岡本綺堂『蛇精』

 

 岡本綺堂『蛇精』(結城信孝編『岡本綺堂 怪談選集』小学館 2009 小学館文庫 所収)

 江戸の終わり頃、とある村に「うわばみ」退治の名人が住んでいた。通称「蛇吉」。特殊な方法でうわばみを退治することで知られていた。彼は手斧を一丁持ち、粉薬で地面に三本の線を引くと、常に二本目の線より手前でうわばみを屠った。いつも「三本目を越して来るようでは、おれの命があぶない」と言っていた。
 ところがある時、二本目の線を平気で越えてくるうわばみが現れた。見物人が「もうダメだ」と溜息をつく中、やにわに半股引を脱ぎとった蛇吉が、呪文のようなものを唱えながらそれを二つに引き裂いた。するとうわばみもまた真っ二つに裂けて死んだのだった。それ以来人々はさらに蛇吉を畏敬するようになった。「蛇吉は人間ではない。あれは蛇の精だ」などと言う者も出た。蛇吉はというと、嫁を貰いそれなりに仲睦まじく暮らしていたが、徐々に覇気を失い、蛇取りを厭うようになった。しかし周囲からの懇願により、渋々ながら凶暴なうわばみと対峙することとなった。

 怪談集『青蛙堂鬼談』からの一編。蛇にまつわる奇談である。どことなくなんとなく洋風。↑のあらすじを書きながらそんな風に感じた。ドラゴンスレイヤーもの(蛇もドラゴンと同様に財宝を守護するキャラだ)というか、AVGのようなノリ。読んでるあいだは、舞台となった集落の因習や奇怪な蛇取りの様子に、民話(日本の)みたいだなーって思ってたんだけど。
 かつてはこの作品に出てくるような蛇取りを生業とする人が、全国の至るところにいたらしい。生業としてるかどうかはさておき、沖縄には今でもハブ取り名人がいる。沖縄以外の地域でも、マムシを捕まえて役場に持っていくと買い取ってくれるという話を聞いたことがある。蛇除け、蛇封じのまじないはとんど焼き(どんど焼き)にまつわるものをはじめ、全国各地に様々な形で現存する。最後に蛇を見たのはいつだったか、なんて暮らしをしてるとピンとこないけど、毒ヘビの生息する地域において、蛇避けは生死に関わる重大事なのだ。
 こんな風に書くと蛇の忌み嫌われぶりがハンパない感じだが、こと日本において蛇ほど崇拝と排斥が極端な生物はない。忌避されてる分だけ神聖視もされている。神社のしめ縄は交合する蛇を模したもの、といった説もある。

 蛇についてはこれまでにもちょこちょこ書いた(ヘビ好きなので)ので重複は避けるが、蛇のでかいのを「うわばみ」と呼ぶ。オロチ>ウワバミ>ヘビの順でサイズがでかく、呼び名が変わる。もちろん具体的に何メートル以上といった基準はない。うわばみにはなぜか耳が付いてるという説があって、耳のある大蛇に太腿をかぶりつかれた隠居が刀を持った下男に「早まるな耳のないのは違うぞ」と言った、なんて笑い話がある。「半股引」(はんだこ)は「股引」(ももひき)の膝丈のもので、祭りで着用してる人を見かける。これを引き裂いた途端、うわばみも真っ二つになるというのが呪術っぽくて面白い。また「蛇精」と言えば「蛇性」の『雨月物語』だが、本作の蛇精は色気皆無のおっさんである。最初あだ名程度の「蛇精」だったのが、最後の方ではマジで蛇精なのでは? って感じになってる。真相がわからないのがもどかしいけど、不思議な余韻が残る。この怪談選集には本作も含めて『青蛙堂鬼談』から七編が収録されている。

「少年の蝮を捕りて水渉る」 高浜虚子


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

伊藤潤二『うずまき 最終話 遺跡』

 伊藤潤二『うずまき 最終話 遺跡』(『うずまき』小学館 2000 ビッグ コミックス ワイド 所収)

 桐絵と秀一はトンボ池に開いた縦穴の石造りの螺旋階段を下り始めた。底が見えないほど穴は深い。途中、桐絵が階段に取り残された住人に襲われ、それを庇った秀一が落下してしまう。その後を追って、桐絵は果てしなく続く階段を急ぎ足で下りていく。やがて遥か下方に小さな光が見え始めた。
 縦穴の底には大空洞が広がっていた。巨大な渦巻き状の建造物群が禍々しい光を放っており、それを地面を覆い尽くした人々がぼんやりと見つめている。足元の渦巻き状に変形した人々は中心物から遠ざかるほど石化して、遺跡と同化しつつあるようだ。そこには石化した桐絵の両親の姿もあった。そして桐絵は瀕死の秀一と再会する。秀一によると太古に作られたこの遺跡は、地上の人々を一定の周期で誘惑しているらしい。桐絵に逃げるように告げる秀一。もう自分には脱出する力が残ってないという。
「……私も、もう力は残ってないわ……あなたとここに残る……」
 そう呟いて、桐絵は秀一が差し出た手を握りしめた。二人の腕がらせん状に絡んでいく……。

