いけ『ねこむすめ道草日記〈17〉』

 

 いけ『ねこむすめ道草日記〈17〉』徳間書店 2018 リュウコミックス

 今年も「ねこむすめ」の新刊が出た。第1巻が出てから今年で10年目、そしてこの巻でついに第100話を迎えた。めでたい! 本の中で直接触れられてはないが、ずいぶん前に目指せ100話! とか言ってた著者もきっと嬉しかったことと思う。

 そんなわけで、今回は発売前からめでたい感じの感想を書こうと思ってたんだけど、好事魔多しとはよく言ったもので、このめでたい裏側ではめでたいとは真逆の事態が進行していた。この作品が掲載されている『月刊COMICリュウ』が、現在発売中の8月号をもって休刊するらしいのだ。雑誌のオフィシャルページには「紙の雑誌を【卒業】して【WEBへ移行】します。」とでっかく入った最新号の表紙が掲載されている。以前にも休刊したことのある雑誌だが、今回は連載作品の受け皿まで用意されていることから、今後紙媒体としての復活はまず無いだろう。休刊の理由は明記されてないが、最大の要因は「売り上げ」だと思われる。
 自分はマンガ雑誌を購読する習慣がないので実感がないのだけれど、この雑誌に限らず雑誌全体の売り上げは昨今相当厳しいらしい。売り上げの推移を見てみると(調べてみました)、マンガ雑誌は2000年以降ずーっと低迷を続けている。その原因として様々な推測がなされているが、やはりトドメっぽく登場したスマートフォンの影響は大きいようだ。かつては娯楽の王様だった劇場映画が、TVの普及に伴って凋落していったような感じか。栄枯盛衰だ。

 さて、肝心の第17巻の中身はというと、最初から最後までお祭り。お祭りの描写がメインで、その隙間に愛らしい妖怪たちがうろちょろする様を描いている。ストーリーらしいストーリーはいつも以上に希薄だ。
「第100話 お盆の夜を見回りで道草」から「第102話 カラスとねずみで回る山車祭りで道草」までは、毎年夏に催される「山車祭り」(元ネタは群馬県の「渋川山車まつり」)が、「第103話 オタクの祭典で道草」から「第105話 鬼女子の打ち上げで道草」は、お台場の「マンガマーケット」略して「マンケ」が舞台となっている。そしてそれぞれのお祭りに参加していたキャラたちが、「第106話 祭りの後の夜道で道草」で一堂に会するという考えられた構成。「マンケ」の話の方は今更コミケネタもなぁ、などと思いながら読み始めたのだが、はっちゃけたキャラに寄ってる分、こっちの方が面白かった。またメインの祭りの話よりも、同じようにドタバタしつつもそこはかとない寂しさが漂う「祭りの後」の話の方が、著者の作風にあっているのか、雰囲気がよく出ているように思う。

 雑誌自体は休刊してしまうが、幸いにもこの作品はwebに移行してこの先も続く。 ブチっと終わらなくて本当に良かった。次巻は「話も作画もまったりほのぼの進行」とのこと。



『ねこむすめ道草日記〈17〉』
 徳間書店 2018 リュウコミックス
 著者:いけ

 ISBN-13:978-4-1995-0629-1
 ISBN-10:4-1995-0629-2


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

いけ『ねこむすめ道草日記〈16〉』

 

 いけ『ねこむすめ道草日記〈16〉』徳間書店 2017 リュウコミックス

 予想以上の速さで第16巻が出た。リュウコミックスではこの「ねこむすめ」と、今TVでやってる(けどまだ見れてない)『セントールの悩み』を買ってるんだけど、両作ともにいいペースで刊行されてるのが喜ばしい。今回は第93話〜第99話+おまけを収録。前巻は初の一冊丸々続き物で、派手なバトルあり過去話ありと変化に富んだ一冊だったが、今回はいつも通りに戻って、まったりとしたエピソードが並んでいる。

