森由岐子『おじょも寺の妖怪地蔵』

 森由岐子『おじょも寺の妖怪地蔵』ひばり書房 1984 ヒット・コミックス 171 怪談シリーズ

「滝の近くにおじょも寺という古いお寺があるが、あそこだけは近寄るでないぞ……」
 夏休み、S村を訪れた「あゆこ」「可奈」「一馬」の仲良しグループに、可奈の祖母が話しはじめた。S村は可奈の母の実家がある静かな山あいの村である。祖母によるとその廃寺には「おじょも」という妖怪が出ると伝えられていて、これまでに何人もの僧侶が狂死したという。
 そんな祖母の話を迷信と決めつけ、易々と「おじょも寺」に足を踏み入れてしまう三人。ところが寺の様子が聞いた話とは少々異なっている。荒れ果てて、無人だったはずの寺に、一人の美しい尼僧が住んでいたのだ。三人は何事もなく帰路に着いたが、数日後、女子二人に内緒で寺に出向いた一馬が行方不明になった。そして発見されないまま夏休みが終わろうとしていた。可奈は寺を訪れ一馬の行方を尋ねるが、尼は何も知らないという。そしてその際、尼から一体の地蔵を手渡される。「これを持っていると、なんでも願いが叶えられますよ……」
 東京に戻ってしばらくすると、可奈の様子がおかしくなりはじめた……。

『亡霊怪猫屋敷』(1958)にブラム・ストーカーの『吸血鬼ドラキュラ』(“Dracula”)を足してふんわりさせた感じの、正統派オカルトモンスターホラー。珍しい怪猫ものである。

 今回著者はその作風を特徴付ける外面の美しさへの執着や妬みを隠し味程度に抑え、終始モンスターとして顕現する呪いと、それを封じるべく悪戦苦闘する現代っ子の描写に徹している。上記の田舎を舞台にした雰囲気のいいパートは作品の「序」、中盤で舞台を都会に移して「破」、再び田舎に戻って終わる「急」というシンプルな構成をとっており、この三部の構成自体『亡霊怪猫屋敷』が念頭にあったような気もするが、とにかく無駄のない展開でグズグズ足踏みをしないのが素晴らしい。個人的には散々ダメだって言われてたのに、嬉々として地雷原に踏み入るアホなハイカーと、怪しい尼僧を露悪的に描いた「序」が王道! って感じで好きなんだけど、もちろん後に続く「破」「急」にも見所は多い。冷蔵庫から魚を取り出して可奈がヨダレを垂らすシーン、犬の死骸の前で三角座りの可奈、あゆこと変身済みの可奈が揃って「はっ」とするシーン等々。
 ところで以前にもちょっと書いたけど、自分はこの著者の作品をネタ的にじゃなくがっつり好きなので、ネタ的に扱われてるのを見ると取り上げられて嬉しい反面、そこはかとなく切なくなってしまう。唯一のホラー漫画友達だったグルグル映畫館の天野くんにも、よく「マジで森由岐子好きっすよねー。面白いことは面白いけどなー」なとど不思議がられたものだ。マジで好きなんだけど、どこがっていうと上手く伝えられないのがもどかしい。

 閑話休題。この作品に出てくる「おじょも」という妖怪、調べてみたら著者の完全な創作ではなく、元ネタらしきものがあることがわかった。香川県坂出市に伝わる「おじょも」と呼ばれる巨人の伝説がそれである。郷師山と飯野山に足をかけて放尿したというから豪快にでかい。本作に出てくる「手や足が獣のようであり、頭には角があり、体つきは人間のようで、しかも長い尾を持つみにくい妖怪」という『ダンウィッチの怪』(“The Dunwich Horror”)のウィルバー・ウェイトリーに似たモンスターとは随分異なっている。単に名前を借りただけなのか、もしかするとどこかにもっと劇中の妖怪に近い姿のものがいるのかもしれない。余談だが上記の飯野山は古代のピラミッドじゃないかってことで、オカルトファンにはかなり有名。また香川県旧飯山町にはこの巨人おじょもの足跡を図案化したマンホールの蓋がある。

 怪猫ものはホラー漫画の中でも輪をかけてニッチなジャンルで、最近ではすっかり見かけなくなってしまった。本作は娯楽性の高い好編で作画も終始安定しているから、怪猫ファンにはオススメ。面白かった!



