江戸川乱歩『人でなしの恋』/『木馬は廻る』

 江戸川乱歩『人でなしの恋』
 江戸川乱歩『木馬は廻る』(『江戸川乱歩推理文庫〈5〉陰獣』講談社 1987 所収)

 エロっぽい人形というと、球体関節人形。そりゃ魔改造フィギュアやラブドールもエロいけど、こればかりは刷り込みみたいなものだからしょうがない。エロい。あのぐりっとした球体パーツがエロエロしいオーラのもとになってるような気もするが、あまり掘り下げないでおく。で、球体関節人形といえばハンス・ベルメール、伝統的な構造の人形を倒錯的に作り変えた「始祖」だ。しかし人形愛の人かというと、そうでもないイメージ。日本では四谷シモン。ベルメールにインスパイアされた先駆的な人形作家で、こちらは自身が認める人形愛まっしぐらな人である。
 ベルメールの作品はヒンデンブルクが爆発した1937年に日本で紹介されている。四谷シモンがベルメールの作品を初めて見たのは1965年のことだったらしい。以来、日本製の球体関節人形は、ベルメールを始祖として頂きながらも、四谷シモンの強い影響のもとに連綿と作り続けられることになる。
 ネット上ではレディ・メイドのスーパードルフィーなども含め、多くの人形作家によって生み出された人形の画像を見ることができる。どの人形も美しく、神秘的な雰囲気を漂わせていて、オブジェのように展示されているものもあれば、個性的な衣装で飾られ、相当慈しまれてるなーってことが伝わってくる人形も多い。こうした人形たちが程度の差はあれ疑似恋愛の対象になり得ることは想像に難くない。中には『人でなしの恋』の浮世人形のようなヘビーな愛され方をしている人形がいるかもしれない。
 面白いのは、さかのぼればベルメール由来の外貌を備えたそれらの球体関節人形が、機能や取り扱いの点で伝統的な人形に先祖返りしていると思われることだ。わりと言及されることが少ないが、ベルメールの人形2体のうち先に作られた個体、初号機には、素晴らしいギミックが搭載されていた。人形のヘソから体内を覗くと、電球で照らされたパノラマが見えるのだ。そこには6部屋に区切られた円環状のケースが収められていて、一つ一つの小部屋がそれぞれパノラマを内蔵しており、乳首を押すと場面が切り替わった。この初号機については製作の過程が克明にドキュメントとして残されているので、作りかけの装置を確認することができる。
 ベルメールの『人形のテーマのための回想』には下に貼った装置の図(※1)が載っていて、内蔵されたパノラマに関して次のような解説がされている。「パノラマは、小さなオブジェ、物質、悪趣味な色彩写真から生まれてきたものである。6つのそれぞれ色違いの小さな懐中電燈用電球が、順ぐりに必要な照明を供給する。」(※2) この電飾を施したのはベルメールの弟らしい。また『ベルメール写真集』では編著者がパノラマの様子をもう少し具体的に記している。謂く「このパノラマは、六つの色つき豆電球が照らし出す、北極の海に沈む船や少女たちの痰で飾られていると称されるハンカチや砂糖菓子やエピナル版画〈中略〉を収めた六つの箱から成っている」(※3)

