読書メモ(怪奇系多め/ネタバレあり)

感想文、雑記。ネタバレあります。

なかのゆみ『呪われた人形』

0 Comments
serpent sea
 なかのゆみ『呪われた人形』ひばり書房 1980 ヒット・コミックス 怪談シリーズ 115

 幼い「リサ」は寂しかった。家庭は裕福だったが両親は多忙で、同じ年頃の遊び相手もいない。だから庭の片隅で見つけた人形に「モモ」と名付け、いい友達になれるよう願った。モモは産まれてすぐに死んだ妹の名だ。ところがママがそんなモモを見て、驚くほど取り乱した。捨ててくるように絶叫した。
 夜、荒川沿いを走るママの車のヘッドライトに照らされて、捨てられたはずのモモの姿が浮かび上がった。車から飛び出して怯えるママ。そのの目の前でモモの顔が溶解していく。「ママ、私はあなたの子供だったモモなのよ」「こんな顔の私がうまれたのでママは私を殺したワ」「ママはまだうまれたばかりの私にぬれた綿をかぶせて、うつぶせにして殺したのヨ」「私は人間になりたい。この世で生きてみたい。私を殺したおまえみたいな女は殺してやる!」(p.35-37)
 時を置かずメッタ刺しにされたママの遺体が発見された。容疑者となった父親は発狂して病院に収容されたらしい。ひとりぼっちになったリサのもとに、モモが帰ってくる……。

 ここまでが全編の1/3くらい。人形モモの造形を除けばわりと古典的な人形怪談なのだが、ここから予定調和がぶっ壊れて、想定外のストーリーが展開する。プラン通りに途中まで書き終えたものの盛大にページが余ってる、んじゃ残りは行き当たりばったりで行くか! ってノリで書かれたような気がしないでもないが、楽しかったから全然OK。全く先が読めなくなる分、後半は特に面白かった。
 特徴的なのはモモの特殊なスキルだ。チャッキーみたいに凶器を振り回すのは最初だけで、中盤からじわじわと本領を発揮する。そもそもモモの望みは人として生きることなのだが、それには器となる人体がいる。モモのスナッチのスキルは人体に入り込んで乗っ取る(憑依する)という単純なものではなくて、人に触れられた部分のパーツをリサの肉体のパーツと置き換えるという特殊なものだ。「リサの肉体のパーツ」というのがえげつないところで、通りすがりの赤の他人がモモに触っても、リサの体が置き換えられてしまうのだ。終盤のリサは顔面を「神経もうぶ毛もない」爛れたモモの顔と置き換えられたため、佐清みたいなマスクを被って登場する。これがまたシュール。
 この身体のパーツの転移という優れたアイデアに対して、表現は全体にざっくりとした感じ。モモの顔だけとっても、爛れてるのか汚れているだけなのか、絵面からは判断し難い。ただ勢いはあるので一気に読んでしまう。散々えぐい目にあったリサによる締めのセリフは「変な人形を見たら気をつけましょうネ」という淡白なものだった。

 ヒバリ・ヒット・コミックスの他の作品と同様に、この作品も何度かタイトルやカバーイラストを変えて刊行されている。イラストはこの『呪われた人形』↓が一番かっこいいと思う。踊ってるポーズなのが呪いの人形モモ。

20180901901.jpg



『呪われた人形』
 ひばり書房 1980 ヒット・コミックス 怪談シリーズ 115
 著者:なかのゆみ

 ISBN-13:978-4-8280-1117-2
 ISBN-10:4-8280-1117-X

フィッツジェイムズ・オブライエン『あれは何だったか?』

2 Comments
serpent sea
 

 フィッツジェイムズ・オブライエン(Fitz-James O’Brien)著 橋本福夫訳『あれは何だったか?』(“What was it?” ラヴクラフト・他著 大西尹明, 橋本福夫訳『怪奇小説傑作集〈3〉新版』東京創元社 2006 創元推理文庫 所収) ※自分が読んだのは旧版です。