『おじょも寺の妖怪地蔵』
 ひばり書房 1984 ヒット・コミックス 171 怪談シリーズ
 著者:森由岐子

 ISBN-13:978-4-8280-1068-7
 ISBN-10:4-8280-1068-8


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

杉戸光史『怪奇!! ばけ猫の家』

 杉戸光史『怪奇!! ばけ猫の家』ひばり書房 1985 ヒット・コミックス 怪談シリーズ 102

 先週『貞子 vs 伽椰子』のトレーラーを見た。『リング』(1998)も『呪怨』(2000)も好きな作品だし、白石監督の作品もよく見てる方なので超期待している。初めて『呪怨』の1巻(ビデオのやつ)を見た時、最初の方でまさかの怪猫もの?? って喜んだ覚えがある。実際には幽霊屋敷に都市伝説ネタを絡めた作品だったのだけど、怪猫映画は当時も今もかなり好きなジャンルで、地味にソフトを集めてたりする。なのでネコミミ(可動式)に隈取り調のネコメイク&白装束というスタイルの化け猫には、それなりに親しみを感じてはいたのだが、さすがにそのまんまで漫画に出てくるとなると浮いてる感は否めない。この作品にはそんなまんまな化け猫が登場する。

 就寝中の女の子に突如襲い掛かるクラシックな化け猫。ただならぬ気配に駆け込んできた姉らしき女の子もあっさりと倒されてしまう。「この屋敷は今後誰にも渡さん」そう言い残して消える化け猫。
 場面は変わって、高級そうな自動車が田舎道を走っている。ハンドルを握るのは父親、母親と姉妹は楽しげに談笑している。この家族、よりにもよって↑この屋敷に引っ越そうとしているのだ。当然屋敷に向かう途中から不吉な事が起こる。ふいに横切った黒猫に急ブレーキをかけ、慌てて車外に出てみると、そこには生々しい肉片の残った頭蓋骨が二つ。「それにしても嫌なものを見たものだ」と沈みつつもスルーした家族だったが、これは化け猫の仕業である。
 屋敷に到着した後も、数々の怪異が家族を襲う。狙われるのは主に姉だ。今回の引越しには建前上妹の喘息の転地療養という理由があったのだが、実は頭のおかしくなった姉の頭の療養のためというのが本当のところで、実際に家族を振り回しているのも怪異そのものではなく、それに触発されてどんどんヤバくなる姉なのだった。妹はそれなりに新生活をエンジョイしていたのだが、化け猫の魔の手は妹へと迫る。

「化け猫」は「猫又」と混同される事が多く、ウィキペディアにも「区別は曖昧」なんて書かれているが、化け猫の顕著な特徴を挙げるなら、しっかり「妖怪」の猫又よりも「幽霊」寄りで、怪異として生じる過程に人の思念(怨念、遺恨)が介在するケースが多い事だろう。この作品においては「この世にうらみを残して死んだ死者の霊魂と、猫との合体によってうまれた妖怪である」と定義されている。
 というわけで、上記の通りまんまな化け猫にはどーしても慣れないが、伝統芸「ネコじゃらし」もあるし(ドクロを操ります)、ポーの『黒猫』の化け猫版の名作『怪猫呪いの壁』(1958)を彷彿とさせるシーンもある。これら従来の怪猫映画をしっかり踏まえている辺りには好感が持てる。きっと著者も怪猫映画に親しく接していたに違いない。そして終盤には従来の怪猫映画を超える驚くべき展開が用意されていて、この一点において本作は怪猫漫画史上に肉球付きの足跡を燦然と残す画期的な作品となっている。

 それが「化け猫 vs 化け猫」である。クライマックス、化け猫に襲われ絶体絶命の妹の前にヒーローっぽく現れたのは、頭のおかしい姉の生霊と化け猫に殺害された飼い猫のシロが合体した、ネグリジェ姿の化け猫だった。絵面的には衣装を着せられたネコ同士がにゃごにゃごやってるようにしか見えないが、まさに「バケモンにはバケモンをぶつけんだよ!!」を先取りする展開である。ピーク時には年間に複数の作品が公開されていた怪猫映画も、残念ながら映画がモノクロからカラーに変わる時期に人知れずフェードアウトしてしまった。もしもあと数年、怪猫映画が作り続けられていたなら、怪獣映画のvs路線の影響を受けるかなんかして、本作のように泥臭いキャットファイトを繰り広げる化け猫の勇姿を見る事ができたかもしれない。そんな風に考えると非常に惜しい。



