読書メモ(怪奇系多め/ネタバレあり)

感想文、雑記。ネタバレあります。

『吸血鬼サーカス団』

0 Comments
serpent sea
 吸血鬼サーカス団

 1810年、セルビアのシュテッテル村では子供の行方不明事件が頻発していた。犯人はミッターハウス伯爵。吸血鬼である。村人たちは徒党を組んで伯爵の城を襲撃し、伯爵の胸に杭を突き立てた。これで村は安泰、かと思いきや伯爵は死に際に不吉な言葉を残した。村全部を呪ってやると。
 15年経った。シュテッテル村には忌まわしい病が蔓延していた。村人が次々に死んでいく。伯爵の呪いではないか、そう口にする者もあった。このことから村は周辺の集落から隔離され、村への出入りは厳しく制限されていた。そんなとき、村にジプシーのサーカスがやってきた。その名も「夜のサーカス団」。
 サーカスはすぐに興行を始めた。小人の道化師に双子の軽業師、セクシーなダンサー、怪力男、猛獣のショーが、疲弊した村人たちを慰めた。しかしこのサーカス団を率いているのは吸血鬼、ミッターハウス伯爵の従兄弟にあたる男で、村の子供の血によって伯爵の復活を目論んでいたのだった。

 ハマー・フィルム、1971年の作品。吸血鬼がサーカスに化けてやってくる、なんでまたそんな遠回りなことを~って気がしないでもないが、予想外にサーカスのシーンの見応えがあるので、その辺はまあいいかって気分になる。スケールが小さくて、適当で、猥雑で、怪しい、まさに辺境をドサ回りするジプシーのサーカス。うすぼんやりと浮かぶイメージとの整合性はドンピシャだった。
 吸血鬼のシーンはというと、サーカスに尺をとられて少々不足気味。製作側の意図としてはサーカスを導入して、シンプルな吸血鬼との対決ものからの脱却を図ったのかもしれないが、肝心なところを削ってしまってるように思う。また吸血鬼側、村人側、ともにキャラが多く出入りも激しいため、繁雑になってしまって主人公の存在感が薄い、というか主人公主人公した主人公がいないから没入感も不足気味。閉ざされた村のゴタゴタを外側から眺めている感じ。

 そんな作品だけど、つまらないわけでは全然ない。毎回ハマー映画の感想に書いてることだけど、とにかく雰囲気は抜群にいい。古城と森のそばにある辺境の村が見事に描き出されている。セットから衣装、小物にいたるまでバッチリ世界観に則しているのは毎度のことで、そういうところはさすが。アバンの出来は特に素晴らしく、鬱蒼とした森の中で幼女が一人で遊んでる幻想的なシーンから→綺麗なおっぱい→村人の襲撃(流血あり)と、全く隙がない。全編この調子ならとんでもない作品になったに違いない。見るのは疲れるだろうけど。あと全然活躍しないけれど、ヒロインの女の子がやけに可愛い。せっかくなのでもっと出番と露出が欲しかった。



『吸血鬼サーカス団』(“Vampire Circus”)
 1971 イギリス
 監督:ロバート・ヤング
 出演:エイドリアン・コリ/ローレンス・ペイン/ソーリー・ウォルターズ/ジョン・モルダー・ブラウン/リン・フレデリック
 映像色 : カラー
 上映時間:86分

大阪圭吉『幽霊妻』

0 Comments
serpent sea
 

 大阪圭吉『幽霊妻』(『とむらい機関車』国書刊行会 1992 探偵クラブ 所収)

 専門学校の校長、平田章次郎が殺害された。46歳だった。彼は厳格で口喧しい学者肌の男で、最近も判然としない理由から、一回りも年下の妻を離縁していた。そして元妻が身の潔白を訴える遺書を残して自殺したと聞いても、葬儀にさえ出ようとしなかったのである。そんな偏屈な平田の様子が目に見えておかしくなったのは、しぶしぶ出かけた元妻の墓参から帰ってからのことだった。何か怖ろしいモノを墓地で見たらしい。
 下男によって発見された平田の遺体は、強い力で首をへし折られていた。何者かに怯えたように両目を見開き、握りしめた右の拳には長い女の髪が絡みついていた。おまけにその髪からは元妻の愛用してた香油の匂いが漂っていたという。果たして平田を殺害したのは何者なのか、いかなる手段を用いたのだろうか。