2017090401s.jpg

「《Musée》personnel」(1948)と題された写真がある。小物の並んだ飾り棚をモチーフとして選んだ、ベルメールのファンにはとても興味深い写真である。そこに並んでるのはおそらく彼の宝物なのだろう。ブリキの長靴を履いた猫、ミシンのミニチュア、ミニョネット3体、アフリカっぽいお面のミニチュア、カラフルな何か(ビーズ?)が入ったガラス瓶2本、ジャイロスコープ、根付けっぽい人形、赤いダイス、蒸気自動車のミニカー2台などなど、めっちゃ趣味がいい。いかにも宝物になりそうなものばっかりのラインナップだ。母親から幼年時代の思い出の品々が詰まった大きな箱が送られてきた、なんてことがあったらしいから、飾り棚に並んだいくつかは、その箱に入っていたものかもしれない。そして人形の体内には、当然、上記のような細々とした玩具の類いが収められていたのだろう。バカバカしくて、無邪気で、個人的で、実にノスタルジックなギミックである。
 ちょっと前にTVで霊能者っぽい人が、人の形をしてるのに中が虚ろ、だから人形には何かが憑きやすい的なことを言っていた。そういったスピリチュアルな妖しさが人形の大きな魅力であることは間違いない。しかしベルメールの人形にはきっと何も憑かないだろうなって気がする。ベルメールは一貫して人形をおもちゃとしていじくりまわし、それを撮影した。腹部に球体パーツを持つ二体目の人形(おっぱいが可動する2号機)にいたっては、バラバラのまま、ゲッターロボみたいに無茶な合体分離をさせたあられもない姿が多くの写真に収められている。

『人でなしの恋』は美しい一体の人形がでろでろに愛され、粉々に破壊される歪んだ愛欲の物語で、人形愛を題材にしたものとしては古典中の古典って感じの作品だ。著者自身、結構気に入っていたらしく、後年映画にもなってるし漫画化もされている。『木馬は廻る』は回転木馬の真ん中に突っ立って、ラッパを吹くことを生業にする中年男の切ない恋の話である。アウトラインは以前感想を書いた『踊る一寸法師』(←前の記事へのリンクです)と似るが、この作品にはエログロい要素は皆無。ろくに犯罪さえ起こらない。怪談でもない。それでも自分はこの作品が特に好きだ。ケレン味がない分、著者の筆力をより確かに感じることができる。見たこともない場末の「木馬館」の光景が、まるでヘソの穴から覗いたパノラマみたいに目に浮かぶ。ストレスでパンパンになった男が、なすすべもなく、ただ狂ったようにラッパを吹き鳴らす。それはなんとも痛々しく、切なく、ノスタルジックな光景である。


 ※1. ハンス・ベルメール(Hans Bellmer)著 種村季弘,瀧口修造訳『イマージュの解剖学』(“Anatomie de l'image”)河出書房新社 1975 p.21
 ※2. 同上 p.20
 ※3. アラン・サヤグ(Alain Sayag)編著 佐藤悦子訳『ハンス・ベルメール写真集』(“Hans Bellmer Photographe”) リブロポート 1984 p.15

 参考 Harry Jancovici, Bellmer : dessins et sculptures, Paris, La Différence, coll. « L'autre musée », 1983. 「《Musée》personnel,1948」が載ってます。



『江戸川乱歩推理文庫〈5〉陰獣』
 講談社 1987
 著者:江戸川乱歩
 解題:中島河太郎
 巻末エッセイ・乱歩と私:和久峻三(作家)「少年時代の私の乱歩」

 収録作品
 『踊る一寸法師
 『毒草
 『覆面の舞踏者』
 『灰神楽』
 『火星の運河』
 『モノグラム』
 『お勢登場』
 『人でなしの恋
 『鏡地獄』
 『木馬は廻る
 『陰獣』

 ISBN-13:978-4-0619-5205-8
 ISBN-10:4-0619-5205-6


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

江戸川乱歩『湖畔亭事件』

 

 江戸川乱歩『湖畔亭事件』(『江戸川乱歩推理文庫〈3〉湖畔亭事件』講談社 1988 所収)