『怪奇!! ばけ猫の家』
 ひばり書房 1985 ヒット・コミックス 怪談シリーズ 102
 著者:杉戸光史

 ISBN-13:978-4-8280-1102-8
 ISBN-10:4-8280-1102-1


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

森由岐子『呪われた変身』

 森由岐子『呪われた変身』ひばり書房 1988 ヒット・コミックス 154 怪談シリーズ

「麻紀」と「志麻」は裕福な家に生まれた双子の姉妹である。母親が出入りのセールスマンと駆け落ちして以来、父親によって軟禁状態で育てられてきた。ところがその父親が事故で死亡してしまう。父の死の知らせを聞いてザマーミロとばかりに高笑いする姉麻紀と、ヨヨヨヨヨと泣き崩れる妹の志麻。姿形こそ見分けがつかないほど似てはいるものの、姉妹の内面は性格から趣味趣向に至るまでまるで正反対だったのだ。父親似の姉は冷酷で嫉妬深く、妹は母親に似て物静かで優しい。ただ、二人には容貌の他にも一つだけ共通点があった。好みの男性のタイプである。
 ある時麻紀は屋敷の開かずの部屋が、父親の拷問部屋だったことを発見する。そこには駆け落ちしたはずの母親の無惨な死体と、父によって書かれた拷問日記が残されていた。様々な拷問具が並ぶ部屋で、麻紀はゾクゾクするような興奮を覚える。「ああ……この部屋で思いきり誰かをいじめてみたい」。そしてその願いはばあやの孫「史郎」が屋敷を訪れたことをきっかけに、思い掛けない形で成就するのだった。

 ジュリエットとジュスティーヌのような対照的な姉妹の織りなす古典的な三角関係の物語。井上梅次の「江戸川乱歩の美女シリーズ」(よく言えばAIPのポーの原作もの)に出てきそうな洋館を舞台に、著者の作品としては珍しく抑制の効いた物語が展開する。突飛なところがないから少々寂しいような気もするが、いつもより二割り増しくらい美しく整った作画(ふにゃっとならない)と、古典的なストーリーがよく嚙み合って、なんだか格調が高い。ヒロインが健気な妹の方でなく、意地悪な姉の方になっているのが著者らしいところか。特に見応えがあるのは、中盤、史郎を独り占めするために、妹と入れ替わって以降の麻紀の活躍。妹の志麻に鞭を振るい「この髪が史郎さんをたぶらかしたのね。おのれ憎らしい。この体が史郎さんを惹きつけたのね。ええいくやしや! 」と叫ぶ麻紀。ベッドで「ふるえるわ。体がぞくぞくしてくるわ。志麻の泣きさけぶ声……苦しみもがく悲しい声……」なんて妄想をしながら、緊縛写真集を抱きしめて恍惚とする麻紀。……素晴らしい。
 実は麻紀には映画『犬神家の一族』(1976)の松子のように、亡父の怨念にどこまでも縛られてるっぽい悲劇的な側面があるのだが、その辺はほとんど掘り下げられることもなく、一貫してサディスティックな姉として描かれ、スッキリと無情な最期を迎えている。超常的な要素は皆無だが、そこはかとなく性的な雰囲気が漂う良質なサスペンス作品。



『呪われた変身』
 ひばり書房 1988 ヒット・コミックス 154 怪談シリーズ
 著者:森由岐子

 ISBN-13:978-4-8280-1154-7
 ISBN-10:4-8280-1154-4


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

五島慎太郎『吸血ドラキュラ』

 

 五島慎太郎『吸血ドラキュラ』ひばり書房 1986 ヒット・コミックス 12 怪談シリーズ

 ヒロイン「美奈・ハーカー」は日本人の父と英国人の母との間に生まれた、前髪ぱっつん&ツインテールの女の子だ。両親を失い、叔父「ジョナサン・ハーカー」の待つロンドンへの船旅の途上である。緊張感こそ感じられないが、そのとき船内では怖ろしい事件が発生していた。乗客が次々と殺害されているのだ。しかもその殺され方は「人が次々と殺されて、血が一滴も残されてなかったりして」(by船長)という異様なものだった。
 夜、船室で美奈が目を覚ますと、そこにドカン! って感じで「ドラキュラ」が登場。逃げ出す美奈。気付けば他の乗客は殺され、床に転がっている。船長室に助けを求めたものの、そこには無残にも殺害され逆さまに磔になった船長の亡骸が。二人揃って悲鳴をあげる美奈とドラキュラ。なんだこれ。やがて追い詰められた美奈は海に転落、リゾート地っぽいビーチに流れ着き「アーサー」とその婚約者「ルーシー」に救われるが、そこにもなぜかドラキュラの魔の手が迫っていた。