 オチを読んで愕然としてしまうが、その手前までは完全に正調怪談な雰囲気の作品なので、推理と怪奇、両方のジャンルのアンソロジーに収録されてたりする。おかげで著者の作品の中では、わりと目にする機会の多い作品ではないか思う。
 以前感想を書いた『とむらい機関車』(←前の記事へのリンクです)でも顕著だったように、著者の作風は怪奇ジャンルのファンが喜びそうな濃厚な怪奇色と、それを一掃するような論理的なタネ明かしが特徴となっている。「戦前を代表する本格短編の第一人者」とされる所以だろう。当然本作『幽霊妻』にもその作風はばっちり反映されていて、とりわけ怪奇に大きく振っているところが嬉しい。直接的な怪異を全く描かずに、話者である下男が知り得た事実と平田のリアクションだけで、怪奇っぽい雰囲気を見事に醸成している。

 ところが↑のような怪奇な雰囲気は、ラストで犯人が特定された途端に吹き飛んでしまう。犯人の正体は一瞬何書いてあるのか分からなくなるくらい、突飛で異様である。
 犯人を知った後でよくよく読み直してみれば、確かにヒントらしきものは散りばめられているのだが、とても普通の脳みそでは犯人に辿り着けそうにない。本作を収録した推理系のアンソロジー『ミステリーの愉しみ 第1巻 奇想の森』の解説にも「本作品の犯人はまさしく前代未聞で、モルグ街の殺人犯人同様、研究家には記憶されてしかるべき」とある。
 考えてみれば、もしも実際に被害者のような目に合ったなら、幽霊がドーンと出るより本作の犯人の方が怖いかもしれない。どうもオチが気に入らない的なニュアンスの感想になってしまったが、大いに驚かされたし、楽しく読むことができた。


 ※ 参考 鮎川哲也, 島田荘司編『ミステリーの愉しみ 第1巻 奇想の森』立風書房 1991



『とむらい機関車』
 国書刊行会 1992 探偵クラブ
 著者:大阪圭吉
 解説:鮎川哲也「論理派ミステリーの先駆者」

 収録作品
 「デパートの絞死吏」
 「死の快走船」
 「気狂い機関車」
 「とむらい機関車
 「燈台鬼」
 「闖入者」
 「三狂人」
 「白妖」
 「あやつり裁判」
 「銀座幽霊」
 「動かぬ鯨群」
 「寒の夜晴れ」
 「坑鬼」
 「幽霊妻

 ISBN-13:978-4-3360-3361-1
 ISBN-10:4-3360-3361-7

SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2019年 03月号 Vol.126

0 Comments
serpent sea
 

 SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2019年 03月号 Vol.126

 いつもの値段に戻った3月号の特集は、毎年おなじみのコンペ特集「SCALE AVIATION Convention 2019」、お題は「フランカー」。てことで特集関連の製作記事はなし。でもかっこいいフランカーの作例(応募作品)がたくさん載ってるし、審査員のコメントなんかもあって、結構読めるところも多い。フランカー好きにとっては楽しい一冊になっていると思う。
 今回グランドマスターに選ばれたのは、トランペッター1/32「スホーイ Su-27 フランカーB」(箱からしてでかい)だった。赤の26番という特定の機体をくたびれ具合を含めて徹底的に再現したもので、さすがグランドマスターという仕上がり。ハードなウェザリングが施されているものの、非常に美しく見える。応募作品の全作品掲載といっても、さすがにカラーページに全て載ってるわけではないのだが、個人的にもこの赤の26番がグランドマスターに相応しいように感じた。