 女郎蜘蛛の地域貢献が描かれる「第93話 紫陽花の花落としで道草」と「第94話 獅子丸と一緒の道草」は、とりわけ「いつも通り」な感じの強いエピソードで、まじで何も起こらない。「黒菜」と「獅子丸」がひたすらじゃれてるだけだったりする(94話)。それが「ねこむすめ」らしくて良かった。
「第95話」〜「第97話」は「千夏ちゃん」のメイン回。学校の怪談の「ミラーさん」(←トイレの鏡)こと「雲外鏡」が千夏ちゃんに変化して、彼女が内に秘めた思いを曝け出すべく暴走する。あとがきマンガを見るに著者(とカッパ)はどうやら千夏ちゃん一押しの様子。焦ったりヤキモキしたりするリアル千夏ちゃんも、黒菜っぽいおてんばなコピー千夏ちゃんも、とても可愛らしく描かれている。ただし千夏ちゃんメイン回にも関わらず、コックリさん分は少なめ。合体千夏ちゃんの出番の方が多い。
「第98話」は混浴温泉に潜むワニと雪女の「伊吹」の話で、幼い初恋エピソードの次がこれかよって感じのバカ話。温泉だけに肌色が多い。「第99話」は黒菜が「藤森商店」の飼い猫になる経緯を描いたプリクエル。前巻の黒菜の特訓話に続くストーリで、本作屈指の地味キャラ「鉄瓶の付喪神」が活躍する。99話目にふさわしいエピソードだと思う。

 そんなわけでこの第16巻は、ここまで本作を読んできた読者には楽しめる一冊になっている。次の第17巻にはいよいよ「第100話」が収録される。楽しみ!



『ねこむすめ道草日記〈16〉』
 徳間書店 2017 リュウコミックス
 著者:いけ

 ISBN-13:978-4-1995-0581-2
 ISBN-10:4-1995-0581-4


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

福崎町妖怪模型シリーズ「河童のガジロウ」について

2017071401.jpg

 そういえば、カッパが届きました。2匹。
 兵庫県福崎町が発売したプラモデルです。雑誌『MODEL Art』の最新号で結構大きく紹介されていました。


 詳細は下の「続きを読む」から↓


続きを読む
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

いけ『ねこむすめ道草日記〈15〉』

 

 いけ『ねこむすめ道草日記〈15〉』徳間書店 2017 リュウコミックス

 今年も無事に『ねこむすめ道草日記』の新刊が出た。しかもまだわりと早い時期なので、めっちゃ上手く行けば年末にもう一冊読むことができるかもしれない。今回は第87話~第92話+おまけを収録。前巻には4話連続、計100ページの長編が収録されていて、続き物として過去最長だったのだが、この15巻ではそれを楽々と上回ってしまった。1巻丸々続き物である。人間側に新キャラが投入され、帯に「【ねこむすめ】史上最大のアクションが展開される!!!」とある通りの長いバトルもある。

 いつものコンビニに出現する化けガエル(ガマ子)。とにかく変化が下手くそなので、現地ではすっかり「蛙人間」として噂になってしまっている。それをどうにかしようとする妖怪と人間たち。「黒菜」たち妖怪が「化け学教室」にガマ子を入門させて猛特訓に励んでいた丁度その頃、コンビニの近くの川べりでは噂を聞きつけてやってきたJK式神使い「九条小夜子」と、蛙人間に間違われた「カッパ」との壮絶なバトルが始まろうとしていた。……というのが大まかなストーリー。

 正直1話目(第87話)を読んだ時点ではそれほどでもなかったのだが、後の方に行くほど尻上がりに面白くなった。通常のまったりドタバタしたノリも維持されているし、妖怪側と人間側がそれぞれしっかり描かれているのも良かった。後半は今回微妙なフラグを立てたカッパと新キャラによる高架下のバトルが中心となるが、カッパといえば、九州にはカッパのルーツを川に流された「人形」(式神みたいな感じ)とする説がある。それを踏まえた上での式神バトルだろうか。カッパが適度にふざけているので、バトルが殺伐としてなくてほどよかった。ナイスカッパ。
 この「ねこむすめ~」に関しては、長らく続き物には乗れないなーと感じていたんだけど、それも過去の話。そのイメージは前巻で大いに払拭され、この15巻はさらに楽しく読むことができた。あと「ちーちゃん」と一緒に出てきた見習い神使の「朱音」が可愛かった。



