果もしっかり計算されている。ささやななえこ(ささやななえ)の名作『空ほ石の…』を彷彿とさせる怖いシーンもある。もともと絵の上手い人らしいが、マジで読者をビビらせてやる!! って気合がひしひしと感じられた。

 その他に印象的だったのは「第一話 ゆうれい居酒屋」と「第八話 最後の買物」。「第一話」はタイトルの通り霊的な現象が頻発する居酒屋の話。怪異自体はごくスタンダードなものだが、投稿者が一人だけ徹底して何も感じないのが面白かった。「第八話」は信楽焼のでっかいタヌキを買いに幽霊が骨董市に来る話で、なんとなく幸田露伴っぽいネタ。絵柄は淡白でホラー漫画としてはどーかと思うが、ほっこり系の話によくはまっていた。ここに出てくる骨董市に多分行ったことがある。



『第一話 ゆうれい居酒屋』投稿者・大阪府 高松明美さん 画・七色虹子 ’92『ほんとにあった怖い話』5月号 掲載 ※職場の怪談

『第二話 会いたくて淋しくて』投稿者・東京都 山崎悦子さん 画・黒田祐乎 ’92『ほんとにあった怖い話』7月号 掲載 ※家族の心霊体験

『第三話 異界の客達』投稿者・栃木県 松本裕子さん 画・山口夏実 ’92『ほんとにあった怖い話』5月号 掲載 ※霊感少女・職場の怪談

『第四話 のびる腕』投稿者・宮崎県 匿名希望さん 画・渡辺杜都 ’92『ほんとにあった怖い話』7月号 掲載 ※霊感少女(主婦)

『第五話 悪霊住宅』投稿者・大阪府 匿名希望さん 画・浅野まいこ ’92『ほんとにあった怖い話』3月号 掲載 ※幽霊屋敷

『真夜中の泣き声 他』画・三浦尚子 ’92『ハロウィン』3月号 掲載
 「第六話 真夜中の泣き声」投稿者・北海道 須佐邦子さん ※水子
 「第七話 下校時の遭遇」投稿者・千葉県 匿名希望さん ※路上の怪

『最後の買物 他』画・天ヶ江ルチカ ’92『ほんとにあった怖い話』5月号、7月号、’92『ハロウィン』1月号 掲載
 「第八話 最後の買物」投稿者・東京都 柴田貴代さん ※骨董の怪談
 「第九話 午後の訪問者」投稿者・奈良県 中尾有香子さん ※ドッペルゲンガー
 「第十話 最後の別れ」投稿者・山形県 五十嵐理恵さん(P.N) ※家族の心霊体験



『ほんとにあった怖い話〈19〉読者の恐怖体験談集』
 朝日ソノラマ 1992 ハロウィン少女コミック館
 著者:七色虹子 他

 ISBN-13:978-4-2579-8233-3
 ISBN-10:4-2579-8233-0


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

竹河聖『おさわがせ幽霊(ゴースト)』

 竹河聖『おさわがせ幽霊(ゴースト)』朝日ソノラマ 1989 ソノラマ文庫〈497〉

 今年は31日と1日しか休めなかったので、のんびりプラモでも作りながら買ったきりになってる映画や、ハードディスクを圧迫してるアニメでも消化するか……なんて目論見はもろくも崩れ去り、結局隙間の時間に読書する通常営業になってしまった。ただ一応正月ってことで重めのはやめといて、楽しめの本を何冊か出してきて読んだ。竹河聖『おさわがせ幽霊(ゴースト)』、櫛木理宇『ホーンテッド・キャンパス 幽霊たちとチョコレート』、キャロリン・キーン『幽霊屋敷の謎』、ウェン・スペンサー『ようこそ女たちの王国へ』など。『〜女たちの王国へ』は今2/3くらいまで読んだところ。なかなか面白い。『おさわがせ幽霊』は多分数十年(十数年じゃなくて)ぶりの再読で、ほとんど初読ってレベルまで内容を忘れていた。