 わたしはニューヨーク二十六番通りの邸宅で暮らしている。この建物には二年ほど前から幽霊屋敷の噂があって、しばらく空き家になっていた。そこで好奇心旺盛な前の下宿の住人たちと一緒に越してきたのである。ところが期待していたような怪奇現象はさっぱり生じない。わたしは同じ悪癖の持ち主「ハモンド医師」とともにアヘンに溺れる怠惰な日々を送っていた。
 怖ろしい事件が発生したその日、わたしは早々と部屋に戻ってベッドに体を横たえた。すると待ち構えていたかのように、何者かがわたしの腹の上に落ち、骨ばった手で喉を締めあげてきたのだ。わたしは必死で抵抗し、ついに相手を捕縛することに成功した。あとはガス灯を明るくして、そいつの顔つきを確かめてやるのだ。

 バリエーションに富んだ怪談を収録したこの第3巻の中でもかなりユニークな作品。最初は普通の幽霊屋敷ものっぽく始まるが、ずらずら続くアヘンの記述にさては主人公の幻覚オチかよーと思い始めたところに、透明な怪物が賑々しく登場する。幽霊とかじゃなくて、実体のある怪物。素晴らしいのはまさにこの「実体のある透明の怪物」がバッチリ出てくるところで、主人公の幻覚オチじゃなくてほんとよかった。
 解説には「目に見えない怪異を精密に書いたものとして、よくモーパッサンの「ラ・オルラ」に比較されます」とある。シチュエーションをはじめ確かに共通点は顕著で、自分も『オルラ』(“Le Horla”)を連想した。ただ『オルラ』には怪物云々よりも、主人公のリアクションを精密に書いた作品という印象が強い。また同じ第3巻には最凶の巨大透明怪物が出てくる『ダンウィッチの怪』(“The Dunwich Horror”)が収録されている。さすがにあれと比べるにはジャンルが違いすぎるだろって気もするが、迫力こそ及ばないものの、本作の怪物も精密で実感たっぷりな描写に関しては勝るとも劣らないし、その薄気味の悪さは相当なものだと思う。
 面白いのは劇中での怪物の取り扱いで、縛る、撫で回す、晒す、最後には石膏で型取りまでしている。本作に限らず、見えなかったものが可視化していくプロセスには、単に怖いだけじゃなくて、得も言われぬワクワク感がある。→「そいつは人間そっくりのかっこうをしていた―いびつな、ぶかっこうな、醜悪な姿には相違なかったが、それにしても、人間だった。からだは小さく、身長は五フィート数インチ程度だったが、手足は比類のないほどのたくましい発達ぶりを示していた。(中略)この生物の人相は、吸血鬼ならこうもあろうと思われるほど凶悪をきわめていた。ちょっと見たところ、人間の肉でも常食にしていそうな顔つきだった」(p.154)
 古い心霊写真集に載ってた「石膏製の幽霊の腕」を覚えている人がいるかもしれないが、この作品はウィリアム・デントン教授がパラフィンと石膏を用いて、あの幽霊の型取りを始めるよりも前に発表されている。



『怪奇小説傑作集〈3〉新版』
 東京創元社 2006 創元推理文庫
 著者:ラヴクラフト・他
 訳者:大西尹明/橋本福夫
 解説:平井呈一

 収録作品
 『ラパチーニの娘』(“Rappaccini’s Daughter”)ナサニエル・ホーソーン(Nathaniel Hawthorne)
 『信号手』(“No.1 Branch Line:The Signalman”)チャールズ・ディケンズ(Charles Dickens)
 『あとになって』(“Afterward”)イーディス・ワートン(Edith Wharton)
 『あれは何だったか?』(“What was it?”)フィッツジェイムズ・オブライエン(Fitz-James O’Brien)
 『イムレイの帰還』(“The Return of Imray”)R・キップリング(Rudyard Kipling)
 『アダムとイヴ』(“Adam and Eve and Pinch Me”)A・E・コッパート(A.E.Coppard)
 『夢のなかの女』(“The Dream Woman”)ウィルキー・コリンズ(Wilkie Collins)
 『ダンウィッチの怪』(“The Dunwich Horror”)H・P・ラヴクラフト(H.P.Lovecraft)
 『怪物』(“The Damned Thing”)A・ビアース(Ambrose Bierce)
 『シートンのおばさん』(“Seaton’s Aunt”)ウォルター・デ・ラ・メア(Walter de la Mare)