 今回は特集以外の記事が少なめだが、連載記事は読み応え満点。『改造しちゃアカン リターンズ!』では特集の製作記事の少なさをフォローするかのように、途中写真をふんだんに用いてイタレリ1/72「Tu-22 ブラインダー」を製作している。キットは旧エッシー製、1/72とはいえ製作は大変だったようで、途中写真を眺めながら製作過程を想像するのは楽しい。失礼ながらヘッドルーペのくだりは笑ってしまった。
 もう一つ連載記事、前号から始まった『MINIOR AIR FORCE LABORATORY』の2回目は、ナイジェリア空軍の「ジャギュア」を取り上げている。古くからあるハセガワ1/72のキットだが、作例は最新のキットと比べても遜色のない仕上がり。この連載記事はマイナー空軍の機体を製作していくという楽しい企画で、この先どんな機体が取り上げられるのか楽しみ。プレーンな誌面構成も好ましい。



 - 作例リスト (掲載順) -

特集「SCALE AVIATION Convention 2019 Flanker」
「スホーイ Su-27 フランカーB」トランペッター 1/32
「スホーイ Su-27UB フランカーC」アカデミー 1/48
「スホーイ Su-33 フランカーD」キネティック 1/48 ※ジオラマ作品
「スホーイ Su-27 フランカーB」トランペッター 1/32
「スホーイ Su-35S フランカーE」グレートウォールホビー 1/48 ※ジオラマ作品
「スホーイ Su-35S フランカーE」ハセガワ 1/72

連載記事『Alternative modeling garage vol.22』
『ピックアップセット』モンモデル 1/35 ※カーモデルの作例
『フォード ウィンドウクーペ』ズベズダ 1/35「GAZ M1 ソビエトカー “EMKA”」改造 ※カーモデルの作例

連載記事『改造しちゃアカン リターンズ!』
『ツポレフ Tu-22 ブラインダー』イタレリ 1/72

連載記事『MINIOR AIR FORCE LABORATORY Vol.2』
『ナイジェリア空軍 SEPECAT ジャギュアB』ハセガワ 1/72

連載記事『ちっちゃいことは、いいことだ!』
『たまごひこーき Su-33 フランカーD』ハセガワ ノンスケール 改造 ※モノクロ記事

SPECIAL ARTICLE
『キ-43-1 中島 一式戦闘機 隼 一型丙』ファインモールド 1/32

特集「SCALE AVIATION Convention 2019 Flanker」
「スホーイ Su-27UB フランカーC」キネティック 1/48 ※ジオラマ作品
「スホーイ Su-35S フランカーE」キティホーク 1/48改造
「スホーイ Su-33 フランカーD」ハセガワ 1/72
「スホーイ Su-33 フランカーD」トランペッター 1/72
「スホーイ Su-35S フランカーE」グレートウォールホビー 1/48 ※ジオラマ作品
「たまごひこーきシリーズ Su-33 フランカーD」ハセガワ ノンスケール
「たまごひこーきシリーズ Su-33 フランカーD」ハセガワ ノンスケール 改造 ※ジオラマ作品
「スホーイ Su-33 フランカーD」ハセガワ 1/72
「スホーイ Su-35S フランカーE」ハセガワ 1/72

特集「SCALE AVIATION Convention 2019 Exhibition」
『ロシア海軍航空母艦 アドミラル・クズネツォフ』トランペッター 1/700 ※艦船の作例

「SAコンベンション 2019全応募作品」
「SAコンベンション 2019入賞作」
「いっぱい作るとエラいぞコン2019 結果発表」

『NOSE ART QUEEN Vol.66』LOPE



 次号の特集は「Me 323 Gigant」。こりゃ楽しみだ。


 ツポレフ Tu-22 ブラインダー』イタレリ 1/72

ピエール・プロブスト『カロリーヌのぼうけん』

0 Comments
serpent sea
2019030101.jpg

 ピエール・プロブスト(Pierre Probst)絵と文, 土家由岐雄文『カロリーヌのぼうけん』(“Le voyage de Caroline"『オールカラー版 世界の童話 35 カロリーヌのぼうけん』小学館 1971 所収)