 どっかで聞いたような登場人物の名前からも類推できるように、ブラム・ストーカーの『吸血鬼ドラキュラ』(“Dracula”)をざっくり再構成し、舞台を現代に置き換えた無国籍な吸血鬼もの。メインの舞台はロンドン近郊らしいのだが、ビーチからちょっと行った所にものすごい崖があってそこにドラキュラ城とか、二頭立ての馬車が普通とか、いい感じに時空が歪んでいる。
 全体の印象としてはユルユルいのだが、引きちぎられた子供の首や、悲鳴を上げながら解体される吸血鬼の断末魔など、随所に盛り込まれた凄惨なサービスシーンはなかなかの見応えだった。ただし、常にお化け屋敷の人形っぽく登場する吸血鬼から、ひたすらヒロインが逃げ惑う場面が続くので、飽きるといえば飽きる。蘭姉ちゃんのように状況に慣れきってしまっているのか、ヒロインのリアクションも単調だ。「ドラキュラ」からは吸血鬼ものにありがちなかっこいい系の要素は潔く取り除かれ、完全にモンスター化したおっさんとして扱われている。

 心情が一切描かれないドラキュラとは対照的に、中盤吸血鬼化するめっちゃ気の毒なキャラ「ルーシー」は、「アーサー」を挟んで美奈と三角関係にあり、吸血鬼化してなお美奈に嫉妬心をつのらせている。そのためメインのドラキュラよりも印象的なキャラになった。ルーシーが「アーサーはあんたなんかに渡さないわ」とベッドの下から這い出すシーン、「キヒヒヒヒヒヒヒ」と笑いながら美奈をさらって森を行くシーンは、お化け屋敷的な怖さとは一線を画する名場面である。てこ入れって感じで挿入された『吸血鬼カーミラ』分が、中だるみを少なからず軽減している。本書の初版はおそらく1970年代。ラストページにはしっかり「ブラム・ストーカー原作より」とある。この作品の他にも著者はゴーゴンや半魚人など、メジャーなモンスターを題材にした作品をいくつも発表している。



『吸血ドラキュラ』
 ひばり書房 1986 ヒット・コミックス 12 怪談シリーズ
 著者:五島慎太郎

 ISBN-13:978-4-8280-1012-0
 ISBN-10:4-8280-1012-2


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

川島のりかず『怨みの猫がこわい!』

 川島のりかず『怨みの猫がこわい! 恐怖の黒い占い師』ひばり書房 1988 ヒット・コミックス 怪談シリーズ 228

「どこからみてもなんの変てつもないただの石だが、少女が狂ったようにその石をみがくと、ただの石が意味をもつ」(p.3-p4)

 主人公の「沙里」は少々おてんばでこましゃくれた女の子だ。ある日友達の「圭子」と一緒に、金魚を食べた黒猫に大きな石を投げつけて潰してしまう。多少後味の悪さを感じたものの、一週間も経つころにはそんなこともすっかり忘れてしまっていた。ところがKKKみたいな装束の占い師に軽い気持ちで運勢を尋ねたところ、一週間前の残酷な所業をズバリと指摘される。占い師によると、二人はこれから二ヶ月の間、猫を殺した石を一日一回、休まずに磨かなければならない、もしもそれを怠ったら圭子は事故で、沙里は高熱に苦しんで死亡するという。当たるも八卦~ってことで気にしないことにする二人だったが、それから三日後、下校中の圭子が不慮の事故で死亡してしまう。落下してきた鉄骨に潰されたのである。その夜から沙里は高熱に浮かされ、翌日には足取りもおぼつかないまま森に入って、あの猫を潰した石を磨きはじめた。家族が引き止めようとしても沙里は石を磨き続けようとする。沙里の精神はみるみる常軌を逸して、異常な妄想の世界へと沈降していく。

 ここまでが全編の1/3くらい。以降はオチの数ページを除いて、沙里の精神世界の描写に費やされている。主人公の少女の生き生きとした小憎らしさや、子供でも容赦なく殺してしまうノリはいつも通りだが、精神世界をメインにした大胆な構成で、基本尖った作風の著者の作品の中でもとりわけピーキーな作品となっている。
 圧感はその精神世界、主人公の沙里がシルクハットにタキシードの猫に導かれ、迷い込む猫の世界(国)の描写だ。超カオスでサイケデリックでゆるい。その世界では象のようにでろんと鼻の伸びた矮人(微妙に性的)が列を成して石を運び、猫たちはカッパドキアみたいな奇岩にボコボコ穴を空けてその中で暮らしている。そして町には決まった時間に空から石が降る。「まぁったく、よくふる石だぜ」「うん、今年は例年より石ふりが多いんじゃないか」(p.146)なんて会話を交わしながら、作業服姿の猫たちが石を積んだリヤカーを引いている。沙里はあたり一面を覆い尽くした石の中から、たった一つの石を探し出さなければならないのだ。