 主人公は高校生でつのだリスペクトなネーミングの「一太郎」、それから一太郎のいとこの美人姉妹「華藻」「玉緒」。華藻は一太郎と同学年で、玉緒は一つ年下、二人合わせて玉藻前姉妹である。この三人が旅先や近所や学校で、やたらに幽霊に遭遇する。収録されているのは「第一話 首なし美女でございます」「第二話 幽霊屋敷でございます」「第三話 学園七不思議でございます」「第四話 背後霊でございます」の四話。それぞれ独立した短編だが、相互にゆるーく繋がっている。
 全体は幽霊の描写と三人のリアクションと、あと睦月影郎の本に出てきそうな「甘い少女の匂いが鼻腔をいっぱいにし、柔らかい胸が身体に密着してくる」って感じの微妙なフェチ描写で占められていて、それで全253ページ。セリフが多いし描写もなんとなくト書き調なので、アニメのシナリオでも読んでる気分になる。昨今のライトノベル以上にライトな作品である。書き忘れてたけど、コメディ作品だ。

 で、超久々に読み返してどうだったかというと、これが結構楽しめた。なんといっても主人公の美人姉妹がいい。普段人前では深窓の令嬢のように振舞っているのだが、一太郎の前でだけ本性をあらわして彼を虐待する。まあ虐待といってもプロレス技をかける、言葉で攻める、という非常に羨ましい虐待なのだが。この二人のお転婆ぶりのさじ加減が絶妙。話が進むにつれて微妙ながらじわっとデレてくる。
 肝心の幽霊は出るべき場所に出るべくして出たって感じのが出る。幽霊出る→主人公遁走の繰り返しだが、幽霊自体は各話ごとに工夫が凝らされていて(グロ描写はない)、そこだけ見ればコメディ作品とは思えないほど充実している。タイトルは最後の最後でしっくりとくるが、それまで「おさわがせ」なのはどう見ても主人公側。



『おさわがせ幽霊(ゴースト)』
 朝日ソノラマ 1989 ソノラマ文庫〈497〉
 著者:竹河聖
 イラスト:橘田幸雄

 ISBN-13:978-4-2577-6497-7
 ISBN-10:4-2577-6497-X


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

『ほんとにあった怖い話〈18〉読者の恐怖体験談集』

ほんとにあった怖い話〈18〉読者の恐怖体験談集』朝日ソノラマ 1992 ハロウィン少女コミック館

 学校の怪談やコックリさんなどのポピュラーなネタはすっかり影をひそめ、家と職場にまつわる体験談が中心の巻。投稿者の年齢は前巻に続いてやや高めで、海外からの投稿もある。全体の印象はライトな絵柄、ソフトな怪異表現といった感じ。各話ごとに様々な怪異が生じてはいるが、総じてゆるめの話で占められた一冊だ。ところがそんな中に一編、とんでもないエピソードが含まれていた。泥の中のダイヤモンド、いや、ポップコーンの中の臼歯って感じの傑作エピソード、それが「第七話 子供達の家」である。作画はこれまでにも良作をものにしてきた時任竹是。

「第七話 子供達の家」のストーリーはいたってシンプルだ。千葉県A市の新興住宅地に越してきた当時10歳の投稿者が、新居で複数の子供の霊や動物霊を目撃し様々な怪異に見舞われるというもの。後にその土地にまつわる曰くが判明する。絵に描いたような幽霊屋敷ものである。作画担当者はそんなシンプルでオーソドックスなストーリーを、極上の作画で極上の作品に仕上げている。トビラ含めて28ページ、一切の隙も妥協も感じられない。トビラからしてめっちゃ怖い。ぐにぐに変化する視点や歪んだ構図が不安感を煽り、ただそこにいるだけのゴーストの姿も素晴らしくイビツに、不気味に表現されている。なかでも3ページにわたって描かれる投稿者とゴーストのファーストコンタクトは秀逸で、まるで自分がそこにいたかのように感じさせられる。絵柄は暗く、じっとりとしていて、古い木造家屋の匂いが漂ってきそうな雰囲気である。上手く例えられないが、つげ義春とひよどり祥子をいい具合にミックスした感じか。
 それにしてもこんな傑作が顧みられることなく埋もれてしまうのは実に惜しい。昨今の雑誌にポンと掲載されても、遜色がないどころか、並の作品なら全く太刀打ちのできないレベルの一編である。幽霊屋敷もののファンにとっては、この一編のためだけにこの本を買ったとしても、きっと後悔することはないだろうと思う。それくらいの作品。

