SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2017年 07月号 Vol.116

 

 SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2017年 07月号 Vol.116

 明日は超久々に有給をとることになってしまった。特に予定はないのだが、とりあえずありがたい。まだ前期のアニメも見終わってないし、最近、寝る前の少しの時間でじわじわ作ってたMS406を大幅に進めるチャンスだ。何かの弾みで塗装まで行けるかもしれない。カラーやデカールは問題なく揃ってるはす。あとフォッカーD.Ⅶにスキーをつけたい。あとアルバトロスD.Ⅲも……って感じで、色々考えるとワクワクしてくるが、寝て過ごしそうな気がものすごくする。

 今回の特集は前号に続いてかっこいいジェット機がドカドカ登場する「AGGRESSOR SQUADRON アグレッサー部隊の戦闘機」。作例は空自の機体を筆頭に、各国のアグレッサー機が1/32〜1/72スケールで12例(連載記事のA-4E含)と、かなり充実した特集になっている。表紙のドかっこいい機体は空自のF-15DJ。タミヤ1/32のF-15J機首をF-15Eの機首にすげ替えて、複座のDJ型を製作している(32のイーグルが2機必要)。破綻のない工作もさることながら、特に素晴らしいのは地味派手に塗られた塗装で、水性塗料の白黒とその隙間に見える退色した本来の迷彩とのくたびれ具合の差が絶妙。p12〜p13の特撮?写真は実機みたいに見える。自分はどちらかというと小さめの機体が好みなのだが、このF-15はかっこよかった。やっぱアグレッサーいいな。

 で、その「小さめの機体」のアグレッサーについて。先月号から謎の猛プッシュが続くF5ファミリーから、今月号はF-5EとT38-Aが5例チョイスされている。そのうち3例がAFVクラブの1/48キットだ。全面に打たれたリベットがちょっと……って人がいるかもしれないが、実機のライセンス生産を行なっていた台湾製のキットだけに出来は良好。発売当時は各誌で取り上げられていた。今回は作例の画像とキャプションって感じのシンプル構成だが、5例で3ページというのはかなり寂しい。おかげで複数の作例が小さい写真一枚のみの掲載、なんてことになってしまった。残念。
 それからもう一例、表紙のF-15DJに負けず劣らずのインパクトだったのが、キネティックの1/48「クフィール」。一応民間機ってことで、驚きの全面グロス仕上げ。しかもミニカー的じゃない、いい艶加減。もともと好きな機体だったのだけど、砂埃にまみれてるイメージが強くて、これほどピカピカの塗装が似合うとは思わなかった。
 2号続けてのジェット機特集だったが、切り口も違うし、好きな機体もたくさん載ってて満足度は高かった。



 - 作例リスト (掲載順) -

特集「AGGRESSOR SQUADRON」
『マクダネル・ダグラス F-15DJ イーグル』タミヤ 1/32「F-15J」改造
『三菱 T-2』プラッツ 1/72
『ジェネラル・ダイナミクス F-16N』タミヤ 1/48
『マクダネル・ダグラス F/A-18C ホーネット』ハセガワ 1/48

「映画もおしえて! ギャル子ちゃんフィギュア」MODELKASTEN 1/20 ※レジンキャストキットの彩色見本、発売告知

連載記事『夢見る翼 NO.54』
『ボーイング B737-800』ドイツレベル 1/144

連載記事『飛ぶ理由 連載第34回』
『空中大戦艦大和、2199年試製コスモリバース試験航行仕様』フルスクラッチビルド 1/1100 ※小林誠によるオリジナルメカ

連載記事『イラストで見る末期的兵器総覧 〜航空機編〜 アナタノ知ラナイ兵器』
「川崎 キ61 三式戦闘機「飛燕」その3」 ※モノクロ記事

連載記事『ちっちゃいことは、いいことだ!』
「IDF クフィルC2+C7」ドラゴン 1/144 ※モノクロ記事

連載記事『Alternative modeling garage Vol.14 フィギュア編 その3』
『車の座席に座るフィギュア』セミスクラッチビルド 1/32 ※モノクロ記事