 主人公の趣味は覗き。それもがっつり装置を設えて挑む凝りに凝った覗き。自称「レンズ狂」。学校を卒業して、別段勤め口を探さねばならぬ境遇でもなく、なにがなしブラブラと暮らしている。趣味と合わせてなかなかのクズっぷりである。そんな彼がH山中のA湖畔にある「湖畔亭」という旅館に静養に出かけることになった。神経衰弱症を患ったのである。家族の勧めに従って、とはいうものの体のいい厄介払いだったのだろう。
 しばらく旅館の二階の部屋で、何をするでもなくぼやーっと過ごしていた主人公だったが、やがて悪いムシが騒ぎはじめた。幸か不幸か愛用のグッズ「覗き目がね」はしっかりトランクの底にある。旅館だけに獲物はよりどりみどりだ。早速、複雑に屈曲したシュノーケル状の「覗き目がね」を、湯殿の脱衣場に向けてセット。部屋にいながらにして快適な覗き生活を満喫する主人公だったが、あるときとんでもないものを目撃してしまう。脱衣場で女が刺されたのだ。犯人も被害者も不明。大量の血痕が発見され警察が呼ばれたが、捜査は進展しない。主人公は同宿していた洋画家の「河野」とともに、犯人を探しはじめた。なにせ主人公は犯行の決定的な瞬間を目撃しているのだ。

 この作品、ドラマの方を先に見てたので、この原作を読んでびっくりした。マジで全然違ってる。地下の水槽も、中継モニタも、スワンボートもない。何よりこの作品には明智探偵が出てこないのだ。原作だと言われてもわからないレベル。
 明智君に代わって本作で推理を披露するのは、青年画家の「河野」。主人公との関係性も含めて、なんとなくD坂の頃の明智探偵を彷彿とさせる。主人公はレンズ、幻灯(スライドみたいなやつ)、覗きに熱中する高等遊民で、乱歩作品の主人公にもってこいの好キャラである。自作にやたら厳しい著者は本作について「最初の部分はいくらか面白くかけたが、全体的には無理に辻褄を合わせたという外語るべきこともない〜」などといつものトーンで評しているが、主人公の開き直ったような独白は非常にキャッチーで、彼がいかにして仄暗い趣味に耽溺するようになったかを語るくだりには多くのページが割かれ、暗闇に浮かぶ幻灯のような〜と形容されるレンズの向こうの描写には、事件そのものや推理のパート以上に著者の熱気が感じられる。
 事件はわりと複雑な犯人と死体探しで、最後にどんでん返しがある。正直、河野の長い謎解きを読んだ後も全然ピンとこなかったのだが、サスペンスの点において本作のメインは覗きがばれそうでやばいってハラハラ。主人公がバカすぎて気が気じゃなかった。他人事ながら「早くシュノーケル片付けろよ!」って何度も思ってしまった。

 それにしてもドラマ。最近またまた見返す機会があったのだけど、なぜあんな感じになったのかさっぱり分からない。分からないけど、ドラマの方もしっかり面白かったので、後日そっちの感想も書こうと思う。



『江戸川乱歩推理文庫〈3〉湖畔亭事件』
 講談社 1988
 著者:江戸川乱歩
 解題:中島河太郎
 巻末エッセイ・乱歩と私:佐野洋(作家)「ある命日のこと」

 収録作品
 『闇に蠢く』
 『湖畔亭事件』

 ISBN-13:978-4-0619-5203-4
 ISBN-10:4-0619-5203-X


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

江戸川乱歩『虎の牙』

 

 江戸川乱歩『虎の牙』(『江戸川乱歩推理文庫〈33〉虎の牙/透明怪人』講談社 1987 所収)

 舞台は世田谷の屋敷町。そこに「魔法博士」と名乗る派手な格好をしたおっさんが越してきた。フサフサした髪の毛を黄色と黒の虎縞に染め、太いべっこう縁の眼鏡をかけている。近所の子供達は魔法博士が披露する見事なマジックに魅せられ、博士の洋館へと招かれた。子供達の中には少年探偵団の「小林少年」と、その親戚「天野勇一」君という小学生がいたが、ショーの真っ最中に勇一君が連れ去られてしまう。犯人は魔法博士。最初から勇一君に狙いを定めての犯行だろう。
 勇一君の行方は杳として知れず、頼りの明智探偵はここしばらく病気で臥せっている。そんな状況下で少年探偵団に巨大な虎の影が忍び寄る。