 あとこの第18巻の巻末には、姉妹シリーズ『ほんとにあった怖い話 作家編』の広告が掲載されている。「〜作家編」もなかなか面白いシリーズなのでいずれ感想を書こうと思う。



『さまよえる亡霊 他』画・茶々丸 ’92『ほんとにあった怖い話』1月号、3月号、5月号 掲載
 「第一話 さまよえる亡霊」投稿者・東京都 匿名希望さん ※幽霊屋敷・職場の怪談
 「第二話 ふりむいても誰もいない」投稿者・宮城県 高橋知美さん ※霊感少女・幽霊屋敷
 「第三話 死神が通り過ぎた夜」投稿者・愛知県 名古屋っ娘さん ※家族の心霊体験集

『第四話 からみつく腕』投稿者・大阪府 しゆさん 画・丸傳次郎 ’92『ほんとにあった怖い話』3月号 掲載 ※金縛り・幽霊屋敷

『見知らぬ人影 他』 画・塚田さとみ ’92『ほんとにあった怖い話』5月号、’91『ハロウィン』12月号 掲載
 「第五話 見知らぬ人影」投稿者・静岡県 石川一美さん ※心霊写真・職場の怪談
 「第六話 視線外の世界」投稿者・神奈川県 NAKOさん ※霊感少女

『第七話 子供達の家』投稿者・茨城県 匿名希望さん 画・時任竹是 ’92『ほんとにあった怖い話』3月号 掲載 ※幽霊屋敷・神隠し

『サウスエンド奇禍談 他』画・黒田祐乎 ’91『ほんとにあった怖い話』1月号、3月号 掲載
 「第八話 もうひとりの兄」投稿者・イギリス(ロンドン在住) A.Sさん ※幽霊屋敷
 「第九話 棲みついた影たち」投稿者・兵庫県 A.Nさん S.Yさん ※幽霊屋敷・職場の怪談

「※印」は各話の簡単な分類。サブタイからは内容がよく分からない話などに適当につけた。投稿者名の敬称については作中の表記通り。



『ほんとにあった怖い話〈18〉読者の恐怖体験談集』
 朝日ソノラマ 1992 ハロウィン少女コミック館
 著者:茶々丸 他

 ISBN-13:978-4-2579-8224-1
 ISBN-10:4-2579-8224-1


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

『ほんとにあった怖い話〈17〉読者の恐怖体験談集』

ほんとにあった怖い話〈17〉読者の恐怖体験談集』朝日ソノラマ 1992 ハロウィン少女コミック館

 全国の霊感少女、元霊感少女が続々登場して、「山ほどある」心霊体験を競うように披露している。全体の傾向は前巻によく似ているが、作画、構成はかなり向上している。構成に関しては凝れば凝るほど「ほんとにあった」感が失われていくから、痛し痒しといったところ。気になったのは霊感少女たちの霊体験がよく似通っていることで、中には相談事を持ち込まれるようなセミプロもいるのだが、霊体験自体に目立ったところはない。そんな長めのエピソードが大半を占めているため、またかよーと思うことも度々だった。投稿者の多くは主婦やOLで、対象年齢がやや上がってる感じ。

 そんな中で印象的だったのは『窓にうつる少女 他』 の2編、「第四話 窓にうつる少女」と「第五話 蛇の目がさの女」だった。「窓に〜」は旅先のホテルで、「蛇の目がさ〜」は近所の路上で、ただなにかを見ただけのシンプルな話だが(「窓に〜」には後日談がある)、それだけに「なにか」の面白さが重要になってくる。
「窓に~」で窓ガラスに映ったのは、日本人形のようなおかっぱの少女の姿だった。チラッとじゃなくしばらく映ったままだったので、不思議に思った投稿者があれこれと試しているのが面白い。「蛇の目がさ~」の投稿者はその辺の路上で蛇の目傘をさした和装の幽霊を見た。これ以上ないくらいシンプルなエピソードだが、和風情緒たっぷりで、幽霊の表現も押し付けがましくなくて実にいい雰囲気だった。作画の水準も高い。やっぱ短めの話の方がキレがあるな。



