Tag『「超」怖い話』 1/4

久田樹生『「超」怖い話 怪神』

No image

  久田樹生『「超」怖い話 怪神』竹書房 2014 竹書房文庫 HO-218 罰当たりキャラが頻繁に登場する実話怪談には、因果応報の法則に則った話が多い。神社仏閣や墓地を心霊スポットとして突撃、酷い目にあった、なんて話はその最たるものである。この本はそんな因果応報をテーマにまとめられている。タイトルには「神」とあるけど、神仏にまつわる話の他にも、幽霊、狐狸妖怪の話、なんだかよく分からないものを見た、聞いた、感じ...

  •  0
  •  0

渡辺正和『「超」怖い話 鬼市』

No image

  渡辺正和『「超」怖い話 鬼市』竹書房 2013 竹書房文庫 HO-163 凄みのある表紙のイラストに負けず劣らず、中身も充実した一冊だった。目立った特徴としては、各エピソードが関連のあるモチーフやシチュエーションごとにゆるくまとめられている点だ。この構成は似た傾向の話が連続しても退屈させないという著者の自信の表われだろう。あと器物の怪談が多いのも特徴。全27編収録。印象的な話が多かったが、気になったエピソード...

  •  0
  •  0

深澤夜『「超」怖い話 鬼胎』

No image

  深澤夜『「超」怖い話 鬼胎』竹書房 2014 竹書房文庫 HO-215「き‐たい【鬼胎】 1. おそれ。心配すること。「―を抱く」 2. 子宮内の胎児をおおう胎盤絨毛膜の異常増殖によって起る病。子宮内容は小嚢状の塊となって、葡萄状となり、胎児は全くその姿を消す。奇胎。胞状鬼胎。葡萄状鬼胎。」 不気味、奇妙、奇怪、少々風変わりな実話怪談集。長めの話、18話が収録されている。特徴的なのは幽霊がほとんど出てこないところで、...

  •  0
  •  0

「竹書房 夏のホラー文庫フェア」について

No image

「物忘れはしない」なんて書いてある下の記事に、見事に書き忘れたことがあったので書いときます。 今、竹書房の「ホラー文庫フェア対象商品3点」を購入すると、もれなく特製冊子「実話怪談傑作選2016」が貰えるフェアが実施されてます。全プレです。応募には今年「6、7、8月発売の新刊及びフェア対象の既刊文庫の帯折り返しについてる応募券」が3枚必要。帯の端に付いてる三角形の応募券です。締め切りはもうすぐで、9月30日当日...

  •  0
  •  0

加藤一『「超」怖い話 申』

No image

  加藤一編著, 久田樹生, 渡辺正和, 深澤夜共著『「超」怖い話 申』竹書房 2016 竹書房文庫 HO-263 この本の感想は今年初めに書いたつもりでいたのだが、記事がどこにも見当たらなくてびっくりしてしまった。書くには確かに書いたはずで、書き終えてから付箋もはがしたし、後からもう一度読み直したりしている。アップロードし忘れたのか、アップロード時に何かミスをしたのか。我ながら忘れ物はやや多いが、物忘れはしない奴だ...

  •  0
  •  0

樋口明雄『新「超」怖い話』

No image

 樋口明雄編著『新「超」怖い話』勁文社 1993 勁文社文庫21 Q-019 勁文社文庫版『「超」怖い話』、シリーズ3冊目の本。この巻から後に編著者となるデルモンテ平山(平山夢明)が参加している。ちょっとややこしいので整理しておくと、勁文社文庫の本シリーズは、『「超」怖い話』→『続「超」怖い話』→本書『新「超」怖い話』→『新「超」怖い話2』→『新「超」怖い話3』〜という順で全11冊が刊行されている。ちなみに『新「超」怖い...

  •  0
  •  0