読書メモ(怪奇系多め/ネタバレあり)

感想文、雑記。ネタバレあります。

H・P・ラヴクラフト『神殿』

0 Comments
serpent sea
 

 H・P・ラヴクラフト(Howard Phillips Lovecraft)著, 大瀧啓裕訳『神殿 (ユカタン半島沿岸で発見された手記)』(“The Templ”『ラヴクラフト全集〈5〉』東京創元社 1987 創元推理文庫 所収)

 第一次大戦中、ドイツの潜水艦「U29」は大西洋上でイギリスの貨物船を撃沈した。浮上してみると甲板上に他国の船員の死体がある。海中に没した貨物船の乗組員である。死体からは極めて奇怪な象牙細工が見つかった。潜水艦の乗組員の中には、それを目にしておかしくなる者があった。幻覚を見て、錯乱している。
 数日後、機関室の爆発事故によって潜水艦は航行不能に陥った。幸い空気と電力は確保できている。絶えず南に流される艦には、イルカが群がっている。乗組員たちはことごとく死亡し、艦に残っているのは二人きりになった。艦は南に流されながら、深く沈み続けている。生存者の一人は「彼が呼んでいる」と口走ると、象牙細工を手に深海へと身を投じた。やがて艦の探照灯が海底に横たわる壮麗な神殿を照らし出した。

 そうとははっきり書かれてないけれどクトゥルフ神話との関係が濃厚な、Uボートを舞台にした海洋小説である。特に捻りのないシンプルな作品だが、それだけに著者の趣味趣向や手法や手癖を如実に感じることができる。巻末の「作品解題」には、主人公の鋼のメンタルによる徹底した神秘の否定が、クライマックスで肯定に逆転する構成を示して、「ここに日常のリアリズムを超現実のリアリズムに変換させるラヴクラフトの真骨頂がうかがえる」(p.327)とある。劇中にも「恐ろしく想像もつかぬ最期へと、吾輩を否応なく引き寄せるためにだけ、運命の女神は吾輩に理性を保たせているのではあるまいか」(p.26)といった一節がある。著者のドイツ人観がどれほど反映されているかは分からないが、合理的精神の権化、そんなキャラを過剰に演出するために、ドイツ人主人公のメンタルはとんでもないことになっている。わがドイツ軍の輝かしい戦果、ドイツ国家のための気高き行為、ドイツ人の精神、わがドイツ人の意思、ドイツ人が、ドイツ人の、ドイツ人は〜といった愛国的な記述がドカドカ出てきて、正直かなりクドい。ただ一人主人公の気が変にならなかったのは、実はもとからおかしかったから、と言わんばかりの狂信的な愛国ぶりだ。

 本作に登場するU29は架空の艦らしいが、第一次大戦中のUボートの可潜深度はせいぜい50メートル、劇中では圧壊深度をはるかに超えて潜水しているようだ。壊れた潜水艦が舞台となれば、電力酸素の欠乏、圧壊の恐怖、反乱などなどネタには事欠かない気もするが、著者はそんな定番の展開にはほぼ無頓着で、不思議なイルカの群れに誘われるように沈下していく潜水艦と、深海に眠る神秘的な神殿の様子を筆を尽くして描写している。静かで厳かな結末は、著者の作品の中でも屈指の美しさだ。



『ラヴクラフト全集〈5〉』
 東京創元社 1987 創元推理文庫
 著者:H・P・ラヴクラフト(Howard Phillips Lovecraft)
 訳者・作品解題:大瀧啓裕

 収録作品
 『神殿』(“The Temple”)
 『ナイアルラトホテップ』(“Nyarlathotep”)
 『魔犬』(“The Hound”)
 『魔宴』(“The Festival”)
 『死体蘇生者ハーバート・ウェスト』(“Herbert West-Reanimator”)
 『レッド・フックの恐怖』(“The Horror at Red Hook”)
 『魔女の家の夢』(“The Dream in the Witch House”)
 『ダニッチの怪』(“The Dunwich Horror”)
 『資料『ネクロノミコン』の歴史』(“History of Necronomicon”)