 〜機会があれば「ひとくいじんしゅ」が出てくる話も紹介します。なんて書いてから随分経ってしまったが、ちょっと前に読み直したのでこの機会に紹介します。

「カロリーヌ・シリーズ」について大まかにいうと、フランスの少女カロリーヌが仲良しの動物たちと一緒に、海や山やサーカスや月面に出かけてはひたすら戯れるだけ、という潔い作品。カロリーヌはみんなの引率役のお姉さん的なキャラで、ときには年相応に率先してはしゃぐこともある。この『カロリーヌのぼうけん』ではヒョウのピトーから手紙で誘われて、みんなでインドへ向かう。

 ※そんな本の中身を下の「続きを読む」から少しだけ紹介↓シリーズの概要については『カロリーヌのつきりょこう』(←前の記事へのリンクです)のところで書いたので、今回はキャラクター紹介が多めになってます。

MODEL Art (モデルアート) 2019年 04月号 No.1010

0 Comments
serpent sea
 MODEL Art (モデルアート) 2019年 04月号 No.1010

 今月号の特集は「塗料&塗装用ツールの最新事情」。毎度お馴染みのプラスチックスプーンの活躍回だ。作例は塗装のサンプルって感じで製作記事こそ無いが、扱われている塗料の種類の多さや「実験」の多様さで、充実した特集になっている。今回取り上げられた塗料は「いよいよ日本に本格上陸」のポーランド製「HATAKA」を筆頭に、「AKリアルカラー」「ファレホ」「Mr.カラー」「タミヤカラー」などなど。 昨年の塗料特集の際に、海外製の馴染みのない製品も多くなってきたので塗料の一覧表が欲しい〜的なことを書いたけど、今回の特集では、HATAKAの塗料に対する他社塗料との「混色」「希釈」「塗り重ね」が簡易な表になっていて、これが実にわかりやすかった。これの各社版が欲しい。
 また各社塗料の同色、「ゴーストグレー」「ミディアムグレー」「各社メタリック系塗料」「フェラーリの赤」などの色調の比較が行われている。塗装サンプルのスプーンがずらっと並ぶ様子は壮観。実際に製作する際にも有用だと思う。

 NEW KIT REVIEWも下のリストの通り、陸海空にカーモデル、鉄道、トラクターといったラインナップでバラエティに富んでいて楽しい。その上今月は三つの連載記事のアイテムが素晴らしく好みだった。
 連載40回を迎えた「艦船諸国漫遊記」で取り上げられたのはフォーサイトの1/700「砕氷艦 しらせ」。そのごつい性能に似合わない、ころっとした形状と鮮やかなオレンジの塗装がかわいい。この記事で初めて知ったのだが、この「しらせ」は「海上自衛隊に在籍した艦で唯一、日本の領土にない地名を名に持つ艦」なのだそうだ。作例には適度なディティールアップが施されていて、製作のポイントが途中写真を用いて説明されている。
『モデリングJASDF』の1/72「T-1B」もまた練習機だけに塗装が華やか。プラッツの新製品である。相当に良くできたキットのようで、デカールはカルトグラフ。記事ではごく少ない修正点についても言及されていて、さすがに漏れがない。
 いつも楽しみにしている『FOLLOW YOUR HEART』では先月号の裏表紙に載ってたハセガワの新製品、1/72「ファイター1」が早速取り上げられている。映画『クラッシャージョウ』(1983)に登場した並列複座のめっちゃかっこいい多用途戦闘機だ。「ハセガワが最新技術を投入」とあるだけに素晴らしいキットのようで、なんと色プラ、スナップフィットキットである。キット化に際して施されたディティールの追加やアレンジは、複数のパース画(『スタジオぬえ メカニックデザインブック』所載)と比較しても、実に自然で好感が持てる。ところで実は自分は『クラッシャージョウ』を見たことがない。少し前にCSでもやってたのだが見事に見逃している。ただ登場するメカについては雑誌やなんかでよく見かけたので、微妙な思い入れがある(『テクノポリス21C』と同じ枠だこれ)。随分前に雑誌『ホビージャパン』に「ファイター1&2」の作例が載っていて、ほえ〜なにこれめっちゃかっこええって思ったことをよく覚えている。早速キット買ってきます。