 18話かけて提示されてきた謎の数々は見事に解明されてないのだが、見覚えのあるシンボルに埋め尽くされた地下世界のビジュアルに、なんか辻褄が合った! って気分にさせられる最終回。あれはドロドロに溶けた灯台のレンズにそっくりだし、この渦巻き空間の構造材となるために住民はあんな姿に変形してしまったのか、とか。なぜ?? についてはほぼ説明されないが、秀一の「自らの本能で」云々という言葉から察するに、この災禍がもともと太古の何者かによって作られた遺跡に起因するにせよ、今となっては人知の及ばない「自然の摂理」になってしまっているかのようだ。
 ラヴクラフトの世界観を彷彿とさせる地下遺跡の壮大なイメージは、著者によるとガウディの建築物の影響を受けているという。またこの作品は本来全18話の予定だったのが、書いているうちにページが足りなくなったらしい。そこで担当者に「単行本の最後にもう1ページ書き下ろします」と言ってみたところ、それじゃあってことでもう1話、この最終話を描くことになったのだそうだ。主人公二人が螺旋階段を降り始めたところで終わり! というのも想像力を刺激するラストで一興かと思うが、黒渦町の一つのサイクルを最後まで見届けることのできたのはやはり嬉しい。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

伊藤潤二『うずまき 第18話 迷路』

 伊藤潤二『うずまき 第18話 迷路』(『うずまき』小学館 2000 ビッグ コミックス ワイド 所収)

 高台から黒渦町を眺める桐絵たち一行。彼女らが目にしたのは、町を覆い尽くすスケールの超巨大渦巻きだった。前回、修復&増築がはじまっていた長屋の両端が長く長く伸びて、やがて連結し、巨大な渦巻き状の建造物を形成しているのだ。
 黒渦町では時間の流れさえ正常ではないらしく、桐絵たちが山中で数日うろうろしていたあいだに町では数年が経過していた。長屋の内部には絡み合った住人がみっちり詰まっていて、ヒソヒソと囁きながら未だに長屋の修復&増築を繰り返している。桐絵たちはそんな長屋のあいだの路地を行く。目標は渦巻きの中心地、トンボ池だ。路地にはゼンマイ状(←山菜の)に変形した死体が投棄されて、強烈な死臭を放っている。

 ちょうど第3話(←前の記事へのリンクです)の黒谷さんの傷跡の拡大版といった感じで、ここに来てついに長屋の本来の姿が判明する。著者によるとこの作品は当初「渦巻き型の長い長屋で暮らす人々の生態」という着想からスタートして、うずまきをテーマにした連作へと展開していったらしい。もしも長屋の話のままだったら、落語の長屋もの+グロ怪奇みたいな感じになってたのかな。それはそれで読んでみたかったような気もする。
 今回は超珍しく、秀一がこの「うずまき現象」についての考察をしている。こんなにマトモになったの久しぶりだ。曰くこの現象は100年、数百年かの周期で繰り返され、そのたびに人々は渦巻き状の町を築いてるのではないか。この出来事を後世に伝えるべき人々が、なんらかの事情で一度に消えてしまうため、記憶の断絶が起きているのではないか……。

 同行者を連れ去られ二人きりになった桐絵と秀一は、轟音とともに人々が消え去った後の長屋の屋内を歩き続け、やがて渦巻きの中心に至る。そこには水を湛えたトンボ池に代わり、巨大な井戸のような縦穴がぽっかりと口を開けているのだった。その縦穴の壁に沿って設けられた石造りの階段を、二人はゆっくりと降りはじめた。

 次回最終回。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ピエール・プロブスト『カロリーヌのつきりょこう』

2015070701.jpg

 ピエール・プロブスト(Pierre Probst)絵と文, 土家由岐雄文『カロリーヌのつきりょこう』("Caroline sur la lune"『オールカラー版 世界の童話 19 カロリーヌのつきりょこう』小学館 1974)

 前々々回の感想でちらっと触れた小学館の「オールカラー版 世界の童話」、ずっと実家の段ボールに入れたままなんだけど、そのうちの「カロリーヌ・シリーズ」4冊だけは今でも手元に置いてる。小学校の図書室にも置かれてたので、懐かしい! って人もいるかもしれない。内容はフランスの女の子カロリーヌが仲良しの動物たちと一緒に、海や山やサーカスや月面に出かけては、ひたすらキャッキャウフフと戯れるというもので、多かれ少なかれ訓話的な要素を含んだ童話のなかにあって、鮮やかな異物感を放っていた。作画は華やかで美しく、ずっと眺めていても飽きないくらい緻密で、すべてのキャラが可愛らしく表情豊かに描かれている。