特集「AGGRESSOR SQUADRON」
「アグレッサー機としてのバリエーションの多さはNo.1のF-5をコレクションする楽しみ方。」
 『ノースロップ F-5F タイガーⅡ』AFVクラブ 1/48
 『ノースロップ F-5E タイガーⅡ』AFVクラブ 1/48
 『ノースロップ F-5E タイガーⅡ』AFVクラブ 1/48
 『ノースロップ F-5E タイガーⅡ』モノグラム 1/48
 『ノースロップ T-38A タロン』ウルフパック 1/48

『IAI F-21A クフィール』キネティック 1/48
『ダグラス TA-4J スカイホーク』ハセガワ 1/48

連載記事『改造しちゃアカン リターンズ!』
『ダグラス A-4E スカイホーク』ハセガワ 1/32改造

特集「AGGRESSOR SQUADRON」
『グラマン F-14A トムキャット』タミヤ 1/48

『NOSE ART QUEEN Vol.56』宮河マヤ



 次号の特集は「日本海軍機をつくる。」
 
イスラエル空軍 クフィール C2/C7」キネティック 1/48


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2017年 05月号 Vol.115

 

 SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2017年 05月号 Vol.115

 今回の特集は「ARIAF イラン空軍」。前号の「飛燕」もよかったけど、今回の特集は作例数も多く非常に充実している。自分がイラク空軍について知ってることといえば、F-5とそのパチ……いや、特殊な改造機がかっこいいこと、東西の航空機をごちゃまぜに使ってること。あとF-16を買ったらしいことをニュースで見た。……という程度だったので、連載記事などを除いてギッチギチにイラク空軍一色の今回の特集はとても興味深く、新鮮だった。
 改めてイラク空軍機のラインナップを見てみると、上記のF-5の改造機をはじめ、表紙のF-14、MiG-21のクローンFT-7などなど、かっこよさで選んでるんじゃないかって機体ばっか並んでる。特集のリードに「まるでフィンランド空軍と『エ●ア88』を混ぜ合わせたよう」とある通りのごちゃまぜぶりだった。しかも長期間にわたってコツコツちまちま手を入れられ、ニコイチサンコイチ当たり前って感じの歴戦の機体が多くて、細かいところがよくわからないらしい。今回、製作記事、解説記事のあちこちにその「よくわからない感じ」が滲み出していて面白かった。

 上記の状況を反映して、作例は使い込んだ雰囲気の機体が多かった。表紙の爽やかな水色で塗られたF-14も、機体全面にわたってデリケートなウェザリングが施されている。以前は途中写真がない、製作記事がキャプション程度で寂しいと、グズグズ書いてたけど、ここ最近その辺りが解説されるようになった。この作例の製作記事も数ページかけて塗装の工程を追っている。
 で、問題のF-5の改造機はクリーンな仕上げの1/72スケールが3例、1/32スケール1例。当然キットは出てないので、イタレリ(1/72)、ハセガワ(1/32)製のF-5をベースに改造されている。単に尾翼が増えただけに見えるけど、あちこち変更があるらしくお手軽改造ってわけにはいかないようだ。ハセガワのF-5はかなり古いキットだけに、ディティールアップから一苦労って感じ。それでも作例の出来栄えは素晴らしく、少々くたびれた機体が見事に表現されている。大迫力。この他にもハセガワ1/72「ミラージュ」、トランペッター1/48「MiG-21UB」改造の『FT-7』など、好きな機体がいくつも載っててよかった。



 - 作例リスト (掲載順) -

特集「ARIAF イラン空軍」
『グラマン F-14A トムキャット』タミヤ 1/48
『ミヤコン・グレビッチ MiG-29A ファルクラム 9.12』トランペッター 1/72
『グラマン F-14AM トムキャット』タミヤ 1/32