『恐怖は雨音と共に…… 他』画・黒田祐乎 ’91『ほんとにあった怖い話』11月号、’92年1月号 掲載
 「第一話 恐怖は雨音と共に……」投稿者・埼玉県 本田奈々央さん(仮名) ※霊感少女・心霊スポット・コックリさん
 「第二話 最後にひと目…」投稿者・神奈川県 仲川慈子さん ※霊感少女

『第三話 摩訶不思議母さん』投稿者・東京都 江川加奈さん(仮名) 画・天ヶ江ルチカ ’92『ほんとにあった怖い話』1月号 掲載 ※霊感少女(霊能者)

『窓にうつる少女 他』 画・佐和田知生 ’91『ほんとにあった怖い話』11月号、’91『ハロウィン』8月号 掲載
 「第四話 窓にうつる少女」投稿者・神奈川県 匿名希望さん ※旅先の怪談
 「第五話 蛇の目がさの女」投稿者・広島県 沖家美津江さん ※路上の怪

『第六話 海辺の幻視(ヴィジョン)』投稿者・神奈川県 P.N あめちゃん(文中では亜希子にしました) 画・山口夏実 ’91『ほんとにあった怖い話』1月号 掲載 ※虫の知らせ

『もうひとりの兄 他』画・渡辺杜都 ’91『ほんとにあった怖い話』1月号、’91『ハロウィン』11月号 掲載
 「第七話 もうひとりの兄」投稿者・匿名希望さん ※ドッペルゲンガー・金縛り
 「第八話 何かが部屋にやってくる」投稿者・福井県 熊谷愛子さん ※金縛り

『第九話 幻の部屋』投稿者・東京都 茂手木裕美さん 画・森須久依 ’91『ほんとにあった怖い話』1月号 掲載 ※旅先の怪談

『闇の中の視線 他』画・植松麻里 ’91『ハロウィン』8月号 掲載
 「第十話 闇の中の視線」投稿者・東京都 山本のぞ美さん ※心霊スポット
 「第十一話 封印された仏壇」投稿者・福岡県 匿名希望さん

『第十二話 辻に棲む霊』投稿者・未詳(普通の女子高生) 画・松世眞由美 ’91『ハロウィン』9月号 掲載 ※路上の怪

「※印」は各話の簡単な分類。サブタイからは内容がよく分からない話などに適当につけた。投稿者名の敬称については作中の表記通り。



『ほんとにあった怖い話〈17〉読者の恐怖体験談集』
 朝日ソノラマ 1992 ハロウィン少女コミック館
 著者:渡辺杜都 他

 ISBN-13:978-4-2579-8217-3
 ISBN-10:4-2579-8217-9


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

『ほんとにあった怖い話〈16〉読者の恐怖体験談集』

ほんとにあった怖い話〈16〉読者の恐怖体験談集』朝日ソノラマ 1992 ハロウィン少女コミック館

「この第15巻は整然としていて非常に完成度が高い」って書いた次の巻にしては……って感じの16巻。長い話と短い話が雑然と入り乱れていて、妙に読み辛かった。複数の体験が含まれる「第二話 憑かれたライダー」のような長めの話と話の隙間を、ほんの数ページの短いエピソード(古い別冊の中から未収録エピソードを収録)がざっくり埋めている。前巻と比べると作画もかなり後退しているように思う。全体に雑な印象。……とはいえ、構成や作画がこの手のコミックスの必要用件ではない。とにかく怖けりゃいいのだ。