 この『カロリーヌのつきりょこう』は、カロリーヌ一行がエクリプス博士の作ったロケットで月まで行って、遊び回って帰ってくる(だけ)という、シリーズ中もっともSF色の濃いエピソードだ。


 ※そんな本の中身を下の「続きを読む」から少しだけ紹介します↓


続きを読む
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

伊藤潤二『うずまき 第17話 脱出』

 伊藤潤二『うずまき 第17話 脱出』(『うずまき』小学館 2000 ビッグ コミックス ワイド 所収)

 桐絵の弟、満男の退場回。

 満男が完全にヒトマイマイ化する前に町を出なければ……ってことで脱出を決意する桐絵たち一行。トンネルや海からの脱出はできないから、仕方なく険しい山道を行く。山道から一望した町は破壊し尽くされ、すっかり更地のようになっている。破壊を免れているのは件の長屋ばかりで、その増築があちこちではじまっているようだ。
 やがて山中で行き会った知人の一団と合流するが、彼らは桐絵たちの後を追って山に入ったという。どうもおかしい。もしかすると同じ所をぐるぐる回ってるのではないだろうか。それよりも気がかりなのは、彼らがヒトマイマイ化のはじまった男に縄をかけ、引き連れていることだ。完全にカタツムリになったら「食糧」にするつもりらしい。満男の異変に気付かれないようにしなければ……。

 予想通り「脱出」する話じゃなくて、「脱出」しようと試みる話だった。そもそも脱出ルートの方角をその辺の棒切れを倒して決めている(←桑畑三十郎方式)。もうかなり適当だ。全体に無理なんじゃないかなぁって空気が漂っているなか、それでも町から出ることさえできれば……なんて言ってる桐絵の空気を読まないメンタルの強さは、さすが著者の作品のヒロインって感じ。
 この第17話はかいつまんでいうと、主人公一行が山中でうろうろしたあげく途中で弟が脱落、結局振り出しに戻るって話なんだけど、次回以降の前振りとして非常に重要で、すべての植物がゼンマイみたいにぐるぐる巻きになった山中の景観や人体など、面白い絵が多い。仕方なく引き返した桐絵たちが、高台から町を見下ろして驚嘆するところで今回は終わり。そこに桐絵たちが見たものとは??


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

伊藤潤二『うずまき 第16話 続・混沌』

 伊藤潤二『うずまき 第16話 続・混沌』(『うずまき』小学館 2000 ビッグ コミックス ワイド 所収)

 前回、前々回から引き続き、瓦礫の山と化した黒渦町でのサバイバルが続く。混迷の度合いは増々深まっていて、すでに取り返しはつかないっぽい。

 町には未だに外部からやって来る人が後を絶たない。ボランティアや報道関係の人々である。ところが町に入ったが最後、あらゆる手段を尽くしても外に出ることができない。海から逃げようとしても、でっかい渦巻きに船ごと呑み込まれてしまう。黒渦町のあちこちには行き場のない、大勢の人々がさまよい歩いている。前話で長屋から追い出された桐絵たち一行は、そんな人々と合流して瓦礫のなかを行く。安全な場所は町中に点在する件の長屋だけ。しかし長屋にはすでに住民が容積一杯に詰まっていて、押し合いへし合いするうちに身体がねじ曲がり、絡み合い、解きほぐすことさえできなくなっている。そして崩れた長屋からはみ出した自分たちの体を、廃材で覆い隠すように長屋を増築している。桐絵たち一行のなかには体調の異変を訴える者が出はじめていた。のろのろ動いているうちに、ヒトマイマイに変化しつつあるのだ。

 この第16話にはいつにも増して面白い絵が多かった。海に呑み込まれるイカダや艦船、長屋からはみ出した人のカタマリ、内側から増築されていく長屋などなど。これまでの話を見返してみると、著者は各話ごとに最低でも1枚、キーとなる絵をまるっと1ページ使って見せている。今回だと長屋からはみ出した人々。それぞれの話にはこういった一枚絵から展開したものと、全体のストーリーに沿って発想されたものがあるように思う。
 それとこの話で桐絵たちは、とうとうヒトマイマイの肉を口にしてしまう。結構あっさり食べてる。ちょっと前にペットや友達を泣きながら貪り食うアニメをやってたけど、あんな風な悲壮感は全然なくて、せいぜい気持ちわる……って感じ。著者独特のノリだ。

 今回は弟のヒトマイマイ化に気付いた桐絵が、町を出ることを決意したところで終わり。残すはあと3話+特別編だ。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)