 ISBN-13:978-4-4885-0103-7
 ISBN-10:4-4885-0103-6

『エクソシスト』リーガンの1/4バストモデルについて

0 Comments
serpent sea
 模様替えをすることにした。
 ずいぶん前にMPC社製のエイリアンを組み立てた〜的なことを書いたが、あれから首と両肩、両手首にボールジョイント、しっぽにポリキャップを組み込んで、可動範囲が少ないなりにギコギコ動かして遊べるようにしてみた。もちろん無塗装で、頭のフードも未装着なままだ。それをなんとなく枕元の本の上に寝かせてあったのだが、この日曜日、目が覚めると布団の中でバラバラになっていた。知らないうちに本が崩れて、知らないうちに同衾していたエイリアンを潰してしまったらしい。肩と手首はジョイントが外れただけだったが、首は内蔵したジョイントの受けのパーツが砕けていた。重症だ。頭でかいから保持力いるよねーとか思って、イエローサブマリンの硬いボールジョイントを奢ったのが見事に裏目に出た。

 まずは枕元の本の移動先のスペースを確保する必要があるので、日曜から少しずつ片付け始めたのだが、これが全く進まない。ヒマがないってのもあるけど、ついつい出土品に時間を取られてしまうのだ。非常に有りがち。今日も本の隙間から以前探してたUHA味覚糖の親子ネッシーの食玩が見つかった。前にネッシー関連の記事を書いたときに、見つからなかったものだ。で、無理にやってもどーもダメそうなので、ヒマができたらぼちぼちやるって方針にあっさり切り替えた。
 そんなわけで、今回発掘したわけではないけど、ごちゃごちゃの上層にあった『エクソシスト』(1973)のリーガンのバストモデルを紹介します。商品名は『Exorcist Regan MacNeil 1/4 Scale Bust Model Kit』です。

2018090602.jpg

 こんな構成のキットです。リーガンのバストモデルと、パズズの像をモチーフにした台座、小さい袋に入っているのは長く伸びたリーガンの舌。舌は完成後にも脱着できそう。それにしてもわずか3パーツ。実にシンプル。スケールは1/4、全高は約15センチ。もう少しアップの画像は下の「続きを読む」から。

MODEL Art (モデルアート) 2018年 10月号 No.998

0 Comments
serpent sea
 MODEL Art (モデルアート) 2018年 10月号 No.998

 今回の特集は「デカール攻略大作戦」。これまでハウツー系の特集の中でフィニッシュワークの一環として言及されてきた、デカールに関するノウハウを一つにまとめた感じの特集だ。作例は飛行機2例、カーモデル1例、いずれも特徴的なマーキングが目を引く、デカール大活躍のキットがチョイスされている。この手の特集の定番となった各社マテリアルの性能比較はデカール「軟化剤」と「接着剤(のり)」。自分はマイクロスケールのゾルとセット、クレオスのマークソフターを使っていて、それで長らくやってきたから知らない商品の解説は大いに参考になった。GSRの「デカール剛力軟化剤」は昔モデラーズから出てたものと同じ成分なのかな。だったらぜひ欲しい。
 全然キットを作ら(れ)ない自分にとって今回特に有用だったのは、「デカールのリカバリー」の記事で、「黄ばんだデカール」「ヒビ割れしているデカール」「貼り付け中にトラブルに遭遇したデカール」の対処法が解説されている。あと記事では言及されてなかったが、ヤバそうなデカール、無くなったら困るデカールは、とりあえずPCに取り込んでおくと後顧の憂いがない。