「わかりそうでわかりにくいイラン空軍の現状とは?」※モノクロ記事。下記の作例を掲載
 「ロッキード P-3F オライオン」トミーテック 1/144「P-3Cオライオン」改造
 「イリューシンⅡ-76MD アドナン1」トランペッター 1/144「イリューシン A-50 メインステイ」改造
 「ロッキード C-130E ハーキュリーズ」ハセガワ 1/200「C-130H ハーキュリーズ」改造
 「ボーイング KC747」ハセガワ 1/200「B747」改造

連載記事『Alternative modeling garage Vol.13 フィギュア編 その2』
『バイカー フィギュア』セミスクラッチビルド 1/32 ※モノクロ記事

特集「ARIAF イラン空軍」
『アザラフシュ』タミヤ/イタレリ 1/72「F-5E タイガーⅡ」改造
『サエゲ』タミヤ/イタレリ 1/72「F-5E タイガーⅡ」改造
『サエゲ2』タミヤ/イタレリ 1/72「F-5E タイガーⅡ」改造

連載記事『改造しちゃアカン リターンズ!』
『サエゲ』ハセガワ 1/32「F-5E タイガーⅡ」改造

連載記事『飛ぶ理由 連載第33回』
『火星独立軍最終戦闘機コスモワン』フルスクラッチビルド 1/72 ※小林誠によるオリジナルメカ

連載記事『夢見る翼 NO.53』
『マクドネル・ダグラス MD-11』ハセガワ 1/200

特集「ARIAF イラン空軍」
『マクダネルダグラス F-4E ファントムⅡ』ハセガワ 1/32

「もしもあの機体がイラン空軍だったら?」※下記の作例を掲載
 「フェアチャイルド・リパブリック A-10A サンダーボルトⅡ」ハセガワ 1/72
 「ダグラス A-4E/F スカイホーク」ハセガワ 1/72
 「ロッキード TF-104G スターファイター」ハセガワ 1/72
 「ノースロップ F-20 タイガーシャーク」ハセガワ 1/72

『スホーイ Su-25K フロッグフッド』ズベズダ 1/72
『F-313 ガヘル』FOX ONE 1/144 ※レジンキャストキット
『FT-7』トランペッター 1/48「MiG-21UB」改造
『ダッソー ミラージュ F1BQ』ハセガワ 1/72「ミラージュF.1C」改造

『NOSE ART QUEEN Vol.55 Flight Attendant Special』坂本くるみ 佐野真彩 近藤みやび



 次号の特集は「AGGRESSOR SQUADRON」。アグレッサー部隊の特集だ。
 ところで先週、電車の中でこの雑誌をペラペラ眺めてたら、いつの間にか隣に座ったおっさんがめっちゃ覗き込んでいた。寝てるのかと思ったらガン見。

 
グラマン F-14A トムキャット」タミヤ 1/48


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2017年 03月号 Vol.114

 

 SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2017年 03月号 Vol.114

 祖父は戦時中、ジャワ島で飛行機の整備をしていた。海軍だったことが関係あるのかどうかわからないが、陸軍の戦闘機のプラモを作って見せても全然気に入らないらしく、ふーんって感じだった(なぜかハセガワの1/72「隼」を見せたときのリアクションだけは微妙に良かった)。祖父にとって戦闘機といえば「零戦」一択、「あれは綺麗な飛行機だった」と言ってたのを何度か聞いた覚えがある。当然ごくたまーに買ってくれるプラモも零戦。見るからに作れそうにない1/32メタルパーツ入りとか、そんなのを買ってもらっていた。メタルパーツとかいらないから、せっかくの1/32なら「スピットファイア」が欲しかった。そんな祖父がジャワ島で整備してた飛行機は「九七式二号艦攻」(←固定脚)という結構レアな機体で、当時はプラモにもなってなかったのだが。