 少年に対する悪質な犯罪に血道をあげる「怪人二十面相」がまたしても登場。全体にゆるい印象の本作だが、二十面相は怖かった。ストーリーが相当進んでも、まともな犯行動機が全然見えてこないのだ。度を越した嫌がらせじゃねーかこれって思ったら、本当にそんな感じだったからびっくりした。いかれてる。「怪人二十面相」というネーミングには、もともと「怪盗」にするつもりが、時節柄「盗」の文字が使えなかったので「怪人」にしたという逸話が残されているが、本作の二十面相はまさに「怪人」そのもの。スマートな怪盗ルパンというより、殺しはしないものの、ぶっ壊れ具合はジョーカー(←バットマンの)を彷彿とさせる。

 劇中には小手先のものから大掛かりなものまで、数多くのマジック・トリックが散りばめられている。もっとも大掛かりなのは「館」のトリックで、これは著者の『類別トリック集成』(『続・幻影城』所収)において「[第六]その他の各種トリック(九三例)」の中の「(8)「二つの部屋」トリック」に分類されるトリックである。あまり推理小説読まない自分にも同様のトリックを用いた作品にはいくつか覚えがあるし、ドラマやコミック、アニメでも見たことがある。コナンの歯医者の話とか。もとは古いけど、その時代背景に沿ってカスタムしやすい、古びないトリックなのだろう。この作品が発表された昭和25年当時の読者は、明智の種明かしにきっと驚いたに違いない。それから地下道での消失トリックも面白かった。風船ぶっこ抜き。
 タイトルにもなってる虎については、終始さすがに「虎」が本物かどうかは分かるんじゃないかなー、と思いながら読んだ。もちろん続刊で披露されるとんでもない仮装に比べれば、まだまだ全然おとなしいけど。ちらっと見かけたとか、望遠鏡で見たとかじゃなくて、がっつり見て触って、跨がったりしてるし。やっぱりゆるい。本文挿絵は山川惣治。

 少年探偵団といえば、今期『TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より』ってアニメやるらしい。まだ見てないけど楽しみ。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

江戸川乱歩『暗黒星』

 江戸川乱歩『暗黒星』(『江戸川乱歩推理文庫〈22〉暗黒星』講談社 1988 所収)

 震災を免れた東京の麻布は、古びた建物や瓦礫が点在する淋しい地域である。そこには風変わりな資産家が暮らす西洋館があった。災厄の前兆はごく些細な出来事だった。館の室内の小物がいつの間にか移動しており、資産家の長男は家族が殺害される夢をたて続けに見た。気に留めなければなんて事のない出来事。ところが長男が見た夢の通りの事件が発生したのである。まず長男が生死に関わる深手を負い、駆けつけた明智探偵によって危うく一命を取り留める。目撃された犯人は覆面にインバネスコートをまとった黒ずくめの男。明智が警戒にあたるなか、資産家の妻と次女が次々に惨殺され、明智もまた犯人の放った凶弾に倒れた。館の塔に夜な夜な出入りし、明らかに不審な行動をとった長女こそが犯人だと思われたのだが……。

 この作品はヨーロッパで第二次世界大戦が勃発した昭和14年、雑誌『講談倶楽部』に丸々一年かけて連載されている。著者が「陰栖の決意をなす」と記した年の作品で、時節柄色々な配慮を必要としたのか、あまり調子の出ない執筆だったようだ。確かに得意のエログロいシーンは皆無で、いわゆる「本格探偵小説的」な要素も希薄である。トリック(アリバイトリック)については明智探偵の解説を読むまで皆目分からないが、普通に読んでいても最初の夢のシーンで犯人の目星がついてしまう。巻末の解説には著者の言葉が載っていて、「まことに熱のない、長くもないくせに冗長な感じ」なんて書かれている。