 NEW KIT REVIEWでは陸海空のキットがバランスよく取り上げられている。今回特集の作例が少ないのでこっちが多め。ウイングナット・ウイングスの『ユンカース D.1』は、前号の予告から楽しみにしてたキットで、機体全面を覆う波板の表現が素晴らしい。内臓も相変わらず凄い出来。フライホークのキットは2例取り上げられている。このメーカーのキットは誌面に載るたびに散々褒められていて、全然知らない艦船キットでもそのうち欲しくなってしまう。自分は海面のベースが付いてる作例が好きなので、今回の作例では「ドイツ大型水雷艇 G39」が特によかった。「大型」とはいうものの、ベースに添えられたタグボートやヨットと比較すると、そう大型って感じでもないのが味わい深い。
 最近、フィギュア塗装関連の記事がちらほら掲載されていたが、今回の特別記事「筆塗りで仕上げるフィギュア塗装」ではサンプルを3例使って詳しめに塗装過程を解説している。メインの塗料はゲームズワークショップのシタデルカラー。これはゲームのキャラクターフィギュアに指定の手順で指定の塗料を塗ればOKの「シタデルペイントシステム」がウリの塗料で、塗料名も隠蔽力などの特性も独特。なのでいまひとつ手が出し辛かったのだが、発色の綺麗さ、水彩絵の具のような手軽さは魅力的だ。仮組みしただけのフィギュアが結構あるので、試しに使ってみようかな。



 - 作例リスト (掲載順) - 航空機 戦車 艦船 車/バイク ■その他

連載記事『地名を名に持つ船とその場所のエピソード 艦船諸国漫遊記 Vol.33』
『イギリス海軍 重巡洋艦 HMSエクセター(68) 1939年』アオシマ 1/700

特集「デカール攻略大作戦」
『ジャグワー XJR-9LM(ル・マンタイプ)』ハセガワ 1/24
『F-16C [ブロック32/52] “サンダーバーズ”』タミヤ 1/48
『F-4EJ ファントムⅡ] “サンダーバーズ”』ハセガワ 1/72

情報「World Modelers News SPECIAL No.2」
『“マィテイ・マウス” 超重戦車マウス』ドラゴン 1/35 ※ジオラマ作品

連載記事『モデリングJASDF 270回 ハセガワ1/72F-2A 作る 前編』
『三菱 F-2A “飛行開発実験団” w/ASM-3』ハセガワ 1/72

NEW KIT REVIEW
『第一次大戦 ドイツ大型水雷艇 G39 1916年』フライホーク 1/700 ※海面ベース付き作例
『アメリカ戦車 M4A3E8 シャーマン イージーエイト』タミヤ 1/48 ※ジオラマ作品
『MiG-21MF プロフィパック』エデュアルド 1/72
『Ⅲ号突撃砲 0シリーズ』ミニアート 1/48 ※ジオラマ作品
『ユンカース D.1』ウイングナット・ウイングス 1/32
『イギリス海軍駆逐艦 リージョン 1941年』フライホーク 1/700

特別記事「筆塗りで仕上げるフィギュア塗装」
■『ドイツ自走榴弾砲ヴェスペ “イタリア戦線” 付属「車長フィギュア」』タミヤ 1/35
■『三菱 J2M3 局地戦闘機 雷電 付属「パイロットフィギュア」』ハセガワ 1/32
■『みのり with ホンダ耕耘機F90 付属「女性フィギュア」』マックスファクトリー 1/32

連載記事『日本機大図鑑 連載第161回』
「十二試艦戦の胴体と主翼の合体作業 その2」

連載記事『北澤志朗のネオヒストリックガレージ 連載第99回』
『ニッサン PS13シルビア K’s91』アオシマ 1/24

連載記事『FOLLOW YOUR HEART 第51回』
■『ドイツ軍 E-75 ビエラフースラー現地改修型 “アインオーガ/ヤーヌス”』ロケットモデルズ 1/72

2018 東武タミヤモデラーズコンテスト



 次号、通算1000号の特集は「やっぱりF-14トムキャット (仮題)」。NEW KIT REVIEWでは福崎町妖怪プラモデルの第二弾「天狗」などが予定されている。

SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2018年 09月号 Vol.123

0 Comments
serpent sea
 

 SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2018年 09月号 Vol.123

 今回の特集は「1500円で楽しむヒコーキ模型の世界」。いつもと随分違ってる感じで、前号の予告から楽しみにしてた特集だ。まず何と言っても目を引くのが表紙。作例をかっこよく撮った美しい表紙の多い本誌だが、今回のイラストを用いた表紙は新鮮だった。実にいい雰囲気。特集の内容に沿っているのもいい。毎号は難しいとしても、たまにはこういう感じの表紙が見たい。イラストは本紙の連載記事「Automobile and Aviation」のイラストを担当している和田隆良。

 で、肝心の特集の内容はというと、タミヤ、ハセガワを中心にした「1500円で楽しめるキット」の紹介記事になっている。作例は下のリストの通りで、近所の量販店等で手軽に買える開発時期の古いキットが多い。機種に絞った特集でもないのに、今回ほど作った・買ったことのあるキットが並んでる特集も珍しい。製作記事はキャプションのみ、途中写真も載ってないが、作例の他に各社の「おすすめヒコーキ模型」や対談記事がある。現状、1500円以下で買えるキットの開発において他社を圧倒しているエアフィックス、地味に地味なラインナップの充実をはかるエデュアルドのキットの扱いは、残念ながらごく小さい。タミヤ、ハセガワのキットと比べればやや手に入り辛いからか。自分は古いキットをグズグズいじったり、資料と比較してあーだこーだ考えたりするのが好きなので、開発時期の古さはあまり気にならないけど、デカールに関してはもっと国産に頑張ってほしい。ハセガワはデカールのバリエーション展開に勤しんでいるが、単に質を向上させるだけでも、古いキットに新たな付加価値が生まれるように思う。

 特集も楽しかったが、今回はそれ以外の作例がすごかった。1/48「F-14A」、1/32「Me163B-1a」、1/24「ホーカーハリケーン Mk.Ⅰ」、1/200「ボーイング 2707SST スーパーソニッククリッパー」ときて、とどめは1/150「ソユーズロケット+搬送列車」。無差別級かっこいい選手権みたいになっている。ドイツレベルの「スーパーソニッククリッパー」については以前にも書いたけど、グッドスマイルカンパニーの「ソユーズ」はやばい。記事はカラー6ページ、精密感のある作例もさることながら、作例が実機のようにでっかく見える実感たっぷりの画像も素晴らしかった。



 - 作例リスト (掲載順) -

特集「1500円で楽しむヒコーキ模型の世界」
『ヴォート F4U-1A コルセア』タミヤ 1/72
『ロッキード JF-104A スターファイター』ハセガワ 1/72
『ロッキード F-104G スターファイター』
『ロッキード F-104S スターファイター』
『ロッキード F-104A スターファイター』
『三菱 A6M2b 零式艦上戦闘機 21型』ハセガワ 1/72
『ダッソー ミラージュ F.1CH』ハセガワ 1/72
『ダッソー ミラージュ F.1AZ』ハセガワ 1/72
『アヴィア B.5341.serie』エデュアルド 1/72
『ミヤコン MiG-29(9-13)フルクラム』タミヤ 1/72
『クフィル C2』ハセガワ 1/72
『スーパーマリン ウォーラス Mk.Ⅰ』ハセガワ 1/72

連載記事『Alternative modeling garage Vol.20』
『トライアンフ 6T 1952年型』ブロンコ 1/35「トライアンフ 3HW改造」 ※バイクの作例