 小学生から見ても陸軍機が華やかに見えるのは、ひとえに今回の特集の機体「飛燕」によるところが大きいと思う。マーキングもハデハデありハゲハゲありとバラエティに富んでるし、何よりスマートな機首の形状が異彩を放っている。今見ると錚々たる空冷の旧軍機の中にあって、なんとなーく居心地悪そうに見えなくもないのだが、実にわかりやすくかっこいい。
 というわけで、タミヤ1/48、アオシマ1/72と、最近国産の新キットが続々と発売されている「飛燕」の特集号である。前号の感想でタミヤの1/48メインって書いたけど、1/32〜1/72の新旧キットをチョイスした感じのいい特集になっている。下のリストの通り作例数はごく少ないが、物足りなさは全く感じなかった。完成度の高い各作例をじっくり見せる構成になっている。なかでも『改造しちゃアカン リターンズ!』のレベル1/32の飛燕は、繊細な工作と凄みのあるハゲハゲ塗装ですごいインパクトだった。このレベルの飛燕、実物は中古ショップの棚でしか見たことなかったんだけど、すごい出来のキットだ。あといつもこの雑誌は途中写真が少なくて寂しい的なことをグズグズ書いているが、今回はタミヤのキットをネタに途中写真たっぷり。1/48スケールでⅠ型丁の4面図も収録されている。

 特集以外の記事では唐突に載ってたハセガワ1/32の疾風がすごかった。リベットラインの凹が徹底的に表現されていて、外板がめっちゃ薄く感じられる。まさに実機はこんな感じ! って感じの説得力だった。



 - 作例リスト (掲載順) -

特集「飛燕」
『川崎 キ61 三式戦闘機 飛燕 Ⅰ型丁』タミヤ 1/48

連載記事『Alternative modeling garage Vol.12 フィギュア編 その1』
『バイカー フィギュア』セミスクラッチビルド 1/32 ※モノクロ記事

連載記事『改造しちゃアカン リターンズ!』
『川崎 キ61 三式戦闘機 飛燕 Ⅰ型丁』レベル 1/32

連載記事『飛ぶ理由 連載第32回』
『大日本帝国前衛武装艦 アンドロメダ AAA-1』フルスクラッチビルド 1/1000 ※小林誠によるオリジナルメカ

連載記事『ちっちゃいことは、いいことだ!』
『He162A サラマンダー』ブレンガン 1/144 ※モノクロ記事

特集「飛燕」
『川崎 キ61 三式戦闘機 飛燕 Ⅰ型丙』ハセガワ 1/32
『川崎 キ61 三式戦闘機 飛燕 Ⅱ型改 涙滴風防』アオシマ 1/72
『川崎 キ61 三式戦闘機 飛燕 Ⅰ型丁』アオシマ 1/72

『中島 キ84 四式戦闘機 疾風』ハセガワ 1/32

連載記事『夢見る翼 NO.52』
『バニラエア エアバス A320』ハセガワ 1/200

『NOSE ART QUEEN Vol.54 Flight Attendant Special』坂本くるみ 佐野真彩 近藤みやび



 今回の中身とは関係無いけど、裏表紙のハセガワ1/72「二式大型飛行艇」が素晴らしくいい感じ。あとモデルカステンからギャル子ちゃんが出るらしい。次号の特集は「イラン空軍」。


日本陸軍 川崎 三式戦闘機 飛燕 Ⅰ型丁」タミヤ 1/48


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2017年 01月号 Vol.113

 

 SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2017年 01月号 Vol.113

 今月号の特集は「SA Convention 2016 Announcement」、SAコンの結果発表だ。お題は「F-14」。下のリストを見ると結構作例が多いようにも見えるけど、連載記事を除くとほとんどは応募作品で、今回作例自体はごく少ない。ほぼ上位入賞作品の写真集みたいな感じになっている。応募総数124点の中で頂点を極めたのはハセガワ1/48「F-14A」、表紙に載ってる機体だ。ぱっと見、ケレン味のないクリーンな感じの作品だが、よくよく見ると各部に手が入れられ、機体全面には筆塗りによる微妙なウェザリングが施されている。やっぱりハイビジの機体はかっこいい。
 他にも超精密な(ハッチオープン)レベルの1/144「F-14A」、あまりしっかりした完成品を見かけないハセガワの「たまごひこーき」などが特に印象に残ったが、人気機種だけに気合の入った作品が多かったように思う。タミヤ1/48の発売ともう少しタイミングが合っていれば、応募作品はさらに増えたに違いない。主要な入賞作の他はモノクロのページに切手サイズの画像で紹介されている。

 連載記事はいつもながら見応えのあるものだった。『夢見る翼』の作例はローデンの1/144『ダグラス DC-7C』。味わい深いJALの機体。ダグラスの最後のレシプロ旅客機である。前に書いた気もするが、ローデンのこのシリーズはパッケージのイラストが面白いので、作るかどうかはさておきついジャケ買いしてしまう。今回の作例では別売&自作デカールが用いられている。モノグラム分の多い『改造しちゃアカン リターンズ!』では、今回もモノグラム の1/48「F-105G サンダーチーフ」をチョイス。機体の形状自体はキットのまま、徹底的にディティールアップが施されており、凄みのある塗装と相まって非常に見応えのある作例となっている。



 - 作例リスト (掲載順) -

特集「SA Convention 2016 Announcement」
『グラマン F-14A トムキャット ファイナルカウントダウンVer.』ハセガワ 1/48
『グラマン F-14D トムキャット』ホビーボス 1/72
『グラマン F-14A トムキャット』ホビーボス 1/48 ※ジオラマ作品
『グラマン F-14B トムキャット』タミヤ 1/32「F-14A」改造
『グラマン F-14A トムキャット イラン空軍』ハセガワ 1/72
『グラマン F-14AN Nekomata』モノグラム 1/48「F-14D」改造
『ヴォート V-507』ハセガワ 1/48「F-14D」改造
『グラマン F-14D トムキャット Black pearl Bunny』ハセガワ 1/48
『グラマン F-14A トムキャット VF-154 BLACK KNIGHTS』レベル 1/144
『たまごひこーき F-14』ハセガワ ノンスケール改造
『たまごひこーき F-14』ハセガワ ノンスケール改造

「MINAMI-CON 2016」

『中島 J1N1-Sa 月光 11型甲』タミヤ 1/48 ※ジオラマ作品

連載記事『夢見る翼 NO.51』
『ダグラス DC-7C』ローデン 1/144

連載記事『飛ぶ理由 連載第31回』
『ヴァンシップrealtà』フルスクラッチビルド 1/6 ※小林誠によるオリジナルメカ

連載記事『ちっちゃいことは、いいことだ!』
『F-14D Super Tomcat』レベル 1/144 ※モノクロ記事

連載記事『Alternative modeling garage Vol.11』
『ハーレーダビッドソン WR』セミスクラッチビルド 1/32

連載記事『改造しちゃアカン リターンズ!』
『リパブリック F-105G サンダーチーフ』モノグラム 1/48

特集「SA Convention 2016 Announcement タミヤ1/48 F-14Aトムキャット部門」
『グラマン F-14A トムキャット』タミヤ 1/48
『グラマン F-14A トムキャット』タミヤ 1/48 ※NASA仕様機
『グラマン F-14A トムキャット』タミヤ 1/48改造 ※試作初号機

特集「SA Convention 2016 Announcement Exhibition」
『米国海軍 原子力空母 CVN-68 ニミッツ』ピットロード 1/700
『F-14J改 航空自衛隊 第3飛行隊』タミヤ 1/32「F-14A」改造