 この第16巻の特徴はなんといっても幽霊譚に絞り込んだところである。ちょっと不思議な話や、たまに入ってる異世界譚や、コックリさんの話もない。最初から最後まで幽霊尽くしだ。その辺をウロウロすれば高確率で幽霊に当たる、全国の霊感少女たちが大活躍している。丸傳次郎による「第二話 憑かれたライダー」は、ドッペルゲンガーレベルの幽体離脱をしまくる霊感少女の話。絵柄は人物の判別がつき難い少女マンガタッチで、時系列はやや混乱気味だが、一つ一つのシークエンスはよく練られていて完成度が高い。直接的な描写を抑えて良質な怪談に仕上げている。同じ作画担当者による「第三話 血ぬられた旅館」は、京都の旅館の怪しげな部屋に泊まった投稿者の心霊体験。ごくオーソドックスな旅先の怪談で、寝てる布団の上に座る幽霊なんかが出てくる。このエピソードの投稿者は、孫と一緒に『ハロウィン』を読んでるらしい。おそらくこれまでで最高齢の投稿者だ。

 ほかにも心霊スポット巡りがしっかり定着していること、霊感少女と親しい間柄にある人物(友人、妹)による投稿が多いことなどが特徴として挙げられる。色々気になった事について書いたが、怖いかどうかという点に於いては一定の水準に達している。



『第一話 凍りついた瞬間(とき)』投稿者・東京都 みやさちこさん 画・みの瑞穂 ’91『ほんとにあった怖い話』VOL.16 掲載 ※学校の怪談・自動車の怪談

『憑かれたライダー 他』画・丸傳次郎 ’91『ほんとにあった怖い話』VOL.16、11月号 掲載
 「第二話 憑かれたライダー」投稿者・大阪府 小畑ハルミさん ※霊感少女・心霊スポット・路上の怪
 「第三話 血ぬられた旅館」投稿者・愛知県 羽田みしさん ※旅先の怪談

『第四話 不安の風景』投稿者・高知県 宮崎由紀子さん 画・ひとみ翔 ’91『ほんとにあった怖い話』VOL.16 掲載 ※霊感少女

『奇怪な最終バス』 画・谷ゆたか ’91『ほんとにあった怖い話』VOL.16、11月号 掲載
 「第五話 奇怪な最終バス」投稿者・宮城県 匿名希望さん ※霊感少女・路上の怪
 「第六話 霧ヶ峰幽霊寮」投稿者・千葉県 市原剛さん ※霊感少女・旅先の怪談

『第七話 生まれざる者の叫び』投稿者・北海道 本沢葉子さん(仮名) 画・とりのささみ ’86『ハロウィン』増刊『ハロウィン・ナイト』 掲載 ※病院の怪談

『恐怖!! 校内憑依譚 他』画・魔野幹矢 ’87『ハロウィン』10月号 掲載
 「第八話 恐怖!! 校内憑依譚」投稿者・神奈川県 P.N みすたあ・えっくすさん ※学校の怪談
 「第九話 社員寮の怪!?」投稿者・山形県 酒井小百合さん