 少女が抱いて頬ずりして磨き倒す石は一抱えもある漬物石然とした丸っこい石で、エメラルドを含むような美しい鉱石とは随分違うけれど、この作品、ジブリ映画の『耳をすませば』(1995)と共通点が多い。「耳すま」を思いっきりマイナスに振ったみたいな作品である。もちろん共通点が多い以外の何物でもないんだけど、「耳すま」にはモニョ~っとなるセンシティブな怪奇マンガファンにはオススメの作品。異世界を描いた作品としても、子供の精神の危機を描いた作品としても一読に値する著者の代表作。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

川島のりかず『狼少女のミイラ』

 川島のりかず『狼少女のミイラ』ひばり書房 1986 ヒット・コミックス 怪談シリーズ 109

 山間の集落に迷い込んだ子供たちが、毛むくじゃらの怪物に撲殺されバラバラに解体されていく。その集落にはいつのころからか「奇病」が蔓延しており、怪物は奇病に罹患した村人の変わり果てた姿なのだ。

 そんなわけありの集落で生まれ育った主人公の「奇利絵」は、ある夜「山が崩れるから村から逃げろ」との啓示を受け、父親と二人で村を離れる。直後、轟音とともに大規模な土石流が発生。……数日後、遠くの町の小学校には、学校生活をエンジョイする奇利絵の姿があった。取り巻きにチヤホヤされてご満悦の奇利絵。ところがある日を境に奇利絵は学校を休むようになった。奇病を発症した父親が自らを町はずれの洞窟に隔離したため、毎日そこに出かけていっては様子を窺っていたのだ。もちろん洞窟内には入らないよう注意を払っていたのだが、遊び半分で後をつけてきた同級生たちとともに洞窟深く迷い込んでしまう。

 ここまでが大体全編の半分くらい。なんの迷いもなく子供たちが惨殺される衝撃的なプロローグからの怒濤の展開だが、この先にはもっと無茶なシーンが控えている。プロローグに続く土石流のシーンでは、土砂に呑まれ流木に潰されるモブの村人たちの死にざまが、数ページにわたって描写される。ここは物語の本筋にはほとんど関係のない場面なんだけど、著者はノリノリだったらしく、濁流が渦を巻く大迫力のスペクタクルを見事に描き切っている。

 後半は洞窟に迷い込んだ奇利絵と同級生たちのサバイバル&バトルに終始する。次々に襲われ、頭部を切断される子供たち。完全に怪物化した奇利絵の父親による犯行である。地底湖からぽっかり顔を出した友達に「なにをやってんだ?」と声をかけると、ゆっくりと頭部が倒れて、それが生首だったことが判明するシークエンスが面白い。
 あわや全滅かと思われたそのとき、落盤が発生し閉じこめられてしまう奇利絵たち。後に洞窟の崩落を調査した大学の研究チームは、そこにオオカミ人間と化した奇利絵のミイラを発見する。

 とまあ、ここで終われば綺麗にまとまるような気がしないでもないのだが、まだまだ終わらないのがこの作品の尋常ではないところ。実はこの「狼少女のミイラ」、ミイラになってもなお「ぜったいにあきらめない!!」とばかりに、生き続けていたのだ。研究室でおもむろに起き上がり、首が転がり落ちても、目玉だけになっても、しぶとく生き続ける奇利絵=狼少女のミイラ。そして、そう来たか! って感じの奇跡的なハッピーエンドへ。

 ……盛り沢山過ぎてまとめられない。デフォで目玉飛び出してる生首とか、怪しい集落とか、気合の入った土石流とか、毛虫人間みたいになってるオオカミ男とか、見どころが多過ぎる。ちょっと前に流行ったシチュエーション・ホラー色が一番濃いかなーなんて思うけど、とにかく「全編クライマックス」って感じだ。これよくある煽り文句だけど、本当にその通りにやってみたらこんな風になっちゃうのかと、妙な感心をしてしまう作品だった。


 狼女の伝説(ヘア無修正ハードコアバージョン) [DVD]


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)