 ISBN-13:978-4-4885-2305-3
 ISBN-10:4-4885-2305-6

MODEL Art (モデルアート) 2018年 12月号 No.1002

0 Comments
serpent sea
 

 MODEL Art (モデルアート) 2018年 12月号 No.1002

 特集は「金属表現の手法とノウハウ」。おなじみハウツー系特集ってことで、作例は少なめ。その分塗装サンプルはたっぷりで、一般的な塗料からワックスタイプの塗料、「ミラーフィニッシュ」などの様々なマテリアルによるサンプルが掲載されている。作例としてはハセガワ1/12「YZF-R1M」が塗装の方法、磨き傷の有無の違いで4例と気合が入っており、リアルな金属表現がキットによく映えている。バイク以外のキットにも流用できそうなテクニックも多く、各部に施された細かなディティールアップや細部の塗装は途中写真で詳細に解説される。特集のもう一つの作例はエアフィックス1/48「P-51D」。下地に黒を塗りパネルごとの色味に変化をつけて、ナチュラルメタルの機体をMr.カラーで表現している。

 今月号は作例が少ないこともあって、広告が目に付く、なんとなーく地味な印象の一冊だったが、そんな中、一番おおっ! と思った作例は、連載記事『FOLLOW YOUR HEART』の「3式機龍」だった。アオシマのノンスケールキットだ。「3式機龍」は映画『ゴジラ×メカゴジラ』(2002)に登場するロボット怪獣で、三代目のメカゴジラである。初代ゴジラの骨格を芯に、対ゴジラ用の兵器で完全武装した自衛隊の超兵器って設定。一応映画も見てるんだけど、作例はこんなにかっこよかったっけ?? っ印象。初代だったら買うのになーって思ってスルーしてたのが申し訳なるかっこよさだった。記事でも傑作キットと評されている。ページ数が少ないのが惜しい。
 ニューキットセレクションでは地味ながら陸海空のキットがバランスよく取り上げられている。最もページ数の多かったアオシマ1/700
「ドーセットシャー」の記事は、細かなディティールアップのポイントを詳細に解説した行き届いたもので、これから作る人には大いに参考になることと思う。



 - 作例リスト (掲載順) - 航空機 戦車 艦船 車/バイク ■その他

特集「金属表現の手法とノウハウ」
『ヤマハ YZF-R1M』タミヤ 1/12 ※作例は4例
『ノースアメリカン P-51D マスタング』エアフィックス 1/48

連載記事『地名を名に持つ船とその場所のエピソード 艦船諸国漫遊記 Vol.36』
『日本海軍 防護巡洋艦 秋津洲』フルスクラッチ 1/700

情報「World Modelers News No.17 カイス・セドキ氏にインタビュー」

連載記事『モデリングJASDF 272回』
「飛行点検隊創隊60周年」

情報「お手軽サイズで秋の情景を作り込む」
『KATOのジオラマ素材を用いた作品』1/35 ※ジオラマ作品。フィギュアはミニアート、マスターボックス製

NEW KIT REVIEW
『三菱コルト ギャラン GTO-MR』ハセガワ 1/24
『TBM-3W “グッピー”』ソード 1/72
『ドイツ重駆逐戦車 Sd.Kfz.173 ヤークトパンターG1型』モンモデル 1/35 ※ジオラマ作品
『米 ホルト75型 砲兵牽引トラクター・WW-1』ローデン 1/35 ※ジオラマ作品
『英国海軍重巡洋艦 ドーセットシャー インド洋セイロン沖海戦』アオシマ 1/700
『スホーイ Su-34 フルバック w/フィギュア 3体セット』キティホーク 1/48

連載記事『日本機大図鑑 連載第163回』
「報國-515 (廣嶋縣産報呉支部號)」

連載記事『FOLLOW YOUR HEART 第53回』
■『ゴジラ×メカゴジラ MFS-3 3式機龍』アオシマ ノンスケール

第78回 パチッコンテスト
2018 イタレリモデラーズコンテスト結果発表(モノクロ記事)