 - 作例リスト (掲載順) - 航空機 戦車 艦船 車/バイク ■その他

連載記事『地名を名に持つ船とその場所のエピソード 艦船諸国漫遊記 Vol.40』
『海上自衛隊砕氷艦 しらせ AGB-5002』フォーサイト 1/700

特集「塗料&塗装用ツールの最新事情」
「L-39C アルバトロス」エデュアルド 1/72 ※塗装サンプルで製作記事はなし
『F-35 ライトニングⅡ(B型)』ハセガワ 1/72
「ソビエト軍 JS-4重戦車 “スターリン4”」トランペッター 1/35 ※塗装サンプルで製作記事はなし
「ソビエト重戦車 JS-3 スターリン3型」タミヤ 1/35 ※同上
「ソビエト KV-122 重戦車」トランペッター 1/35 ※同上
「ソビエト重戦車 JS-2 1944年型 ChKZ」タミヤ 1/35 ※同上

連載記事『モデリングJASDF 276回 プラッツ 1/72 航空自衛隊 T-1B ジェット練習機を作る』
『航空自衛隊 T-1B ジェット練習機を作る』プラッツ 1/72

情報「World Modelers News No.21 王毅(ウアン・イー)氏にインタビュー」
情報「中国上海新年模型交流コンテスト 2019」

連載記事『フィギュア塗装のマジック vol.2』
『Claus von Stauffenberg』ナッツプラネット 1/10バスト

NEW KIT REVIEW
『ブリストル ボーファイター TF.X』ドイツレベル 1/48
■『ヤンマートラクター YT5113A』ハセガワ 1/35 ※ジオラマ作品
『ドイツ戦艦 ビスマルク 1941年』フライホーク 1/700 ※ジオラマ作品
『ソビエト BT-2 快速戦車 (初期型)』ホビーボス 1/35 ※ジオラマ作品
『Opel Manta 400 GR.B Guy Frequelin Tour de Corse 1984』ベルキット 1/24
『ランボルギーニ ディアブロ』イタレリ 1/24
『フォード エスコート RS1800 Mk.Ⅱ RACラリー』
■『電気機関車 EF66 後期型』アオシマ 1/45 ※ジオラマ作品

連載記事『北澤志朗のヤングタイマー・ガレージ 連載第4回』
『ポルシェ ターボ RSR 934 イェーガーマイスター』タミヤ 1/24改造

連載記事『日本機大図鑑 連載第167回』
「十二試艦戦の「瑞星」発動機」

連載記事『FOLLOW YOUR HEART 第57回』
■『「クラッシャー ジョウ」ファイター1』ハセガワ 1/72

「It’s a FIGURE WORLD 目眩くフィギュアの世界」 ※モノクロ記事
「フランス コート姿のナポレオン」アンドレア 54mm
「エジプト遠征のナポレオン 1798-99年」ペガソモデル 54mm

 タミヤプラモデルファクトリー新橋店 第10回 1/48モデラーズコンテスト
 ヨドバシカメラ新宿西口本店 ゲーム・ホビー館 第5回お客様が制作したスケールプラモ展示会 結果発表
 タミヤ1/35スケールMM 50周年記念コンテスト 結果発表



 次号の特集は「今さら聞けない!? (接着剤)」が予定されている。



クラッシャージョウ ファイター1』ハセガワ 1/72 クリエイターワークスシリーズ

園相神社/川原神社について 宮川沿いの倭姫命御巡幸伝承地 その2

0 Comments
serpent sea
2019022000.jpg

 その1からの続きです。園相神社と川原神社について

 次に向かったのは三重県伊勢市津村町に鎮座する「園相神社 (そないじんじゃ)」。しかし当然迷う。地図見てるのに迷う。県道22号線↑をどんどん走って、たまに戻ってみたりする。画像に小さく写ってる石碑と祠は伊勢市円座町の「米山新田」の史跡。

 続きは下の「続きを読む」から↓