SPECIAL ARTICLE
『グラマン F-14A トムキャット』タミヤ 1/48

連載記事『改造しちゃアカン リターンズ!』
『メッサーシュミット Me163B-1a コメート』ハセガワ 1/32

連載記事『ちっちゃいことは、いいことだ!』
『ノースロップF-20 タイガーシャーク』アリイ 1/144 ※モノクロ記事

連載記事『飛ぶ理由 連載第41回』
『マクレーレンヘヒト』フルスクラッチビルド 1/144 ※小林誠によるオリジナルメカ

SPECIAL ARTICLE
『ホーカーハリケーン Mk.Ⅰ』エアフィックス 1/24

連載記事『夢見る翼 連載第60回』
『ボーイング 2707SST スーパーソニッククリッパー』ドイツレベル 1/200

SPECIAL ARTICLE
『ソユーズロケット+搬送列車』グッドスマイルカンパニー 1/150

『NOSE ART QUEEN Vol.63』川崎あや



 次号の特集は「松本州平のヒコーキ模型道楽」。これまた楽しみだ。



ソユーズロケット+搬送列車」グッドスマイルカンパニー 1/150

『遊星よりの物体X』

0 Comments
serpent sea
 遊星よりの物体X

 放射能を放つ飛行物体が墜落した。異常を感知したアラスカの研究所は「ヘンドリー大尉」率いる調査団を派遣、氷に埋もれた巨大な円盤を発見する。世紀の大発見である。ところが氷を溶かすために用いた爆弾によって円盤を破壊してしまう。幸いにも乗員らしき生物の氷漬けの死体が見つかったため、調査団は周囲の氷ごと死体を切り出して基地に持ち帰った。
 その夜、倉庫に運び込まれた冷凍生物は、所員のミスにより復活。所員や犬を遅い、極寒の屋外に逃亡を図る。怪生物は謎の遊星から飛来した植物由来の怪物で、動物の血液を吸って成長するらしい。調査団に同行していた「キャリントン博士」によって、怪生物「物体X」の種子が驚くべき速さで成長、増殖し、人類の脅威になり得ることが判明する。殲滅か研究のための保護か、物体Xをめぐって対立する軍と科学者チーム。彼らに物体Xの脅威を退けることができるのだろうか。

 ちょっと前に原作『影が行く』(←前の記事へのリンクです)を読んだからってわけでもないが、ハワード・ホークス製作「物体X」見返してみた。自分がこの作品を知ったのは小学生の頃で、友人から借りた藤子不二雄の『まんが道』に、主人公が感激した映画として取り上げられていた。それ以前にコロタン文庫的な児童書のモノクロページに、物体Xの画像が載ってたのを見かけたような気もするが、あまり興味を持てなかったのか記憶は曖昧だ。実際にこの映画を見ることができたのは『まんが道』から随分経った頃だった。当時はすっかりジョン・カーペンターの『遊星からの物体X』(1982)のファンになってたし、原作も読んでいたので、最初からカーペンター版や原作小説と比較しつつ鑑賞した。

 何回見てもかっこいいタイトルバックをはじめ、ジョン・カーペンターがオマージュしたシーンを探すのも楽しい作品だが、『遊星よりの物体X』『遊星からの物体X』この二本の映画のテイストは全く異なっている。カーペンター版が閉ざされた環境下で疑心暗鬼に陥る隊員を描いたサスペンスフルな作品なら、こちらは物体Xと調査団との真っ向勝負をストレートに描いた快作である。
 本作の物体Xは植物由来のヒューマノイドで、他の生物を吸収してその姿に変身する能力を持たない(そのため血液検査のシーンもない)。代わりに種子によって爆発的に増えるという設定が付与されている。劇中ではその脅威がじっくりと説明されるが、人類存亡の危機って感じはいまひとつしない。ドアを盛大に破壊して基地内に暴れ込むといった怪物の暴力的な挙動の方が、設定上の吸血、増殖の怖さを凌いでいるように感じた。この怪物の特徴がそのまま映画の方向性を決定づけているようだ。
 この物体Xのソフビキットがビリケン商会から出た時には、そのじみーな感じにどうにも食指が動かなかったが、何度か見ているうちに味わい深いモンスターだなって思うようになった。死にっぷりもそこはかとなく可哀想で好感が持てる。

 今回見たディスクには、英語音声、日本語字幕の他に、TV版日本語吹替音声が収録されている。吹替大好きなので嬉しい。映像特典は「オリジナル劇場予告編」2分収録。



『遊星よりの物体X』(“The Thing from Another World”)
 1951 アメリカ
 監督:クリスティアン・ナイビー
 出演:ケネス・トビー/マーガレット・シェリダン/ロバート・コーンウェスト/ダグラス・スペンサー/ジェームズ・アーネス
 映像色 : モノクロ
 上映時間:87分