 次号の特集は「ここまでやれる!! 筆塗り塗装 (仮題)」が予定されている。


ゴジラ×メカゴジラ MFS-3 3式機龍』アオシマ ノンスケール 全高約24cm

SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2018年 11月号 Vol.124

0 Comments
serpent sea
 

 SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2018年 11月号 Vol.124

 今回の特集は「松本州平と飛行機模型。」機種・機体そのものに関する特集、ハウツー系の特集、宮崎駿特集、コンペ特集などに加えて、最近新たに特集のネタとなった模型製作者(ライター)個人とその作品を取り上げる特集だ。今回の「松本州平」は、古くからのプラモ雑誌の読者にとってトップクラスの知名度を誇るライターの一人。ライター個人のキャラクターが注目されるようになった草分け、というか氏ほどの愛されキャラは他に思い当たらない。かつて雑誌『Hobby Japan』にミニスケールAFVを中心に発表し、「改造しちゃアカン」などのキャッチーなワードで人気を博した。

 少々脱線してしまうが、特集中でデビューした雑誌として紹介されている『Hobby Japan 1982年11月号』は、当時勢いづいていた『Hobby Japan』のなかでも屈指の一冊だ。その中身はというと、1/72「U-2」1/48「Ta152H」のバQキット(バQキット特集号です)、『エイリアン』(1979)から「スペースジョッキー」「フェイスハガー」「ノストロモ号」「リプリー」以上4例のフルスクラッチ、『キャプテンスカーレット』の「超音連絡機」などなど、とんでもないラインナップ。なかでもイマイ「超音連絡機」の徹底工作記事は、今もってこれを超える改造記事は存在しないのではないだろうか。「超音連絡機」作ろうって人には必読の記事だ。松本州平の作例はタミヤ1/35「M-1 エイブラムス」のジオラマ作品、モデラー訪問にも登場している。ちなみに今月号の特集の「表紙になったのは下半分がワシの作例で〜」というキャプションは、おそらく記憶違いではないかと思われる。

 今月号の特集の作例は下記リストの通り、対談にかなりページが割かれているので正味3例と少ないが、この先まずメインを張ることがなさそうな旧キットばかりである。全て1/32。連載記事『改造しちゃアカン リターンズ!』も特集に組み込まれていて、作例は前号の「Me163B-1a」に続いてハセガワ1/32の「Me262 V056」。機首に特徴的な八木アンテナを搭載した「Me262」のバリエーションの中でも特にかっこいい機体だ。途中写真も多数収録されているから、主観的な実機のイメージに寄せていく工作をたっぷり鑑賞することができる。この先積みプラ紹介にあった「ブガッティ 100P」や「コードロン・レーサー」なんかも取り上げてもらえると嬉しい。
 またエアフィックスの 1/72『マクダネルダグラス ファントム FG.1』など、特集記事の以外の記事も読み応えがあった。



 - 作例リスト (掲載順) -

特集「松本州平と飛行機模型。」
『カーチス P-40E ウォーホーク』レベル 1/32
『スーパーマリン スピットファイア Mk.24』マッチボックス 1/32
『ライヤード スーパーソリューション』ウイリアムブラザーズ 1/32
『メルセデス ベンツ SSKL』マッチボックス 1/32 ※カーモデルの作例

連載記事『改造しちゃアカン リターンズ!』
『メッサーシュミット Me262 V056 夜間戦闘機』ハセガワ 1/32

特集「松本州平と飛行機模型。」
『ちいさなひこうきフラップ』オリジナルバキュームキット 1/32・1/48(レジン製モデル)