 これは自分が古めの怪奇小説が好きなせいもあると思うが、この『暗黒星』は乱歩の長編の中でも好きな作品の一つだ。塔のあるお城みたいな洋館なんてゴシック小説の舞台そのまんまだし、冒頭のフィルムが焼けるシーンはまさに怪奇小説って感じの見事な不吉さである。焼けただれていく美男美女の顔貌が、映像のように鮮やかに浮かぶ。派手なギミックがない代わりに、文章はいつもより微妙に格調高く感じられるし、熱血な熱さはないけれど底の底の方にインモラルな火種が青白く燻っている。姉妹の扱いの雑さには驚かされてしまうが、明智探偵と長男の感応は細やかに、じっくりと描かれていて妖しい雰囲気満点。

 タイトルの「暗黒星」については劇中、明智探偵によって「暗黒星というのは、まったく光のない星なんだ。(中略) 今度の犯人は、つい眼の前にいるようで、正体が掴めない。まったく光を持たない星、いわば邪悪の星だね」(p.176-177) と説明される。以前感想を書いたSF小説に『暗黒星』(“The End of the World” ←前の記事へのリンクです)という作品があって、著者は黒岩涙香によるその翻案に『「暗黒星」について』(『子不語随筆』所収)という解説を書いている。それが本作のタイトルの元ネタかと思われるが、相変わらずネーミングセンスは抜群だ。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

江戸川乱歩『悪魔の紋章』

 江戸川乱歩『江戸川乱歩推理文庫〈21〉悪魔の紋章』講談社 1988

「一家を皆殺しにする。」会社取締役の「川手氏」はここ一ヶ月ほど、そんな脅迫を受け続けていた。ところがいくら記憶をたどっても、脅迫者に心当たりがない。そこで法医学者で探偵としても名高い「宗像博士」に捜査を依頼したのである。
 最初の犠牲者は宗像博士の助手の一人だった。続いて脅迫状の予告の通りに、川手氏の次女が殺害される。死体を衛生博覧会の会場に晒すという残酷な手口だった。犯人らしき人物が目撃されたが、その行方は杳として知れない。ただ現場には明瞭な手掛かりが一つ残されていた。それは三重渦状の指紋、「悪魔の紋章」である。この三重渦状紋は動員された捜査陣をあざ笑うかのように、悲しみに暮れる川手氏の周囲で次々に発見される。そして第三の殺人が発生する。川手氏の長女が殺害されたのである。悪魔的な犯人の手口に、常に後手に回ってしまう宗像博士と捜査陣。犯人の狙いは残すところ川手氏ただ一人となった。

 今回、明智探偵は朝鮮半島へ出張中。明智シリーズなのに最後の最後まで明智は出てこない。ずーっと連続殺人犯の暗躍と、それに右往左往する捜査陣が描かれている。全編の九割くらいが犯人の圧勝なので、犯人と探偵の好バトルを期待していると少々物足りないかもしれない。それでも展開は抜群に速いし、いちいち犯行が凝っているから、最後まで飽きずに楽しむことができた。
 犯行の手口はこれまでの乱歩作品から、美味しいとこだけ摘んだ感じ。一つ一つのシーンをじっくりとみれば、さすがにオリジナルの雰囲気には及ばないけど、「衛生博覧会」が舞台だったり「鏡地獄」に迷い込んだりと、「全部盛り」の豪華さがある。またガストン・ルルーやモーリス・ルブランの作品から着想を得たところがあるらしい。残念ながら自分はルルーの作品では『オペラ座の怪人』(“Le Fantôme de L'Opèra”)と「恐怖夜話」(“Histoires épouvantables”)くらいしか読んだことがなくて、ルブランに至っては名前とタイトルしか知らない。なのでその辺の事については全然書けないが、古典的な推理小説の読者にはより楽しめることと思う。