『第十話 父の生き霊』投稿者・北海道 本沢葉子さん(仮名) 画・藤方萌葱 ’91『ハロウィン』8月号 掲載

「※印」は各話の簡単な分類。サブタイからは内容がよく分からない話などに適当につけた。投稿者名の敬称については作中の表記通り。



『ほんとにあった怖い話〈16〉読者の恐怖体験談集』
 朝日ソノラマ 1992 ハロウィン少女コミック館
 著者:みの瑞穂 他

 ISBN-13:978-4-2579-8210-4
 ISBN-10:4-2579-8210-1


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

『ほんとにあった怖い話〈15〉読者の恐怖体験談集』

ほんとにあった怖い話〈15〉読者の恐怖体験談集』朝日ソノラマ 1992 ハロウィン少女コミック館

 シリーズ初期の頃のように「とっ散らかってるけど楽しかった」前巻とは打って変わって、この第15巻は整然としていて非常に完成度が高い。なかでも浅野まいこによる『踏切の怪 他』(第1話〜第3話)は、シリーズを通じてトップクラスの水準。絵の上手さもさることながら、無理せず盛りすぎることなく、怪異をさくっと表現しているのがいい。踏切に出る下半身だけの亡霊(上半身だけの「テケテケ」に対し、最近ではこの形態のものを「トコトコ」と呼ぶらしい)の一枚絵も、ケレン味のない押さえた表現が印象的だ。同様にキャラクターのリアクションも控えめながら、眉根を寄せる微妙な表情がキャラの不安な心情をよく表していると思う。この浅野まいこって人、本書で初めて知ったんだけど、調べてみたら現在は「ハーレクインコミック」などでコミカライズをされているようだ。たまにはこのジャンルにも戻ってきて欲しい。

 全体の印象としては冒頭に書いた通りなんだけど、この巻には目立った特徴がある。それは整った少女マンガのタッチで統一されていることと、本シリーズとしては珍しく「学校の怪談」ネタが収録されていないところだ。せいぜい通学の行き帰りの話があるくらいで、舞台となるのは病院、会社、自宅。投稿者の年齢もそれなりに上がっているらしく、自分の霊的なセンスにだらだらと耽溺するような展開も見られない。またここ数巻で顕著になってきた、旧来の「肝だめし」とは一線を画する「心霊スポット探訪」も2編(「第六話 廃屋の黒髪」「第七話 幽霊橋恐怖談」)収録されている。これも多くの場合、自動車やバイクを使う必要があることから、中高生のキャラクターでは少々難しいネタだ。やってることは現在の「心霊スポット探訪」とほとんど変わらない。今も昔もって感じ。違いはカメラ類を持ってないことくらいか。

 この第15巻、たまたま見かけた端本をついふらふらっと買ってしまっても、充分に満足出来る一冊だと思う。



『踏切の怪 他』画・浅野まいこ ’91『ハロウィン』増刊『ほんとにあった怖い話』VOL.15、VOL.16 掲載
 「第一話 踏切の怪」
  「踏切の怪〈1〉」投稿者・北海道 匿名希望さん
  「踏切の怪〈2〉」投稿者・栃木県 匿名希望さん
 「第二話 幽霊クリニック」投稿者・広島県 匿名希望さん ※病院の怪談
 「第三話 亡者たちの視線」投稿者・宮城県 匿名希望さん ※霊感OL

『幽霊バスの通る夜 他』画・黒田祐乎 ’91『ハロウィン』増刊『ほんとにあった怖い話』VOL.15、VOL.16 掲載
 「第四話 幽霊バスの通る夜」投稿者・東京都 P・N れいちゃん ※路上の怪
 「第五話 巡り来る影」投稿者・群馬県 匿名希望さん ※病院の怪談

『第六話 廃屋の黒髪』投稿者・東京都 小島孝恵さん 画・時任竹是 ’91『ハロウィン』増刊『ほんとにあった怖い話』VOL.15 掲載 ※心霊スポット

『第七話 幽霊橋恐怖談』投稿者・神奈川県 匿名希望さん 画・松世眞由美 ’91『ハロウィン』2月号 掲載 ※心霊スポット・路上の怪

『夜のいたずら者 他』画・美里和歩 ’91『ハロウィン』5月号 掲載
 「第八話 夜のいたずら者」投稿者・茨城県 匿名希望さん ※ポルターガイスト
 「第九話 お盆の来訪者」投稿者・北海道 石垣ゆかりさん ※金縛り

『殺されたおばあさんの霊 他』画・三浦尚子 ’91『ハロウィン』7月号 掲載
 「第十話 殺されたおばあさんの霊」投稿者・北海道 匿名希望さん
 「第十一話 姿なき訪問者」投稿者・愛知県 田口育子さん ※虫の知らせ

「※印」は各話の簡単な分類。サブタイからは内容がよく分からない話などに適当につけた。投稿者名の敬称については作中の表記通り。



『ほんとにあった怖い話〈15〉読者の恐怖体験談集』
 朝日ソノラマ 1992 ハロウィン少女コミック館
 著者:浅野まいこ 他

 ISBN-13:978-4-2579-8195-4
 ISBN-10:4-2579-8195-4


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)