連載記事『ちっちゃいことは、いいことだ!』
『グロスターグラジエーター Mk.Ⅰ/Ⅱ/J8 海外仕様』マークワンモデル 1/144 ※モノクロ記事

連載記事『飛ぶ理由 連載第42回』
『ラボラトリーアクエリアス』バンダイ 1/1000改造 ※小林誠によるオリジナルメカ。「アンドロメダ」の作例も掲載

連載記事『夢見る翼 連載第61回』
『ANA エアバス A321neo』ハセガワ 1/200

SPECIAL ARTICLE
『航空自衛隊 F-15改 イーグルプラス』タミヤ 1/32改造
『F-16改 ナイトファルコン』タミヤ 1/32改造

SPECIAL ARTICLE
『マクダネルダグラス ファントム FG.1』エアフィックス 1/72

『NOSE ART QUEEN Vol.64』森園れん



 次号の特集は「林周市の世界Ⅱ」。

さがみゆき『血まみれ人形』

0 Comments
serpent sea
 さがみゆき『血まみれ人形』ひばり書房 1988 ヒット・コミックス 238

 先日の『呪われた人形』(←前の記事へのリンクです)に続いて、ひばり書房の人形怪談。著者はさがみゆき。中学を出てお手伝いとして雇われたけなげな少女が、雇用主の母娘の諍いに巻き込まれていく。「第一部 生きているお人形」「第二部 狂った世界」の二部構成。簡単なあらすじ↓

「第一部」「ゆみ子」はある金持ちの家の娘「リエ」の話し相手として雇われた。同い年のリエは「ミチ」という人形をいつも抱いている。そして義理の母親を激しく憎んでいる。曰く義母は悪魔のような女で、私を殺そうとしている。そんなリエの言葉をゆみ子は信じることができない。義母がリエの異常な言動に腐心していることを知っていたからだ。ところがリエの飲み薬に毒物が混入していたことが判明する。薬を用意したのは義母である。疑心暗鬼に陥るゆみ子。その矢先、夜中に徘徊する人形のミチを義母が叩き壊した。「こんな子供だましのいたずらを!!」
「第二部 」ミチは死んだ。義母がミチを殺した。やつれてしまったリエは、やがてミチが蘇って復讐してくれる、そう強く信じているらしかった。そして雷鳴の轟く夜、ゆみ子は確かにミチの姿を見た。しかし義母は幻覚だと取り合ってくれない。なぜだか急に元気になって、地下室の改修をはじめるリエ。とまどうゆみ子にリエは「あの話本気にしてたの。ばかねぇ、ウフフ」と言い放った。単に気に入らなかったから、この地下室の壁の中にあの女を塗り込めてやったのだと。「ミチの苦しさをあいつに味あわせてやるのよ!」

 著者の作品に特徴的な、独特の間合いから繰り出される精神攻撃はごく控えめながら、髪の毛を掴んで引き回す、つま先を口にねじ込む(スリッパ着用)、ブラウスを引き裂いておっぱいを突き刺す、といった簡明直裁な暴力の表現は健在。それが美少女から義母への暴行なので、なおさらポイント高い。あと流血シーンも多い。本作の見所はなんといっても美少女リエの狂いっぷりで、ストーリーが進むに連れてどんどん悪化し、取り返しのつかない状態になっていく。とても「繊細」って感じではないのだけれど、その過程と支離滅裂さが実に上手く表現されている。特にラストの地下室のシーンのリエの目付きはやばい。
『血まみれ人形』のタイトルこそ強引に回収されるものの、実はこの作品、ストーリー上における人形の存在意義がまるで希薄で、人形なしでも全く問題なくサスペンスとして成立する。そもそも劇中の人形のシーンのどこまでが幻覚なのか、怪奇現象なのか、それともイメージシーンなのかがはっきりしない。当然タネあかしもない。おかげで義理の母娘の確執を描いた古典的でカッチリしたストーリーと、実話怪談的なわけの分からない行き当たりばったり感がせめぎ合う不思議な作品となった。雰囲気は『怪奇大作戦』の「青い血の女」。



『血まみれ人形』
 ひばり書房 1988 ヒット・コミックス 238
 著者:さがみゆき

 ISBN-13:978-4-8280-1238-4
 ISBN-10:4-8280-1238-9

MODEL Art (モデルアート) 2018年 11月号 No.1000

0 Comments
serpent sea
 

 MODEL Art (モデルアート) 2018年 11月号 No.1000

 通算1000号。別冊も含めての1000号だからなのか、創刊50周年記念号のようなスペシャル感はない。記念号ぽいのはロゴくらいで、構成はいつもとあまり変わらない。しかしこの号、記念云々とはほぼ無関係に、中身が超充実している。特集は50周年記念号の特集を踏まえての(表紙も対になってる)「やっぱりF-14トムキャット」で、それからフィギュア(バスト・モデル)、艦船、AFV、大戦機、現用機、カーモデル、建機、宇宙船、妖怪と、いつにも増してバラエティに富んでいる。これで散漫になってないのは、機種に絞った特集と、特別記事「陸上自衛隊 16式機動戦闘車」の充実した記事が誌面を引き締めているからだろう。毎号こんな感じだと嬉しい。