『ねこむすめ道草日記〈15〉』
 徳間書店 2017 リュウコミックス
 著者:いけ

 ISBN-13:978-4-1995-0553-9
 ISBN-10:4-1995-0553-9


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

佐藤有文『日本妖怪図鑑 復刻版』

2016082401.jpg

 佐藤有文『日本妖怪図鑑 復刻版』復刊ドットコム 2016

 復刊ドットコムから『日本妖怪図鑑 復刻版』が届いた。散々書いているようにジャガーバックス・シリーズ屈指の人気作品だ。イラストレーター石原豪人による生々しく、目力の強い妖怪画の数々は必見である。

 今回も美しく復刻されているが、『世界妖怪図鑑』(←前の記事へのリンクです)と同様、手元の原書と比較すると判型や発色、細部のデザインに差異がある。もともと長期間販売されていた本だから、時期によって印刷や製本に差異が生じていたのかもしれないし、当時とは異なる紙質やインクの影響かもしれない。
 本の印象は前の記事(←前の記事へのリンクです)で書いたので割愛するとして、内容はまず最初に「河童」「鬼」などのメジャー妖怪をピックアップして解説する「妖怪チャンピオン」という口絵があって、本文は「1 動物の妖怪」「2 人間の妖怪」「3 人獣の妖怪」「4 妖怪出現の記録」「5 百鬼妖魔」「6 日本の妖怪地図」の6章で構成されている。本書の特徴的な妖怪の分類は、概ね歴史学者江馬務による先駆的な分類に基づくものと思われる。

 それから今回は投票で絵柄が決まったポストカードが3枚おまけで付いてきた。前回のピンバッヂも良かったけど、ポストカード嬉しい。

 ※下の「続きを読む」よりポストカードの絵柄と、本の中身を少しだけ紹介します↓


続きを読む
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

佐藤有文『日本妖怪図鑑 復刻版』について

「復刊ドットコムからのお知らせです。(中略) ジャガーバックスシリーズ 復刻版第4弾! 佐藤有文&石原豪人の最高傑作とも呼ばれる伝説の『日本妖怪図鑑』がついに復刻!」(復刊ドットコムのお知らせメールより)

 先日、上記のメールが届いた。ついでに「プリズマ☆イリヤ イリヤ&クロ セット発送日決定のお知らせ」も届いた!

2016060301.jpg

 今回復刊が決まった『日本妖怪図鑑』は、ちょっと前に復刊された『世界妖怪図鑑』と並ぶ名著。「河童」「天狗」などのメジャーな妖怪から、「ほうこう」「天井さがり」「くびれ鬼」などのややマイナーなものまで、生々しくおぞましい(でも美しい)イラストが多数収録されている。人が襲われたり狙われてたりするシーンがやたら多くて、トラウマレベルが高い。まさに石原豪人無双。題材が身近なだけに「世界〜」よりもこっちの方が怖いって人も多いと思う。そこはかとないアカデミックな雰囲気と情報量(正確さはさて置き)については『世界妖怪図鑑』、ストレートな怖さ、気味の悪さでは僅差でこの『日本妖怪図鑑』って感じ。鳥山石燕、円山応挙などの古画も多数引用されている。

 実はこの『日本妖怪図鑑』は子供の頃見たことがあっただけで(「世界~」の方は持ってた)、上の画像の本は以前地方の古本屋で購入したもの。ヤフオクやamazonではかなりの値段がついてるけど、今でも地方の古本市や合同即売会を見て回ってると、均一価格のダンボール箱の中にこのシリーズの本が混じっていることがある。骨董市のダンボールの中で見かけたこともある。古本市では現行の全集本が格安で売ってるかと思えば、ガリ版刷りでペラッペラの「女性の下着の歴史」みたいな本にとんでもない値段がついてたりして、見てるだけでも面白い。興味のある人は覗いてみると、きっと気に入る気になる本が見つかると思う。

 というわけで『日本妖怪図鑑 復刻版』は8月中旬発売予定。特典はオリジナルの「妖怪ポストカード」で、下記のサイトではポストカードの絵柄を決める投票が行われている。なぜか本書を代表する「河童」「天狗」のイラストは絵柄の候補に選ばれてない。不思議。

 ※「復刊ドットコム」の販売ページ↓
 http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68324900


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)