 最後にようやく明智探偵が登場して(最初はその辺の誰かに化けているんじゃないかと思ったけど、本当に出張に行ってた)、解決編に突入する。ここまでのところで、きっとほとんどの読者には主犯の見当がついてるに違いないが、明智の鮮やかな解決ぶりにはカタルシスが感じられる。もしも見当が付いてないなら尚更。あと些細なポイントだが、指を切り落としたキャラの死に関して、多分あいつがやったんだろうなーって感じで雑に読んでしまっていたが、明智探偵の考察には本当に感心させられた。おかげで読後感はスッキリ。



『江戸川乱歩推理文庫〈21〉悪魔の紋章』
 講談社 1988
 著者:江戸川乱歩
 解題:中島河太郎
 巻末エッセイ・乱歩と私:内田康夫(作家)「乱歩からの逃走」

 ISBN-13:978-4-0619-5221-8
 ISBN-10:4-0619-5221-8


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

江戸川乱歩『少年探偵団』

 江戸川乱歩『少年探偵団』(『江戸川乱歩推理文庫〈31〉怪人二十面相/少年探偵団』講談社 1987 所収)

 東京に黒い魔物の噂が広がった。影のような怪人物があちこちに現れ、人々を驚かせては消える。他愛のない悪戯のようにも思われたが、後に恐るべき犯罪を企んでいたことが判明する。少年探偵団の団員の家から、貴重なインドの宝石が盗み出されたのだ。現場で目撃されたのが、その「黒い魔物」。
 もともとインドの仏像の額に嵌め込まれていた宝石には、インド人によって呪いがかけられており、宝石の持ち主は絶えず真っ黒な奴に狙われると伝えられていた。そして持ち主の家に女の子がいると、誘拐され、人知れず殺されてしまうのだという。そこで「小林少年」はその家の5歳になる娘「緑ちゃん」の警護に乗り出したが、二人揃って謎のインド人の手に落ち、地下室で水攻めにされてしまう。水嵩はどんどん増し、やがて小林少年は緑ちゃんを背負って泳ぎ始めた。果たして二人は脱出する事ができるのだろうか。

 怪人二十面相と少年探偵団+明智小五郎の2ndバトル。二十面相がストーカー化して少年探偵団をつけ狙う後年の作品群とは異なり、独自に活動する二十面相に少年探偵団が関わっていく展開。二十面相は怪盗稼業に専念していて、明智たちに目を着けられることがなければ、全てを謎のインド人におっ被せて、正体を明かすつもりさえなかったようだ。小耳に挟んだ呪いの伝説をもとに繊細(遠回り)な犯行計画を練り上げ、コツコツと実行する二十面相が怪盗らしくて好ましい。後の少々雑な犯行と比べると尚更である。劇中、彼の冴えっぷりを賞賛するのが、ほぼ彼自身だけってのが気の毒だけど。
 怪盗らしいと言えば、気球での逃走、マンホールからの逃走、犯行予告、地下の宝物室などなど、二十面相の怪盗ライフはお手本のような充実ぶりで、それに対する少年探偵団もBDバッジの活用や集団での変装など、シリーズ第二弾にしては相当組織立った活躍を見せる。作品の前半は怪盗の奇怪な犯行を、後半は探偵の活躍を中心に描く構成で、VSものとしての完成度は高い。どうにか逃げ延びようとする二十面相の悪あがきっぷりと、無情に攻め続ける明智探偵の攻防を最後まで楽しむ事ができた。惜しむらくは折角の小林少年の女装の描写が乏しい所か。

 ~ 大探偵時代、美しさを競いあう二つの花、その名を探偵と怪盗と言った ~



『江戸川乱歩推理文庫〈31〉怪人二十面相/少年探偵団』
 講談社 1987
 著者:江戸川乱歩
 解題:中島河太郎
 巻末エッセイ・乱歩と私:安部譲二(作家)「顔の大きな怪老人」

 収録作品
 『怪人二十面相
 『少年探偵団

 ISBN-13:978-4-0619-5231-7
 ISBN-10:4-0619-5231-5


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)