 特集はタミヤのキットの単体、改造、ジオラマ作例の他、実機写真、実機解説、キットガイドといった構成。コンパクトによくまとまった特集で、途中写真も盛り沢山だ。特別記事も単体、改造、ジオラマ作例、実車写真という特集と似た感じの構成になっている。今月号は福崎町の妖怪プラモデルの作例を楽しみにしてたんだけど、特別記事のジオラマもまた素晴らしかった。その辺の街角にいる自衛隊の車輌のジオラマで、近似スケールの自家用車や民間人のフィギュアが多数用いられている。実際にあり得る光景なのにちょっとSFっぽく感じられるのは、映画やアニメの影響だろうか。マスターボックスの1/35「かわいいファッションガール」がごく自然に、効果的に配されているのにびっくり。
 NEW KIT REVIEWには待望の「天狗」のフィギュアが掲載されている。福崎町観光協会の妖怪プラモデルの第二弾だ。もちろんキットは購入済み(後日紹介します)。作例は雰囲気抜群のジオラマ作品で、、ベースの製作過程がカラー6ページにわたって掲載されている。実はこのキット、第一弾の「河童のガジロウ」(←前の記事へのリンクです)とは少々デザインの趣きが違うような気がして、せっかくのシリーズなんだからもっと統一感出せばいいのになー、なんて思ってたんだけど、今回の作例を見て考えを改めた。ばっちり統一感が出てる。
 あと残念ながら今月号で連載記事の『北澤志朗のネオヒストリックガレージ』がぴったり連載第100回で終了。地味に楽しみにしてたので少々寂しいが、新しい連載に期待したい。



 - 作例リスト (掲載順) - 航空機 戦車 艦船 車/バイク ■その他

情報「World Modelers News SPECIAL No.3」
『Waffen SS オートバイ伝令兵・東部戦線 1944』ヤング・ミニチュアズ 1/10 ※バスト・モデル

特集「やっぱりF-14トムキャット」
『グラマン F-14D トムキャット』タミヤ 1/48
『グラマン F-14A トムキャット』タミヤ 1/48 ※ジオラマ作品
「グラマン F-14A トムキャット」ハセガワ 1/48 ※2例再掲
『グラマン F-14B トムキャット』タミヤ 1/32「F-14A “ブラックナイツ”」改造
『グラマン F-14A トムキャット VF-154 “Black Knights”』タミヤ 1/48「F-14A」「F-14D」ニコイチ改造

情報「World Modelers News No.16 チョー・ハン・ミン氏にインタビュー」

連載記事『地名を名に持つ船とその場所のエピソード 艦船諸国漫遊記 Vol.35』
『日本海軍 軽巡洋艦 木曽 竣工時(大正10年)』タミヤ 1/700
『日本海軍 軽巡洋艦 木曽 昭和17年時』

特別記事「陸上自衛隊 16式機動戦闘車」
『陸上自衛隊 16式機動戦闘車』タミヤ 1/35
『陸上自衛隊 16式機動戦闘車』タミヤ 1/35 ※ジオラマ作品
『陸上自衛隊 16式機動戦闘車』タミヤ 1/35 ※LED発光

NEW KIT REVIEW
■『日立建機 ホイールローダ ZW100-6』ハセガワ 1/35 ※ジオラマ作品
■『福崎町妖怪プラモデル Vol.2 天狗』福崎町観光協会 ノンスケール ※ジオラマ作品
『日本海軍 九八式陸上偵察機 一二型』ファインモールド 1/48

連載記事『モデリングJASDF 271回 ハセガワ1/72F-2A 作る 後編』
『三菱 F-2A “飛行開発実験団” w/ASM-3』ハセガワ 1/72 ※完成