『NOSE ART QUEEN Vol.53』永尾まりや



 次号の特集は電撃発表されたタミヤの1/48キットをメインにした「川崎 三式戦闘機 飛燕」。最近タミヤすごいな。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2016年 11月号 Vol.112

 

 SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2016年 11月号 Vol.112

 特集は「巨人機の時代」。第二次世界大戦以後の米軍の大型爆撃機(試作機含む)の特集だ。でかい爆撃機には他の機種にはない見応えがあるから、そればっか集めた今回の特集は、前号に続いてとても充実した内容になっている。それぞれの製作者の個性がよく出た作例は眺めているだけでも楽しいので、爆撃機はあまり……って人にもオススメできると思う。
 今回の作例で最もスケールのでかいキットは1/32の「B-17」(全幅約1m)、表紙に載ってる機体だ。無塗装の実機はもっとギラッとしたイメージだけど、作例は使い込んだアルマイトのヤカンみたいな質感で、ぐだぐたにくたびれた雰囲気。実機云々はさておき、モノとしての充実感がある。金属色の部分も筆で塗られている。
 特集の作例はこの1/32の「B-17」を筆頭に、1/48が2例、1/72が6例。1/48はともにモノグラムのキット「B-24J」「B-29」で、1/72にはノースロップの全翼機「YB-35」や、個人的に目玉の「XB-70」が含まれる。でかいキットばかりで壮観だ。もちろんでかいばかりではなく、どの作例も細かく手が入れられている。なかでも1/72の「B-52」「B-1B」は超精密なディティールアップが施され、怖ろしげな仕上げも素晴らしかった。それから「XB-70」。見るからにモノモノしい機体の並びの最後に「XB-70」の純白の機体が美しい。

 39年も寝かせた末に晴れて完成にこぎ着けたという「B-29」の記事には、色々モヤモヤと思うところがあった。今回の作例の中で唯一キットを持ってる「XB-70」は、作る場所も飾る場所もないからってことで、積んだままになっている。「B-29」は作りかけだったらしいが、うちの「XB-70」は買ってきて中を眺めただけだ。最近はとみにそんな扱いのキットが増えてしまっている。……やっぱプラモはちょこっとずつでも作らないとなー。



 - 作例リスト (掲載順) -

『ボーイング B-17G フライングフォートレス』HKモデル 1/32

連載記事『改造しちゃアカン リターンズ!』
『コンソリデーデッド B-24J リベレーター』モノグラム 1/48

『ボーイング B-29 スーパーフォートレス』モノグラム 1/48

「世界一ヤバい1/72トムキャットを作るための一番冴えた方法はこれだ!」
「グラマン F-14A トムキャット」ハセガワ 1/72+スケールアヴィエーションデカール ※デカールの紹介。モノクロ記事

連載記事『Alternative modeling garage Vol.10』
『ポルシェ 356A スピードスター』トミー 1/32

「New Kit Review」
『グラマン F-14A トムキャット』タミヤ 1/48

連載記事『夢見る翼 NO.50』
『ボーイング 747SP』プラッツ 1/200 ※レジンキット

連載記事『飛ぶ理由 連載第30回』
『ツァーリ・ボンバー』フルスクラッチビルド 1/72 ※小林誠によるオリジナルメカ

連載記事『ちっちゃいことは、いいことだ!』
『B-58A “Recorb Setter”』ホビークラフト 1/144 ※モノクロ記事

『ノースロップ YB-35 フライングウィング』イタレリ 1/72
『コンベア B-36H ピースメーカー』モノグラム 1/72
『ボーイング B-47E ストラトジェット』ハセガワ 1/72
『ボーイング B-52D ストラトフォートレス』モノグラム 1/72
『ロックウェル B-1B ランサー』レベル 1/72
『ノースアメリカン XB-70 バルキリー』イタレリ 1/72