連載記事『日本機大図鑑 連載第162回』
「零戦 報國-874 (定平號)」

連載記事『北澤志朗のネオヒストリックガレージ 連載第100回(最終回)』
『ニッサン Y30 セドリック/グロリア 4HT V30 プロアムVIP’83』アオシマ 1/24

連載記事『FOLLOW YOUR HEART 第52回』
■『スペース 1999 ホークⅨ』MPC 1/72

第10回 ミニキヤコン結果発表(モノクロ記事)



 次号の特集は「金属表現の手法とノウハウ (仮題)」が予定されている。



福崎町妖怪プラモデル Vol.2 天狗』福崎町観光協会 ノンスケール

なかのゆみ『呪われた人形』

0 Comments
serpent sea
 なかのゆみ『呪われた人形』ひばり書房 1980 ヒット・コミックス 怪談シリーズ 115

 幼い「リサ」は寂しかった。家庭は裕福だったが両親は多忙で、同じ年頃の遊び相手もいない。だから庭の片隅で見つけた人形に「モモ」と名付け、いい友達になれるよう願った。モモは産まれてすぐに死んだ妹の名だ。ところがママがそんなモモを見て、驚くほど取り乱した。捨ててくるように絶叫した。
 夜、荒川沿いを走るママの車のヘッドライトに照らされて、捨てられたはずのモモの姿が浮かび上がった。車から飛び出して怯えるママ。そのの目の前でモモの顔が溶解していく。「ママ、私はあなたの子供だったモモなのよ」「こんな顔の私がうまれたのでママは私を殺したワ」「ママはまだうまれたばかりの私にぬれた綿をかぶせて、うつぶせにして殺したのヨ」「私は人間になりたい。この世で生きてみたい。私を殺したおまえみたいな女は殺してやる!」(p.35-37)
 時を置かずメッタ刺しにされたママの遺体が発見された。容疑者となった父親は発狂して病院に収容されたらしい。ひとりぼっちになったリサのもとに、モモが帰ってくる……。

 ここまでが全編の1/3くらい。人形モモの造形を除けばわりと古典的な人形怪談なのだが、ここから予定調和がぶっ壊れて、想定外のストーリーが展開する。プラン通りに途中まで書き終えたものの盛大にページが余ってる、んじゃ残りは行き当たりばったりで行くか! ってノリで書かれたような気がしないでもないが、楽しかったから全然OK。全く先が読めなくなる分、後半は特に面白かった。
 特徴的なのはモモの特殊なスキルだ。チャッキーみたいに凶器を振り回すのは最初だけで、中盤からじわじわと本領を発揮する。そもそもモモの望みは人として生きることなのだが、それには器となる人体がいる。モモのスナッチのスキルは人体に入り込んで乗っ取る(憑依する)という単純なものではなくて、人に触れられた部分のパーツをリサの肉体のパーツと置き換えるという特殊なものだ。「リサの肉体のパーツ」というのがえげつないところで、通りすがりの赤の他人がモモに触っても、リサの体が置き換えられてしまうのだ。終盤のリサは顔面を「神経もうぶ毛もない」爛れたモモの顔と置き換えられたため、佐清みたいなマスクを被って登場する。これがまたシュール。
 この身体のパーツの転移という優れたアイデアに対して、表現は全体にざっくりとした感じ。モモの顔だけとっても、爛れてるのか汚れているだけなのか、絵面からは判断し難い。ただ勢いはあるので一気に読んでしまう。散々えぐい目にあったリサによる締めのセリフは「変な人形を見たら気をつけましょうネ」という淡白なものだった。

 ヒバリ・ヒット・コミックスの他の作品と同様に、この作品も何度かタイトルやカバーイラストを変えて刊行されている。イラストはこの『呪われた人形』↓が一番かっこいいと思う。踊ってるポーズなのが呪いの人形モモ。

20180901901.jpg



『呪われた人形』
 ひばり書房 1980 ヒット・コミックス 怪談シリーズ 115
 著者:なかのゆみ

 ISBN-13:978-4-8280-1117-2
 ISBN-10:4-8280-1117-X