『NOSE ART QUEEN Vol.52』早瀬あや



 次号の特集は「SA Convention 2016 Announcement」、SAコンの結果発表だ。お題は「F-14」。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2016年 09月号 Vol.111

 

 SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2016年 09月号 Vol.111

 夏といえば海! ってことで、前号の水上機特集に続いて、今回の特集は「飛行艇読本 2016」。夏らしい。表紙の「サボイア」のかっこよさに、中身を見る前から期待が高まる。サボイアはこれまでにも何度か表紙を飾ってきたし、過去には今回と似た感じで木目を強調した作例も載っていたが、個人的には今回の作例が一番好みだ。単に木目が描かれているだけじゃなくて、第一次大戦機みたいに隠蔽力の弱い赤の下に木目が透けて見える表現がされているのが素晴らしい。やっぱこのあたりのキャラクターものは、それらしさの演出が超重要だってことがよくわかる。

 今回の特集には下のリストの通り、イギリス機を中心に多数の飛行艇が収録されている。マイナーな機体が多いためレジンキットが多い。どの作例も美しく仕上げられていて、単品あり、ジオラマありと非常に充実している。なかでも木目を再現した作例が、上記のサボイアの他にも何例かあって(『スーパーマリン サザンプトン Mk.1』『スーパーマリン シーガルⅢ』)とても見ごたえがあった。
 というわけで、ぼんやり眺めているだけでも楽しい一冊になっているのだが、反面、いつもの通り途中写真はほとんど無く、製作記事もキャプションだけというフォーマットなので(キットの状態も分からない)、今回の特集のために作例を作ったというより、できてるのを集めてきた感が強い。作品集としては問題ないのだが、模型雑誌としてはそのあたりが少々物足りなかった。途中写真etcがないのはいつものことだけど、1/72のレジン製の飛行艇がぞろぞろ載っているので、せめて一例くらいはじっくりと制作過程を見せる記事があっても良かったと思う。あと、飛行艇といえば〜って感じのイタリアの機体が載ってないので「飛行艇読本 Part2」に超期待。



 - 作例リスト (掲載順) -

『ショートランド Mk.Ⅲ』イタレリ 1/72
『スーパーマリン ストランラー』マッチポックス 1/72
『スーパーマリン サザンプトン Mk.1』シルバーウイングス 1/72 ※レジンキット
『ソンダース・ロー A.29 クラウド』バロム 1/72
『スーパーマリン シーライオンⅡ』カラヤ 1/72 ※レジンキット
『スーパーマリン シーライオンⅢ』カラヤ 1/72 ※レジンキット
『スーパーマリン シーガルⅡ』カラヤ 1/72 ※レジンキット
『スーパーマリン シーガルⅢ』カラヤ 1/72 ※レジンキット
『スーパーマリン シーミュー』カラヤ 1/72 ※レジンキット
『スーパーマリン ウォーラス Mk.1』マッチポックス 1/72
『フェアリー ソードフィッシュ Mk.1 水上機型』タミヤ 1/48 ※ジオラマ作品
『サボイア S.21 試作戦闘飛行艇』ファインモールド 1/72 ※ジオラマ作品

連載記事『ちっちゃいことは、いいことだ!』
『ボーイング 314 クリッパー』エアフィックス 1/144 ※モノクロ記事

『ノースアメリカン F-86D セイバードッグ』ドイツレベル 1/48

連載記事『飛ぶ理由 連載第29回』
『ブラックバード』フルスクラッチビルド 1/48 ※小林誠によるオリジナルメカ

連載記事『改造しちゃアカン リターンズ!』
『グラマン J2F-1 ダック』クラシックエアフレーム 1/48

『ベリエフ Be-12 チャイカ』モデルズビット 1/72
『ドルニエ Do26D』Aモデル 1/72

『NOSE ART QUEEN Vol.51』鈴木咲



 次号の特集は「巨人機の時代」が予定されている。これまた楽しそうな特集。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)